FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
次は諦めずにレースを見たいと思います
本日の中山3R2歳未勝利戦芝2,000mにサンルイスが出走しました。
新馬戦から2か月と、少し間隔を開けた出走となります。
デビュー戦となった前走は全然ついていけませんでしたが、最後は追い込んできました。
新馬特有のレースというものが分かっていなかった競馬だと思っています。
一度経験したことで、今回はある程度ついていけるようになるでしょう。
その上で、どの程度やれるのか、力を図ることが出来ると考えていました。
今回のメンバーは中々揃っている印象はあります。
勝ち負けは厳しいかもしれませんが、着差の方に注目したいと考えていました。

さて、今回は久しぶりに競馬場に行けましたので、写真を交えつつ書いていきます。

サンルイス、パドック

パドックでの様子ですが、凄く見栄えはいい馬です。
出資を決めたときよりも、随分背が高くスラっとしているように見えました。
馬体だけを見れば、一番いいと思えました。
一方で、気性面はまだまだ幼い印象を受けました。
意味なく右後ろ脚を叩きつけたり、口から泡を吹いたり。
この辺はもう少し経験を積む必要があるな、と感じました。
そして、自分の出資馬の鞍上がこの勝負服を着ているのを見るのは初めてです。
今まではライバル馬が着ていたことが多かったんですけれどね。
徐々に慣れていくんでしょうね。

さて、レースですが、スタートはイマイチ。
伸びあがるような感じで行き脚もつかず、後方からのレースとなります。
それでも、前走よりはマシで、前からはそれほど離されず付いていきます。
飛びが大きいこともあるのでしょうが、早々と外に出し、折り合いを付けます。
鞍上の手が動き出したのは、まだ向こう正面と言っていいところ。
反応は悪く、ちょっと厳しいのかな、とこの時点では思っていました。
ただ、徐々に加速がついて、大外から先頭を伺う位置まで上がってきます。
4コーナーではコーナリングで差を付けられてしまい、ここまでかな、と思いました。
それでも、直線に入ってからもジリジリ伸びてまた差を詰めてきます。

サンルイス、直線

先頭に迫ったところがゴール、僅かに届かず2着という結果でした。

しっかりと変わり身を見せてくれましたね。
正直このレベルの相手にここまでやれるとは思っていませんでした。
もう少し直線が長ければ差し切ってましたね。
自分の期待以上の走りです。
それでも、少しは期待していたんですよ。
実は最初は馬券を買わないつもりでした。
ただ、パドックで馬体がいいのを見て、もしかしたらと思って慌てて買うことにしました。
おかげさまで万馬券を有難くいただきました。
それにしても粘っこい走りをしますね。
レース中、私は何度諦めたことか。
これ、ダイワメジャー産駒の走りじゃないですよね。
明らかに母系のジャングルポケットの血がそうさせているように思えます。
短距離馬に出資したつもりがいつのまにか長距離馬に出資していました。
いやぁ、馬体を見るって難しいですね。
この走りなら次走は東京開催がいいでしょう。
次走は素直に期待し、諦めずにレースを見たいと思います。




サンルイスのデビュー戦
本日の福島5R2歳新馬戦芝2,000mにサンルイスが出走しました。
レース前に考えていたことは昨日書いた通りです。
人気は7番人気と思っていたよりはあるな、と感じました。

さて、レースですが、スタートはまずまず。
ただ、行きっぷりは悪くて、どんどん位置取りが下がります。
結局向こう正面では離れたシンガリで全くついていけないような感じに。
それでも、そこからは少しずつ追いついてきて、3コーナー辺りで集団に取り付きます。
直線でもジワジワと伸び、順位を上げます。
結局8着まで順位を上げたところがゴールでした。

まぁ、これはあれですね。
完全にレースというものが分かっていない走りでした。
仕上がりももう一息だった感じですし、結果ほどは悲観するものではないと思っています。
問題は次のレースですよ。
今回の経験を踏まえ、一定の変わり身は見せてくれると思います。
そこで、どんなレースをしてくれるのか、ですね。
大きく前進してくれることを期待しています。




今週は4頭!出しです
表題の通りです。
出走数が減っているな、と思っていたらここにきてドドッと出走が決まりました。
全部福島での出走で応援に行けたら嬉しかったのですが、ちょっと都合がつかなかったです。
それでは、それぞれレース前に考えていることを書いていきます。

まずは明日の福島5R2歳新馬戦芝2,000mにサンルイスが出走します。
私のキャロットとしての初陣になります。
手応えはまずまずですかね。
万全というよりは良化途上の印象は受けます。
もう1、2本追い切ってからの方が良さそうにも見えました。
使いつつ良くなりそうなタイプという印象は受けました。
勝ち負けというよりも、目処が経つ競馬をしてもらえたらと思います。

明後日の福島2R2歳未勝利戦芝1,800mにマイネルモーディグが出走します。
前走で3着と大きく変わり身を見せ、ここも力が入るところです。
状態面も大きな上積みということはありませんが、状態は維持している様子です。
今回も上位争いを期待できそうではあります。
ただ、勝利となると相手関係がどうですかね。
前走で負けた馬が出てきますが、相手はかなり強い競馬での2着でした。
正直能力差は感じたレースで、なかなか逆転は難しいと感じています。
スタートはとにかく上手な馬ですので、その辺に活路を見出したいです。
いい枠貰って上手く立ち回って逆転してもらえたら嬉しいです。

明後日の福島9R栗子特別3歳以上500万下条件にヴィオトポスウインイクシードが出走します。
こちらは同一レースの2頭出しですね。

まずはヴィオトポスから。
前走ではまずまず走りましたが、あれが限界という印象です。
放牧しても大きな変わり身がなかったので、使い続けていくしかないでしょう。
前走と同程度に走ってもらえたら満足です。
丈夫に走り続けてもらえたらと思います。

そしてウインイクシードです。
概ね1年ぶりの復帰戦となります。
期待が大きい馬ですが、なかなか状態が良くならずここまで掛かってしまいました。
今回も状態面は万全ではないようですが、それでもこのクラスでは上の馬だと思っています。
まずは無事に回ってくること。
そして、能力の片鱗でも見せてもらえたらと思います。
いきなり勝ってしまうことも十分にあるかと思っていますよ。



出資2歳馬の近況
ダービーはまだですが、マイネルファンロンが放牧になり私の春のクラシックは終わりました。
次は2歳馬のシーズンですね。
POG本なども出ていますし、出資2歳馬の近況などを書いていきたいと思います。

まずはサンルイスから。
なんと、もう入厩しています。
公式HPの近況を見る限り順調だと思ってはいました。
ただ、POG本などではそれほど評判になっていなかったので、まだ先かなと思っていました。
考えている以上にいい感じなのかもしれないですね。
ダイワメジャー産駒らしく早いデビューを期待したいと思います。

そしてウインセルリアンです。
こちらはPOG本での評判は上々なようです。
というか、ここまで評判になっている馬に出資したことは無いというレベルです。
公式HPの近況などを見てもかなり期待は高いです。
現在は疲れから一息入れているようですが、それでも早い時期でのデビューになるでしょう。
本当に楽しみです。

次はマイネルモーディグ
こちらもとにかく順調なようで、なにも悪い話は聞きません。
5月中の入厩を目標にしているそうで、やはり早い時期のデビューになりそうです。
POG本ではイマイチ掲載されていませんが地味な血統ですからね。
周囲の期待以上に走ってくれるのではないかと考えています。
こちらも期待しています。

最後はマイネルイヴィンスです。
こちらはいい話はあまり聞いていないところです。
公式HPの近況でも併せ馬での遅れや鼻出血といった言葉が飛び交います。
POG本で取り上げられないのも致し方ないところです。
まぁ、出資馬の子で気になってしょうがないので出資したという部分はあります。
慌てずジックリ成長してくれることを待ちたいと思います。



2歳馬の名前全部決まる
先に決まっていたラフィアンに続き、キャロット、ウインでも2歳馬の競走馬名が決まりました。
結局ウインでの出資はせず、今年は4頭という体制になります。
ここで、それぞれについて書いておきます。

コンカランの16はサンルイスとなりました。
アルゼンチンの都市コンカランが属する州名ということだそうです。
なんかどこかで聞いた名前だなぁ、という感じですね。
あとホームページがまだ慣れないですね。
ラフィアンでずっとやってきてウインは違和感はありませんでした。
ただ、キャロットではまだ情報がどこにあるのかがピンとこないんです。
気が付いたら動画が結構一杯上がっていました。
この辺は頭数が多くなってくると変わってくるのかもしれませんね。
馬の状態自体は順調なようで、これからどうなってくるのか楽しみです。

コスモチェーロの16はウインセルリアンとなりました。
セルリアンというと某人気アニメを思い出します。
評判ということで、ニコニコ動画で一気見しました。
緩い雰囲気に合わずなかなか深い話でした。
それはさておき、馬の方の動きは上々のようです。
先日の追い切りでは、動く牝馬の組の中でトップでゴールしたとのこと。
これは期待が膨らみます。
デビューも早くなりそうで、本当に楽しみです。

ケージーヒトメボレの16は一度書きましたが、マイネルモーディグになりました。
スウェーデン語で勇敢ということだそうです。
あまりピンとこないのですが、走るうちに慣れていくでしょう。
ラフィアンは情報が少ないので何とも言えないのですが、順調ではあるようです。
ただ、更新された動画を見ても、まだ皆でゆっくりの段階です。
これかたどういうふうに変わっていくのか。
今後に期待、というところです。

マイネランデブーの16も一度書きましたが、マイネルイヴィンスになりました。
英語で明示するという意味だそうです。
こちらもあまりピンとこないですね。
走るうちに慣れてくるでしょう、というのは同じですね。
こちらはあまりいい情報は入ってきていないです。
併せ馬で遅れ、調教後に鼻出血などなど。
少なくとも時間が掛かりそうではありますね。
晩成の馬だと思うので、ジックリ鍛えて貰いたいと思います。