FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
サニベル。・:*:・゚☆ ネ兄 月劵 禾り ,。・:*:・゚☆
今日、ききょうSに出走したサニベルは見事勝利!オープン入りを果たしました。

ポイントはやはり向こう正面でしょうか。
ゴールまでまだ700mの地点、仕掛けとしてはやや早い感じでしたが、サニベルはここで勢い良く上がっていきました。
馬が行きたがったんでしょうか、仕掛けて、というよりは自然に馬なりで上がっていきました。
今までだと無理やり抑えて失敗していた場面だと思います。
この早目の仕掛けをものともせず、サニベルは最後まで伸びきり、逃げる1番人気スーサンライダーを差し切りました。
今まで乗っていただいた勝浦騎手には申し訳ないですが、さすがはアンカツという印象を持ちました。
勝浦騎手も今回のレースから、なんかつかんでくれるんじゃないかと思います。

さて次走ですが、1200m戦にこだわるとすれば、福島2歳Sになると思います。
し・か・し、やっぱりもう一度距離延長を試してもらいたいところです。
今回、テレビでのパドックを見る限りでは非常に落ち着いていましたし、距離をこなせる下地はできていると思います。
京王杯2歳Sから朝日杯フューチュリティーSへ。
王道を歩むサニベル、期待したいです。
スポンサーサイト



1d?記念カキコ
久々に本IDで碁を打ちました(・∀・;)

お相手は2kのこけももさん。
本人も公言している通り殺すか殺されるかのパワーファイターです。
従前の力からすれば格上の相手だと思います。

こけももさんが大々高目で来ましたが、まだ研究中のようで、序盤の布石ではこちらがリード。
しかし、コウを交えつつこちらを圧迫してくるところがパワーファイターたるところ。
危うく頓死するところでしたが、なんとかコウに勝って、頓死だけは免れました。
それでもかなり追い上げられたのですが、ギリギリ3目半残しました。
正直力の差はあって、実験のような布石でなければ、多分勝負にならなかったんだろうなと感じました。

その結果私のランクは1d?にあがりました!
もちろん、過大です(*´д`*)ハァハァ
もう少し碁を打たなければとは思っているのですが、
しばらく1dの余韻を楽しむべく、また放置状態になってしまいそうです(^^;
明日のサニベルは人気?なのか?
今日も一口馬主関連です。

明日はサニベルがききょうSに出走予定です。
今回も、こっそり気楽に追い込みを狙う立場・・・かと思っていたら、意外を人気を集めているようです。
手元の東スポでは何と2番人気( ̄□ ̄;)!!関東の新聞だからかな・・・。
鞍上のアンカツも心強いところではありますが、人気ほどの信頼性はないと考えています。
過剰な期待をせずに、気楽な気持ちでレースをみたいと思います。
ラフィアン二次募集カタログキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
ラフィアンから二次募集馬のカタログが来ました。

1次募集で3頭も(自分としては3頭「も」です)買っていることもありますし、税金問題が未定な状況で、あまり頭数も増やしたくないので、出資しないでスルーできればそれに越したことはないと思っていたのですが、カタログを見ると検討したくなってしまう。
そして検討すると欲しくなってしまう。
いい循環なのか、悪い循環なのか・・・。

ざっくりカタログとDVDを見まして3頭に絞りました。

63.グレイスフルホークの05
大型馬大好きです(^^;。近親にラフィアンとも相性のよいグラスワンダーがいる良血で、凄いパワフルな感じ。それでいて柔軟性も兼ね備えていそう。

71.パイナップルスターの05
ちょっと小柄な感じで、大物感はありませんが、柔らかくて切れがありそう。芦毛なこともあって、サニベルにイメージがダブります。

74.ヒルトップレディの05
血統的に平凡なこともあって安いのですが、欠点らしい欠点が見当たらない。そこそこ馬格もあって柔らかい。距離が伸びて良さそうな感じ。

それぞれにとても魅力的です。
う~、なんとか1頭ぐらいに抑えたいと思っているのですが・・・。

ポンポコたぬきを街で見かけた
今日、仕事から家に変える途中、日も既に落ちて暗い雨の中、変な四足動物を歩いているのを見かけた。
大きさは猫くらい、中型犬よりも小さい。
顔はエラがはっている感じで、菱形っぽく見える。
猫にしては背が丸くない。何より歩き方が猫ではない。
追いかけてみたが、結構交通量が多い道を横断してしまい、車の影に消えた。
写真に収めることもできず、結局なんなのか分からなかった。

しかし、私の中ではたぬきに違いないと結論づけました。

山なんかは全然近くにないし、そんなに田舎とは思えない場所なんですけどね。
今度見つけたら激写してモブログしてやるぅぅ。
仮面舞踏会オワタ
私が運営していたKGS2ch棋院の囲碁大会『仮面舞踏会』が、昨日なんとか終了しました。
「終了しました」の前に「無事に」という一言をつけるのがためらわれる、そんな感じです。
大会運営は大変ということが、とても身にしみました。

みなさんから意見を求められたとき、いかに適切に答えることができるか。
予測してない事態が起きたとき、いかに適切に対処できるか。
本当に難しいと感じました。
自分の独断だけでなく、前回、前々回と違う方が運営していたこともあり、過去はどうだったのだろうか、とかいろいろ悩みました。
本当にいい勉強をさせていただいたと思っています。

なかなか厳しい大会運営でしたが、これに懲りてもうお終い、ということだけはしたくないと思っています。
大会運営を通じ勉強させていただいて、いろいろと自分の糧になった部分は大きいと感じています。
そうした折角の大会運営の経験をそのまま埋もれさせてしまうことは、私にいろいろと意見を出していただいた方に対して申し訳ないです。
幸いなことに今年度は仕事のスケジュール的にも比較的ゆとりが持てそうな感じです。
もっとスムーズな大会運営をして恩返しをしていきたい、そう思います。
CGoban3
私が碁を主に打ってるネット碁会所のKGSのクライアントがCGoban3にバージョンアップしました。
連碁対応など、いろいろな部分で機能が上がっていまして、こういう風にまめにバージョンアップしてもらえるのは嬉しいですね。

今回のバージョンアップに伴いランク調整も行われまして、私のランクが2k?に上がりました。
全体的に上がっていて、別に今までより実力が上がったわけではありませんが、なんか嬉しい(^^;
今まで凄い遠い存在のように思えたdが身近になり、dを目指すという目標が現実味を帯びてきて、モチベーションが上がった気がします。
一方で今まで1~2kだった人はいきなり1dに上がった人が多いようで、dになることを目標にしてきた人の中にはガックリした人も多いのかもしれませんね。

主催している仮面舞踏会も本日で終了です。
最近は観戦ばっかりだったのですが、少し碁を打ってdを目指して頑張りたいと思います。
ディープインパクト ~ダンシングブレーヴを超える衝撃を~
今日は10月1日に行われる凱旋門賞に向けて、フランス遠征中のディープインパクトのことについて書いてみます。
やっぱり、海外遠征する馬は応援したくなるものです。
競馬観戦暦10数年と誇れるほどのものではありませんが、私が見た中で間違いなく最強の馬だと思います。
瞬発力とスタミナをこれほどまでに高水準で備えている馬をみたことがありません。

しかし、どんな馬でも欠点はあります。ディープインパクトにもあります。
ディープインパクトの欠点、それは器用さがないこと、です。
スタートダッシュは悪いし、レースは常に大外を回る距離損のレースばかりです。
そのような馬が特に不利になるのは、やはり小回りのレースです。
有馬記念で負けたのはコーナーを5回も回る中山2500mというコース形態に大きな要因があることは間違いないと思っています。

さて、凱旋門賞の舞台となるロンシャン競馬場ですが、コーナーが2つ、というのも変な感じなのですが、コーナーリングによる有利不利が少ないコースであることは間違いないと思います。
これはディープインパクトにとって非常に有利な条件と考えます。
少なくともアメリカで行われるBCターフにでるよりは条件が整っていると言えるでしょう。
直線が平坦であることも、京都コースで瞬発力を見せたディープインパクトにとっては有利な条件だと思います。

凱旋門賞史上最高の勝ち方を見せた馬はダンシングブレーヴと言われています。
最高の相手達を脅威の末脚でぶった切ったレースは伝説となっています。
レース振りからして、ディープインパクトはダンシングブレーヴと同じタイプだと思います。
今回ディープインパクトが通る道はダンシングブレーヴの通った道になると思います。
その道でどんなレースをしてくれるのか、非常に楽しみです。
2006年10月1日、ロンシャン競馬場。
ダンシングブレーヴを超える衝撃を――― 期待しています。
本日のサニベルは3着でした。
ひさびさに出資馬ががんばったな、という結果でした。
もう少しインコースの馬場が悪くて、前後ろがひっくりかえるような展開なら勝っていたでしょうが、かなりのペースで前の馬が引っ張ってくれましたし、それを望むのは贅沢という気がします。
そもそもこういう空き巣オープンを間違って勝ってしまうと今後苦労しそうですから、まあこのくらいの結果で良かったと思っておきます。

それで、今回の結果から、サニベルは短距離向き、という評価が下されてしまうのは、私の懸念するところです。
私が思うに、サニベルは上がりの掛かるレース向きです。
とにかくハイペースに流れて終いがかかる展開、これがサニベル好走の条件だと思います。
この条件ならマイルでも、あるいはそれより長い距離でも好走できるものと考えています。
逆にそういう面からいえば、新潟はこれからもずっと向かないでしょうね。
短距離向きということで新潟1000mとか使っても凡走必至な感じがします。
それなら、まだダートを使うとかの方が面白いでしょうね。

次走は福島2歳Sあたりでしょうか。ちょっと間隔空きすぎかな・・・・。
福島の馬場ならこのぐらいの時期には大分荒れているでしょうから、上がりが掛かる展開になりそうでよさげな気がします。
どんな条件でも無敵な馬はいないものだと思っていますので、適正の高いレースを選んでくれると嬉しいですね。

サニベル サニベル サニベル


サニベル!ガンバ!
20060916135630
久しぶりの現地競馬観戦です。
何となくモブログしたくなりました。

初めてパドックで見るサニベルですが、以前の柔らかみが際だった馬体から、幾分力強さを身につけたように見えます。
馬はどんどん変わっていくものですね。
全然人気は無いようですが条件は前走、前々走より整っていると思います。

まもなく発走です。
サニベル!ガンバ!
咳がとまりません
体調が悪いです。
最初は喉の痛みからでした。
熱や痛みはないのですが、痰が出て咳が止まりません。
咳をするというのは意外と体力を消耗するもので、
無駄に疲れる印象があります。
体力のMAXが下がるという感じではなくて、
MAXはそのままだけど無駄な浪費をしている感じで疲れます。

医者にいって症状を訴えたら、多種多様な咳止めをもらいました。
薬剤師さんの目が「何この人咳止めばっかりもらってるのかしら?」と言っているように見えました。
もちろん、そんなことは言わないいい薬剤師さんなんでしょうが、変な処方箋を持っていく自分の気恥ずかしさから、そう見えてしまうのでしょうね。
薬を服用すると確かに咳はとまるのですが、なんか無駄に渇く印象です。
前にも同様の症状になったことがありまして、薬は対症療法でしかなく、根本的には自然治癒に任すしかないのかな、という印象を持ちました。
前も結構直るのに時間がかかったんですよね・・・。
辛い日々が続きそうです。

ゲホゲホ。
一口馬主の最近の状況
最初はこのブログのメインとなると思われた一口馬主ですが、全然書いていないですねー。
だって、全然活躍しないんだもん。(;;)
愚痴はさておき、最近の状況について、書いておきます。

まずはサニベル。
新潟2歳Sもいいところが無かったようです。
うーん、上がりの早いレース展開は向かないのかなーという気がしています。
今週はカンナSに出走予定です。
少頭数ですので、なんとかいいところをみせてもらいたいところです。
中山の坂のあるコースに期待します。

そして、レモリーノ。
先日の船橋で背水の陣で臨んだようですが、ブービーに敗れました。
個人的には芝向きと思っていたので、あまり地方遠征にはピンとこなかったのですが、色々と試していただいたのはありがたいです。
流石に引退・・・でしょうか。悔いはありません。

最近出走したのはこの2頭だけ・・・寂しいですね。
あとの現役はグリッツァと2歳勢です。
グリッツァは復帰に向けて順調なようですし、2歳勢もポチポチ入厩の声も聞かれ始めました。
サニベルに続く活躍を期待したいです。
四国です~神の一手に・・・~
そのあとはしまなみ海道をドライブ。
ここは因島に行きたいと自分を主張してみました。
相方が一度行ったことあるらしいのですが、やっぱり本因坊秀策生誕の地ですからね。
碁打ちとしては欠かせないところです。

お昼はいろいろな棋戦でも使われるナティーク城山で食べました。
ナティーク城山

地域性とか何にも無い洋食なのですが、半端なく美味かったです。
さすがだなー、と思いました。
一度宿泊も行ってみたいものです。

しかし、そうこうしている間に帰りの飛行機の時間が刻々と迫ってくるような状況に。
秀策の碑だけは見に行かなければ、っと必死でした。
なんとか無事到着。
本因坊秀策の碑

これで、半目強くなったのでしょうか?
が、お墓までいくには時間がかなりヤバイ状況。
碑だけ見て速攻松山空港へ出発となりました。ちょっと残念。

結局、帰りの飛行機は6時なのですが、松山のレンタカー屋へ車を戻せたのは5時をちょっと回ってしまいました。危なかった・・・。

全体的にスケジュール的な余裕がもう少し欲しかったという印象は持ちましたが、それでも、十分楽しめた旅でした。
心残りも色々あって、また行ってみたいという思いは残っています。

とりあえず、今回の旅日記はここまでです。
ではでは~。

四国です~坊っちゃん列車~
3日目の朝は道後温泉付近の散策から。
坊っちゃん列車が止まっていたので写真に撮って見ました。
坊っちゃん列車

それにしても路面電車の多い街だなーという印象を受けました。
今回はもっぱらレンタカーでの移動でして、正直運転している身としては慣れないため、煩わしい印象もあります。
一方で、これも地域の特徴を現しているのでしょうね。
のんびり路面電車に乗りながら旅するのも、乙なものなのかもしれません。
四国です~そして、道後温泉へ~
宿にチェックインした後、有名な道後温泉本館に行ってきました。
やはり、千と千尋の神隠しっぽいイメージ。
道後温泉本館

映画でも参考の一つにしたということですが、なるほどなーという感じです。

入浴にもいくつかコースがあるのですが、ここはやはり個室も使え、坊っちゃん団子つきの一番高いコースにしてみました。
風呂自体はあっさりした石風呂で、どうってことないといえばどうってことないのかもしれませんが、伝統の重みみたいなものは感じられます。
風呂上りに坊っちゃん団子を食しながら雑談するのは、なんとも贅沢な気分になれますよ。
坊っちゃん団子


四国です~松山城で鳩と戯る~
そのあとは讃岐うどんに名残をのこしつつ松山へ移動。
2日目の昼辺りに讃岐うどんの有名店に行きたかったのですが、相方の都合で早めに松山にいくことになりました。
2泊3日で四国3県を回るのはちょっとスケジュール的には厳しい印象です。

2日目の午後は松山城を見に行きました。
ロープウェーとリフトがあったのですが、リフトで登ってみました。
夏にリフトを使って登るのはちょっと新鮮。
風が心地よかったです。

東京と比べると暑いは暑いのですけれど、日陰に入ると涼しいし、風が吹くとなんとも気持ちいいのがこちらのいいところ、と感じました。
天守閣は残念ながら補修中でいい眺めとは言いがたいのですが、山の上にある公園は意外と広々としていました。
花見の名所らしいのですが、桜の季節なんかは本当にいい眺めなんでしょうね。

鳩が人を恐れず近づいてくるので少し戯れていました。
鳩

四国です~こんぴらさんにて朝の景色を楽しむ~
2日目は朝5時に起きて、こんぴらさんを参拝してきました。
一番上の1368段上らなければならない奥社へ行くのは最初からあきらめていまして、なんとか本宮までを目標に歩き続けました。
本宮まででも785段ありますからね。
階段

正直、階段はきつかったです。
自分の年齢をひしひしと感じた今日この頃。

なんとか上って本宮をお参りできたのですが、良かったのは本宮の境内から眺める朝の景色です。
朝の景色

前、山を登る人から、この朝の景色を楽しむときが山登りの一番の醍醐味と聞きましたが、まさにそんな感じです。
写真よりも実物を眺めるほうがもっと清々しい気持ちになれます。
気候も涼しかったので階段のぼりに助かった部分はあると思うし、朝行って本当によかったなーって思いました。

ただ気になったのが、階段脇の道々の石の塔に書いてある「金弐百万」とか「金一封」とかの文字。
なんかちょっとねぇ・・・。
はっきり行って宗教のいやらしさみたいなものを感じガッカリです。
ふと周りをみると多分「金比羅」から取ったであろう○金の文字が「金クレー、金クレー」と言ってるように見えてきまして、興ざめな気持ちになりました。

いや、でも本宮の境内から見る景色は本当によかったのですよ。景色は・・・ね。

四国です~風光明媚桂浜~
昼食のあとは、日曜市を通りながら高知城を見学しました。
いま、『功名が辻』が大河ドラマでやっていますが、いろいろイベントやってるみたいです。
『功名が辻』自体読んだことはあるのですが、もともと高知をメインにした話ではないと思うので、やや苦しい?とも感じました。
個人的にはあまりピンとこなかったので、ブログ的にはサラリと飛ばしたいと思います。

そのあと桂浜に行きましたが、ここはいいですねー。
まずは坂本竜馬像を見に行ったのですが予想以上にデカイですね。
何枚か写真を撮ったのですが、逆光のためイマイチなので載せるのは断念。
午後の遅い時間にいったのですが、行けるなら午前中に行ったほうがお勧めかもしれません。

そして、桂浜に降り立ったのですが、なんともいい景色です。
桂浜

荒々しい波に綺麗な砂浜。
ボーっと眺めていると心が洗われるようです。

ボーっと眺めすぎていて、坂本竜馬記念館に行きそびれてしまったのが大いなる誤算。
実は結構竜馬マニアなのですが、これはちょっと心残りです。
まぁ、また四国に行く切っ掛けを残しておいた、としておきましょうか。

このあと香川の琴平温泉まで移動。
温泉でゆったりしつつ初日を終えました。
四国です~南国土佐にて皿鉢を食らう~
いやぁ、旅先でモブログするってなかなか難しいですね。
相方を無視して携帯と格闘するわけにもいかず、時間があるときは休んで疲れをとるほうが優先で、結局、1回しただけでした。

とりあえず、あらためて初日から・・・。

初日は高知竜馬空港に降り立ち、もっぱら高知県内を観光しました。
まずは、前述のはりまやばしに行きまして、そのあとはお昼を食べました。
食べたのは土佐料理 司 高知本店です。
南国土佐の料理といえばやはり皿鉢料理でしょう!
皿鉢料理

どうですか!この豪快な盛り付け!
南国土佐に来ました!って感じですねー。
かつおのタタキ定食にしようかともおもったのですが、妥協しないで高いの頼んでよかった・・・。
味もなかなかですが、この盛り付けをみんなでつついて食べると、なんとも楽しい気分になります。

楽しい旅の予感を感じたお昼でしたとさ。
四国です~はりまやばし~
20060904122143
昨日から四国に来ています。
このブログはしばらく四国旅日記になります。

写真は土佐の高知のはりまやばしです。
なんかイメージと違いました。
立派な御影石の橋なのですが、やっぱり朱塗りの欄干じゃないとねー。
近くに偽物?ぽい小さい朱塗りの欄干がありましたが・・・

全体的な印象としてはイマイチ・・・でした。
心残りは・・・
今日から四国に旅立ちます。
朝も無事起きれたし、出発準備は万端です。

心残りは、今日サニベルの出走する新潟2歳Sがあること。
折角の愛馬重賞出走なのに、生レースどころかテレビ観戦も微妙になることです。
うまく、見ることができればいいのですが・・・。

好レースをしてくれることを祈ってます。