FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
いつもどおりの結果も見せ場はあった
本日は2頭出しです。
まずは新潟メインレース佐渡S1600万下条件芝1,800mに出走したウインオリアートについてです。
頑張ってくれていますが、掲示板にはちょっと載らないというレースを続けています。
今回メンバーを見ると逃げ馬が1頭だけでスローペースが想定されます。
スローペースの切れ味勝負はハンデの軽さが活きることが多いです。
切れ味勝負は本来は得意ではありませんが、軽ハンデなら何とかなるかもしれません。
その辺りに期待したいと考えていました。

レースですが、スタートはまずまず。
軽く仕掛けながら先行争いを伺います。
想定された馬が逃げ、その直後の2番手につけます。
ペースはスローというよりは平均といった方がいい感じです。
直線に入ると逃げ馬に並びかけ手応えは十分に見えました。
これならいけるかも、と一瞬思いました。
ただ、やはり外から切れ味がある馬が伸びてきます。
叩き合いで見劣り7着でゴールとなりました。

いつも通りの結果となりました。
ただ、見せ場はありましたし、着差もそれほどではありません。
もっとスローで前が残るような展開なら掲示板はあったかもしれません。
ただ、それを望むのは贅沢かもしれません。
まぁ、本当に頑張ってくれていますよ。
近況によりますとこの後は放牧とのこと。
秋開催に1、2戦使った後、繁殖入りのため引退の予定となっているとのことです。
しっかり走り切ってもらいたいです。



同じようなレース
本日の福島メインの阿武隈S芝1,800mにウインオリアートが出走しました。
こちらもレース前に考えていたことは昨日書きましたので省略。
馬場入りのときの写真を貼っておきましょうか。

ウインオリアート、馬場入り

さて、レースです。
スタートはまずまずで、軽く仕掛けてハナを狙います。

ウインオリアート、1周目

ただ、外の馬が激しく主張したきたので譲り、2番手に付けます。
道中は2番手でスムーズな競馬をしているように見えました。
勝負所辺りから人気馬が並びかけてきて、必死に抵抗します。
ただ、直線では一杯になってしまいました。
結局7着という結果でした。

なんか、今日の2レースは同じようなレースですね。
写真が1周目だけなのも同じです。
あわよくば楽に逃げれないか、という作戦だったと思います。
ただ、同様に人気馬に厳しい競馬をさせられてしまいました。
軽ハンデだけではなく、展開に恵まれないと厳しいです。
そういう意味では今回はその番では無かったということです。

本当に一生懸命走ってくれているとは思います。
ただ、これ以上の結果を期待するのは酷なのかもしれません。
それでも、もうちょっとだけ頑張ってもらえたらと思います。




明日は福島に行ってきます
今週は3頭出しです。
土曜日は福島で2頭、日曜日は函館で1頭出走します。

土曜日の福島9R開成山特別芝2,600mにウインカートゥーンが出走します。
頭数が10頭と少頭数に収まったのは好材料です。
ただ、メンバー的にはこのクラスとしては揃った印象があります。
上のクラスで結果を残してきた馬も何頭かいます。
厳しい戦いが想定されるところで、前走よりは期待はもてないところです。
その前走は予定外の惨敗で、ガッカリしました。
重馬場で走る気を無くしてしまったのでしょうか。
間隔を詰めてきたのはまともに走っていないからでしょう。
今回はいい馬場でレースをできそうなので、力を出し切ってほしいですね。

土曜日の福島メインの阿武隈S芝1,800mにウインオリアートが出走します。
こちらも頭数は9頭と少頭数のレースとなりました。
能力的には、準オープンで上位とは言い難いところです。
1頭負かせば出走奨励金がでるのが有難いですね。
距離短縮になりますが、元々走っていた条件でもあります。
枠順も内枠ですし、上手く先行してロスの少ない競馬をしたいところです。
軽ハンデを利してアッと言わせることができたら嬉しいです。

日曜日の函館9R500万下条件芝2,000mにウインイクシードが出走します。
こちらは普通に上位争いしてくれそうです。
ただ、近走で不満なのが、なぜか最後に伸びを欠いてしまうことです。
自分もどうすればいいのか分からないと以前記事にも書きました。
陣営は距離短縮を図ることで、その改善があるのではないかと判断しました。
結果もそうですが、距離短縮の効果があるところも注目です。
最後まで伸び切ってくれることを期待したいと思います。

明日ですが、フラッと福島に行ってこようかと考えています。
特にウインカートゥーンを1回も競馬場で見ていないことが気になっていたところです。
客観的に見てどちらも勝ち負けは厳しいとは思います。
精一杯走る姿を見て来れたらと思います。



馬はしっかり走ってくれた
本日の東京10R緑風S1,600万下条件芝2,400mにウインオリアートが出走しました。
条件は距離、ハンデ、鞍上と結構揃ったと思います。
府中も中山と比べると劣りますが、前走を見る限りそこそこは走れます。
とはいえ、流石に準オープン、相手関係は厳しいものがあります。
掲示板を目指して頑張ってほしいと思っていました。

さて、レースですが、スタートは良し。
一瞬ハナにいくのかように見えましたが、行く馬に譲ります。
そのまますんなり先行集団で流れに乗ります。
随分と縦長になり、ペースはそれなりに流れているように見えました。
しっかり折り合って力が貯まっているように見えました。
勝負所ではちょっと伸びない内に閉じ込められましたかね。
それでも直線での伸び脚はこの馬なりのものは見せました。
結果は7着、力は出し切れたという感じでした。

馬はしっかり走ってくれたと思います。
ただ、府中ですから力通りの結果になったと言う感じです。
超スローペースとかなら軽ハンデの利を活かせたかもしれません。
小回りコースでしたら、展開のアヤがあったかもしれません。
そういったものがこのクラスで勝つには必要になってくると思います。
次走ですが、少し間隔を開けて、7月8日の福島阿武隈Sになるとのこと。
なるほど、小回りのハンデ戦でそういったアヤが狙えそうな選択です。
引き続きしっかり走ってもらいたいと思います。



まずまずいい走り
本日の3頭目は東京10R府中S1600万下条件芝2,000mに出走するウインオリアートです。
もちろん、この馬もレースからです。

スタートは良好。押して押して先行集団を伺います。
結局5番手の位置で折り合いをつけます。
前を飛ばす馬がいてペースは平均ペースといったところ。
3コーナーから4コーナーで持ったままの手応えで先頭近くまで位置取りをあげます。
そのまま馬込みを割る手応えで直線に向かいます。
ただ、後ろの馬の方が楽な展開でしたか。
前の馬は大体交わしますが、後ろの馬に次々抜かれます。
結局真ん中の6着でゴールでした。

なんとか掲示板を確保してもらいたいところでしたが、惜しかったです。
ハンデ戦でもない中でまずまずいい走りだったと思います。
馬体重もプラス8㎏と戻してきましたし、鞍上も手が合う感じです。
あと、やっぱり輸送は良くないんでしょうね。
次走はハンデ戦を狙って緑風Sでしょうか。
今回よりは恵まれそうな気はします。
引き続き期待したいと思います。