FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
マイネルヘンリーの引退について
引退した2頭について、まだ語っていなかったですね。
今日はマイネルヘンリーについて、語っておきましょうか。

結局、2度目の復帰はならず、引退ということになりました。
ツアーでもスタッフの人が懸命に復帰に向けて努力していることは伺えました。
その期待に応えることができなかったことは残念でなりません。

一番印象に残っているレースといえば新馬戦です。
具体的にはこちらを見ていただければと思いますが、9着という結果にも関らず、こんな前向きに思える内容があったことは驚きです。
普通、デビュー戦9着といえばブルーな気持ちになってもおかしくないのですが、素質をここまで確信できるレースはありませんでした。
その後期待に応えて、春のクラシックに乗れる直前までいきました。
なにより、血統的な背景から秋には大きなところへ行けるのではないかと大きな夢をみました。
しかし、夏に故障し、なんとか復帰はしたものの、大きな夢をかなえるには脚元が追いつきませんでした。

私も大分キャリアが長くなってきて、出資馬たちはいろいろな故障を経験してきました。
1度目の復活はできても2度目の復活はなかなか難しいものですね。
馬房で斜め向かいだった同父のホクトスルタンを始め、一緒に走った馬たちが頑張っているのを見るたびに無事でさえあれば、という思いは今でもあります。
が、これも運命なわけです。
現実を受け入れるしかないのです。
大きな夢を見させていただいたマイネルヘンリーには感謝したいと思います。

新馬戦でのマイネルヘンリー
スポンサーサイト



マイネルヘンリーのツアーでの様子
本日はマイネルヘンリーです。
まずは、こちらも真歌での坂路調教の写真から。
本来は明和組なのですが、ツアーに合わせてこちらに移動してきたようです。

マイネルヘンリー、真歌にて

こちらも引き気味の写真からスタート。
青い空を写真に入れたいのです。
右がマイネルヘンリーです。

マイネルヘンリー、坂路を疾走

もったままで無理していませんが、当然と言えば当然かもしれません。

マイネルヘンリー、まだまだ太め?

見るからにまだまだ太めです。
まだまだ復帰は先ですね。

アーバニタと比べると結構やんちゃです。
暴れるというわけではありませんが、元気が有り余ってる感じです。
一緒に走った馬たちが活躍しているのをみると、なんか悔しいですね。
とにかく無事に、無事に復帰を迎えてもらえるよう祈るばかりです。
CVF・BRF合同ツアー その8 ~マイネルヘンリー編~
そしてマイネルヘンリーです。
昨年と同じでヒルズのリフレ厩舎にいました。
ヒルズは遠いので、牧場内めぐり号ツアーの最中に会いました。
まだ、放牧されておらず厩舎の中にいたので、暗くて写真を撮るのが大変でした。
ということで写真は一枚だけです。

          マイネルヘンリー、厩舎にて

実はこの写真は1/4秒です。
耳なんかは被写体ぶれしてますが、よくここまで撮れたものだと思っています。
E-3の手振れ補正はなかなかのものです。
斜め向かいのライバル(と思っている)のホクトスルタンがいました。
差がつけられてしまって悔しいですが、いつか追いついてくれると思っています。
また、時間がかかるかもしれませんが、焦らずじっくり直してもらいたいです。
マイネルヘンリーは放牧に
さて、本日火曜は定期更新日と位置づけていました。
しかし、火曜はBRF滞在馬の近況となり、定期更新として続けていくにはちょっと厳しい感じです。
とりあえず今日は更新しますが、定期更新日という位置づけについては、来週以降は未定となります。
代わりに金曜日に積極的に更新するような形になると考えています。

さて、馬の近況ですが、てっきり牧場待機の3歳馬2頭の更新だけかと思っていました。
マイネルサイオンは乗り始め、マイネランデブーはもう少しの我慢。
いずれにせよ先は長く、特に多くは語る必要はないかと思います。

しかし、もう1頭更新がありました。
マイネルヘンリーです。
鉾田での短期放牧の予定だったのですが、BRF明和への本格的放牧となりました。
獣医のしばらく休ませた方が良さそうとの判断によるものです。
まぁそのほうがいいかな、とは考えていました。
右前繋靱帯は一度やった場所ですからね。
念には念を入れて置いた方が確実でしょう。
今後も脚元との戦いになると思いますが、能力があることは分かってます。
無理はしないでもらいたいですね。

で、要望です。
公式HPですが、登録馬リストに載せた馬の更新があったときは何らかの目印が欲しいところです。
あと、馬の移動情報にも何気なくマイネルヘンリーが載ってたりするわけです。
その辺もパッと目に付くといいのですが。
おいおい改善されてはいくと思いますが、要望はしておきたいと思います。
まぁ、ツアーに参加しますので、そのときでも少し話してみようかと思います。
金曜日の近況更新を考える
さて、本日は在厩馬の近況更新日です。
以前でしたら火曜日に更新されていた3歳馬3頭が更新されました。
まずは、それぞれを触れた上で金曜日更新の感想を述べたいと思います。

まずは、マイネルサニベル
今週は予想通りという感じの除外です。
まあ入厩してまもないこともありますので、特に問題はないでしょう。
それにしても本当に準オープンは出走するのが厳しいですね。
さて、復帰予定ですが、福島開幕週の芝1200mさくらんぼ特別とのことです。
福島の芝1200mは新馬を勝った条件ですから文句なしです。
この条件のレースは他に白河特別、尾瀬特別と、この福島開催で3Rあります。
準オープンのときほど出走に苦しむことはないでしょう。
復帰が楽しみですね。

そして、マイネルアーバニタ
こちらも次走がどうなるかが注目でした。
東京最終週のダート1600m戦を使うとのことです。
ふむ、そう来ましたか。
ダートの長距離に適正があることは衆目の一致するところですが、レースがありません。
芝の長距離を使ってくるかと思いましたが、ダートにこだわるということですね。
東京の1600m戦は中京1700mや中山1800mよりは適正があると思います。
未勝利時代に一度使いましたが、前が詰まりながらも追い込む脚を使ってくれました。
初めて「お?」と思わせるレースをしてくれたのがこの条件です。
距離は短いと思いますが、なんとかいいところを見せてもらいたいものです。

最後にマイネルヘンリー
右前の繋靱帯に微熱を持つトラブルが発生したそうです。
レントゲン検査の結果異常は見つからなかったそうですが、大事をとって鉾田に移動しました。
昨年の後半を棒に振った原因となった場所ですから、やはり不安があります。
走れさえすれば、500万条件なら流石に能力は断然なことは分かります。
とにかく無理はしないで、慎重にいってもらいたいですね。

で、金曜日更新の感想です。

悪くないなぁ、と。

除外されてすぐに次走が見えてくるのは火曜日更新よりも4日早いわけで、よりお得な感じです。
まだまだ一回目ですからなんともいえない部分もあります。
ただ、少なくとも今回のタイミングは除外直後ということもあり、絶妙な感じでした。
今後、このブログの定期更新日が火曜から金曜に変わっていくかもしれないですね。