FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
出資馬たちの動向の整理
まだ、ウインの出資申し込みの結果が着ません。
事務処理の都合上、発送が遅れているとのことが公式HPに告知されているところ。
結果は気になりますが、来ないものは仕方ありません。
とりあえず、本日は出資馬たちの動向を整理しておきたいと思います。

まずは、マイネルアトラクト
まぁ、特に書く事はないですね。
乗り始めたばかりで特に復帰の目処も立っていません。
無理に目標を設定して焦る必要もないですからね。
しっかり調子を上げてから復帰を目指してもらいたいと思います。

次に、マイネルイロンデル
4日に入厩しましたが、熱発してしまったようです。
大したことはなさそうで体調が安定次第調教を開始するとのことです。
公式コメントでは軽い症状であることを強調していますが、油断はならないところ。
とにかく無事に回復してもらいたいです。
デビューを迎えることができるよう頑張ってもらいたいと思います。

そして、マイネルパントルです。
新潟のダリア賞には間に合う予定との話でしたが、両前肢のソエが想定より悪かったようです。
いったん北海道へ戻して一息入れることになりました。
しっかり勝ち上がったということが、こういう場面では大きいです。
無理をせずに回復に専念することがきますからね。
まずはリフレッシュしてもらいたいと思います。

最後にマイネグロリアーナです。
2度目のゲート試験で合格し、本格的にデビューに向けての調整に入ったところ。
7月15日(日)の新潟開幕週の芝1600m戦が目標となっています。
まだ早いところはやっていないので、手応えについてはなんとも言えません。
そろそろビシッと早い時計を出してもいいと思うのですが、ゆっくりしてますね。
牧場での評判を信じれば、いいところはあると思います。
会ったことがない馬ですので、できれば応援に駆けつけたいです。

今週出走予定のマイネイディールは別に書きたいと思います。


2012ツアー報告 その2 マイネルアトラクト
出資馬のもう1頭マイネルアトラクトについて報告します。
こちらも写真から。

マイネルアトラクト

やはり明和の第1厩舎奥のパドックです。
現在540kgということでシェイプアップが必要とのこと。

マイネルアトラクト、あくび

結構、反応が鈍くてぼーっとしておりました。
眠そうに、こんな感じでアクビばかりしていました。
起こしちゃってゴメンナサイです。

ここまで本当によく頑張ってくれました。
これからは古馬に混じっての準オープンからのスタートとなります。
正直なところ3歳の秋というのは個人的にはかなり鬼門となっています。
確かに、難しいところではあるんですけれどね。
ここで目処が立てば、かなり楽しみが大きくなります。
結構ハードルが高いのですが、頑張ってもらいたいと思います。


マイネルアトラクト、北へ
先日、お疲れ様と題した記事を書きました。
本日の近況によるとマイネルアトラクトは北海道へのリフレッシュ放牧となるようです。
別に放牧ということが分かっていたわけではありません。
使おうと思えばいくつかの候補は直ぐに思いつきます。
ユニコーンSでダート適性を試す。
小回りなら1800mでもこなせるのではということで、鉾田を挟んでラジオNIKKEI賞などなど。
ただ、誰しもがタイミングだと思ったのでしょうね。
昨年の秋から、小休止を挟みはしましたが、ずっと使い続けてきました。
今回の結果を踏まえると、ここらで一休みしてもいいのかな、という感じです。

とにかく余りの惨敗でしたので、今日の更新で何らかの故障が伝えられることだけが怖かったです。
とりあえず何事も無かったようなのでホッとしました。
無事であればまだまだ未来はあります。
試してもらいたい事は一杯残っていますから。
まずはゆっくり休んでいただいて、英気を養ってもらいたいと思います。


お疲れ様でした
本日のプリンシパルSに出走したマイネルアトラクトは15着に敗れました。
とりあえず言いたいのは表題の「お疲れ様」ということです。
続戦になるのか、放牧になるのか分かりません。
ただ、先の記事に書きましたが、この馬の目標はG1出走です。
とりあえず春のG1出走は無くなったかなと。
なんか自分の中で一区切り付いた感じはあります。

マイネルアトラクト、パドック

パドックでの気配自体は悪くなかったと思います。
前走よりも落ち着いて見えたし、ゆったりと外目を回る姿は好感が持てました。

マイネルアトラクト、直線

レースもスタートはうまかったと思います。
難所と言われる2コーナーをスムーズに通り抜け好位のインに付けます。
前にいこうとする馬が意外と多くて包まれた感じになったのは嫌な感じでした。
そのために仕掛けが遅くなったのは個人的な理想とは違いました。
もっと早めに先頭に立つような競馬を期待していましたので。
それでもかなり理想的な展開に近い競馬は出来たと思います。
直線でも上手くインが空くのが見えましたし。
ただ、余りにも伸びなかったです。

ここで好走したアルキメデスやローレルブレットは馴染みの馬たちです。
能力的にここまで差があるとは思わないのですが・・・敗因は距離なんですかねぇ。
そうならいいんですが、故障とかを疑うような敗戦でもあります。
とにかく無事であればなんでもいいです。
まだまだダートとかスプリントとか試してもらいたい事は色々あります。
秋に向けて飛躍してもらいたいと思います。


切り替えて
明日はマイネルアトラクトがプリンシパルSに出走します。
まだ、NHKマイルCの残像が残っているところですが、切り替えて分析したいと思います。

まずは、天気ですが、当日は晴れでレースを迎えることができそうです。
ただ、今日もそれなりに雨量があり、パンパンの良馬場とはいかないようです。
いずれにせよ、マイネルアトラクトにとっては問題無いところでしょう。
他馬が苦にするようなら、より悪い馬場の方が面白いかもしれません。

相手関係ですが、スピルバーグが人気を集めているようで、確かにこの馬強いと思います。
ただ、明らかにマイネルアトラクトとタイプが違います。
前目でレースをするアトラクトに対し、やや反応が鈍く後方からレースをするスピルバーグ。
馬場や展開によってどうなるのかは分からないと思います。
逆にスピルバーグが来るような展開になると厳しいかもしれません。

きさらぎ賞だけみて距離の適性がないとは思っていません。
レースの展開次第と考えています。
すんなりと先行できればチャンスはあると思っています。
そのために重要なのが枠順です。
東京2,000mはスタートしてすぐカーブのため、枠順の有利不利が大きいです。
すんなり先行するためには外枠は避けたいところと考えています。
決まった枠順は2枠3番。
これならスンナリと先行できるのではないでしょうか。

ただ、これを勝ってダービーへ、という感じにはまだなれないですね。
切り替えて、と題しましたが、まだまだ切り替えられない思いはあります。
そもそも目標レースがダービーだった訳ではないですし、適性もなんとも言えないところです。
次というよりも、今の競馬を大事にしてもらいたいという感じです。
前走のニュージーランドTが差しに回って消化不良の競馬でした。
今回は果敢に先行して、粘り強い走りをするこの馬の特徴を見たいところです。
思い切った競馬をして、この馬らしいところを見せてもらいたいと思います。