FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
天楽
ふとしたことで、扇子をもらいました。
山下棋聖揮毫扇子「天楽」(某IT企業じゃありません。念のため。)です。

天楽

別にとりたてて山下棋聖のファンというわけではありません(あんな碁は打てない、目指せない。)が、もらえるものはもらっておきます(笑)。
碁を打っているときはやはり扇子をもっているとセンスが(略)

・・・なんか一瞬めまいがしました。
なんていうのか手ぶらで打つよりも、締りがあります。
「ヒカルの碁」でサイが手ぶらだとなんかカッコ悪いでしょう?
棋力に影響はないとは思いますが、何となく気分がいいです。
しばらくこれを片手に碁を打ってみたいと思います。
碁、(久しぶりに)始めました。
久しぶりに碁の話をします。

私はもっぱらネット碁のKGSで打っているのですが、実は今年に入ってから8ヶ月くらい打ってませんでした。
打ってると神経が張り詰めて、1局打つと凄く疲れた気がしました。
その中には負けるのが怖いというような気持ちも働いていた気がします。
新聞の隅っことかに載っている詰め碁とか手筋の問題は見るのは苦になりませんでした。
ただ、対局したいという気持ちにならなかったんです。

ブランクをおいて、最近またポチポチ打ち始めています。
現在のKGSでのランキングは1~2kと言ったところ。
以前2dとかになったこともありますが、やはり過剰だったのでしょう。
以前のランクではボロボロにされて鬱な気持ちになったことが結構ありました。
このくらいのランクのほうが適正なのを感じます。

最近の碁の傾向としては序盤は遅れているのですが、相手の薄みをついて逆転勝ちが多いです。
最近の1局、白が私です。
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼○┼┼┼┼○○●┼●●┼┼┼┤
├┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼○●┼┼╋●┼┤
├┼┼●┼┼┼┼┼○┼○●┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○○○●┼┤
├┼┼○┼┼┼┼┼┼┼●●●●○●┼┤
├┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼○○●┤
├┼┼┼○●┼┼┼┼┼●○┼┼○●┼┤
├┼┼╋○●┼┼┼╋●●○┼┼○●┼┤
├┼○┼○●○┼┼●┼●●○┼○●┼┤
├┼●●○○●●┼┼●○○○○○●┼┤
├┼┼┼┼┼○●●●○┼○●○●┼┼┤
├┼┼┼┼○○┼●○○○●●●┼○●┤
├◇●●●●○○●●○●┼┼┼┼┼●┤
├┼○○●○●●○○○●┼●●●●○┤
├○●○●┼●●○○●●○○┼○○○┤
├┼┼○┼┼●○○┼○●┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┴○┴┴┴┴┴┴┴┴┘
ひどい形勢ですね。
右辺中央からのさばき方がひどくて、生きて大損の典型例です。
ただ、この左下の一手(◇)から、黒の大石を召し取り逆転勝ちしました。
こういう感じの逆転碁が多いです。
私の基本的な方針「遅れてもいいから厚く打つ。」が身になっているのかな、と感じます。
まあ、もうちょっと厚いままで序盤に遅れないようにしたいとは思っています。

ブランクを明けて思ったことは、やはり碁は面白いなぁってことです。
一手一手の意味とか、石の流れを考えていると楽しいです。
競馬もそうですが、生涯の趣味ということになると思います。

本日午後10時半より、私が主に出入りしているKGSの2ch棋院で仮面舞踏会という大会の決勝が行われます。
以前、私が主催したこともある大会です。
どちらも凄く強くて、素晴らしい手を連発してくれるので、きっといい碁になると思います。
ギャラリーも多数集まり高段の方が適宜解説もしてくれることでしょう。
ゲストでも観戦できますので、ぜひご覧いただければ幸いです。
仮面舞踏会を楽しみにしている方へ ~お詫び~
最近、碁を打ってません。
実際、打つのが辛くなったきました。
去年辺りからその傾向はあったのですが、自分の限界が見えてきたような気がします。
始めたばかりの頃のような、打てば打つほど伸びる、勉強すればするほど伸びるという楽しさがなくなってきたことは事実です。
また、職場が変わり忙しくなったこともあります。
以前の職場は比較的余裕があったので、勉強する時間もそれなりにありました。
その余裕がなくなってくると、たまに碁を打っても納得できないことがあるんですよね。
自分の碁が酷い碁であることが分かる、にも関わらずどう打っていいか分からない。
理想と現実のギャップに悩み、なんとも切ない気分になり、また打とうという気力が萎えていく。
なんていいましょうか、モチベーションが保てないんです。
スポーツ選手が思うように体が動かなくなったと言って引退する気持ちが分かる気がします。
肉体的なものではありませんので回復の余地はあると思いますが、いずれにせよ、また打ちまくりたいな、と思えるようになるまで、少し休養期間が持ちたいと思います。

たまに2chのスレを見ると主催していた仮面舞踏会開催の要望があります。
とても嬉しい事です。
ただ大会を開催をするにはそれなりの労力を要し、身体的・精神的余裕がないとできません。
特に仮面舞踏会は原則毎日開催ですので、それに合わせてHPの更新や試合の仕切りなどもあります。
放っておいてもある程度やってくれると思いますが、それでは自分に納得できません。
前回の試合の仕切りも酷かったのは事実ですが、自分なりに一生懸命やったという思いはあります。
ベストを尽くして酷い結果だったことと、ベストを尽くせず酷い結果だったのでは、満足感が違います。
申し訳ないのですが、自分が納得できる状況になるまで、しばらくお待ちいただきたいと思います。

その納得できる状況ということですが、仕事の方は概ね7月まで忙しいと職場の先輩から聞いています。
8月が近くなってきて、仮面舞踏会 チン☆⌒ 凵\(\・∀・) まだぁ? のコメントがスレにでるようなら、開催を前向きに検討したいと思います。
ちなみに、こういうコメントもモチベーションを保つためには大切です。
もし待ちきれず、「俺が開催したい!」という人がいれば、喜んでその座を譲りますけどね。

碁は面白いし、見るのは楽しいです。
2ch棋院にはとても楽しい思い出もあります。
けして2ch棋院を捨てたわけではありませんので、その辺は理解していただければ嬉しいです。
いためもやし杯終了、やっぱり私は弱かった
いためもやし杯は今日ひねもすさんと打って全ての対局を消化しました。
結果は負け。3勝2敗で3位残留という結果になりました。

ひねもすさんが高目使ってくるのは知っていたので、勉強はしていたのですが、所詮は実戦を伴わない生兵法。
定石を覚えて2目弱くなり、の見本みたいなものです。
定石どおり打てたのですが明らかに黒(私です)悪し。
6子を捨てて打つハメになってはいい道理はありません。
私は小目に打ったのですが、高目にヒラキがあるときは33に打つのがいいそうです。
一つ賢くなりました。
必死に下辺分断して攻めてみたのですが、大きい中央の方を生きられたところで完全に形勢を悲観してしまいました。
思いのほか地合いは差が無かったのですが、左下を殺して地合いのバランスを取るというよりも、上辺を助けなきゃ終わりだ、と思って打っていました。
投了した時点では明らかに敗勢ですので悔いはありませんが、もう少し計算は勉強した方がいいのかな、とは思いました。

全勝優勝したら自分の2dに自信を持とうと思っていたのですが、この結果では自信は持てません。
なんか自分のランクに疑問を持つのは仕方ないでしょう。
まぁ、ボチボチ打って適正なランクにしていきたいと思います。
昨日の碁
いためもやし杯があと一週間を切りました。
次の大会のこともあり早めに消化したいと思っていた割に、昨日の時点で消化は僅か2局というこの遅さ。
囲碁は面白いにも関わらず、真剣な勝負は打ちたくないというこの落差はなんなんでしょう。
これではいけないと、昨日2局打ちました。

まずは結果、あげはさんに負け、やおさんに勝ちでした。

あげはさんには完敗でした。
棋譜を見る限りではどちらが上手か分からないでしょうね。
こういう中央大模様の碁になる事は結構あるのですが、勝った記憶がありません。
中央があっさり破られて、必死の中央トリカケもあっさり生きられて万事休す、な筈なのですが何かダラダラ打ち続けてしまうこの未練たらしさ。
私の今いたもしでは、打った後に自己嫌悪が残ることが多いのが残念です。

やおさんは中盤までは互角、と思っていました。
地合いは多分足りていないのですが、こっちの方が厚いのでおこぼれがもらえるだろうと期待しながら打ってました。
期待していたおこぼれですが随分と膨大なもので大差にはなりました。
でも、やおさんも「逆転負け」と言っていた様に少なくともランク差を感じさせるような碁では無かったことは確かでしょうね。
格上らしい碁を打ちたいと思ってはいるのですが、自分の能力が追いついていません。

この2局で学んだことは、やはり厚く地に辛く打った方が自分の性に合っているということです。
最終戦はひねもすさん、昇格を争う戦いになります。
今いたもしでは高目を連発しているように、中央志向のスケールの大きい碁が特徴です。
私は地取りに走ってシノギ勝負の碁になる予感があります。
ベストを尽くしなんとか結果を残せたら、と思います。