FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
マイネルサニベル、引退に寄せて
マイネルサニベル引退のお知らせが届きました。
既にホームページ等で知っていた情報ではあります。
ただ、こうやってもらうと改めて本当に引退してしまうんだな、と実感します。
あまりに唐突だったので、しっかりと振り返ることができなかったので、改めて書いておきたいと思います。

出資を決めた理由がそれまでにないほどグニャグニャな馬だったからです。
柔軟性に溢れていると言えば聞こえがいいですが、グニャグニャという言葉が一番ピッタリでした。
正直走るかどうかは分からないが、こういう馬がどんなふうに成長していくのか。
それを見守っていきたい、そう思って出資を決めました。

走りはじめて、グニャグニャと思えた馬が力強さを身につけ、柔らかみがある馬に変わりました。
まずは豪快な末脚で新馬勝ちを果たしました。
ちょうどブログを始めた時期でもあり、いちばん最初の記事に載せた馬となりました。
さらにはオープン勝ちを果たし、G1に出走できる馬になりました。
しかし、3歳春の目標と思っていたファルコンSで骨折してしまいます。
この骨折による休養がサニベルをどう変えたのか。
復帰してからのレースは惨敗ばかり。
馬体は成長しているはずなのに、レース内容は2歳時にすら及ばないものでした。
可能性にかけた障害レース挑戦も適性はありませんでした。
こんなものではないはず、という思いはありますが、結果を出せなければ残れない厳しい社会。
自分には唐突に思えましたが、あまりに楽観的過ぎたのかもしれません。
今までの引退の中で一番やり残したという思いが強い引退です。
当初の見守っていきたいという思いが、こんな形で途切れてしまうことが残念です。
ただ、現実はしっかり見つめていかなければいけないと思います。

引退のお知らせに今後のことが書いてありました。
地方競馬に転出すると思っていたのですが、競馬学校に寄贈されるそうです。
競馬学校の馬と言えば、新人騎手が参加する模擬レースが思いつきます。
そこに参加できる馬になれるのでしょうか。
是非、往年の走りを取り戻してもらい、新人騎手を育ててもらえたらと思います。
マイネルサニベル
スポンサーサイト



マイネルサニベル引退
残念な知らせが来ました。
マイネルサニベルが今日の障害試験で不合格。
適性が無いとの判断と平地でも大敗続きとのことから、このまま引退するということです。

まるで予想をしていなかった知らせです。
確かに障害の適性は無かったのでしょう。
平地競走でも大敗が続いていました。
ただ、このクラスでまるで見込みがないとは考えていませんでした。
大敗とは言っても2歳時の走りすら及ばないような状況でした。
何か切っ掛けがあれば、また走りを取り戻してくれるのではと考えていました。
もう少し長めの距離を試すとか、ダートを試すとかいろいろな選択肢もあった気がします。
早すぎる判断ではないか、という思いは正直あります。
ただ、1馬主あたりの馬房制限とかが厳しくなっていることも事実です。
それを試すほど、余裕はないのでしょうね。

まだ若いですし、故障があったわけでもありません。
中央からは去りますが、地方で走ってくれることと思います。
引退が早かった、と思わせるほどの活躍してくれることを期待したいと思います。
マイネルサニベル、きっかけ掴めず
本日の稲妻特別に出走したマイネルサニベルは16着に敗れました。
後方そのままの競馬で、今回も見どころはありませんでした。
予想されたことではありますが、1000mの競馬はいかにも無理でしたなぁ。
1000mの競馬としては比較的展開が向いた方だと思います。
それでも、全然・・・でしたね。
まあ、この条件はもういいでしょう。

今後ですが、やはり本格的に障害転向となるのでしょうか。
今回、障害を主に乗っている宗像騎手とコンビを組んだこともあります。
おそらくそういう方向に進んでいくのでしょうね。
ただ、現時点ではまだまだ障害練習は進んでいません。
障害デビューといってもまだまだ時間がかかるでしょう。
もう1回くらい平地を使う機会があるかもしれません。
もし、平地を使うのなら、思い切って距離延長をするしかない気がします。
折り合い面に不安があるので、短距離を使ってきましたが、いい脚が長く使えるタイプです。
今なら折り合い面も何とかなるような気もします。
何とかその辺に可能性を見出したいところです。

とは言っても障害転向の可能性の方が高いのかな。
まあ、本当に色々と試していただけるのは有難いことです。
今後の動向を見守りたいと思います。
マイネルサニベル、直線コースを試す
6戦連続の2桁着順で先が見えないマイネルサニベル
有難いことに障害練習など色々と試していただいているようです。
その色々試すの一環として今週は新潟の直線1000mのレースを使います。
除外の可能性もあったようですが、無事出走が決まりました。

で、適性を考えますが・・・あまり合う気はしないですね。
直線コース自体は合っていると思います。
もともとそんなにコーナリングが上手い馬ではありません。
飛びが大きくエンジンが掛かるまで時間がかかる馬でもあります。
他馬に邪魔されにくい直線コースは基本的には合うはずです。
しかし、新潟コースは2歳時に凡走したコース。
坂がなく上がりが早いコース形態で、マイネルサニベルに向く印象はありません。
直線コースでも、もっと馬場が荒れるとか深い芝とかなら別ですが・・・。

でも、色々試していただけるのは有難いことと何時も思っています。
もしかしたら気分よく走れて、自分の走りを取り戻してくれるかもしれません。
好走してくれればラッキーと思ってレースを見たいと思います。
マイネルサニベル、見せ場無し
本日の函館競馬場の潮騒特別に出走したマイネルサニベルは13着に敗れました。
道中の後方からの追走は予定通りにしても、全く見せ場らしいところありませんでした。
岩田騎手の手綱をもっても、往年の走りを見せることはできませんでした。

うーん、これは厳しいです。
降級すれば何とかなる気がしていたのですが、ここ2戦全く勝負になってません。
どうすれば、いいのでしょうかねぇ。
思い切って距離を延ばしてみるとか、でしょうか。
折り合いに難があるので、短めの距離を使ってきましたが、いい脚は長く使えるタイプです。
何にせよ、根本的な荒療治が必要な気がします。
こんなもんで終わる馬ではないと思っていますので、なんとか切っ掛けを掴んで欲しいです。