FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
能力の評価は保留としたい
本日の京都10RエルフィンS芝1,600mにファーストフォリオが出走しました。
レース前に考えていたことは登録馬を見てのところで書いた通り。
馬券を買う身ならば怪しい人気馬という感じです。
ただ一口を出資している身としては何とか頑張ってほしいところ。
出来自体も悪くなさそうですし、条件も悪くないと思います。
何とかいい結果を残して欲しいと願っていました。

さて、レースですがスタートは良し。
そのまま先行集団を伺いますが、外からぶつけられるような形になり、嫌がるところを見せます。
道中でも何度か外から被せられるような形で、力んで走っているような感じです。
4コーナーでは先頭を伺う位置に付けますが、そこまででした。
直線に入ると余力無し。
そのままずるずる後退し8着に敗れました。

散々言われていたことではあるのですが、気の悪さを出してしまった感じです。
能力の評価としては保留としたいところです。
いずれにせよ桜花賞はこれでは無理ですね。
オークスに向けて仕切り直しといきたいと思います。
気の悪ささえ出さなければ、本質的には長い距離の方がいいタイプと思います。
次走で巻き返して欲しいと思います。



スポンサーサイト



エルフィンSの登録馬を見て
今週末のエルフィンSにファーストフォリオが出走予定です。
特別レース登録は16頭と丁度出走可能数と一緒で除外の心配はありません。
東京の春菜賞にも登録はありますが、ここは登録だけでしょう。
登録馬を見つつ思っていたことを書いておきます。
ではまず、その登録馬からです。

ウインドラブリーナ
ウインマイティー
ヴィースバーデン
エーポス
クリノプレミアム
グリンデルヴァルト
クーファイザナミ
スマートリアン
デアリングタクト
ビオグラフィー
ファーストフォリオ
ホープホワイト
メタモルフォーゼ
ライティア
ラヴォアドゥース
リネンファッション

オープン特別ではありますが、すべて1勝クラスの馬です。
メンバーはまぁ緩いと言っていいでしょう。
良血馬で未知なこともあり、1番人気が想定されます。
クラシック云々をいうならば、ここは勝っておきたいところです。

とは言え、自信を持ってレースに望めるかと言うと難しいところです。
新馬で走った馬たちがその後全然勝てていないことは気になります。
正直、レースレベルは疑問です。
新馬のときの走りでは物足りないことは否めないと思います。
1番人気ということを想定すると馬券的には首を捻ってしまいます。

ただ、稽古の時計は順調に詰めてきています。
新馬と比べても上積みがあることは間違いないと思います。
走りっぷりからしても距離が延びることは歓迎です。
京都の外回りもいいと思います。
不安もありますが、それ以上に期待があります。
いい結果を出してくれたら嬉しいです。




ファーストフォリオ、デビュー戦勝利!
本日の京都5R2歳新馬戦芝1,400mでファーストフォリオがデビューしました。
レース前に考えていたことは昨日に書いた通りです。
血統面からの期待ほど、万全とは考えていませんでした。

さて、レースですが、スタートはまぁ普通。
ダッシュは鋭い馬が他にいますが、無理はしません。
中団の外目に付け、少し仕掛けながらの追走になります。
ペースは新馬戦としては随分と早く流れている感じです。
勝負所辺りの反応は正直鈍いと感じました。
外から併せてくる馬の手応えが良く、これは厳しいかと一瞬思いました。
しかし、併せられて火が付いたのか、ここでグンと加速します。
直線では併せてきた馬との追い比べになりますが抜かせません。
最後は逆に突き放し、1着でゴールしました。

いやぁ、中々味なレースをしてくれましたね。
気性面からこの距離を使ったとのことですが、正直短かったです。
追走に苦労していた感じですし、途中までは反応も鈍かったです。
しかしスイッチが入ってからの走りは流石という感じです。
最後に突き放したところに強さを感じました。
ビシッとした稽古もしないままでこの走りですからね。
母に近づける馬になれる可能性は感じました。

今後ですが一旦放牧に出されるそうです。
この勝ち方を見ると続戦したくなる気もするのですが・・・余裕ですね。
ビッグレッドグループに慣れているのでねぇ。、
クラシックに乗せるのに必死になってしまうのですが。
まぁ、精神的にも肉体的にも成長が見込める馬です。
いい休養になってくれるのではないでしょうか。
次に競馬を使うときは一段とパワーアップした姿を見せてくれると期待します。
本当に楽しみです。



出資馬2頭がデビュー
今週は私の出資馬2頭がデビューします。
今年の2歳馬4頭はいずれも中々仕上がらなくてヤキモキしました。
ようやく全頭デビューということになり、ホッとしています。
というわけでその2頭について書いていきます。

まずは土曜の京都5R2歳新馬戦芝1,400mに出走するファーストフォリオから。
稽古の時計からは超抜群の時計というのは出せませんでした。
ただ、経験馬相手にシッカリ先着していますし、及第点というとことでしょうか。
まぁ、血統的な期待が大きすぎますからねぇ。
そのレベルと比較すると、流石にこんな感じの評価になってしまいますかね。
それでも並の馬なら自信を持って迎えられるという仕上がりだと思います。
どんな走りをしてくれるのか、楽しみです。

もう1頭、日曜の京都5R2歳新馬戦芝1,800mに出走するウインラディアントについて。
こちらは何とも言い難い仕上がりですね。
ずっと同じ馬と併せてきたのですが、最初は先着していました。
それが併入となり、今週はついに遅れてしまいました。
時計自体もまずまずの時計を出していたのが、今週の時計はイマイチですね。
公式の近況でも言われているように、体調が下降気味という感じがしてしまいますね。
まぁ、素質はありそうな馬で、先々は走ってくれそうではあります。
もしかしたらムラがあるだけで、レースにいったらシッカリ走ってくれるかもしれません。
まずは走りを見てみたいと思います。

それぞれに頑張ってもらいたいと思います。



ファーストフォリオ
シーザリオの2017の名前が決まりました。
表題のとおりの名前になります。
シェイクスピアの戯曲をまとめて出版した最初の作品集ということで母名より連想だそうです。
母の名前がシェークスピアの作品から取ったものでなるほど、と思わせます。

ただ、なんかピンとこないんですよね。
なんといいますか、あまり女の子らしくない名前な気がします。
また、母から短い名前をイメージしていたというのもあります。

まぁ、この辺は慣れです。
先日引退したマイネルメリエンダもお菓子とかメスっぽくて違和感感じてましたからね。
違和感を感じなくなるくらいドンドン出番があることを期待したいと思います。