FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
関東馬マイネルフィロス、関西で出走
今週の出走馬が確定しました。
私の出資馬ではマイネルフィロスが関東に転厩しての初戦を迎えます。
が・・・なんで関西で出走なのでしょうかw
府中への出走が想定されていたので、応援に行くぞと思っていたのですが、拍子抜けしました。
適正も高いと思っていたので、正直なところあれれ、という感じです。

ただ、相手関係を見ると馬券に絡んだ経験がある馬は一頭もいません。
比較的組しやすいメンバーと言えますね。
その辺を考慮しての関西遠征ということなんでしょう。

とりあえずは初めてのダート戦ですので、適正があるかどうか、ですね。
適正があればメンバー的にも勝ち負けの可能性もあるかと思います。
あとはどうしても不利の受けやすい馬ですので、不利が無いように・・・と。
力を出し切って、いい結果を出してくれることを期待したいと思います。
マイネルフィロス転厩
本日、マイネルフィロスの近況が臨時更新されていました。
臨時更新というと大体悪い知らせなのですが、今回は悪い知らせではなかったです。
畠山重則厩舎への転厩が決定し、明日、入厩する予定との知らせです。

悪い知らせと言えば悪い知らせなのかもしれませんね。
関西の名門西園厩舎から、まあ追い出されたような感じなわけですから。
ただ、現状を見ると名門厩舎であることは負担の方が大きい気がします。
また、関東への転厩も適正を考えると直線の長い府中を使えることはプラスにでると思います。
必ずしも悪い知らせではないかな、と感じています。

さて、復帰戦ですが、どうせなら府中を使いたいですよね。
長めの距離で目に付くのが、2月19日(土)のダート2100m戦でしょうか。
明日の入厩ならギリギリ10日前なので使えますよね?
なんか逆算して入厩日を決めたとすら思えてしまいます。

どのレースを使うのか、楽しみに待ちたいと思います。
何故こんなに前が詰まってばかりなのか
本日出走したマイネルフィロスですが、14着に敗れました。
とにかく、酷い競馬でした。
以下、感想を。

馬券を買ったとき「あれ?意外と人気がある?」と思いました。
余り相手関係は見ていなかったのですが、上位人気の馬は強そうに見え、厳しいと思っていました。
それほど層が厚くはないメンバーだったのかもしれません。
最終的にも、人気は6番人気と意外と評価していただいているんだな、と思いました。

レースですが、スタートは上手かったです。
そのあと後方に位置取り下げたのは外をまくる為の布石かな、とも思っていました。
ただ、仕掛けどころで、エーシンミラージュに外から被さられてしまい仕掛けられず。
まぁ、行かせてからでも・・・と思っていたらスズカアンペールにも被せられてしまいます。
完全に仕掛け遅れて、直線入り口でも一瞬加速仕掛けたところで前が詰まってしまいブレーキ。
加速が付きづらいこの馬にとってはそこでお終いということです。

正直レース後はかなりイラッと来てしまいました。
レース後、すぐにとりあえず喫煙コーナーに行って、一服して心を落ちつけました。
なんで、最近こんなに不利ばかり受けるのだろうかと本当に感じています。
まぁ仕方ないんですよね。そういう飛びの大きそうな馬を選んで出資しているのですから。
飛びが大きい馬にはこういう欠点もあります。
その一方で厳しい流れになった時に最後までバテずに伸びきることができます。
けしてマイナスファクターとは思っていないのですが・・・。
こう続くとなんか心が揺れてしまいそうになります。

とりあえず、今日のことは忘れて次走です。
今度こそはダートを使いますかね。
ダートは芝よりも、速いペースで流れやすく不器用な馬にとってはプラスになるはずです。
まぁ、適正が無ければそれまでですが、試してみる価値はあると思います。
近況を見る限り、厩舎サイドでも馬の特徴は把握しています。
ただ、それを分かっていても思うように競馬ができないのが、この馬の欠点なのですが。
次走こそはスムーズな競馬を期待したいと思います。
マイネルフィロスは結局芝へ
2週続けて除外だったマイネルフィロスがようやく今週出走します。
まぁ2週続けて除外と言っても、それほど間隔が開いたわけではありません。
間隔を詰めて出走しようと思ったが普通の間隔が出走した、という感じです。

出走するレースは土曜の小倉3R芝2000m戦。
結局ダートではなく芝のレースを使ってきました。
個人的にはダートでの変わり身の方が面白いと思っていたのですが、またの機会ということです。
メンバーですが、揃っているというほどでもなく、弱いわけでもなく、まぁ普通です。
惨敗するようなメンバーにも思えませんが、勝ち負けも苦しそうです。
とりあえず掲示板を目標にという感じでしょうか。

この馬も私の選んだ馬らしく不利を受けやすい馬です。
とにかくスムーズなレースを期待したいですね。
頑張ってほしいと思います。
マイネルフィロスを初めて見てきた
本日、阪神3Rの未勝利戦芝2000mに出走したマイネルフィロスは7着という結果でした。
初めて生で見る機会を得たので、写真を交えつつ感想を書いてみます。

マイネルフィロス、パドックでアップ

パドックでのマイネルフィロスのアップです。
阪神競馬場のパドックはすり鉢状なのですが、馬が歩くところが高くなっているので、写真が撮りづらいです。
思い切り高い位置から撮ってみました。

マイネルフィロス、パドックで騎手を乗せて

パドックで騎手を乗せての様子です。
動きを見ると、やはり私の好きなタイプの馬だなと感じました。
柔らかくて一歩が大きくて雄大な歩きをする馬です。
結果が出ていないので、選んだ時の印象と変わったのかは確認したいところでした。
全く変わっていなかったのでなんかホッとしました。

マイネルフィロス、本馬場入場

本馬場に入場するときの様子です。
本当は返し馬を取ろうと思ったのですが、スタート位置を2コーナー奥のポケットと勘違いしていました。
反対方向に走っていくのを見て、あ、4コーナー奥のポケットだったんだと気が付きました。
慣れてない競馬場なのでやってしまいました。
遠目にみた返し馬の動きは飛ぶような感じでいい走りをしていましたよ。

マイネルフィロス、直線

さて、レースです。
写真は直線での走りの様子。阪神競馬場は府中や中山と比べると凄く馬が近い印象があります。
スタートは今一な感じで後方の位置取り。途中からペースがガクッと落ちます。
こういう緩急があるレースがダメなんですよね。
直線で勝負所に入りペースが上がったところで少し遅れています。
ただ、バテテいるわけではないので、ジリジリと最後は差を詰めました。
7着という結果ですが、なんか脚を余した印象は強いです。

とりあえず初めて見たわけですが、見に行ってよかったな、とは思いました。
着順以上にこの馬の良さを感じることができました。
パドックでの歩き方も伸びやかで凄くいい感じです。
直線なんかでも凄くいいフォームで走っているんですよね。
トップスピードに乗った時の走りは惚れ惚れとするものがあります。
ただ、とにかく不器用で力を出し切ることができない馬なんですね。

勝つためには何が必要なのか。
他の馬と一緒に動くことができない印象があります。
思い切ってまくっていくとか、他馬が自然に早仕掛けとなるような展開が必要な気がします。
あとは・・・東京コースカモン!ですかね。絶対向いていると思います。
まぁ、関西馬が関東の競馬場を使うのは馬房の関係でハードルが高いとは聞きます。
あるいは新潟コースですね。
レース後にダート転向も視野にという話が出たようですが、バテ比べになるようなら面白いと思います。
ただ、あまりに飛びが綺麗なので適正があるかどうか、ですね。
何とか、完全燃焼したと思えるようなレースを期待したいところです。