FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
ヴィオトポス引退、繁殖入り
本日のラフィアン公式HPにて、ヴィオトポスの引退、繁殖入りが発表されました。
先週のレース後に左前肢の繋靭帯炎の発症したので、このタイミングでということだそうです。
今後も競走生活に期待できるのなら休養するところでしょう。
ただ、昇級後のレース内容がレース内容でしたからね。
引退と言う判断も妥当なところかと思います。

振り返ってみて、世代一番星を飾ったときは大きな期待をしたものです。
荒っぽいレースでしたので、まだまだ伸びしろがあるのでは、と考えていました。
ただ、その後は思うように成績が伸ばせず、今年の初めには思い切って休養を取りました。
しかし、その休養でも、期待するような成長は見せることができませんでした。
地方交流で2勝目を上げたのは立派ですが、今後の競走生活を難しくしたかもしれません。
基本的には丈夫な馬で、今年は10戦もしてくれました。
恐らく今回の怪我もそれほど大したものではないと思います。
復帰しようと思えば、全然問題なくできるものと思います。
ただ、繁殖に上がる方が価値があると判断したのでしょう。

私にとっては貴重なマイネヴィータの系統です。
BRFグループとしても創生期を支えてきたオカノブルーの系統です。
きっと大事にしてくれることでしょう。
母や祖母を超えるような子を出してくれることを期待したいと思います。


スポンサーサイト



先が見えない
本日の阪神9R再度山特別1000万下条件芝2,000mにヴィオトポスに出走しました。
昇級戦の前走は全く見せ場が作れませんでした。
今回も大きく変わった感じは無く、厳しい戦いになると考えていました。
やはり後ろから行ってバテた馬を拾っていくような競馬がベストでしょう。
なるべく前がバテるような展開が理想です。
頭数は1頭取り消して10頭だての少頭数になりました。
なんとか2頭交わして8着に入ってもらえたらと考えていました。

さて、レースですがスタートは悪くありません。
無理せずに折り合いを付けて、自然に後ろの位置取りになります。
ペースはそれほど早くなくてガッカリ。
そのままジッと我慢、と思っていたのですが向こう正面で早くも手が動き出します。
それでも動く感じではなく全く付いていけません。
直線に入るころにはもう集団から離れてしまいました。
そして1頭も交わせずシンガリに敗れました。

これで2戦連続のシンガリ負けです。
作戦としては間違っていなかったと思います。
ただ、それでもどうしようもないんですよね。
本当にどうすれば好走できるのかが分からないです。
先が見えないです。


厳しい厳しい
本日の東京8R1000万下条件芝1,800mにヴィオトポスが出走しました。
前走で見事勝利し、ここは昇級戦になります。
その前走から中1週ですが、丈夫なのはこの馬の取り柄と言っていいと思います。
このクラスにしては頭数も落ち着きましたし、レベルも高いとは言い難いメンバーです。
それでも、どこまでやれるか、という感じですね。
1頭でも負かしてくれたらと、レース前はそんな思いでいました。

レースですが、スタートは良し。
行く馬がいないのでそのままハナを切る流れになります。
ペースはスローで特に絡んでくる馬もいません。
楽な展開だったと言えるでしょう。
ただ、直線では伸びません。
一頭一頭交わされていき、最終的にはシンガリに敗れました。

いやぁ、厳しいですね。
いつもとは違う競馬でしたが、それでも理想的な競馬だったと思います。
それでこの着順ですから厳しいとしか言いようがありません。
後はいつものように後ろから行って前がバテる展開でどれだけやれるか、くらいですね。
これで降級もないわけですからねぇ。
何度も言いますが、厳しい戦いが続きそうです。



ヴィオトポス勝利!
本日の盛岡競馬場9RJRA交流シリウス賞芝1,700mにヴィオトポスが出走しました。
今回から岩戸厩舎に転厩しての初戦になります。
芝の交流競走とは上手い判断をしたな、と思いました。
相手関係はグッと楽になりました。
気になるのは最近はずっと仕掛けを遅らせて、他力本願な競馬をしてきたことです。
小回りコースですからある程度前目で競馬をしたいところです。
どこまでついていけるかが鍵と考えていました。

レースですが、スタートは少し暴れてしまいますが、出は普通に出ました。
行き脚はそれほどつかなくて中段に付けるのは想定通り。
最初のコーナーはロスなく内ラチ沿いを周れました。
向こう正面では鞍上も少し押して、シッカリついていきます。
3コーナー辺りでは射程圏に捉えますが、焦らずあまり外を周らないような位置取りです。
直線に入ってから外に出すとシッカリ伸びました。
前を交わし2馬身半突き放したところがゴールでした。

いやぁ、久しぶりにこの馬でいい競馬を見ました。
厩舎もいいレース選択をしてくれましたし、鞍上も上手く乗ってくれました。
向こう正面でしっかり気合をつけて、前を追いかけたところが良かったですね。
本当に良く勝ってくれたと思います。
これで1000万条件にあがりますね。
厳しいとは思いますが、ベストを尽くしてもらいたいと思います。



こういうペースだと厳しい
本日の新潟7R3歳以上牝馬限定の500万下条件芝1,800mにヴィオトポスが出走しました。
正直厳しい競馬が続いていますが、着賞金は稼いでくれています。
とにかく丈夫に走り続けてくれるのは有難いことです。

さて、レースですが、スタートは最近は上手です。
自然な感じで位置取りを取り、中団内目につけます。
ペースは2歳の未勝利戦よりも遅いラップ。
超スローと言っていいでしょう。
必然的に上がり比べになり、こうなると不味いですね。
直線でもこの馬なりに伸びてはいるのでしょう。
ただ、他の馬たちはもっと切れる感じです。
バテてるわけではないとは思いますが、13着まで着順を下げてゴールしました。

最近は前がバテる展開で仕掛けを遅らせて着順を確保してきました。
こういうペースになると厳しいのでしょう。
それにしても上がり33秒3で遅い方っていうのはどうなんですかね。
大体にしてラフィアンの馬は瞬発力勝負に弱いところがあります。
やはり新潟競馬は向かないのでしょうね。
自分に向いた競馬ならもう少しやれるとは思っています。
地道に走り続けてもらいたいです。