FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
ブロッシェ引退
新年早々残念なお知らせです。
膝の骨折から手術を受け、経過観察をしていたブロッシェのことです。
結果能力消失の判断が下され、引退となりました。
今後は研究馬としてJRAに引き取られるということです。
研究馬というのは何かということを深く語るのは止めておきましょう。
ただ、母として牧場に戻ることが出来なかったことは残念でなりません。

能力的には1勝クラスならまだまだやれるということは示していました。
ただ、膝の骨折は3度目ですからね。
レース数を使えなかった母同様に弱いところがあったということでしょう。

姉の引退と入れ替わりに、弟に出資することが決まりました。
競走生活を全うできなかった姉の分も頑張ってもらいたいと思います。


スポンサーサイト



2017ツアー報告その5 そのほかのラフィアン出資馬について
今日はラフィアンのそのほかの出資馬についてです。
今年のツアーでは明和で厩舎での所属馬・募集馬見学の時間が設けられました。
ただ、2日目午後の募集馬展示の後、種牡馬展示の時間と同じタイミングになるんですよね。
去年は雨で種牡馬展示を断念したので、今年はそちらに行ってみたいと思っていました。
ゴールドシップ、まだ見ていないんですよね。
というわけで、その時間は諦め、昼食を食べたらすぐにパドックに放牧されている様子を見てきました。
スタッフはいないので、パドックの中での様子になります。

ブロッシェ

ブロッシェです。
現級に目処を立てたところで、2度目の剥離骨折で休養中です。
前回と違うところということで、骨が弱いんですかね。
まあ、お母さんも順調に競走生活を送れた馬では無かったです。
母を超えるキャリアを残せるかが目標になると考えています。
思い出したのは母親の休養中に牧場に会いに行ったときのことです。
現役競走馬にして、すでに繁殖牝馬のような貫禄のある体をしていました。
いい繁殖になると勝手に思っていたのですが、G1馬の母になるとは予想以上です。
もしかしたらこの子も貫禄をある馬体を見せるのではと考えたりもしました。
まぁ、そんなことは無かったです。
そりゃレースを使っていたころから、そんなに経ってはいませんからね。
夏にでも会いに行ったら、貫禄ある馬体を見れるかもしれません。
今はゆっくり休んでもらいましょう。
そして、復帰に向けて頑張ってもらいたいと思います。

マイネルファンロン

マイネルファンロンです。
写真、どうでしょう。馬体は中々いいのではないでしょうか。
今のところ順調のようで、悪い話は聞かなかったです。
間もなくデビューに向けて入厩ということになりそうです。
ただ、何かとトラブルのある血統ですので、心配はつきません。
7月中旬以降の入厩という話もありますので、順調にいってもらいたいです。
さて、話は飛びますが、先日叔父のマイネルクラースがダート変わりで圧勝しました。
衝撃的なまでの勝ち方でした。
思ったことは、この血統、もしかしてダートは鬼なんじゃね?ということです。
兄を筆頭にこの血統は芝の長いところを使われている傾向があります。
それなりに結果を出しているだけに、そのまま使っているということはあります。
ダートを使っていれば大化けした可能性もあったのかもしれません。
仮に7月中旬に入厩だとするとデビューは新潟でしょうか。
高速芝は追い込んでも届かないというイメージが強いです。
脚元への負担も大きそうです。
新潟の新馬戦を眺めて目についたのが8月13日のダート1800m戦です。
そこで追い込んで圧勝するイメージ、自分はわきますね~。
ダートを主戦場にして芝にも挑戦する、という形の方がいいような気がします。
とまぁ戯れ言はここまでにして、とにかくデビューに向け順調にいってもらいたいと思います。



ブロッシェ骨折
ここまで順調に来ていた私の出資馬たちですがここに来てアクシデント。
ブロッシェが右膝の剥離骨折ということです。
現級に目処が立ったところだけに残念です。
昨夏に続き2度目になりますが、骨が弱いのでしょうか。
母は5歳まで走り続けたのですが12戦しかできませんでした。
弱いところが遺伝している部分はあるのかもしれませんね。
母は競走馬としては力が出し切れない部分がありました。
その母の実績は超えてもらいたいと思うところはあります。
そのためにも、まずはジックリ怪我を直してもらいたいと思います。
焦らずに待ちたいと思います。



揉まれなければ力はある
本日の東京5R3歳500万円以下条件ダート1,400mにブロッシェが出走しました。
昇級戦の前走は惨敗の結果に終わりました。
敗因としては距離が挙げられてましたが、それにしても負けすぎです。
スタートは良かったのですが、控えたことから砂を被るレースになってしまいました。
馬がやる気を損ねてしまったのが最大の理由と考えています。
とにかく砂を被らずに気持ちよくレースをしてもらいたいです。
決まった枠順は6枠11番と微妙なところ。
それでも内枠なら逃げに近い競馬が必要なので、この枠なら作戦の幅は広がると思います。
とにかく揉まれない競馬で、どのくらい力があるのかを見極められたらと考えていました。

さて、レースですがスタートはそれほど良くは無かったです。
ただ、二の脚を利かせて先行集団にとりつきます。
3番手の外目に付けて、一旦ここでペースが落ち着くのかな、と思いました。
ところが外の馬が被せるような勢いを見せて、ちょっと焦りました。
ただ並びかけるくらいの位置で控えてくれたため助かりました。
あとはこの隊列のままレースは進みます。
多少の距離ロスはありましたが、砂を被らない位置取りを確保できました。
直線では切れるというほどの脚ではありませんが、しっかりした足取り。
一瞬勝つかとも思いましたが、後ろの馬に交わされてしまいます。
それでもしっかり粘って、4着でゴールしました。

当初期待していたような競馬ができました。
揉まれなければこのクラスでも掲示板に載る力があると示せたことは収穫です。
どうしようもなければ地方交流があると思っていましたが、これなら中央でもやれそうです。
末永く楽しめる馬になれそうでホッとしています。
走り続けながら徐々に力をつけてもらえたらと思います。
次走を楽しみにしたいと思います。



スタートだけ
本日の2頭目は東京7R500万下条件ダート1,600mに出走したブロッシェです。
こちらもレースから書きます。

スタートは良かったです。
ただ、ガンガン主張している馬がいて行かせます。
そして、さらに外の馬も主張してきて位置取りを中段くらいに下げます。
特に無理せずに、距離ロスなくレースを進めます。
ただ、4コーナー辺りで鞍上の手が動きますが反応できません。
直線でもずるずる後退。
ブービーの15着に敗れました。

スタートだけですかね、いいところは。
揉まれて嫌気を差したのかもしれません。
レース後の近況によると距離が長いという意見でした。
ただ、やはり楽に逃げれるかの方が問題だと思うんですけれど。
むしろ距離を伸ばして楽にハナにいけるような競馬の方がいいと思います。
どんなレース選択をしてくるのか、次のレースを見守りたいと思います。