FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
ウインティアラの引退について
引退通知が来てから書くと書いたウインティアラの引退について書いていませんでした。
郵便物のチェックが遅れていて、来ていたことに気が付かなかったというのが真相です。
どうもいい加減になってきていますね。

さて、ウインティアラですが、飛節が良く伸びる歩様に特徴があり、それに惹かれて出資しました。
それほど大きな馬ではなく、最初は正直ポニーみたいだな、と思っていました。
それでも、その内サラブレッドらしくなるだろうと思っていました。
結局大きくならなかったのは自分としては結構誤算でした。

小さな馬でしたが、一生懸命に走ってくれる馬でした。
レースの数をこなし1000万下条件まで走ってくれたのは立派です。
この馬の競走馬としての限界まで走ってくれたと思います。
悔いを残さず引退を迎えることが出きる馬は多くはないです。

引退後は繁殖入りできたということも有難いことです。
次の夢は子どもに託したいと思います。
気性的に真面目なところや丈夫なところは引き継いでもらいたいですね。
そして、少しでも大きな仔を産んでもらいたいと思います。
出資する機会があればと期待します。



スポンサーサイト



完全燃焼
本日の中山最終R1,000万下条件牝馬限定芝2,000mにウインティアラ出走しました。
引退が掛かった1戦です。
ベストを尽くしてもらいたいと思っていました。

さてレースですが、スタートは悪くはなかったです。
ただ、行き脚が鈍くジリジリと位置取りを下げます。
結局丁度真ん中くらいの位置取りになります。
内ラチ沿いをロスなく進みます。
差す競馬も全くできないわけではないです。
勝負所からジワジワと上がって先頭を伺う位置へ。
そして、直線。
一生懸命走ってくれましたが、やはりこのクラスで上位を争う脚は無かったです。
結局12着でのゴールとなりました。

いやぁ、完全燃焼という感じです。
本当にお疲れ様でした。
これで引退ということになります。
現役生活に悔いはないです。
一応引退のお知らせを頂いたら、もう少しいろいろと振り返ってみたいと思います。



今週は3頭出しです
今週の出走は3頭です。
仕事で応援には行けないこともあり、今のうちに書いておきます。

まずはヴィオトポスです。
明日土曜日の9Rひいらぎ賞500万下条件芝1,600mに出走します。
新馬勝ちの後はピリッとしないレースが続いています。
追い切りの時計からは大きく変わった印象はありません。
相手関係はあまり揃っている印象はありませんが、それは前走も同じでした。
厳しい戦いになるとは思いますが、それでもこの辺で目処を立てないといけないところです。
何とか変わってもらいたいものです。

そして次はウインティアラです。
土曜日の最終R1,000万下条件牝馬限定芝2,000mに出走します。
今回の内容次第で現役引退の可能性がある旨は示唆されているところです。
真面目な馬ですし、状態は引き続きこの馬なりに良好なようです。
相手関係もそれほど強力という印象はありません。
前走も見せ場はありましたし、ベストは尽くせると思います。
応援に行けないのが本当に残念です。
力一杯走ってもらいたいと思います。

最後にマイネルメリエンダです。
日曜日の阪神10R元町S1,600万下条件芝1,600mに出走します。
徹底的にマイルに拘り、ここに出走の運びとなりました。
個人的には距離延長は試してもいいと思っているのですけれどね。
むしろ阪神の馬場にはそれほどいい印象は無いところです。
結構直線は長いですからねぇ。
ただ、前走はともかく、前々走を見る限り、調子は大分戻っていると考えています。
自分のペースで競馬をしてもらいたいと思います。



見せ場はあった
本日の福島11RフルーツラインC500万下条件芝2,600mにウインティアラが出走しました。
このクラスに上がってからは厳しい戦いが続いているところです。
福島2,600mは他の馬でも馴染みのコースですが、結構先行馬には厳しい流れになりがちです。
先行馬も揃っているようで、必ずしもいい条件とは言い難いところです。
ただ、失うものは何もありませんからね。
思い切った競馬を見せてくれることを期待していました。

さてレースですが、スタートはそれほど良くなかったです。
先行争いが激しくなる中、無理をせずに位置取りを決めます。
縦長の流れになる中で、中段の先頭といった位置取りです。
道中は自分のペースでレースを運びます。
手応えは良く向こう正面辺りから位置取りを上げ始めます。
4コーナーでは単独2番手まで上がり、これはいけるのでは、と期待を持たせました。
ただ、直線では一杯になってしまいました。
最終的に9着まで下がったところでゴールでした。

見せ場はあるレースでした。
後ろの馬に差されたのは仕方ないですが、4角先頭の馬は捕まえられませんでした。
力不足は力不足なんでしょうね。
近況によりますと、次走は12月16日中山土曜12R芝2000m牝馬限定戦とのこと。
そして、その内容次第では、そこをもって現役を引退する可能性もあるとのことです。
まぁ、潮時ですかね。
今回のような、自分なりの競馬をしてくれたらと思います。



仕方ない
本日の札幌最終レース藻岩山特別1000万下条件芝1,800mにウインティアラが出走しました。
軽ハンデとはいえ、なかなか厳しい戦いが想定されます。
前走を見る限り、色々と条件が合えば着賞金を稼げるチャンスが無いわけではないようです。
ただ、メンバーを見ると先行したい馬が多くて、流れも向きそうにないと思っていました。
とにかく、まずは無事回ってくること。
あわよくば8着に入ってくれれば、出走奨励金を稼いでくれればと思っていました。

さて、レースですが、スタートは良かったのですが、仕掛けません。
内の馬が仕掛けて逃げを打つ中、4番手の位置取りとなります。
縦長になったので、結構速いのかと思ったのですが、1000mは61秒と意外とスローな流れに。
一瞬展開が向いたかと思いましたが、その1000mのところから一気にペースアップ。
必死に仕掛けますが、先頭に並びかけるところまで行きません。
4コーナーでは一杯になってしまいあとはズルズル後退。
シンガリに敗れました。

まぁ仕方ないですかね。
馬体重のプラス18㎏もそれほど影響は無かったと考えています。
シンガリと言っても大きく離されたわけではありません。
力は出し切っているのではないでしょうか。
残り少ないレース数になると思いますが、無事繁殖に上がるまで走り続けてもらいたいと思います。