FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
マイネルスクデット、引退
本日の臨時更新の近況で表題のことが発表されました。

デビューから3戦しかしておらず、特に故障とかがあったわけではありませんが―――
・・・まぁ、仕方ないですよね。

正直なところ、今までの出資馬で一番見どころが無かったことは確かです。
レースの流れに乗ることすらできず、終始後方から突き放されるだけ。
一応、芝なら変わるかも、などと前走のレース後に言ってみました。
が、かなり無理のある希望的観測と承知していました。

どちらかというと馬体面よりも、性格の方で出資を決めた馬です。
募集時のツアーで見たところ、気性的にキツイ印象がありました。
これがいい方向に向けば、競走馬向きになるのではないか、と推測していました。
しかし、翌年のツアーで聞いた評判はとにかく真面目に走らないということ。
結局、稽古を積み重ねることが出来なかったのでしょう。
性格を見極めるということは難しいものですね。

まぁ、怪我とかがあったわけではありませんので地方に行くとは思います。
それでも厳しいでしょうねぇ。
真面目に稽古を積み重ねていい方向に変わって、未来を切り開いてくれたらと思います。

スポンサーサイト



マイネルスクデット、2度目のビリ
本日の阪神1Rダート1800m戦に出走したマイネルスクデットはビリでした。
デビュー戦に続き2回目のビリとなります。
レース振りはもう語る必要もないですね。

一つだけ語るなら、やはり軽い馬場の方がマシなのではないか、ということ。
まだ、前走の方がレース振りは良かったです。
芝の長い距離の方が可能性はある気がします。
もちろん、芝なら勝ち負けだ!なんていうつもりは全然ないのですが・・・。

ほんと、何とかなってもらいたいです。



このマイネルスクデットの出走で今年の私の出資馬の出走納めとなります。
また例年通り出資馬について振り返りますが、それはまた後日ということで。




マイネルスクデットのレースを見てきた
本日、雨の中、マイネルスクデットが出走したレースを見てきました。
衝撃的なまでの惨敗だったデビュー戦から、どの程度変わってこれるか。
実は、天気も悪く折角の休みに早起きして見に行こうかどうしようか迷っていました。
正直、いい結果を期待するのは厳しいと感じていました。
それでも一度も応援に行ってないので、行かなければならないと思い、見に行きました。

まずはパドックの写真から。

マイネルスクデット、パドック

パドックでの印象ですが、なんかこじんまりしていました。
なんか胴が寸づまって見える印象がありました。
あれ?こんな馬だったっけ、と率直に思いました。
何か最初からマイナスイメージで見てしまいます。

レースですが、今回もスタートから後方の位置取りになります。
またか、と不安になったのですが、今回はまるで付いていけないというほどでもありません。
向う正面では少しマクリ気味に上がって行こうとする姿勢も見せます。
雨の中、ハネてくるダートは痛そうで、道中はずっと外目を回ります。
距離ロスは大きかったですが仕方ないでしょうね。

マイネルスクデット、直線

直線もとりあえず一生懸命走っていたようです。
写真ではなんか後肢の蹴り上がりが凄いです。
フォームとしては無駄なのかもしれませんが。
離されない程度でのゴールで13着という結果でした。

まぁ、予想よりも走ったな、というのが正直な感想です。
今回は距離ロスも大きく、小細工をすればもう少し前にいけるかもしれません。
騎手コメントではもう少し重い馬場らなとのことですが、どうでしょう。
実は芝向き?の可能性もあるかもしれません。
見どころが全くなくもないかなとは思いました。
厳しい状況には変わりありませんが、頑張ってもらいたいと思います。

明日出走の2頭とか
明日は出資馬2頭が出走します。
それぞれ期待できる馬です。

まずは東京1R未勝利戦芝1600mにマイネルアトラクトが出走します。
12頭と比較的手頃な頭数ですが、相手もそれなりに揃っています。
アパパネの弟とかいい競馬をしていますよね。
東京コース変わりがどう出るのか、でしょう。
飛びが大きいので悪くないと考えています。
稽古は相変わらず走っていますので、いい競馬を期待したいです。
いずれ順番が回ってくるとは思いますが、それが明日であるといいですね。

そして新潟の巻特別牝馬限定芝1800m戦にマイネイディールが出走します。
特別登録を見たときは今週も除外かと思っていたのですが、無事出走の運びとなりました。
公式HPの近況では直線の長い新潟コースを懸念されてはいました。
まぁ、確かに馬のタイプを見るとそう思ってしまう部分もあります。
ただ、アドマイヤマックス産駒は新潟競馬場での成績がいいので、意外とやってくれるかもしれません。
前走は力を出し切れなかったので、今回はシッカリと走ってもらいたいです。
着実に掲示板を確保し、次走に繋げてもらいたいです。

最後にマイネルスクデットが鉾田へ移動。近々入厩する予定です。
先日、公式HPで掲載された坂路の動きは良かったです。
一杯に追われる相手に、持ったままの手応えで併入。
いい感じで復帰戦を迎えられそうな予感がします。
デビュー戦のようなことはないと期待したいと思います。

マイネルスクデットはビリでした
応援行こうかどうしようか迷っていたマイネルスクデットのデビュー戦ですが、結局行きませんでした。
台風が近づいていたのが、結局行こうという気持ちになれなかった理由です。
WINSでの観戦になったのですが、それも結構風で大変でした。

さて、そのマイネルスクデットのレースですが・・・表題の通りです。
スタートで行き脚が付かず、道中も見せ場なく、離されたシンガリに終わりました。
手応えが全くない状態でレースを迎えたので、それほど期待はしていなかったはずです。
それでも、あまりにガッカリなレース結果でした。

パドックでの様子もなんかボーっとしているような感じでした。
返し馬なんかも積極的に走りたいという姿勢が感じられませんでした。
走る気が感じられないと言われ続けていましたが、分かる感じがします。
そういえばツアーで会った時も爆睡してましたね。
もっと気性的にカリカリしていると思って出資したはずなのですが。

今までの出資馬のデビューの中で一番厳しい結果です。
身体的なもの以前の問題で、これからは困難な道のりが推測されます。
一叩きして何とか変わってもらえないかと祈りたいと思います。