FC2ブログ
まさのりの一口馬主備忘録
主に趣味の一口馬主のことを書いています。
カルシウムが足りなかった
マイネルパントルの引退のお知らせが入りました。
右ヒザに2度目の剥離骨折が見つかったとのこと。
今後も繰り返す可能性が高く、これまでの成績も踏まえて引退が決まったとのことです。

復帰してから2戦、ヤバいなとしか言いようがない内容でした。
スタートだけは上手かったですが、それ以外は何も見どころが無い内容。
思うに足元が痛くて、途中から全力で走るのを止めていたような節があります。
復帰前のレース振りもそういうところがありましたので、慢性的なものになってしまった感じです。

振り返ってみて、まともに走ったのは新馬戦だけでした。
その新馬戦では、後にオープン特別を勝つヴァンフレーシュを破りました。
それを考えると、少なくとも500万条件で惨敗を繰り返すような馬では無かったはずです。
脚元さえ無事であれば、もう少しいいところがあったと思います。
ただ、やはりそれも含めて能力ということはこれまでも言ってきた事です。
表題は冗談ではありますが、脚元が丈夫なことは競走馬にとって重要なことであるかを痛感させられます。

今後ですが、地方で走ることになりますよね?
ダートが向くとは思いませんが脚元の負担は軽いでしょう。
骨が丈夫になってくれることを待つことができたらいいなと思います。
今後のマイネルパントル幸有らんことを祈っております。

マイネルパントル


スポンサーサイト



もっと丈夫になって欲しい
もう1頭のマイネルパントルについて書きます。
福島の最終レース会津特別芝1200mにマイネルパントルが出走しました。
こちらは自宅でのテレビ観戦となりましたので、パドックでの様子とかは無しでレースから振り返ります。

この馬はスタートは上手い馬です。
久々の1200m戦になりましたが、スタートはここでも引けを取りませんでした。
追わなかったので中団の位置取りになりましたが、行こうと思えば行ける勢いはありました。
無理のない位置取りを取れたので余力を持って終いに賭けることができるのではないか、と考えていました。
しかし、その終いが本当にダラしなかったです。
3コーナーあたりから手が動きだし、ずるずる後退。
直線では下がるだけのブービーという結果でした。

新馬を勝ち上がった条件でこの結果、厳しいと言わざるを得ません。
なんか打開策を考えなければいけないのですが、正直思いつかないです。
前走を見て思ったことなのですが、まだまだ細いなということです。
現状まだ競走馬としての体にはなっていない感じです。
根本的に鍛え直す必要があるのではないでしょうか。

ただ、しっかり鍛えるという上で一番重要なことが丈夫なことです。
ヒザなど足元に不安があることが、この馬の最大のウィークポイントなんでしょうね。
また、脚が痛くてレースをやめてしまうというようなこともあるのではないか、とか考えてしまいます。
新馬戦を見たときはもっとやれると思っていたのですが、その辺が伸び悩んでいる原因なんでしょうね。
万全の状態で走れるようになってもらいたいものです。



マイネルパントル復帰戦
本日の東京7Rの500万下条件芝1400mでマイネルパントルが復帰を迎えました。
まずは無事レースが走れるようになれたことを喜びたいと思います。
とはいえレース前の感覚としては、とても自信が持てるようなものではありませんでした。
というのも稽古の時計がパッとしないから。
デビュー前なんかは稽古の時計を見て、結構自信満々だったんですけどね。
なんとか目処が立つ競馬をしてくれたらな、と考えていました。

さて、発表された馬体重はプラス16kgと大幅に増やしてきました。
久しぶりですので、成長分もあるだろうけど、ある程度余裕残しなのかな。
そんなことを考えていたのですが、パドックでの写真がこちら。

マイネルパントル、パドック

なんか、細く見えるくらいの体ですね。
もっと幅が欲しいというか、筋肉が付いてほしいというのが正直なところです。

レースです。
そう言えばスタートは上手い馬でしたよね。
今回もスタートは上々だったと思います。
道中は2番手に付け、ペースはスローに流れます。
4コーナーでは先頭に並びかけ、理想的な競馬が出来たのではないかと思います。
しかし、直線では全く伸びませんでした。
あれだけ楽な展開でしたが、直線では写真が撮れないくらい馬込みに沈んでいきます。
結局13着という結果でした。

正直目処が立ったとは言い難い結果かな、と思います。
復帰を迎えても今日のような競馬が続くようならこの先が思いやられます。
デビュー戦以降、距離を伸ばして使ってきましたが、結果が残せていません。
やっぱりスプリント戦がいいんですかね。
適性をしっかり見極めて使っていけるようになる必要があろうかと思います。
居場所を見つけてもらって末永く走ってもらいたいと思います。

2013ツアー報告その6 マイネルパントル
次はマイネルパントルについて書きます。
昨年は見事デビュー戦を飾り、ツアーを盛り上げてくれましたが、今年は休養中。
乗り込みは始まっていますが、まだハロン17秒ペースの段階とのこと。
公開調教ではそれほどのパフォーマンスは見せないのでは、と思われました。

マイネルパントル、坂路調教

馬なりのまま先行して、追いつかれましたが無理をしていないという感じの調教です。
今回の真歌の坂路の公開調教は時計が発表されたのですが、5ハロン66秒9で上がってきたとのこと。
大抵の2歳馬たちのタイムは持ったままで超えてきました。
流石ですね。順調だと思います。

その後、馬房に会いに行って写真を撮らせていただきました。

マイネルパントル

調教後すぐにシャワーを浴びたのでしょう。
風呂上がりの写真みたいになってしましました。
そんなに太め感はありませんので、復帰戦もそう遠くはなさそうです。
楽しみに待ちたいと思います。



マイネルパントル、両前肢のヒザに剥離骨折
表題のとおりです。
新年からブルーになる気持ちのお知らせです。
いい1年になればいいな、と思っていたのですが厳しいですね。
復帰してから3戦パッとしたところがありませんでした。
なんかしら影響があったのかもしれません。

幸いなことは、剥離骨折ということで骨折の種類としては軽度のものであったこと。
既に勝ち上がっている馬であったこと。
そして絶好調で次走が稼ぎ時というようなタイミングではなかったことです。

まぁ、いい休養になると割り切るしかないですね。
今年の下期には復活し、デビュー戦のような走りを取り戻してくれることを望みます。