FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
ディープインパクトJC勝利
見事な勝利でしたね。
しかし、この盛り上がらない気持ち、なんなんでしょう。
やはり、引退が決まっているから・・・ということでしょうか。

ディープインパクトの能力の高さは分かっているつもりですので、今日の結果に驚きも感動もありません。
そのことに対して、馬を責める気にはなれません。武騎手、池江調教師に対しても同じです。
馬も騎手も調教師も本当に素晴らしい「チームディープインパクト」のメンバーです。
しかし、そのチームで海外でリベンジをする機会がもうないと思うと、なんともやるせない思いが募るばかりです。
「現役続行」のニュースが来ない限り、きっと高揚する気持ちにはなれないでしょう。

ちなみに中山コースは得意ではないでしょうから、有馬記念はあえて外した馬券を買ってみようかと思います。
コーナーを5つ回って直線も短いコースでは去年のように届かない可能性があると思います。
狙いは先行馬。今日のドリームパスポートの乗り方なら面白いと思います。
どの馬を狙うというよりも、思い切った騎乗ができる騎手が狙いな気がします。
まぁ、可能性は低いと思いますので、ちょろちょろと遊びで買う程度ですよ。
スポンサーサイト



ディープインパクト年内引退
残念なニュースが入ってきました。

凱旋門賞で3着に敗れたディープインパクトは年内で引退するそうです。
もっとも多くて国内で3戦して引退するそうですが、仮にその3戦を全て圧倒的な勝利を納めたとしても、個人的には空しい思いが募るだけのような気がします。
正直ディープの国内戦にはもうあまり興味がありません。
凱旋門賞後の池江調教師のインタビューに期待をしたのですが、最終的には馬主に権限があることですからね。
海外のターフで走るディープの姿をもう見ることはないと思うと、残念としかいいようがありません。

種牡馬としての将来に期待するメッセージを書いて終わりにしようと思ったのですが、残念という思いの方が先に立ちます。
ディープ引退反対の署名でもあったら、一筆書きたい気分です。
ディープインパクトの凱旋門賞を考える
凱旋門賞のディープインパクトは3着に敗れました。
勝ったらウハウハしてブログを更新していたのでしょうが、もう不貞寝するしかなかったです。
今でも凱旋門賞の敗因を分析するとか、そういう気分にはなかなかなれないのですが、しないと始まらないので一応してみます。

正直、時計がかなりいい加減っぽいので、ペース分析をするのが難しいのですが、先行した有力馬の1頭シロッコが惨敗したことなどを考えると、前に行った馬には厳しい流れだったと思います。
ロンシャンの馬場もフィットしなかったのかもしれません。
勝った馬とは斤量差もあったと思います。
あと、気になったのが、妙にマッチョになってたこと。
筋トレしすぎて動きが悪くなった某スポーツ選手みたいな印象を受けました。
武豊騎手の騎乗については、文句はないです。
結果としてやや仕掛けが早かった感は無きにしも非ずですが、そもそも多少のミスで、勝ち負けが変わるようなレベルを期待していたわけではなく、圧倒的な能力差を見せてくれることを期待していましたので、それに見合う多少の不利はあっても大きな不利を受けない騎乗をしてくれたと思います。
しかし、どう乗っても勝てるような条件では無かった。
負けるべくして負けた、そういう気がします。

しかし、私はこの敗戦でディープインパクトの評価を下げることはしません。
私にとっての評価とは種牡馬としてその産駒を一口を持ちたいか、ということです。
一口といっても投資ですから、世間一般の評価が本当の能力よりも過大に評価されているものはリスクが高いため、評価は下がります。
私は現状のディープの評価は過大なものとは考えていません。
私はどんな条件でも無敵な馬はいないと考えてます。
日本の競馬でその圧倒的な能力をみせたディープに対し、日本競馬史上最高の馬である、という評価は変えるつもりはありません。
条件さえ整えば、ディープは世界を震撼させることができるパフォーマンスをみせることができると、私は今でもそう思っています。

レース後の池江調教師に対するインタビューでの「また、こういうレースに挑戦したいと思います。」という一言が印象に残りました。
なかなか意味深な発言ではあります。
私はこれをディープの来年の現役続行宣言と受け取りました。
もし、ここにディープが勝ってしまっていたら、きっと日本で申し訳程度に1、2戦して引退していただろうと思います。
来年以降もディープが海外競馬の大舞台で走る姿が見れるのは嬉しいことです。
馬主や馬自身の状態の関係もありますから、実際はなんとも言えないのでしょうが、池江調教師の意気込みが嬉しくもあり、頼もしくも思えました。

来年、ディープインパクトが世界の大舞台で、その圧倒的なパフォーマンスを見せて、世界中のホースマンに深い衝撃を与えてくれることを期待します。
ディープ!勝て!
日本時間の明日の深夜0時半過ぎ頃、ディープインパクトの出走する凱旋門賞が行われます。
本当に楽しみで、今から胸がドキドキします。
いろいろとレース分析を書こうかとも思ったのですが、なんか詰まらないことに思えてきました。
ここまで来たら言いたいことは一つ。

ディープ!勝て!

今夜、日本競馬の夢が叶うこと、期待します。
ディープインパクト ~ダンシングブレーヴを超える衝撃を~
今日は10月1日に行われる凱旋門賞に向けて、フランス遠征中のディープインパクトのことについて書いてみます。
やっぱり、海外遠征する馬は応援したくなるものです。
競馬観戦暦10数年と誇れるほどのものではありませんが、私が見た中で間違いなく最強の馬だと思います。
瞬発力とスタミナをこれほどまでに高水準で備えている馬をみたことがありません。

しかし、どんな馬でも欠点はあります。ディープインパクトにもあります。
ディープインパクトの欠点、それは器用さがないこと、です。
スタートダッシュは悪いし、レースは常に大外を回る距離損のレースばかりです。
そのような馬が特に不利になるのは、やはり小回りのレースです。
有馬記念で負けたのはコーナーを5回も回る中山2500mというコース形態に大きな要因があることは間違いないと思っています。

さて、凱旋門賞の舞台となるロンシャン競馬場ですが、コーナーが2つ、というのも変な感じなのですが、コーナーリングによる有利不利が少ないコースであることは間違いないと思います。
これはディープインパクトにとって非常に有利な条件と考えます。
少なくともアメリカで行われるBCターフにでるよりは条件が整っていると言えるでしょう。
直線が平坦であることも、京都コースで瞬発力を見せたディープインパクトにとっては有利な条件だと思います。

凱旋門賞史上最高の勝ち方を見せた馬はダンシングブレーヴと言われています。
最高の相手達を脅威の末脚でぶった切ったレースは伝説となっています。
レース振りからして、ディープインパクトはダンシングブレーヴと同じタイプだと思います。
今回ディープインパクトが通る道はダンシングブレーヴの通った道になると思います。
その道でどんなレースをしてくれるのか、非常に楽しみです。
2006年10月1日、ロンシャン競馬場。
ダンシングブレーヴを超える衝撃を――― 期待しています。