FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
マイネルイロンデル、引退
本日、公式ホームページで上記のことが発表されました。
引退については不満はありません。
やむを得ないことでしょう。

厩舎サイドには本当にベスト尽くしてくれまして、感謝の気持ちしかありません。
この馬が7着と出走手当以外に稼ぐことができたのはいいレース選択の賜物です。
最後に可能性に賭けてマイルを使ってくれて心残りも無くなりました。
これだけ平凡な成績だったのにも関わらず、ストレスが少ないのは厩舎のおかげです。
本当にありがとうございました。

反省すべきは自分の馬選びです。
馬体自体はいい馬で、動きも柔らかくて、如何にも長距離向きの動きをしていました。
今でもパドックで見かけたときは私好みのいい馬だなぁ、と思っていまいます。
ただ、ノドに問題があったんですねぇ。
自分の場合、ギリギリの1月末で出資を決めたので既にノドの問題があることは分かっていました。
なんか、軽視してしまったんです。
昔、マイネルエクストラという馬に出資していました。
サンデー産駒の高馬で新馬を勝ったときはどこまで出世するやらとワクワクしたものです。
しかし、ノド鳴りのために大成できなかったんですよね。
なんかすっかり忘れていました。
この馬には馬選びの教訓をしっかりと再確認させられました。
長距離馬でノドに不安がある馬は危険!ということを、しっかりと心に刻み込んでおきたいと思います。

引退まで5戦、結構使い詰めでしたが、馬体が減ることもなく、タフな馬だと思います。
地方で元気に走り続けてもらいたいですね。
そして何時の日かノドが良くなり、本当の力を発揮してくれることを願っています。



スポンサーサイト



ビリ、ビリ
今日出走した2頭はともにビリでした。
取り敢えず振り返ってみたいと思います。

本日の中京4R未勝利戦芝1600m戦に出走したマイネルイロンデルはビリでした。
デビューからここまで5戦、使い詰めではありますが、馬体重を減らさず、出走してくるのは偉いです。
レースですが、スタートは旨かったです。
二の足はつかないのですが、スタート自体は凄く旨いと思っています。
これぐらいですかね、見せ場は。
まぁ、後方からレースを進めるのは想定通りですが、直線では全く伸びてこなかったです。
短距離の走りを見ているとジリジリとしか伸びないので、距離が伸びて悪いはずはないのですが・・・。
やはり、喉鳴りなんでしょうねぇ。
ただ、短距離だと限界も見えている気はしています。
本当にどうしていいのやら、というところです。

中山の10R市川S芝1600m戦に出走したマイネルアトラクトもビリでした。
馬体重はプラス18kgということで、大幅の馬体増での出走となりました。
間隔が空いているということを考えると、成長分と取りたいところです。
ただ、結果を見るとまだまだ仕上がり途上ということだったようです。
レースはまずまずのスタートを決め、好位に取り付きます。
3ハロンのラップ、33秒7が出たときに「はや!」と思ってしまいました。
前に行った馬が総崩れになる展開で、非常に厳しいものとなりました。
仕上がり途上の馬にとって、ごまかしの効かない一番辛い展開になってしまった感じです。
真っ先に脱落してしまったのは、心肺機能が追い付かなかったのでしょう。
まぁ、今日は仕方ないと思うしかないです。
使っていきながら状態を上げていってもらいたいです。

レース前から少し厳しいかなとは思っていましたが、惨々たる結果です。
取り敢えず目処が立つ競馬を、と思っていたのですが、それも叶いませんでした。
何とか巻き返してもらいたいものです。



明日の2頭はちょっと不安
明日は出資馬2頭出しです。
両方共、自信満々とはいかないところですが、なんとか目処の立つ競馬をしてもらいたいものです。

まずは中京の4R芝の1600m戦にマイネルイロンデルが出走します。
メンバーを見ると比較的手頃なメンバーで、また上手いレース選択をしてくれたな、と感じます。
前走の着順だけで言えば、3番目にいい成績ですよ!
まぁ、恵まれてのものですから、3着に入れるというわけではありませんが・・・。
差しの決まる競馬場でもあるし、文句の付け所はないです。
今回は新馬以来のマイル戦というのが、ポイントになるでしょう。
喉さえ何も問題が無ければ、前走の1200mよりはいいはずです。
要は喉次第なんですよね。
こればっかりは祈るしかないです。

そして、マイネルアトラクトは中山の10R市川Sに出走します。
夏に復帰を目指し一頓挫ありましたが、ようやくの復帰となります。
先週の復帰の可能性もあったくらいですので、仕上がりとしては問題ないところでしょう。
今日のレースを見る限りかなりコース取りによる有利不利がありそうな馬場です。
枠順が重要になってきますが、2枠4番は絶好の枠順です。
条件は整ったという感じは受けました。
後はどのくらい能力があるか、ですね。
準オープンは本当にハードルが高いので不安はありますが、やってもらうしかないですね。
シンザン記念で近くを走っていたはずのジェンティルドンナは遥か遠い存在になってしまいました。
少しでも近づけるように頑張ってもらいたいところです。



ベストは尽くせましたが
本日の福島2R未勝利戦に出走したマイネルイロンデルは7着でした。
以下、感想を。

今回は、中1週で使ってきたました。
最近は節で出走が制限される関係もあり、あまり詰めて使うという経験はしていませんでした。
なんか懐かしいような感じです。

相手関係もかなり緩い上に少頭数の11頭という出走数。
いいレースを選んでくれたなと実感しています。
この馬なりにベストは尽くせそうな予感はありました。

WINSのテレビで見たパドックはいつも通り。
ゆったりとした柔軟性のある柔らかい動きをしていました。
けしてこの距離に適性がある馬ではないとわかりつつ、ノドの問題とのジレンマを抱えるのを実感します。

レースですが、スタートは上手かったです。
ただ、二の脚がつかず後方の位置取りとなります。
鞍上の手が結構動いていたのが気になったのですが、ノドの方は大丈夫だったでしょうか。
結局レースに参加することはできず。
後方からジリジリと伸びるという感じです。
最後はギリギリで7着争いを制しました。

初めての一桁着順ですが、まぁいいレースを選んでもらったということです。
ベストは尽くせましたが、この距離で実力的には勝ち負けには程遠いところにあります。
コーナリングでは差を広げられてしまうのですが、最後に交わしたところに適性を実感します。
やっぱり、距離が長いほうがいい走りですし、直線も長いほうがいいでしょう。
長距離での走りを見てみたいというのが正直なところです。
もちろん、ノドの問題がありますから、今すぐにとはいいません。
引退前には一度くらいは長い距離で走るこの馬の姿を見てみたいものです。



全馬、本州に上陸中ですが
今週は出資馬の出走はなし。
一応競走年齢に達した馬は全馬、本州に上陸はしていますが、微妙に出走は遠い感じです。
全馬振り返ってみたいと思います。

まずは、マイネイディール
前走の後は鉾田に放牧、12月の中京あたりを視野に入れているとのことです。
中央開催は芝のレースがないこの時期、坂のある芝という点で私も中京がいいと思っていました。
程よく節も稼げて、除外の心配もなく出走を迎えることができそうでいい感じです。
前走の交流競走など、自分が考えているよりも、いいレース選択をしてもらっているのがありがたいです。
まだまだ上積みが見込めると思っていますので、期待したいと思います。

そして、マイネルアトラクト
体調不良で夏場を棒に振りましたが、ようやく入厩の運びとなりました。
中山の市川S芝1600mあたりが復帰戦の候補となっているようです。
多分冬に調子を上げてくるタイプなんでしょう。
準オープンはレベルが高いですから、ここでいい勝負ができれば息の長い活躍が期待できます。
目処を立ててもらいたいと思います。

2歳馬はマイネルイロンデルから。
積極的に使っていくということで、一応一番出走に近いということになりますかね。
短距離で差す競馬に活路をというところですが、なかなか厳しい状況です。
前走の敗因を小回りに求めるなら府中の方がいいのかもしれません。
なんとか、変わってもらいたいところです。

次にマイネルパントルです。
前走で惨敗して、鉾田に放牧に出されました。
一応ソエが敗因ということなのでしょうか。
福島2歳Sを条件的に勝ったコースということで期待をしていたのですが、流石に無理ですね。
クラシックどうこういうタイプではないので、焦る必要はないと思います。
無理せずに万全の体勢で出走してもらいたいと思います。

最後はマイネグロリアーナ
鉾田で調整中で、馬房の都合がつき次第入厩の予定です。
骨折が心配されましたが捻挫ということで、長期休養とはならずホッとしています。
まぁ、能力的には問題なく勝負になるでしょうから、仕上がり状態次第ですね。
馬体重494キロと競走していた頃と比べて大きく増えているのが気になるところです。
これが成長だといいなぁ、と期待したいと思います。