FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
マイネルヘンリー、切れ味が足りない・・・
本日の東京競馬場8Rの青嵐賞芝2400mに出走したマイネルヘンリーは4着でした。
中1週でしたが、状態は上向いていたと思います。
ただ、勝つにはいろいろな面で足りなかったということです。

1枠という枠順でもあり、道中は内々でレースを進めます。
逃げ馬の直後で、ロスの少ない絶好位と言っていいと思います。
ただ、ペースはスローで折り合いはピタリという感じには見えません。
それでも、4コーナーで外に出して後は交わすだけというレースは理想的です。
ただ、ここからは伸びませんでした。
いや、伸びていたのかもしれませんが、相手の方が切れる脚でした。
若干折り合いでスムーズさを欠いていた部分もあるのかもしれません。
いずれにせよ、切れ味を要求される今回の展開ではちょっと辛い部分がありました。

とにかく復帰して3戦、スローペースの決め手比べになっています。
東京コースですし、仕方ないのでしょうかね。
やはりスタミナが要求される前傾ラップの方がいい気がします。
折り合い面でもプラスに働きますしね。
そう考えると小回りコースに変わるほうがいいかもしれません。
次走は福島でしょうか。
クラスも500万条件にも下がります。
流石にそろそろ勝利が欲しいところです。

今日の目黒記念、以前ゆりかもめ賞で差したホクトスルタンが勝ちました。
そして、京成杯で接戦だったアルナスラインが2着でした。
なんか過去の話しかできなくて寂しいですね。
いつの日かもう一度一緒に走ってくれるようになってもらいたいものです。

最後は写真で締めたいと思います。

マイネルヘンリーと松岡騎手

最近、本ブログに頻出の松岡騎手です。
マイネルチャールズは残念でしたが、今後もラフィアン主戦騎手としてより成長を期待します。

マイネルヘンリー、本馬場入場

本場場入場。
堂々とした感じです。

マイネルヘンリー、直線伸びず・・・

直線、伸びず・・・。
前に馬がいない写真を撮らせてもらいたいです。
やっぱり、注目は4歳馬たち
さて、本日の近況更新、3歳馬は共に骨折からの復帰待ち組で我慢の時期です。
やはり、注目すべきは4歳馬3頭でしょう。

まずはマイネルサニベル
23日(金)に鉾田から美浦の高橋厩舎に入厩したそうです。
予定通り、来週の中京飛騨Sから出馬投票を行う予定だそうです。
出走予定ではなく出馬投票を行うというのが、準OPの辛さでしょうか。
前回復帰したときと同様、出馬ラッシュで思うようには出走できないようです。
とにかく機会を捉えて、そのときにベストのレースができるよう努めるしかないですね。
前回よりは状態も上向いているでしょうし、何よりもうすぐ1000万下条件にクラスも落ちます。
相手関係もそうですし、出れるレースも増えてくると思います。
結果を残してもらいたいですね。

そして、先週出走したマイネルアーバニタ
気になる次走ですが、東京か中京開催でもう一走することを検討中とのこと。
でも、そのコメントを踏まえても、どこを使ってくるのか、ちょっと見えてきません。
ダートにこだわるなら東京ならダート1600m、中京ならダート1700mがあります。
しかし、使って欲しいのはやはり芝の長距離です。
東京なら中1週になりますが芝の2400m戦、中京なら最終週の芝2500m戦ですね。
使い込んで時計のかかる馬場になればいい脚を使ってくれそうな気がします。
まぁ、どこを選んでくるか見守ることとします。

最後にマイネルヘンリー。今週の青嵐賞に登録しています。
陣馬特別の例もあるので、最初は登録だけなのかと思っていました。
しかし、どうも近況を見る限り、状態次第の条件こそつきますが、出走の可能性は高そうな感じです。
なるほど、騎手をみると松岡騎手が騎乗予定とのこと。
クラブとしてはダービー出走のマイネルチャールズに一番力が入っていることは間違いないことです。
鞍上の松岡騎手に色々な面でサポートをしておきたいという気持ちもあるでしょう。
ダービーの2R前で同距離のこのレース、なんとなく分かりますね。
いろいろな思惑が見え隠れしてきます。
ま、私としては純粋な目でマイネルヘンリーを応援するだけです。
馬場が悪いほうに突っ込んでいくとか、そんな真似はしないでしょうしね。
ただ、ダービーデーは非常に込むので、現地応援には二の足を踏むのですが・・・。
マイネルヘンリー、着実に上昇
本日、東京9Rの六社特別に出走したマイネルヘンリーは2着でした。
惜しくも勝利は逃しましたが、着実に状態が上向いていることは伺えました。
とくに今回良かったのは折り合いですね。
掛かる様子もなく、道中いい感じで走れてましたから、これなら伸びてくれます。
ペースがスローすぎる気はしたのですが、差せる馬場なのが良かったです。
前走のような結果が続いたらどうしようかと思っていたので、とりあえずホッとしました。
この調子で着実にレースを使っていってもらいたいですね。

さて、応援に行ってきたので写真を掲載しておきます。

マイネルヘンリーとブリンカー

パドックにて。
ブリンカーを付けた顔をアップで撮りたくなりました。

       マイネルヘンリー、パドックにて

オーソドックスなパドック写真です。

       マイネルヘンリー、止まれの合図の後

止まれの合図が出てから。
何か、遠くを見つめるような表情が印象的です。

マイネルヘンリー、返し馬で流し撮り?

ここまでくると流し撮りというよりもブレ写真でしょうか。
でも、なんとなく力感がありませんか?

マイネルヘンリー、向こう正面を走る

たまには向こう正面を走る姿を撮ってみたい。
かなり遠い距離なのですが、よく写っている方じゃないでしょうか。

マイネルヘンリー、直線

直線。
連写してましたが、これより後は勝ち馬に隠されてしまいます。
ちょっと、差し返すようなところも見せてくれたのですが。

次走を楽しみにしたいと思います。
4歳馬たちが動き始めました。
今週は4歳馬たちに動きが出始めました。

まずはマイネルヘンリーが予定通り今週の六社特別に出走します。
大きな変わり身は見られてないようですが、確実に上向いているとのこと。
距離も伸びますし、馬場もあまり早すぎる馬場にはならないでしょう。
目標はまずは掲示板、でしょうか。
着実な前進を期待したいです。

そしてマイネルアーバニタ。入厩しました。
復帰目標は24日(土)の東京ダート2100m戦とのこと。
24日って・・・来週じゃないですか!
入厩したばかりなのに・・・早いなぁ。
本調子ではないとはいえ、マイネルアワグラスをちぎったとのこと。
稽古で走らない馬なのに、順調な仕上がりだと思います。
楽しみですね。

そしてマイネルサニベル
こちらは鉾田に移動を終えているとのこと。
ほとんどトレセンですよね。
先週の報告ですと中京の飛騨S芝1200mを意識しているとのことです。
こちらも牧場で乗り込みは順調のようですよ。
この条件で好勝負したことはないので、降級まで待つのも一つの手かと思います。
ただ、あえて降級前に使ってくることに意気込みを感じますね。

最近出走が少ないので、それぞれに順調にいって楽しませてもらいたいです。
マイネルヘンリー、復帰戦は8着
前回の書き込みをした後で気がついたのですが、昨年の青葉賞は4月28日だったんですね。
1日早いですが、まさに1年ぶりという感じの復帰です。
まずはパドックの写真から。

マイネルヘンリー、顔のアップ

相変わらずの片側ブリンカー、なんか懐かしいです。
パドックは久々のためなのか先頭で周回してました。
特に気負う感じも無く、パドックの外目をゆったり周る姿は好感がもてました。

続いて返し馬の写真です。

マイネルヘンリー、返し馬

レースですが、思ったよりも前に行けました。
折り合いも特に問題が無かったように思います。
ただ、ちょっとスロー過ぎたかもしれません。
切れる脚が無いタイプなので、ちょっと辛かったです。
脚が止まったというよりも、切れ負けた感じに見えました。
最後までこの馬なりに伸びていたようには思いました。
とりあえず、直線の写真を・・・。

マイネルヘンリー、直線、ですが見えない・・・

み・・・見えない・・・。
写真的にも外から被せられてしまい辛かったです。
こんな、写真しかないのが悲しいです。

まあ、まずは復帰したことを喜びたいです。
ただ、ここで変わってこないと辛いですね。
新馬戦を使ってから変わってきましたので、期待はできると思います。
今後のレースを楽しみにしたいと思います。