FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
展開が想定外
本日の中山メイン日経賞G2芝2,500mにウインイクシードが出走しました。
間隔を空けての1戦になりますが、鉄砲駆けは問題ないタイプです。
とは言え、脚元に不安を抱えながらの調整で万全という感じではありません。
G2なので楽なメンバーとは言えませんが、先行馬が少ないと感じていました。
展開が恵まれれば、そこそこはやってくれるのではないかと期待していました。

レースですが、スタートは普通で行き脚も付きます。
押していく馬を行かせ、その直後の3番手に付けます。
道中のペースもゆったりと流れ理想的な展開に思えました。
逃げ馬が垂れていく中で、自然に先頭に並びかけていきます。
ただ、後方の馬の勢いが違いました。
直線では少し踏ん張りますが、すぐに抵抗できなくなりました。
差し馬に次々と交わされ8着に敗れました。

結果からすると展開が想定外でした。
先行馬が少ないので、もっと楽な展開になるかと考えていました。
実際途中まではゆったりした流れでした。
ただ、ラップを見ると残り1200mからラップが一気に上がっています。
一見、自然に仕掛けているように見えたのですが、明らかに仕掛けが早いんですよね。
これでは最後まで持たないのも致し方ないところです。
完全に後ろの馬の競馬になってしまった中では頑張ったと思います。
内容は悲観するようなものでは全然ないと思っています。
まぁ、距離も少し長かったですかね。
適距離で展開が向けば、すぐに巻き返してくれるでしょう。
無事に次走を迎えてもらえたらと思います。



スポンサーサイト



ウインイクシード中山金杯2着、僅かに運が向かず
本日の中山メイン中山金杯芝2,000mにウインイクシードが出走しました。
現地応援に行ってきましたので、写真を交えつつ書いていきます。

さて、本日の中山競馬場は中々の混雑ぶりです。
いつもだとパドックに張り付いてからコースに向かうのですが、それだといい位置が取れません。
考えた末、最初からコースに張り付くことにしました。

ウインイクシード、返し馬

というわけで、最初は返し馬の写真から。
至って普通に見えました。
いい意味で平行線と言えるでしょう。
ぶっちゃけ、一番良く見えたのはトリオンフだったです。
最初に鞍上を振り落としていましたが、乗ってからはスムーズで大きくて見栄えがする馬です。

さて、レースですがこの馬のスタートには心配はなく、スムーズに先行します。
ただ、隣のトリオンフも同じようなスピードで、並走するような感じになります。
このままだとコーナーで外に振られてしまうことから、そこで少し控えます。
トリオンフの後ろに付け、内から2列目を確保します。
5番手という位置取りは、ベストよりも一列後ろと感じました。
ペースは平均よりややスローという感じで理想的に流れます。
3コーナーから4コーナーまで持ったままで動かず。
外に出して差を詰めたくなりますが、じっと我慢し、距離ロスを避けます。
そして直線でトリオンフの外に出して追い比べ。
こちらの方が勢いは勝っています!

ウインイクシード、ゴール前

写真だと勝ったかどうか分かりませんが、とりあえず口取りの受付へダッシュ。
しかし、怪しいスーツの団体は誰も集まって来ませんw
最後、僅かに伸びを欠き2着に敗れたようです。

いやぁ、惜しかったですね。
これで私の出資馬は6度目の中央重賞2着になります。
いい加減に勝利を上げたいものです。
今回記事の中でも結構トリオンフについて書きました。
そして、レース前にもトリオンフが気になると書いていました。
上品に書きましたが、本音を言うとトリオンフ邪魔!と思っていました。
果たして、スタート直後には位置取りを下げざるを得ませんでした。
そして、最後は交すことが出来ませんでした。
あちらの方がトップハンデ背負ってますし、強いということは認めます。
でも、ここはハンデG3です。G1ではありません。
重賞2つも勝ってんだから、ここは譲ってくれよー、という感じです。
枠順が逆なら、トリオンフの位置取りを取れたはずです。
自ずと結果も変わっていたことを想像するのは容易です。
また、ハンデも福島記念より1㎏見込まれたことも、結果的には痛かったです。
ペースは想定通り流れてくれましたし、鞍上も完璧に乗ってくれました。
ただ、僅かに運が向いてくれかったです。

勝てなかったのですが、今回重賞2着で収得賞金を加算できたのは大きいです。
除外の心配をしながらレースを選ぶのは面倒ですし、チャンスを逃すことにもなりかねません。
それがほぼなくなったの大きいです。
そして、次走ですが、レクチャーによりますと未定ということです。
東京コースは無い、と言っていました。
コーナーを4つ回るレースの方がいいということで、同感です。
一つの候補としてAJCCを上げていましたが、3戦続けて使ったので間隔を空けたいようです。
中山記念はクラブの都合により、無しとのこと。
ウインブライトの3連覇掛かってますから。今流行りの使い分けですねw
小倉大賞典あたりが候補かなぁ、と言っていました。
何とかタイトルを取らせたいとも言っていました。
そうですね、タイトルを出資馬が取るところを見たいです。
次走こそ達成してもらいたいと思います。



中山金杯にウインイクシードが出走
ウインイクシードが中山金杯に出走します。
今年の目標は重賞勝利ですが、早速そのチャンスが回ってきました。
ある程度人気になりそうで、新聞記事にも結構なっているようで嬉しいですね。
早速レース前に思っていたことなどを書いていきます。

まずハンデですが55㎏と福島記念より1㎏増です。
ちょっと見込まれたかな、と感じています。
といいますのも、福島記念を勝ったクレッシェンドラヴが2㎏増です、
あの時は0秒4差で斤量差は1㎏広がるだけです。
一般的に1㎏0秒2と言われていますので、単純計算では逆転できないとなります。
ただ、福島記念の時は休み明けで、その時よりは状態は上がっていると思います。
何より前を行く馬には苦しい展開でした。
今回展開が向けば逆転も可能と考えております。

その展開ですが、やはり前が残るような差しが決まらない展開が理想です。
そんな中で逃げるかもしれないというような馬は結構います。
イレイション、タニノフランケル、トリオンフ、ブラックスピネルといったところでしょうか。
ただ、いずれも逃げることもできる、というレベルで、なんなら控えても構わないというタイプです。
離してハイラップを刻むということは考えにくいかと思います。
スローとまでは行かないまでもミドルペースくらい。
福島記念に比べたら、流石に前が残りやすいかと思います。
この馬に向いたラップになることを期待していもいいのではないでしょうか。

枠順はやはり内が欲しかったところです。
今まで内ラチ沿いの競馬が続いていますから、やはり今回もそうしたいところ。
今回の枠順は4枠8番と、微妙なところです。
隣のトリオンフがちょっと気になります。
もうちょっと内が欲しかった感じはありますが、そこは乗り方次第になるかと思います

何にせよ、可能性は十分にあると考えています。
鞍上の腕にも期待しています!



完璧でしたが
本日の中山メインディセンバーS芝1,800mにウインイクシードが出走しました。
恐らく今年最後の出資馬の出走となるでしょう。
枠順はいいとこ引けましたし、相手関係も恵まれたと言っていいでしょう。
もともと勝ち味には遅い馬ではあります。
できれば勝って、金杯へと弾みを付けたいところです。

レースですが、スタートは良し。
軽く仕掛けながら様子を伺います。
逃げる馬を先に行かせ逃げ馬直後のインの絶好位置に付けます。
道中のペースは平均よりややスロー。
出入りも少なく絶好の展開です。
コーナリングを持ったままで手応え良く進み直線へ。
前を行く馬の外に出し、いい感じで伸びます。
しかし、どうしても1頭捕まえきれません。
結局2着でのゴールとなりました。

んー、完璧に乗ってくれたんですけれどね。
まぁ、相手は休み明けでしたがフィエールマン相手に稽古で手応え良好で出来が良さげでした。
相手が強かった、ということに尽きるかと思います。
ベストを尽くしてくれたので仕方ないですね。
次走は金杯ということですが、賞金的には微妙とのことです。
出走できれば、ハンデ差も出るでしょうから巻き返して欲しいと思います。

これで今年1年の出資馬の出走は終わりということになるかと思います。
また、年末に1年を振り返れたらと思います。



福島記念
本日の福島記念G3芝2,000mにマイネルファンロンウインイクシードが出走しました。
レースは仕事で見れず、JRAの公式HPの動画を見ながら書いていきます。

さて、そのレースですが、スタートはともに悪くありません。
自然な流れで先行していきますが、行きたい馬が想定よりも多いです。
それぞれ外目の4、5番手に付けますが想定よりも一列後ろという感じです。
道中の折り合いはウインイクシードは付いている感じ。
ただ、マイネルファンロンは掛かり気味に見えました。
ペースは平均といったところですが、よどみない流れです。
勝負所でマイネルファンロンの方は早くも苦しくなります。
このままズルズル後退し、結局2戦続けてのシンガリに敗れました。
ウインイクシードの方は手応えよく先頭に並びかけます。
少し早めですが、直線では一旦突き放しました。
しかし流石に早すぎましたか。
最後は力つき4着に敗れました。

マイネルファンロンの方はどうしてしまったのでしょうか。
何か精神的にダメージを負ってしまったかのような負けっぷりです。
函館記念だけ走れば勝ち負けにはなるはずなのですが。
何か怪我とかないといいのですが。
一度間隔を空けて立て直した方がいい気がします。
ウインイクシードの方は良く頑張りました。
状態も万全とは言えなかったと思いますし、展開も向いたとは思えません。
その状況でこの健闘は十分に価値があります。
まぁ、重賞勝ちはいろいろと恵まれる必要があるとは思います。
それでも十分チャンスはあると分かったのは収穫です。
次走は金杯を目標としているようですが、本当に楽しみですね。

というわけで福島記念が終わり、しばらく大きなレースに出走は無い感じでしょうか。
気分的には今年の競馬が終わってしまった感じです。
後は2歳馬たちがどこまでやれるのか、というところですかね。
重賞制覇の夢は来年に期待したいと思います。