FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
明日はマイネルサニベルが出走します!
最近はずっとツアーの話題でしたが、元気に出走体制の馬もいます。
明日はマイネルサニベルのレースです。
函館の12R潮騒特別芝1200m戦に出走します。
福島ばかり見ていたので登録していたことに気がつきませんでした。
福島はともかく新潟開催は向かないと思いますので北海道行きは正解だと思います。
ほどほどに時計がかかる馬場ですから向くような気がします。
まぁ、もう一つ福島で叩いても良かったかもしれませんけどね。

今回の北海道行きですが、騎手の都合によるところが大きいようです。
なんといっても岩田騎手ですから、その手腕に期待がかかるところです。
オープンを勝ったときは安藤勝己騎手でしたから、騎手によって結構変わってくるかもしれません。
追い切りは輸送を見越して軽めなので、どの程度の仕上がり具合かは判断が難しいですね。
ただ、前回は休み明けでしたから多少なりとも上積みはあると思います。
こんどこそ見せ場らしいところを見せて欲しいと思います。
前向きに捉えたい
今日のマイネルサニベルのレースを受けての関係者からのコメントです。

吉田隼人騎手「『掛かるかもしれない』と聞いていたから、レース前から出たなりで競馬をしようと思っていた。適度にふわっとした感じの走りで折り合いは大丈夫。直線ではなかなか良い脚を使っている」

高橋師「もっと積極的に乗っても良かったが、ジョッキーに『引っ掛かるかもしれない』って伝えたていたから…。結果が出ていた頃のリズムと同じような競馬はできたし、予想していたより絞れていた点も良かったと思う」


なんか善戦したのか、と思ってしまうようなコメントですが、結果は12着です。

まあ、満足いく結果かと問われればノーと答えざるをえないでしょう。
それでも、確かに馬体重が減っていたのは絞れたとの解釈で良さそうな気がします。
出たなりのレースで折り合いをつけて、追い込むというのはこの馬の形といっていいと思います。
気性面の問題から短距離を使っていますが、切れではなく、いい脚を長く使って追い込むタイプです。
早過ぎる馬場は向かないタイプでしょう。
前後ろがひっくり返るような馬場、あるいは展開ならもう少し好走できると思います。
馬場が荒れてくる開催後半のレースの方が向くことは確かだと思います。
実際、新馬を勝ったときも開催後半でしたからね。
幸い、開催後半に同条件のレースが2つあります。
使ったことによる上積みも見込めます。
どちらかのレースでもう少し前向きな結果を出せる可能性は十分にあると考えます。
結果だけで悲観するよりは、前向きに捉えている陣営の態度を信じたいと思います。
明日、マイネルサニベルが復帰します
明日の福島のメーンレースさくらんぼ特別にマイネルサニベルが出走します。
人気は全くありませんが、デビュー勝ちを飾った地で最出発をしてくれることを願います。
7枠13番と外めの枠順は差すこの馬にとっては悪くないでしょう。
ポイントはやはり折り合いです。
今週の稽古でも掛かっていたように難しいところがある馬です。
序盤いかにリラックスして走れて、勝負どころでスムーズにいけるか、ですね。
この辺は新コンビの吉田隼人騎手の腕の見せどころになります。

メンバー的には準オープンでバリバリ走っていた馬というのは見当たりません。
レベルが高いメンバーという感じではないですね。
ただ、開幕週で前が止まらないのではないか、という不安もあります。
休み明けでもありますし、勝ち負けは厳しいでしょう。
それでも、ある程度の走りは期待をしたいところです。
とにかく、降級になったこのクラスで目処が立たないと前途は厳しくなります。
どこかしらに光る走りを見せてもらいたいと思います。
金曜日の近況更新を考える
さて、本日は在厩馬の近況更新日です。
以前でしたら火曜日に更新されていた3歳馬3頭が更新されました。
まずは、それぞれを触れた上で金曜日更新の感想を述べたいと思います。

まずは、マイネルサニベル
今週は予想通りという感じの除外です。
まあ入厩してまもないこともありますので、特に問題はないでしょう。
それにしても本当に準オープンは出走するのが厳しいですね。
さて、復帰予定ですが、福島開幕週の芝1200mさくらんぼ特別とのことです。
福島の芝1200mは新馬を勝った条件ですから文句なしです。
この条件のレースは他に白河特別、尾瀬特別と、この福島開催で3Rあります。
準オープンのときほど出走に苦しむことはないでしょう。
復帰が楽しみですね。

そして、マイネルアーバニタ
こちらも次走がどうなるかが注目でした。
東京最終週のダート1600m戦を使うとのことです。
ふむ、そう来ましたか。
ダートの長距離に適正があることは衆目の一致するところですが、レースがありません。
芝の長距離を使ってくるかと思いましたが、ダートにこだわるということですね。
東京の1600m戦は中京1700mや中山1800mよりは適正があると思います。
未勝利時代に一度使いましたが、前が詰まりながらも追い込む脚を使ってくれました。
初めて「お?」と思わせるレースをしてくれたのがこの条件です。
距離は短いと思いますが、なんとかいいところを見せてもらいたいものです。

最後にマイネルヘンリー
右前の繋靱帯に微熱を持つトラブルが発生したそうです。
レントゲン検査の結果異常は見つからなかったそうですが、大事をとって鉾田に移動しました。
昨年の後半を棒に振った原因となった場所ですから、やはり不安があります。
走れさえすれば、500万条件なら流石に能力は断然なことは分かります。
とにかく無理はしないで、慎重にいってもらいたいですね。

で、金曜日更新の感想です。

悪くないなぁ、と。

除外されてすぐに次走が見えてくるのは火曜日更新よりも4日早いわけで、よりお得な感じです。
まだまだ一回目ですからなんともいえない部分もあります。
ただ、少なくとも今回のタイミングは除外直後ということもあり、絶妙な感じでした。
今後、このブログの定期更新日が火曜から金曜に変わっていくかもしれないですね。
やっぱり、注目は4歳馬たち
さて、本日の近況更新、3歳馬は共に骨折からの復帰待ち組で我慢の時期です。
やはり、注目すべきは4歳馬3頭でしょう。

まずはマイネルサニベル
23日(金)に鉾田から美浦の高橋厩舎に入厩したそうです。
予定通り、来週の中京飛騨Sから出馬投票を行う予定だそうです。
出走予定ではなく出馬投票を行うというのが、準OPの辛さでしょうか。
前回復帰したときと同様、出馬ラッシュで思うようには出走できないようです。
とにかく機会を捉えて、そのときにベストのレースができるよう努めるしかないですね。
前回よりは状態も上向いているでしょうし、何よりもうすぐ1000万下条件にクラスも落ちます。
相手関係もそうですし、出れるレースも増えてくると思います。
結果を残してもらいたいですね。

そして、先週出走したマイネルアーバニタ
気になる次走ですが、東京か中京開催でもう一走することを検討中とのこと。
でも、そのコメントを踏まえても、どこを使ってくるのか、ちょっと見えてきません。
ダートにこだわるなら東京ならダート1600m、中京ならダート1700mがあります。
しかし、使って欲しいのはやはり芝の長距離です。
東京なら中1週になりますが芝の2400m戦、中京なら最終週の芝2500m戦ですね。
使い込んで時計のかかる馬場になればいい脚を使ってくれそうな気がします。
まぁ、どこを選んでくるか見守ることとします。

最後にマイネルヘンリー。今週の青嵐賞に登録しています。
陣馬特別の例もあるので、最初は登録だけなのかと思っていました。
しかし、どうも近況を見る限り、状態次第の条件こそつきますが、出走の可能性は高そうな感じです。
なるほど、騎手をみると松岡騎手が騎乗予定とのこと。
クラブとしてはダービー出走のマイネルチャールズに一番力が入っていることは間違いないことです。
鞍上の松岡騎手に色々な面でサポートをしておきたいという気持ちもあるでしょう。
ダービーの2R前で同距離のこのレース、なんとなく分かりますね。
いろいろな思惑が見え隠れしてきます。
ま、私としては純粋な目でマイネルヘンリーを応援するだけです。
馬場が悪いほうに突っ込んでいくとか、そんな真似はしないでしょうしね。
ただ、ダービーデーは非常に込むので、現地応援には二の足を踏むのですが・・・。