FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
ウインクリムゾンの引退にあたり思ったこと
ウインクリムゾンの引退通知が届きました。
年末年始を挟んだせいか、少し時間が掛かりましたね。
復帰可能な故障ではあるものの、能力的にも限界を見せていた馬です。
前にも書いた通り、仕方ない判断であるとは思っています。
競走能力の限界を出し切れたかという点について言えば悔いはないです。
そう思えるだけ走り続けてくれたことは本当に有難いことです。
それでは引退にあたり、思うことを書いていきます。

募集時、この馬は強みと弱点がハッキリしている馬でした。
普段の歩きでもフラ付くようなところがあり、芯がシッカリしていない馬でした。
手足の長さの割に細身で筋量が足りていないということが一目瞭然でした。
一方でその手足が長さ、そして柔らかさ。
大きなフットワークをするであろうことは容易に想像できました。

好き嫌いでいうと、こういう馬私好きなんですよね。
ただ、そういう馬に出資してきて失敗してきた経過があります。
そんなわけで、もう少し筋肉の質も見極めようと思ってはいます。
ただ、この馬はそういう手足の長さとか柔らかさが際立っていました。
これで結果が出なかったら、手足の長さ、柔らかさだけで決めるのはラストにしよう。
そう思って出資を決めた馬です。

果たして、どう評価すべきかは微妙なところです。
未勝利を勝ち上がり1勝クラスでも運があれば、勝てたかもしれません。
それなりに結果を残したと言っていいと考えています。。
ただ、一定の限界を示していたことも事実です。
手足の長さ、柔らかさも重要な項目ではあると考えています。
一方で筋肉の質は見極めていく必要がある、とも考えています。
両立していかなければならないというのが、この馬の出資を踏まえての結論です
そういいながらも、サクセスストレインの18なんかに出資しちゃているんですよね。
今のところの評価は手足の長さ柔らかさだけの馬になっちゃってます。
ただ一応あの馬はツアーでは俊敏な動きを見せていたんですよ。
手足の長さ柔らかさに比べると筋肉の質を見極めるのは難しいですね。

今後ですがサラブレッドオークションで売却されたそうです。
地方を走ることになるんですかね。
私の手を離れますが、頑張ってほしいと思います。


スポンサーサイト



ユーバーレーベン
先日の中山金杯で好走したウインイクシードが故障で休養に入りました。
残念ですが、使い込んでいたのも事実です。
そんなに重症ではないようなので、いい休養になってくれることを期待します。

さて、そんな中で、ラフィアンの2歳馬の名前が決まりました。
これからドンドン2歳馬の名前が決まって行くのでしょうね。
ラフィアンでの私の出資馬は1頭です。
マイネテレジアの17ですが、ユーバーレーベンに決まりました。
ドイツ語で生き残るということだそうですが、まだピンときてはいないです。
ボチボチ慣れていけたらと思います。

まぁレーベンというとやはりマイネレーベンを思い出しちゃいますね。
私の出資馬ではマイネヴィータとかヴィオトポスがその血を引き継いでいます。
BRFのかつての基幹牝系だったオカノブルー系ですが、この馬は何ら関係はありません。
ただ、この馬のマイネプリテンダー系は今のラフィアンの基幹牝系といってもいいですよね。
名前に相応しく、活躍し牝系を広げていってもらいたいです。



ウインイクシード中山金杯2着、僅かに運が向かず
本日の中山メイン中山金杯芝2,000mにウインイクシードが出走しました。
現地応援に行ってきましたので、写真を交えつつ書いていきます。

さて、本日の中山競馬場は中々の混雑ぶりです。
いつもだとパドックに張り付いてからコースに向かうのですが、それだといい位置が取れません。
考えた末、最初からコースに張り付くことにしました。

ウインイクシード、返し馬

というわけで、最初は返し馬の写真から。
至って普通に見えました。
いい意味で平行線と言えるでしょう。
ぶっちゃけ、一番良く見えたのはトリオンフだったです。
最初に鞍上を振り落としていましたが、乗ってからはスムーズで大きくて見栄えがする馬です。

さて、レースですがこの馬のスタートには心配はなく、スムーズに先行します。
ただ、隣のトリオンフも同じようなスピードで、並走するような感じになります。
このままだとコーナーで外に振られてしまうことから、そこで少し控えます。
トリオンフの後ろに付け、内から2列目を確保します。
5番手という位置取りは、ベストよりも一列後ろと感じました。
ペースは平均よりややスローという感じで理想的に流れます。
3コーナーから4コーナーまで持ったままで動かず。
外に出して差を詰めたくなりますが、じっと我慢し、距離ロスを避けます。
そして直線でトリオンフの外に出して追い比べ。
こちらの方が勢いは勝っています!

ウインイクシード、ゴール前

写真だと勝ったかどうか分かりませんが、とりあえず口取りの受付へダッシュ。
しかし、怪しいスーツの団体は誰も集まって来ませんw
最後、僅かに伸びを欠き2着に敗れたようです。

いやぁ、惜しかったですね。
これで私の出資馬は6度目の中央重賞2着になります。
いい加減に勝利を上げたいものです。
今回記事の中でも結構トリオンフについて書きました。
そして、レース前にもトリオンフが気になると書いていました。
上品に書きましたが、本音を言うとトリオンフ邪魔!と思っていました。
果たして、スタート直後には位置取りを下げざるを得ませんでした。
そして、最後は交すことが出来ませんでした。
あちらの方がトップハンデ背負ってますし、強いということは認めます。
でも、ここはハンデG3です。G1ではありません。
重賞2つも勝ってんだから、ここは譲ってくれよー、という感じです。
枠順が逆なら、トリオンフの位置取りを取れたはずです。
自ずと結果も変わっていたことを想像するのは容易です。
また、ハンデも福島記念より1㎏見込まれたことも、結果的には痛かったです。
ペースは想定通り流れてくれましたし、鞍上も完璧に乗ってくれました。
ただ、僅かに運が向いてくれかったです。

勝てなかったのですが、今回重賞2着で収得賞金を加算できたのは大きいです。
除外の心配をしながらレースを選ぶのは面倒ですし、チャンスを逃すことにもなりかねません。
それがほぼなくなったの大きいです。
そして、次走ですが、レクチャーによりますと未定ということです。
東京コースは無い、と言っていました。
コーナーを4つ回るレースの方がいいということで、同感です。
一つの候補としてAJCCを上げていましたが、3戦続けて使ったので間隔を空けたいようです。
中山記念はクラブの都合により、無しとのこと。
ウインブライトの3連覇掛かってますから。今流行りの使い分けですねw
小倉大賞典あたりが候補かなぁ、と言っていました。
何とかタイトルを取らせたいとも言っていました。
そうですね、タイトルを出資馬が取るところを見たいです。
次走こそ達成してもらいたいと思います。



中山金杯にウインイクシードが出走
ウインイクシードが中山金杯に出走します。
今年の目標は重賞勝利ですが、早速そのチャンスが回ってきました。
ある程度人気になりそうで、新聞記事にも結構なっているようで嬉しいですね。
早速レース前に思っていたことなどを書いていきます。

まずハンデですが55㎏と福島記念より1㎏増です。
ちょっと見込まれたかな、と感じています。
といいますのも、福島記念を勝ったクレッシェンドラヴが2㎏増です、
あの時は0秒4差で斤量差は1㎏広がるだけです。
一般的に1㎏0秒2と言われていますので、単純計算では逆転できないとなります。
ただ、福島記念の時は休み明けで、その時よりは状態は上がっていると思います。
何より前を行く馬には苦しい展開でした。
今回展開が向けば逆転も可能と考えております。

その展開ですが、やはり前が残るような差しが決まらない展開が理想です。
そんな中で逃げるかもしれないというような馬は結構います。
イレイション、タニノフランケル、トリオンフ、ブラックスピネルといったところでしょうか。
ただ、いずれも逃げることもできる、というレベルで、なんなら控えても構わないというタイプです。
離してハイラップを刻むということは考えにくいかと思います。
スローとまでは行かないまでもミドルペースくらい。
福島記念に比べたら、流石に前が残りやすいかと思います。
この馬に向いたラップになることを期待していもいいのではないでしょうか。

枠順はやはり内が欲しかったところです。
今まで内ラチ沿いの競馬が続いていますから、やはり今回もそうしたいところ。
今回の枠順は4枠8番と、微妙なところです。
隣のトリオンフがちょっと気になります。
もうちょっと内が欲しかった感じはありますが、そこは乗り方次第になるかと思います

何にせよ、可能性は十分にあると考えています。
鞍上の腕にも期待しています!



ウインクリムゾンも引退
表題の通りです。
今年は引退馬が本当に多いですね。
左前繋靭帯炎との診断で、次走まではある程度の時間がかかることから引退が決まりました。
活躍が見込める馬でしたら復帰を待つという選択肢もあるのでしょう。
ただ、ここまで走って、それなりに年齢も積み重ね、大きく上積みも見込めないという判断でしょうね。
まぁ、私自身もいつものレース前のコメントを見ても分かる通り、大きく変わるとは考えていませんでした。
丈夫でしたら現役を続けることができたかと思いますが、仕方のないところです。
詳しくはいつも通りお知らせを頂いてから書きたいと思います。