FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
ウインニルヴァーナ、お疲れ様
今週は小倉で2頭出しでした。
色々と忙しくてなかなか時間が取れないのですが、それぞれWINSでレースは見ました。
まずは昨日出走したウインニルヴァーナについて書きます。

スタートは良かったです。
切れる脚が無いので前々で進めたいとのことでしたが、その通りのレースができました。
ペースも平均よりややスローで、理想的と言ってもいい展開でしょう。
しかし、3コーナーあたりで手応えが怪しくなります。
あとはズルズル下がるだけ。
結局13着に敗れました。

今回は稽古もまずまず動いていたので、変わってくれないかな、と期待していました。
レースもほぼ理想的に進めることができたと思います。
ただ、結果は残念としかいいようがありません。
今回の結果を踏まえ、登録抹消の方向で話を進めるとのこと。
客観的に見ても、妥当な判断なのかもしれません。

丈夫な馬ではありました。
稽古を積み重ねる中で変わってもらえないか、と期待をしていました。
ただ、ここまでのレース振りでは変わり身らしいところは見られなかったです。
力を出し切れずに引退に追い込まれる馬が多いことは周知のことと思います。
そんな中で、この馬なりに能力は出し切れたのが救いです。

まぁ、繁殖ってレベルではないですよね。
丈夫ですから、地方で走り続けるのでしょう。
今後のウインニルヴァーナに幸有らんことを祈ります。



スポンサーサイト



出資馬の今年最後のレース
昨日の中京4R未勝利戦芝2000mにウインニルヴァーナが出走しました。
なかなか忙しくてレースも見れず、ようやく今になってから書きます。
来週は出走が無さそうなので、これが今年の出資馬の最後のレースになりますかね。
使いたいレースを使えずスライド出走になりますが、あまり気にしていませんでした。
実際に好走したことは無いわけで、適正も多分そうだろうというぐらいです。
新しい試みですので、歓迎すべきことと考えています。
稽古も終いが一杯で、手応えらしきものは掴めていません。
いずれにせよ、厳しい戦いになるのではと想定していました。

レースですが、結果を見ての感想になります。
大逃げする馬の後ろで集団の先頭で競馬を進めたようです。
そして4コーナーまでは2番手で頑張っていたみたいです。
ただ、直線ではギアが入らなかったのでしょう。
結局14着に敗れました。

まぁ、意外と適正は悪くないのではないか、と感じました。
結果として逃げ馬が勝ったレースになります。
ただ、ラップから見ると楽な展開では無かった感じです。
もっと前残りになるような展開になれば何とかなるかもしれないと思いました。
まぁ、かなり希望的観測ですけれどね。
一応更新されたレース速報でも同じようなことを書いていますね。
ベストをつくしてもらえるのかな、と感じました。
厳しい戦いが続くと思いますが、頑張ってもらいたいです。



ウインニルヴァーナ、変わらず
本日は2頭だしです。
まずは東京2R牝馬限定未勝利戦芝1400mにウインニルヴァーナが出走しました。
大きな変わり身は見られないようですが、着実に稽古は積み重ねています。
この馬なりに力を付けているという話です。
とはいえ、厳しい戦いが想定されます。
少しでも着順を上げてもらえたらと考えながら、レースを見ました。

今日もスタートはいいのですが、それほど前には行けません。
ただ、この距離にしてはペースがスローで、前走よりは前に行けました。
枠順もあり外めでしたが、しっかりと走っているように見えました。
これなら直線ではこの馬なりの伸びがみられるのではと考えていました。
ただ、直線ではサッパリでしたね。
伸びるどころか、結局位置取りを下げての決着。
15着という結果になりました。

一見手応え良く見えたのはスローだからですね。
どの馬にとっても余力があり、瞬発力比べで見劣ったということです。
まぁ、まだまだ通用しそうにないということは分かっていたこと。
丈夫で稽古を積み重ねることができる馬なので、何時かは身になってくれるのではと思います。
どこまで使っていただけるか分かりませんが、ジックリ待ちたいと思います。



ウインニルヴァーナ2戦目
本日の福島1R牝馬限定未勝利戦芝1200mにウインニルヴァーナが出走しました。
デビュー2戦目での変わり身とスタートの良さを生かした距離短縮がどう出るか、ですね。
流石に福島は遠いので、WINSでレースを見ました。

スタートはポンと出て、他馬よりも一歩前に出ました。
ただ、流石に短距離戦、二の脚が早い馬が多いです。
先行集団というわけにはいかず、後方集団からレースを進めます。
枠順が外だったこともあり、道中は外目を進みます。
勝負所で仕掛けても反応するという感じではありませんでした。
直線でもジリジリとした感じの伸びがあるだけ。
少しは差して9着でのゴールとなりました。

今回は枠順もあり、外目を回りました。
距離ロスはありましたが、その分不利を受けることなくレースを進めることができました。
そのため、なんていいますか、能力がハッキリしてしまった部分はあります。
これで惜しければ今度は内を狙って勝負を賭けるとか言えたかもしれません。
まぁ、距離は明らかに短いと感じましたけど、現状ではちょっと厳しいですね。
使っていって、少しずつ変わり身を期待していくしかないでしょう。
幸い丈夫そうではありますので、頑張ってもらいたいと思います。



ウインニルヴァーナのデビュー戦
本日の東京5R新馬戦芝1600m戦でウインニルヴァーナがデビューしました。
レース前からちょっと厳しいかな、とは思っていました。
正直いい話が聞けたのはゲートが早いということだけ。
追い切りの時計は散々でした。
それでも、やはりデビュー戦ですからね。
見に行かなければいけないと思い府中まで行ってきました。

ウインニルヴァーナ、パドック

パドックでの写真です。
なんて言いますか、恐る恐るという感じでパドックを歩いていました。
新馬戦ですからある程度は仕方ないことかもしれません。
ただ、脚の運びとかも自然に力が入るというような感じは受けませんでした。
最初は二人引きの予定だったのでしょうかね。
その必要もないような大人しいパドックでした。

ウインニルヴァーナ、返し馬

返し馬です。
ジョッキーが乗ってターフに入ると少し力がこもってきましたかね。
それでも新馬戦らしく、誘導馬の近くに皆ぞろぞろと集まっていました。
まぁ、真っ先に返し馬に入った方ですかね。

レースです。
スタートは言われていたように良かったです。
道中は逃げ馬の後ろ、インコースにつけます。
超スローペースで引っ張り切りで4コーナーへ向かいます。
ただ、ペースが上がったら付いていけませんでした。
あとはずるずる下がるだけ。
14着でのゴールとなりました。

写真ですが、内ラチ沿いだったこともありまともなのが撮れませんでしたので無しです。
それにしても、厳しいですね。
本来超スローペースで先行してインに行けたのですから理想といっていいです。
それでこの体たらくでは、今すぐどうこうという話はできません。
まぁ、これからどれだけ変わってくれるかでしょう。
素質はあると信じたいです。