FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
マイネルグリッツァ、引退
すっかりご無沙汰してます。
私自身は生きていますし元気です。
親が入院したりなどちょっとバタバタしたりしていることもあり、すっかり更新が滞ってしまいました。
出資馬のレース自体は見ていますが、感想とか書く余裕がない感じです。

そんななか、やはり書いておかなければいけないと思い、キーを久々に叩いています。
マイネルグリッツァ、先日のレースで深屈腱不全断裂を発症。
能力喪失の診断が下され引退することになりました。
能力的には障害を勝ち上がる力は十分あったと思うのですが、故障には勝てません。
マイネルスピニッチと同じでしょうか。
障害レースとは馬にとってやはり負担が大きいのでしょうね。
末長く走り続けてもらいたいと思っていたのですが・・・残念です。

他にもいろいろと書いておきたいこともあるのですが、次の機会にしておきます。
スポンサーサイト



今日は厄日か?~マイネルグリッツァ編~
今週出走の2頭はそれぞれ人気を背負いながら惨敗しました。
なんか巡り合わせの悪さを感じてしまいます。
とにかく一頭ずつ感想を書いていきたいと思います。

まずは、マイネルグリッツァから。
前走で遅れをとったツルガオカハヤテに次ぐ2番人気に押されました。
スタートはまずまずで、後方の位置取り。
前回道中で行ってしまったところがあったので、折り合いに気を使っているのかな、と思っていました。
ただ、飛越はそんなにスムーズな感じではありません。
そして勝負所になっても、上がってくる気配はありません。
結局、何の見せ場もないまま8着に敗れました。

正直、レース直後は敗因が全くつかめませんでした。
連戦での疲れでもあったのだろうか、くらいしか思いつきませんでした。
あとで、from RaceCourseを見ると歩様に違和感があったとのこと。
2周目の向こう正面の障害を飛越する際にバランスを崩したようなところがありました。
その辺で痛めた部分でもあったのかもしれません。
いずれにせよ、この着順ですと次走の出走もままならないでしょう。
今年はこの馬としては十分走ってくれたと感じています。
ここで休養してくれても、いいタイミングかなという気はします。

ただ、やはりそれでも歩様の違和感というのは気になりますよね。
もともとそういうところのある馬ですし、診療所での診断もレントゲンを撮るほどでもないとの判断です。
おそらく大丈夫だと思いますが、それでも心配はあります。
故障が軽い状態であることを祈りたいと思います。
今週の2頭は安定して走ってくれるでしょう
先週は出走が無かったので、ブログの方もあまり更新しませんでした。
今週は2頭出しの予定です。
どちらも勝ち負けになる馬で楽しみです。

土曜日の中山4R障害の未勝利戦にマイネルグリッツァが出走します。
ここ2戦平地上位の馬が出走していまして、惜しい競馬が続いています。
前走も平地上位の馬を意識しすぎて出し抜けを食らった部分もあります。
相手関係は今回もちょっと気になるところです。
それでも、ローカルの障害コースは平地の脚力が問われがちでした。
中山コースに変わることは有利に働くのではないでしょうか。
差す競馬も板に付いてきましたので、安定して走れることは間違いないでしょう。
レースが楽しみです。

もう1頭は土曜日の札幌6R500万条件ダート2400mにマイネルアーバニタが出走します。
こちらも近走は惜しい競馬が続いているところです。
シッカリと走った前走と同じ騎手同じ条件となります。
小回りコースの深いローカルダートの馬場は必ずしも合うとは思っていません。
それでも、それなりに走ってくれるというのがこの馬のいいところです。
とにかく長い距離のダートは安定して走っています。
ここを使ったら、次走は得意の東京コースになるでしょう。
安定した結果を残して次走に繋げてもらいたいと思います。

2勝しても全然不思議ではありませんがそんなにはガツガツしていません。
掲示板くらいで十分と思っています。
ともにシッカリ走って、力を出し切ってくれたらと思います。
マイネルグリッツァ、3着でした。
本日の新潟障害未勝利に出走したマイネルグリッツァは3着という結果でした。
残念ながら勝利は掴めませんでしたが、相変わらず頑張ってくれています。

レースですが、スタート直後は後方から。
この競馬でも折り合いがついている様子が伺え、こういう競馬がだいぶ板についてきました。
1コーナーから2コーナーにかけて外目を上がっていき先頭集団を伺います。
向こう正面でいったん力をためた後、3コーナー辺りからまた進出を開始。
4コーナーでは先頭に並びかけます。
しかし、ここで内から平地に勝るツルガオカハヤテが進出し、前に出られます。
それでも頑張って二の脚を使って、外から必死に交わそうとします。
ところが内のさらに後ろからクリノダイマオーが一気に突っ込んできました。
結局、ツルガオカハヤテも交わせず3着という結果でした。

結果としては仕掛けが早かったかな、と感じました。
コーナリーングで外から交わしていったのですが、かなり距離ロスがあったと思います。
また、直線での仕掛けも我慢した方が上に来た印象です。
それでも、色々と考えて乗っていることは伺えました。
相手は平地に勝るツルガオカハヤテですからね。
外から交わしに行って、併せ馬にならないようにするという意図は分かりました。
ただ、レース前に行っていた出し抜けを食らわすような競馬を、勝ち馬にされてしまいました。

なかなか勝利はつかめませんが、馬は本当に頑張ってくれています。
そして、鞍上もいろいろと考えて乗ってくれています。
必ず勝利が求められる馬ではありませんので、こういう競馬をしてくれただけで満足です。
こういう競馬をしてくれれば、いつか勝利はつかめるでしょう。
その日を楽しみに待ちたいと思います。
明日はマイネルグリッツァ!
明日の障害未勝利戦にマイネルグリッツァが出走します。
とにかく堅実に走ってくれています。
昨年平地を走ってた頃と比べると全然違いますね。
先日のマイネルサニベルの引退で堅実に走ってくれることのありがたさをヒシヒシと感じます。

さて、相手関係ですが4枠2頭が強敵です。
どちらも平地OPクラスですから、平地の脚では敵いそうにありません。
前回、メテオバーストに敗れたことを思い出しますね。
今回も真っ向勝負になると厳しいでしょう。

ただ、何となく前回の経験が生きるかもしれない気がします。
最終障害で出し抜けを食らわせれば、とか言っていたことを思い出します。
まぁ、必ず勝利を求められるレースでもありません。
小細工でもなんでもしていただいて、面白いレースを期待したいと思います。