FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
ワレモコウのデビュー戦、厳しいです
ちょっと体調が芳しくなくて、更新できませんでした。
結果が厳しかったので書く気力が起きなかったというのも多少はあります。
それでは、先日のワレモコウのデビュー戦について書いていきたいと思います。

レースを振り返りますが、スタートは悪くなかったと思います。
内枠なことも有り、このまま先行しようと押していきます。
ただ、付いていくことができず徐々に中段に下がっていきます。
あとはズルズル後退。
見せ場なくブービーに敗れました。

厳しい結果です。
稽古ではそれなりにまともに走るようになったので、もう少しやれるかと考えていました。
あとは2戦目で変わり身があるかどうか。
ただ、走りっぷりからすると2戦目で変わるような走りではないんですよね。
序盤付いていけなくて、最後に脚をちょろっと使うような感じの方が変わり身が期待できます。
あとは距離短縮を言われていますが、ダートを試すとか、いろいろとやってもらうしかないです。
中々厳しいと思いますが、なんとか変わってもらいたいです。


スポンサーサイト



ワレモコウがデビューします。
明日の中山5R新馬戦牝馬限定芝1,600mでワレモコウがデビューします。
先週は除外となり、満を持してのデビューとなります。
動きは入厩当初の時計は酷いと思いましたが、何とか様になってきました。
1週除外になったこともプラスになった感じです。
この馬なりにいい仕上がりと言っていいのではないでしょうか。

後は能力的な問題ですが・・・そんなに自信は無いです。
大物を期待しているわけではありませんが、どうなんでしょうね。
やはりお母さんが達成できなかった1勝が目標になろうかと思います。
頑張ってほしいです。



2019ツアー報告その4 ワレモコウとウインブライト
ツアーの二日目の午後、明和に戻ってきました。
募集馬展示もあるのですが、もう一つ大事なことがあります。
明和にいる出資馬に会うことです。
去年あたりからかな?パドックに人が付くようになったのは。
去年は明和に出資馬がいなかったので、記憶があやふやです。
いつも放置されていて暇しているのか、人懐こい馬が多いイメージがあった場所ではあります。

ワレモコウ

というわけでワレモコウに会ってきました。
とても大人しい馬、という感じですね。
残念ながら景気のいいコメントは聞けなかったです。
ただ、なかなかに可愛らしい馬です。
この馬に出資している人は大体母も出資している人とのこと。
母が果たせなかった勝利を掴んでくれると嬉しいです。

そして最後は種牡馬に混じり、香港G1を勝ったウインブライトの展示がありました。

ウインブライト

種牡馬展示の最後に後ろから登場してきたのが何かカッコよかったです。
コスモバルクなんかは種馬にしなかったんでね。
種馬にする気満々なコメントを聞けただけで嬉しかったです。
こうして見ていると弟もそっくりです。
少しでも近づいてもらいたいです。

以上で、ツアーの報告は終了です。
今回のツアーで印象に残ったのは、初日の悪天候と忘れ物の多さですね。
すいません、私も忘れ物して呼び出されました。
雨になると荷物はどうでも良くなってしまうものかもしれません。
2日目は天気が良くて、本当に良かったです。
来年も癒しに行けたらと思います。



ラフィアン2歳馬の名前
そういえば、ラフィアンの2歳馬の名前が決まっていました。
紹介しつつ感想などを。

まずはメルセダリオの17ですが、マイネルアンデスにきまりました。
母のメルセダリオはアンデス山脈にある山のことです。
知らなかったのですが、標高6770mの高峰ですね。
そこからの連想ということで、分かりやすいですね。
子どものころ、アルゼンチンに旅行したことがあります。
そのときにアンデス山脈の麓の町まで言った記憶があります。
縁みたいなものを感じてしまいます。

マイネグロリアーナの17はワレモコウに決まりました。
何か、花の名前だそうで、漢字で書くと吾亦紅だそうです。
難しい感じですね。
ラフィアンで花の名前と言えば、ゲッカコウを思い出しますね。
ていうか、絶対意識して名前を付けたと思います。
オークスにも出ましたし、その後も地道に頑張り、昨年引退しました。
いい馬でしたね。
続いてもらいたいです。

あとはキャロットのシーザリオの17とウインのサマーエタニティの17ですね。
楽しみに待ちたいと思います。