FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
ウインセルリアン、地方転出へ
先日のレース後、剥離骨折が判明したウインセルリアン
当初はそのままレースを使うことも想定されていたようです。
ただ、状態が思わしくないことから、放牧に出されることになりました。
今後は地方競馬へ転出し、中央再転入を目指していく予定とのことです。

繁殖としての期待も高い馬だと思います。
にも関わらず、こうして使っていただけるのは出資者としては有難いことです。
傷を癒してもらって頑張ってもらいたいと思います。



スポンサーサイト



ウインセルリアン、デビュー。無理をしないレースでした。
本日の福島4R未勝利戦芝1,800m戦でウインセルリアンがデビューしました。
レース前に考えていたことは前の記事の通り。
本当に良くここまでこぎつけたな、というのが正直な思いです。

さて、レースですが、スタートはそれほど良くありません。
ただ、行きっぷりは悪くなく先行集団に絡む勢い。
抑えていきますが、馬も首を振るようなところが見られました。
最終的には中団の内側でレースを進めます。
ペースは平均といったところ。
4コーナーでは各馬バラバラになる中、大きく外を選択します。
直線での伸びはそこそこといったところ。
内からよられてヨレたりもしました。
5着まで押し上げたところがゴールでした。

何か無理をしないレースでしたね。
いかにもデビュー戦らしくもありますが、未勝利戦の残りは少ないです。
そんな余裕はあるのか、と不安にはなります。
出来としては、まだまだ上積みは見込める状態だったと思います。
そんなレースでも掲示板を確保したことは立派です。
今後のローテーションを考える上で大きいです。
次が楽しみ―――と言いたいところですが、脚元に不安があるのが怖いです。
無事に次走を迎えてもらいたいと思います。



ウインセルリアン、デビューへ
表題の通りです。
脚元の不安から延びに延び、未勝利戦も残り少ないところです。
ようやく、本当に待ちに待ったデビューの態勢が整いました。
今週の日曜日4R未勝利戦芝1,800m戦でウインセルリアンがデビューします。

ラストはビッシリ追ったようですが、反動が無かったようで何よりです。
正直、万全の仕上がりとまでは行かないかと思います。
それでも何とかしてくれるかもしれないという期待はあります。
未出走馬にも関わらず正月の写真に決めたほど、期待の大きい馬です。
本当に楽しみです。


ウインセルリアン故障していた
表題の通りです。
ウインセルリアンですが、左前球節炎を発症していたそうです。
年始の挨拶に大きな期待を込めて書いていたのが、なんか・・・ですね。
ていうか年末の更新の時に、既に載っていたのですね。
自分のチェックの甘さを痛感します。
まぁ、今更年始の挨拶を変えるつもりはありません。
能力の高さは疑いのないところですから。

問題はどのくらいでレースを使うことが出来るようになるのか、ですね。
腱や骨には異常がなかったということですが、まずは1ヶ月ほど乗らずに様子を見て、ということです。
どのくらい時間が掛かるのか、正直想定は難しいです。
それほど時間は掛からないような感じにも見えますし、こういうのは長引くことも多いです。
無事にレースを走ってくれる日が、早く来ることを祈りたいと思います。



2018ツアー報告その2 ウインの出資馬について
例年通り、2日目の午前中は真歌とCVFに分かれていました。
ともに2頭ずつ出資馬がいたのですが、真歌の2頭は公開調教付きです。
そしてCVFの1頭は展示無しです。
必然的に真歌を選ぶことにしました。
ただ、そうするとCVFに行くのが初日の夕方だけ。
ウインの募集馬もジックリ見る機会が少ないのが残念です。
初日の以前のCVFが先の方が昼休みを早めに切り上げて見る機会もあったのですが・・・。

さて、ウインの出資馬で牧場にいたのは2頭。
うち1頭のウインセルリアンは放牧中で会うことができませんでした。
代わりにこんな感じの紙が貼られていました。

ウインセルリアンの紙

牧場に行ってこれだけでは寂しいのは確かですが、言っていることは同意です。
ずっといいことを言われ続けた中で、歩様の乱れからの休養。
同期のウインゼノビアが見事勝ち上がった中、早く走る姿は見てみたいです。
ただ、ここはじっと我慢のときです。
いい休養と割り切りたいですね。

そして、実際に会えたのはウインヴォラーレです。

ウインヴォラーレ

なんていいますか、落ち着いていましたね。
人が近づいても泰然自若としていました。
嫌がるところもなければ、媚びを売るようなところもありませんでした。
さすが古馬の貫禄という感じでしょうか。
現状は脚元に不安があることから、ウォーキングマシン管理ということです。
こちらも焦らずに万全の状態で復帰を迎えてもらいたいものです。