FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
まだ挑戦は続きます
このブログを始めたばかりの頃の話です。
私は日本馬の海外遠征を応援する旨の記事を書きました。
日本馬2頭が前哨戦を勝ち、かつてないほどの期待が高まった今年の凱旋門賞。
今夜こそ、その夢が叶う日が来ると思っていたのですが、残念な結果となってしまいました。

オルフェーヴルキズナ、共に力を出し切ってくれました。
レース内容について、どうこう言うことはありません。
斤量差もありますが勝った馬は本当に強かったです。
これで日本馬4度目の2着になります。
本当に近そうで遠いタイトルです。

キズナはともかくオルフェーヴルは来年も現役続行というのは難しい気がします。
ディープインパクトの時も、この馬で勝てなくて何が勝てるのか、と考えていました。
しかし、オルフェーヴルが現れました。キズナも続きました。
日本の競馬から、また素晴らしい馬がきっと現れてくるでしょう。
まだまだ挑戦続けてもらいたいものです。
チャレンジ続けていれば、いつか夢が叶う日が来るでしょう。
その日を待ちたいと思います。


スポンサーサイト



ニエル賞、フォア賞を日本馬が制す!
昨日の凱旋門賞前哨戦の2レース、ニエル賞とフォワ賞を日本馬が勝ちました!
来る凱旋門賞に向けて、期待が高まる一日となりました。

ニエル賞を勝ったキズナですが、レース前は半信半疑でした。
父のディープインパクト産駒のイメージから、ロンシャンの馬場が向くか、正直疑問でした。
ゴールした瞬間はルーラーオブザワールドが差したように見えました。
それでも、負けても見せ場を作ってくれたー、とホッとしたものです。
これなら本番でもある程度の目処が立ったなと。
そんなことを考えていたら、予定外の勝利だったもので、ちょっとビックリしましたw
ま、本番は先ですので、オマケみたいなものです。
状態面での上積みも見込めますので、本番でもいい競馬をしてくれることと思います。

フォワ賞を勝ったオルフェーヴルはまぁ貫禄ですね。
適性は昨年も実績を残していますので心配はしていませんでした。
相手関係も楽でしたし、少し緩い馬場になったのもこの馬にとってはプラスです。
まぁ、勝ってくれるだろうな、と思っていました。
が、それにしても予想以上の楽勝でした。
これなら、本番に向けて疲れが残らないでしょう。
キズナも頑張ってくれましたが、やはりこの馬は違うな、と感じました。
海外のブックメーカーでも本命になっているようで、当然いい走りをしてくれることと思います。
昨年の借りを返してもらいたいですね。

エルコンドルパサーの挑戦から始まり、ナカヤマフェスタ、そして昨年のオルフェーヴル
あと一歩のところで取り逃してきたタイトルです。
今年こそ、日本の夢を叶えてくれると期待が膨らみます。
10月6日が本当に楽しみです。