FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
マイネルガルボの引退について
今日は引退したもう1頭、マイネルガルボについて、語らせていただきます。

ツアーの時から、勝ちあがるのはちょっと厳しいと言われてはいました。
実際に勝ち上がることはできませんでした。
でも、この馬についてはベストは尽くせたという思いは持っています。

この馬に出資を決めたときの私の評価はこんな感じです。
ポイントだけまとめると以下のようになります。
「小さくて華奢だが凄く柔らかい馬で、筋肉が付いていけば一級品の走りを見せてくれるのではないか」
「体の柔軟性を生かしたロスの無い走りで、直線で追い込んでくるような馬になるのではないか」
概ね、私の考えていた通りの馬だったと思います。
ただ一つ、「筋肉が付いていけば」の所が足りなかったということです。

先に述べたようにベストは尽くせた、と感じているのは次の理由によります。
JRAの現状のクラス分けですと、とにかく未勝利を勝ち上がらないとジックリ育てていくこともできません。
しかし、未勝利戦も終わりに近づくと出走ラッシュで、希望のレースに出ることすらままなりません。
未勝利で勝ち上がれなかった馬たちのなかで自分の適正にあわない条件しか使うことができず、力を出し切れなかった馬も少なくはないと思います。
マイネルガルボは飛びが大きく非力なので、平坦でサイズが大きい新潟競馬場はベストの条件です。
先に述べた状況の中で、自分にあった競馬場で最後の戦いができたことに悔いはありません。

実際に引退前の2レースはいい内容だったと思います。
他の馬よりも最後の伸び脚は際立っていました。
展開一つで勝ち上がる可能性があったと感じました。
結局勝ち上がる運はなかったのですが、ベストを尽くせたとは思い、自分なりにすっきりしました。

今は地方に移って、園田競馬場で走っているようです。
地方の小回りダートコースはけしてマイネルガルボに向いているとはいえません。
でも、そこは3歳秋までに勝たなきゃいけないという縛りはありません。
まだまだこれからの馬ですから、じっくりと力を付けてくると思います。
新しい地でも頑張ってもらいたいと思います。

        マイネルガルボの返し馬の様子
スポンサーサイト



その他の馬たちの情報
ツアーで会えた馬はここまで記事にしてきた4頭です。
その他、会えなかった馬たちの情報でツアーで聞いたものを上げておきます。

マイネルサウダージは引退という話も聞いたのですが、
とりあえず調教を続けているようです。
とにかく、脚元がやはり不安ですね。
間違いなく能力はあると思うんですが・・・。
なんとか勝利を掴んでほしいと思います。

マイネルガルボも厳しいと言われました。
まぁ、普通にレースを見ていてもそう思います。
普通に考えてあと2戦。
新潟コースは非力でスタミナタイプのガルボにとってベストの競馬場と思われます。
ここでダメならはっきりと諦めがつきます。
なんとか勝ち上がってもらいたいです。

マイネルマッシモは出資しているということを言う前から
こんな馬ではないということを言われました。
とりあえず、もう1回使ってダメなら立て直しますとのことです。
絶対巻き返してくれるはずと言ってましたので、期待したいと思います。

マイネランデブーは・・・聞きそびれてしまいました。
なんていいましょうか。
昔ほどガツガツ聞きまわるとかしなくなりましたねぇ。
今年に入ってからのレースは首を捻るばかりです。
こんな馬ではないと思うのですが、あまり厳しい流れは向かない気がします。
今度は芝のレースを使ってくるようです。
瞬発力勝負に持ち込んで巻き返しを期待したいと思います。

全然、更新してなかったのですが、ツアーに行ってくると書きたくなりますね。
まったりと牧場で時間を過ごすだけで、癒されるものがあります。
また、来年も行けたらと思います。
マイネルガルボ、さらなる成長を望む
本日、出走したマイネルガルボは8着という結果でした。
とりあえずウインズで見ていたのですが、課題がなんとなくハッキリした気がします

スタートはけして悪くはありませんでした。
しかし、行き脚がつかず、後方からの競馬となります。
手応えは悪くなく外目をじわじわと上がっていきます。
ただ、少しコーナーでゴチャ付いてしまった感じです。
中山ですと、こうなってしまうと辛いですね。
また素早く加速するタイプでもないこともあるでしょう。
けしてバテたわけではありませんが、ジリジリとしか伸びませんでした。

騎手もできれば前にいきたいとは考えていたようです。
ただ、そういう脚は使えなかったようです。
そういうタイプですと、この中山コースでは辛いですね。
東京とか新潟とか直線が長い方がいいでしょう。
でも、あまりコース適性に課題があるのは辛いですよね。
できれば前に行けるようになり、自在な競馬ができるよう成長してもらいたいと思います。

マイネルガルボの次走は中山「第3週」の芝2000m戦になりそうです。
さて、本日は先週デビューしたマイネルガルボの近況更新日です。
まずは、無事に騎乗を再開したとのことでホッとしています。
ちょっと気にしすぎですかね。
まぁ、あんまり最近いいことがなかったので、警戒心が強くなっています。
さて、次走ですが、中山3週目の芝2000mとのこと。
あれ?2週目か3週目じゃなかったっけ?と思って番組表を改めて見てみる。
すいません、私勘違いしていました。
思いっきり新馬戦の欄を見てしまっていました。
なるほど、これなら3週目ですね。
ごめんなさい、訂正しておきます。
あらためて、3週目の芝2000m戦、期待したいと思います。
マイネルガルボ、デビュー戦は5着
さて、本日、東京競馬第5Rの新馬戦芝2000mでデビューしたマイネルガルボは5着という結果でした。
まあ、8番人気という評価でしたから、まずまずという感じではないでしょうか。
今日は競馬場で見てきたので写真を交えつつ感想を書いていきます。

まずは、パドックから。

マイネルガルボ、パドック

顔のアップ写真です。
パドックでの雰囲気は悪くなかったですよ。
終始、外目をゆったりとした歩様で歩いていました。
出資を決めた時に感じた粘りも感じられていい感じでした。
ただ、流石に420㎏、ちょっと小さい馬ですね。
将来的にはもうちょっと大きくなってほしいですね。

        マイネルガルボとミルコ・デムーロ

鞍上はミルコ・デムーロ騎手。
今日はこの後、ジャパンカップでスクリーンヒーローで穴をあけます。
さすが、世界の名手です。
マイネルガルボでの機乗っぷりについてはあとで書きます。

さて、本馬場入場ですが、こんな感じ。

マイネルガルボ、本馬場入場で暴れる

結構、ハイテンションになってます。
もっと、凄い写真もありましたw

マイネルガルボ、落ち着く

さすが、デムーロ。
しっかり、落ち着かせます。
なんか、微かに笑顔で余裕がある感じです。

さて、レースです。
スタートですが、新聞記事によると前に付けれるのでは、という話もありましたが、後方から。
まぁ、あまり良くはないだろうな、と思っていたので予想の範疇です。
道中はゆったり後方で折り合いを付けます。
ペースはかなりスローな展開。
手応えは良さげな感じで、3角辺りから外目を通ってジワジワ位置取りを上げます。
ただ、このペースですから、前に付けている馬たちも余裕がある感じです。
そして、直線、瞬発力比べ。
とりあえず、写真。

マイネルガルボの写真・・・のつもり

えー、ユウユウラビットの写真ではありませんw。
ユウユウラビットの後ろに隠れていて、顔がチラッと見えているのがマイネルガルボです。
外から被せられてしまうとこんな写真しか撮れませんね。

さて、直線ですが、この馬なりには伸びているのでしょう。
ただ、おそらくこういうレースは向いていないタイプではあるでしょうね。
瞬発力のある馬に先着をゆるしての5着です。
ただ、最後に一回完全に前に出られたユウユウラビットを差し返しました。
これが、この馬のいいところだと思います。
私が粘りのある馬と感じて選んだ馬の特徴で最後の最後でクッと伸びるところがあります。
伸びるというかバテないという感じかもしれません。

さてミルコ・デムーロ騎手の騎乗ですが、流石に上手いですね。
こういうスローのレースでは折り合いが命です。
その辺は完璧でした。
ただ、ちょっと外目を通り過ぎたかな、とは感じました。
でもジャパンカップでも同じような位置取りで勝っているんですよね。
瞬発力に優れたスクリーンヒーローとは馬のタイプが違うというところでしょう。

さて、マイネルガルボの今後ですが、やはり芝の長距離ですね。
今回のレースでうっすらとイメージしていた適性が確信に変わりました。
年末の中山開催ですと、2週目か最終週の芝2000m戦が狙いでしょう。
ごめんなさい、番組表の新馬戦の欄を見てました。中山開催の未勝利新馬戦は3週目にありました。
あとは、積極的なレースができるか、ですね。
やはり瞬発力にはやや欠けるようですので、スタミナを最大限にいかすには先行策が必要です。
その辺を次走では期待したいところです。
頑張ってもらいたいと思います。