FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
ウインラディアントもデビュー、まずまず?
本日の京都5R2歳新馬戦芝1,800mでウインラディアントがデビューしました。
レース前に考えていたことは先日に書いた通りです。
調子落ち気味の中でどこまでやれるか、と考えていました。

さて、レースですがスタートはそんなに良くは無かったです。
ただ、跳びが大きいので自然に前に進む感じです。
逃げ馬を見る形で3番手くらいに付けます。
ペースは平均よりちょっと早めくらいでしょうか。
もっとままで手応えよくコーナーを回っていきます。
ただ、追ってからの伸びは一息という感じです。
他の馬よりも切れる感じは無く、流れ込んだ感じで5着でゴールしました。

まずまず、でしょうか。
調子がイマイチと思えた中では頑張ったかな、と思います。
近況によると軽めにやって持ち直した部分はあるということです。
とは言え、やはりシッカリ稽古ができるようにならないと、ですね。
本格化するのは時間が掛かりそうですので、まずは一つ勝つことが重要です。
長い目で見たいのですが、それを許してくれるかどうか。
上手なレース選択をして、チャンスを掴んでもらいたいですね。



スポンサーサイト



出資馬2頭がデビュー
今週は私の出資馬2頭がデビューします。
今年の2歳馬4頭はいずれも中々仕上がらなくてヤキモキしました。
ようやく全頭デビューということになり、ホッとしています。
というわけでその2頭について書いていきます。

まずは土曜の京都5R2歳新馬戦芝1,400mに出走するファーストフォリオから。
稽古の時計からは超抜群の時計というのは出せませんでした。
ただ、経験馬相手にシッカリ先着していますし、及第点というとことでしょうか。
まぁ、血統的な期待が大きすぎますからねぇ。
そのレベルと比較すると、流石にこんな感じの評価になってしまいますかね。
それでも並の馬なら自信を持って迎えられるという仕上がりだと思います。
どんな走りをしてくれるのか、楽しみです。

もう1頭、日曜の京都5R2歳新馬戦芝1,800mに出走するウインラディアントについて。
こちらは何とも言い難い仕上がりですね。
ずっと同じ馬と併せてきたのですが、最初は先着していました。
それが併入となり、今週はついに遅れてしまいました。
時計自体もまずまずの時計を出していたのが、今週の時計はイマイチですね。
公式の近況でも言われているように、体調が下降気味という感じがしてしまいますね。
まぁ、素質はありそうな馬で、先々は走ってくれそうではあります。
もしかしたらムラがあるだけで、レースにいったらシッカリ走ってくれるかもしれません。
まずは走りを見てみたいと思います。

それぞれに頑張ってもらいたいと思います。



2019ツアー報告その3 ウイン出資馬について
今日からは現役出資馬について書いていきます。
ツアーの二日目は真歌とCVFに分かれます。
当初の予定ではCVFの馬は初日に見て、マイネルアンデスを見に真歌に行く予定でした。
ただ、初日が生憎の天気になってしまい全然動けません。
CVFの馬に会いにいくことができませんでした。
現役馬の数自体は真歌1頭に対し、CVFの方が2頭。
募集馬ももっと天気がいいときに見たい。
已むを得ない選択としてCVFにいくことになりました。
ごめんよ、マイネルアンデス。

というわけで、CVFにいた2頭を取り上げます。
まずはウインラディアントから。
CVFの展示はまず坂路調教から始まります。
ウインラディアントは縦列の先頭で駆け上がって行きました。
まだまだ重いという話でしたが、後続の馬を引き離していましたね。
能力の高さは疑いないと感じました。

ウインラディアント

坂路調教を帰ってきたところです。
デカいですね。
大物感たっぷりです。

ウインラディアント顔
稽古を終えて、パドックにて。
なかなか可愛らしいですね。
知らない人が来てちょっと緊張している感じはありました。

デビューまで時間が掛かりそうですが、期待して良さそうです。

そしてウインイクシード
まぁ、こちらは貫禄という感じです。
今回の稽古ではトリを務めました。
すぐに入厩ということですので、今CVFで一番動く馬という感じでしょうか。

ウインイクシード

こちらも戻ってきたところ。
運動量も増やしているということです。
ズバ抜けた動きとの評価を頂きました。

ウインイクシード顔

パドックにて。
中々愛嬌を振りまいてきてジャれてくれました。
余裕がある感じです。

何の問題なしですね。復帰戦が楽しみです。



ウインラディアント
サマーエタニティの17の名前が決まりました。
表題の通りの名前となります。
英語で光り輝くという意味だそうです。
祖父、父から続く黄金のイメージなのでしょうかね。
兄のブライトと意味が似ていると思うと、何となく納得です。
個人的にはそれほど違和感がない名前と感じています。

これで、全ての2歳馬の名前が決まりました。
現状はそれほど仕上がりが早い馬はいなさそうです。
ただ、それぞれに素質がありそうというのは感じています。
まぁ、お値段がお値段というのもありますかね。
期待したいと思います。