FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
ウインゼーヴィントについて
先週、出走したウインゼーヴィントについて書いていませんでした。
いろいろと忙しくて、ちょっと余裕が無い日々を過ごしています。
レースも見れなかったので、結果の数字的なものや更新された近況を元に書きます。

そのウインゼーヴィント、福島の芝2600mでの出走となりました。
レース選択の理由が除外がないからとのことで致し方が無いことはあります。
ただ、可能性としては距離短縮の方があるのかな、と考えていたので厳しいとは思っていました。

レースとしては、無理せず後方で脚を貯めることに専念したようです。
ただ、向う正面で一杯になってしまいあとはズルズル下がるだけ。
前回と同じような結果となってしまいました。

この結果を受けまして、現役引退の方向で協議を進めていくということになりました。
晩成のハーツクライ産駒ですが、流石に致し方ないところでしょう。
血統的にも長距離が向くと思えた血統や馬体にも関わらず、この体たらく。
一生懸命走って切れる脚がないならともかく、完全に脚が止まってしまうのは疑問です。
思い出すのはマイネルイロンデルやマイネルアトラクトのこと。
分かりませんが、ノドとか心臓とかに問題があるような、そんな気がしました。
ノド鳴りではないようですので、心臓の方ですかね。
詳しく調べないと分からないと思いますが、そうするまでもないでしょう。
この後は地方に売られるのですかね。
地方の短距離で意外と走るぞ、となってくれたらちょっと嬉しいです。
ウインゼーヴィントの今後に幸有らんことを祈ります。

ウインゼーヴィントの募集時



スポンサーサイト



なんか同じような内容
本日の小倉4R未勝利戦芝2000mにウインゼーヴィントが出走しました。
前走からの変わり身を期待したのですが、なんか同じような内容になってしまいました。

スタートはなんか結構上手いんですよね。
好位でレースを進め、一見いい手応えに見え上位も狙えるのではないか、と感じていました。
ただ、見せ場はここまででした。
他馬が動き出すと全く反応できません。
あとは下がる一方でシンガリに敗れてしまいました。

厳しい結果です。
とりえあえず、想定していた馬では全くないような気がします。
もともとはスタートは悪くてもバテずに追い込んでくる馬を考えていました。
それが先行してバテる馬になるとは全く思いもしませんでした。
どうなんでしょう、距離は短縮した方がいいのかもしれません。
余りにもイメージと違うのでなんか自信が持てないですよね。
実はダートの短距離馬とかだったらどうしようという感じです。
まぁ正直適性にあった条件のレースを使っても勝てる気はなかなかおきないところです。
とはいえ、何とかベストを尽くしてもらいたいと思います。


ウインゼーヴィントのデビュー戦
オルフェーヴルの圧勝で有馬記念も幕を閉じ、今年の競馬も終わり・・・じゃないんですよね。
有馬の後にまだ競馬が続くって何か違和感があります。
それにしても桁違いの強さでしたねぇ。
いい種牡馬になると思いますので、いつかは子どもに出資してみたいですね。

さて、その有馬記念の当日、私の出資馬は2頭出走しました。
G1当日は物凄く込み合うので、自分の出資馬がG1に出ない限り応援にはいかないと決めています。
テレビ等で見た感想をそれぞれについて語っていきたいと思います。
まずは中山4R新馬戦芝2000mに出走したウインゼーヴィントからいきます。

パドックでの歩きはこの馬の特徴である直飛が目立ちます。
また、繋ぎが緩くて坂路が走れないと言われ続けましたが、確かに繋ぎが緩いことも分かります。
正直馬選びで馬体をみるとき、繋ぎは見てなかったです。
何にせよ特徴が際立つ馬体です。

レースです。
スタートは悪いと聞いていましたので、後方からの競馬になると思っていました。
ただスタートは良く見えなくて、気が付くと先行集団を走っていたのでビックリしました。
すみません、まだウインの勝負服に見慣れていないんです。
改めてビデオで見ると、確かに出は悪かったのですが、二の脚はしっかりしていました。
ただ、あとは余りいいところは見られませんでした。
道中は逆に勢いがついてしまった感じで、折り合いがあまりついていないように見えました。
また、馬群の中に突っ込んでしまったこともあり、首が高く他の馬を気にしているように見えました。
何にせよ無駄が多い走りで、課題の直線の坂を迎えるころには、余力が残っていませんでした。

とりあえず予想とは全然違うレース振りでした。
のんびり後方からレースを進め直線では何頭交わせるか、というレースをするかと思っていました。
スタートが良すぎて馬込みに揉まれてしまい、力が出し切れなかった部分はあると思います。
まぁ、長距離の新馬戦というのは折り合いがついたもん勝ちのようなところがあります。
今回の結果がこの馬の力ではないと思います。
とはいえ、力を出し切れたからと言ってすぐに勝ち負けとは言えないですよね。
使いつつ力を付けていってもらいたいです。



2013ツアー報告その4 ウインゼーヴィント
今日からは出資馬たちについて書いていきます。
会った順にウインゼーヴィントから。

ツアー初日はCVFから。
ウインゼーヴィントはパドックにいました。

さて、写真ですが・・・

こんなのしか撮れませんでした。

ウインゼーヴィント

露出の設定ミスでございます。
そのあとの募集馬展示の時には直していたのですが、撮り直していなかったです。
と言うのも当初の予定では2日目の午前中は真歌ではなくCVFに行く予定だったから。
その時に撮り直せばいいやー、とそう考えていました。

で、あとで真歌にいる馬のリストを見て気づいたのが
あれ・・・イディールがいるぞ・・・パントルもいるじゃん。
明和組が2頭もツアーのために真歌に移動していたんですね。
私の出資馬で普段からの真歌組はメリエンダだけです。
デビュー戦を控え北海道にいない今、2日目の午前はCVF一択と思い込んでました。

というわけで2日目の午前は真歌へ変更。
写真はこの露出ミスの写真だけとなりました。
体が二つ欲しいところです。
調教も予定されていましたが、見ることは敵わず。
頑張ってくれていたでしょうか。

情報的には大して集めていたわけではないのですが、それほど景気のいい話は聞けませんでした。
でも、まだまだデビューは先の話です。
秋に向けて変わっていってもらいたいと思います。




2歳馬の名前が決まった
2歳馬の名前が決まりました。
順次、感想を書いていきます。

まずは、グッドポジションの11から。

マイネルセントラム(Meiner Zentrum)

オランダ語で中心という意味で、母名より連想したとのことです。
語感的には、まぁ、普通ですね。どこかで聞いたような名前でもあります。
馬のタイプ的には真ん中というよりも大外を伸びてくるようなタイプな気がします。
中心でなくても、脇役で渋い走りをしてくれると嬉しいです。

そしてホッカイショコラの11はこうなりました。

マイネルメリエンダ(Meiner Merienda)

スペイン語でおやつという意味で、母名のショコラより連想したとのこと。
正直なところ一番違和感があるかなぁ。なんかメスっぽい名前ですよね。
まぁ、マイネルラヴを最初に聞いた時には期待馬にそれは無いだろー、と思いました。
活躍してくれて違和感が無くなってくれたらと思います。

ウインにいきます。パシフィークの11から。

ウインゼーヴィント(Win Seewind)

ドイツ語で海風という意味で、母名の響きから連想したとのことです。
英語でシーウィンドだと柔らかくなりますが、なんかドイツ語だとゴツくなりますね。
ゴツいほうがこの馬のイメージに合う感じはあります。
爽やかな風というよりは、暴風のような走りを期待したいと思います。

最後はゴールドフォイルの11です。

ウインオリアート(Win Aureate)

英語で金色という意味で、父母名から連想したとのことです。
父も母もゴールドですから金にちなんだ名前が来るかな、と思っていました。
語感がドリームジャーニー、オルフェーヴル兄弟の母オリエンタルアートに似ているのがいいですね。
父の代表産駒の2頭と比べるのは酷ですが、近づけるよう頑張ってもらいたいです。

というわけで感想を書いてきましたが・・・やはり全体的にまだ慣れないですね。
マイネイディールとかも違和感があったのですが、今やすっかりお気に入りです。
走り始めてくれれば慣れてくるものと思いますので、早くその姿を見たいものです。