FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
2d?のグラフうp
今日は無事とれましたよー。
グラフ

おそるべし放置(;^^)
スポンサーサイト



2d?のグラフゲットならず
9時になる前に1d?に戻っちゃいました。
まあ・・・いいんですけどね。
2d?記念に碁逝を打つ
さてさて、放って置いたKGSのランクは2d?になってしまいましたよ。
大分、上げ圧が入っているようですが、それにしてもどこまで伸びるのでしょう。
でも、もう十分という気もします。
明日、2d?になった記念のグラフをダウンロードしたら、ぼちぼち公式戦を打って適正なkを求めていきたいと思います。

さて、2d?になった記念・・・というわけではないのですが碁逝を打ちました。
相手はすなおじさん、4dです。はっきり言って4子くらいは欲しいです。
でも、自分なりに頑張って打とうと思いました。
以下、碁逝ニュースっぽくテキストで碁盤を貼り付けて自戦記を・・・。
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐私の黒番、いつもの両目外しから、
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤小目には2間高ガカリで相手のカド打ちには手抜き。
├┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼○┼┼┤私の碁では良くあるパターンです。(;^^)
├┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼○○┼┤目外しに小目に入られたらどうしても宇宙になりがち。
├┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○●┼┤割り切ってどんどん模様を拡大していきました。
├┼○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●┼┼┤図は白の56手目、黒コスミツケに対して下がりです。
├┼○○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤こういう手が打てないんですよねぇ。
├┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤つい一路右に打ってしまいたくなる。
├┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤そうなればずるずる押していって模様拡大!
├┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼○┤と思ってたんですが・・・。そう甘くはない。
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┤いかにも、2段バネしますよって感じですが、
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○○┼┤引くに引けない。みるみる宇宙は縮小。
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤さらに上辺星への肩ツキでまいりました。
├┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●○┼┤最後はかなり強引な感じになって、
├┼○┼┼┼┼┼┼┼●●●┼●○○┼┤右上の黒の大石が頓死してしまいました。(´・ω・`)
├┼┼╋┼┼┼┼○●┼○○○○●○○┤自分なりには頑張れたかなーと思いつつ、
├┼┼○┼┼┼┼◇┼○┼┼┼●●●○┤聞いてみた回りの評価は「微妙」とのこと。
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○●┼┼┼┼●●どうせ似非2d?ですよ・・・。
└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘まあ、こんなもんじゃないですか?
マイネユミドール厳しい
本日、連闘策で出走したマイネユミドールですが、大きな変わり身は見られず13着に敗れました。

今回はバテテもいいから前につけて競馬にしようという意図があったのか、スタート直後に鞍上の柴山騎手の手が必死に動いていました。
が、それでも、前につけることはできませんでした。
後は前走のリプレイを見るかのよう。
バテた馬を交わすだけのレース振りでした。

う~ん、厳しいですね。
血統的に向くとは思えないのですが、ダート、長距離といったところで変わり身を期待するしかないのでしょうか。
頑張って欲しい・・・ですが前途多難です。
北海道日本ハムファイターズ日本一おめでとう!
プロ野球日本シリーズは北海道日本ハムファイターズの優勝で幕を閉じました。

やはり新庄、ですかね。
活躍したとかではなく、その存在そのものがチームを引っ張っていったという気がします。
記録は平凡ですが、そこには表れないパワーがありました。
本当に稀有な魅力を備えた選手です。

それにしてもパ・リーグの勢いを感じます。
人気のセ、実力のパと言われてきましたが、パ・リーグの方がいろいろと盛り上げることに努力をしてきた気がします。
去年のロッテもそうですが、魅力がある球団が増えてきたことを実感します。
応援に来たファンの姿を見てもそのことを感じます。
セ・リーグも見習わなければならないことでしょうね。

ちょっと気になったのは、放送上で「最後の試合」の雰囲気を出そうとしていたこと。
アジアシリーズまで勝ってこそ、最後の完成と言えると思います。
まだ、途上であることは忘れてもらいたくないと思います。
マイネユミドール連闘
本日のお題は検索に引っかかりやすいようにフルネームで載せてみましたw

さて、先週デビューしたマイネユミドールは連闘で今週も出走するようです。
確かに前回はレースらしいレースにならなかったし、能力的な問題なら間隔あけて使っても勝負にならないでしょう。
初めてのレースで気持ちがボケていたという可能性に賭けるなら、連闘は一つの策としては歓迎したいところです。
とにかく、前に前にいって、先頭を射程権に捉えられるレースを期待します。
ひと目の詰碁―やさしい問題を反復練習
詰め碁の本を買いました。
有名なやつです。

ひと目の詰碁―やさしい問題を反復練習

実は私、詰め碁の勉強って全然やらなかったんですよねー。
難しい詰め碁って所詮はパズルのようなもの、実戦には全然役に立たない、そう考えていました。
でも、上達するにつれて、死活の力をしっかりつけることが、大切なことというのが身にしみて分かるようになってきました。
碁で大切なことは手を抜けるところはしっかり手を抜き、先手をとって他の大きなところに回ること、この繰り返しです。
そのためには基本的な死活力は必須です。
さきほど「難しい詰め碁って所詮はパズルのようなもの」と書きましたが、実際今でも「難しい詰め碁」についてはそう思っています。
自分の身の丈に合わない難しい詰め碁を必死に考えるより、ひと目で解ける詰め碁を増やすことこそ棋力向上につながると思います。

改めて読んでみて、ほんとうにひと目で解ける問題ばかりです。
でも、一瞬戸惑うときもあります。
その戸惑いをなくすため、繰り返し読んで頭に叩き込んでいきたいと思います。

つぎは「ひと目の手筋」買うぞー。
ヒカルの碁の緒方九段愛用の球形灰皿を求めて・・・訪問者増加プロジェクト
うーん、ブログのカウンター回りません。
まあ、独り言をいうつもりで始めたので、他の件では気にならないのですが、緒方九段愛用の灰皿の件については、やはりコメントが欲しいところです。
訪問者増加対策を考える必要があるのかも知れません。
その手法として考えられるのが---

・知り合いに宣伝する
・検索エンジンに引っかかりやすいようにする。

まあ、一番手っ取り早いのが1番目の方法「知り合いに宣伝する」なのですが、このブログを作るにあたって、新たな仲間が増えたらと思い、あえて知り合いに宣伝してないこともあります。
ので、これは避けたい。

よって、2番目の「検索エンジンに引っかかりやすいようにする。」この方法を考えたいと思います。
今まで馬の名前を書くときは大体最初のマイネル、マイネは飛ばしてるんですよね。
フルネームで書くと冗長な気がしているのですが、今度からはきちんとフルネームで書くように心がけてみましょうか。

あと検索エンジンにつかまりやすいように単語で書いてみましょうか。

ヒカルの碁 緒方九段 緒方9段 灰皿 丸い 喫煙具 アッシュトレイ

・・・全然思いつかん。こんなじゃ対策になんねー 。゚・(ノД`)・゚。
ヒカルの碁の緒方九段愛用の球形灰皿の正体、引き続き募集してます。
ユミドール8着
本日デビューしたユミドールは8着でした。
後方から行ってバテた馬を交わしただけというレース振りで、見せ場は無かった感じです。

とりあえずレースを使って変わってきてくれることを期待します。
うーん、厳しいですね。
マイネユミドールdebut
明日はユミドールがデビューします。
応援の意味を込めて写真をうp。
今年のツアーのとき撮ったものです。
ユミドール

ただ、デビューが1週延びたように稽古の動きはイマイチのようです。
実戦向きであることを期待します。
最近欲しいと思ってるもの
灰皿が欲しいなぁって。

それもただの灰皿じゃなくって、ピンポイントでこれが欲しい!と思っているものがあります。
ずばり漫画『ヒカルの碁』の中で、緒方九段が使っている丸いやつが欲しいと思っています。
コミック14巻の「sai VS toya koyo」のあたりでネット碁を見る緒方九段の手元にあるやつです。
ダンディーな緒方九段にふさわしいお洒落な灰皿、カッコイイです。

ところが街をウロウロしていても見つからないし、一生懸命ネットで検索もしてみたのですが、製品名すら分からない・・・。
多少高くても買おうと思っているのですが、何の製品かすら分からない状況では、手の出しようがありません。
まぁ、こんな過疎ってるブログで教えて~とやっても来るとは思えないのですが、とりあえず、「製品名」「入手方法」などを教えてくれる方募集してます。
さてさて、反響があるのでしょうか。ないだろうなぁ。
パイナップルスターの05に出資確定!
今日、ラフィアンから、パイナップルスターの05の出資確定の封書が届きました。
とりあえずホッとしました。
備え付けの料金受取人払の封筒で締め切り前々日の朝に出しても、間に合うことが確認できたのは一つの収穫です。(^^;
ご一緒の方、よろしくお願いします。

では、パイナップルスターの05に出資を決めた理由を述べたいと思います。
カタログの写真での馬体はまずまずバランスが取れていると感じました。
ややトモ高な感じなところはあり、あまり長い距離は向かないと思いますが、血統的には想定の範囲内です。
DVDでの動きをみるとキビキビとした感じもあり、スピード豊富な印象が伺えます。
柔らかな馬体で大きなフットワークが使えそうな感じから、けして一本調子なタイプではなく切れる脚が使えそうな感じです。
このようにカタログでの馬体、DVDでの動きから好印象を持っていました。
でも、最終的な決め手は、丁度サニベルが活躍しているということもあり、芦毛の馬体に縁を感じたことだと思います。
縁が決め手なんてちゃんちゃらおかしいという意見があるのも分からなくはないですが、サニベル自身、丁度出資しようか悩んでいるときにスイープトウショウが宝塚記念を勝ったことから、エンドスウィープ系への縁を感じたため出資したもので、まんざら馬鹿にしたものでもないと思っています。

タイプとしてはやはり短距離が主戦場になるでしょうが、平坦なら1,800mくらいはこなしてくれそうです。
関西の宮厩舎ということもあり、小倉で走るイメージがピッタリします。
遅生まれでけして早熟には見えませんが、それでも来年の夏の小倉開催で活躍してくれそうな予感がします。
クラシックどうこうを期待する馬には、どうみてもならない気はしますが、短距離路線で堅実に走ってくれそう、そんな気がします。
早い時期から活躍し、年を経てからもその力を発揮し続けた父のような馬になってくれることを期待します。
はいはいグリッツァはブービーでしたよ。
あーあ、全然ダメでした。完全に逃げるユーロペに惑わされました。
これじゃあ、状態を推し量ることもできません。

それにしても陣営は逃げる競馬がいいと思っているのかなぁ。
スローで押し出される感じならともかく、基本的には位置取りにこだわらず、序盤はリラックスしてレースするほうがいいと思うんだけどなぁ。

ということで、以下写真です。

グリッツァ グリッツァ グリッツァ

ギリシャ神話
本屋でギリシャ神話の本が目につきました。
世界的に有名な話でもあり、その神々の名前は馬の名前なんかでも良く使われ、身近なものである割に内容は全然知らなかったので、軽く読んでみるのも面白いかな、と思って買ってみました。

『面白いほどよくわかるギリシャ神話』吉田敦彦著 日本文芸社刊

総括的にさらっと知りたいだけで、そんなに深く知りたいわけでもないので、ちょうどいいレベルでした。
それにしても・・・酷い話ばかりですな。

浮気三昧で自分の娘を母に内緒で勝手に兄(弟?)に嫁がせる。
生まれた自分の子の醜さに耐えかねて下界に投げ落とす。
悪意なく間違えて裸をみた男を鹿に変え惨殺する。
自分より美しい女に息子をとられそうになり、様々な災いを与える。
機織勝負をしてるかと思ったら、勝負中に怒りだして相手をクモにかえてしまう。
etc...

神、というとその能力は勿論ですが、その能力を使うにふさわしい精神的な高潔さがあるというイメージがあります。
しかしギリシャ神話の神々は神にふさわしい能力はありながらも、精神レベルでは一般の人間となんら変わりないのですね。
そのことが逆に物語としての魅力を形作っている、そんな気がします。
なかなか面白くて、一般教養として身につける分には読んでよかったな、と思いました。
でも、こんな神々が統治するような世界に住みたくないなとも思いました(^^;
今週の一口出走馬
ラフィアン二次募集は本日締め切られました。
申し込んだパイナップルスターの05はポイント的には余裕です。
あとは、無事到着していることを祈るばかりです。

さて、現在入厩している出資馬は、グリッツァ、ユミドール、アーバニタの3頭。
今週はユミドールの出走予定が延期になり、グリッツァ1頭が出走予定です。
そのグリッツァですが、入厩してあっという間の出走です。
状態には少し不安がありますが、絶対勝ち負けをしなければならないという状況でもありませんので、走っているうちに上向いてくれればと思います。
条件は東京の芝1,600m。2,000mで勝ったのですが、本来はこのくらいの距離向きでしょう。
ポイントは序盤は無理せず馬任せでリラックスして走れるかだと思います。
2,000mで勝ったときは先行しましたが、本来はいい脚を長く使うタイプだと思います。
勝ったときのイメージを持ち過ぎて、無理に先行するのは避けてもらいたいところです。
リラックスした競馬でどこまでやれるのか、期待したいと思います。
停電、停電、犬、犬
さて、この意味不明なタイトル。

何の事かといえば本日行われたサッカーアジアカップ予選日本vsインドで起きた出来事です。

そういえば、以前も停電で全然後半が始まらなかったことってありましたよね。

復旧したと思ったら再度停電。

そして乱入ですよ。

もはや何がなんだか・・・w

一旦出て行った犬ですが停電に負けじと再登場。

まあ、予選突破も決まって消化試合で、内容も物足りない感じだったのですが、これはかなり貴重な1戦になったと思います。
ディープインパクト年内引退
残念なニュースが入ってきました。

凱旋門賞で3着に敗れたディープインパクトは年内で引退するそうです。
もっとも多くて国内で3戦して引退するそうですが、仮にその3戦を全て圧倒的な勝利を納めたとしても、個人的には空しい思いが募るだけのような気がします。
正直ディープの国内戦にはもうあまり興味がありません。
凱旋門賞後の池江調教師のインタビューに期待をしたのですが、最終的には馬主に権限があることですからね。
海外のターフで走るディープの姿をもう見ることはないと思うと、残念としかいいようがありません。

種牡馬としての将来に期待するメッセージを書いて終わりにしようと思ったのですが、残念という思いの方が先に立ちます。
ディープ引退反対の署名でもあったら、一筆書きたい気分です。
ラフィアン二次募集、パイナップルスターの05に申し込み
ラフィアンの二次募集ですが、結局パイナップルスターの05に申し込みました。
3頭に絞ったところまでは書いたかと思いますが、結局2頭について、出資を控えた理由を書いておきます。

グレイスフルホークの05はDVDでの動きは良く見えましたし、グラスワンダーの近親という血統的な魅力は大きかったです。
ただ、写真でみた胸前の薄さがどうしても気になりました。
馬を見る上で、前後のバランスはかなり重要なポイントだと私は考えています。
非常に印象に残る馬ではありますが高額馬でもあり、完璧を期待したいところですので、出資は控えておくことにしました。

ヒルトップレディの05は写真でも完璧ですし、DVDを何度見ても欠点は感じられなかったです。
しかし、最初にざーっと眺めたときは全然印象に残らなかったんですね。
1頭1頭ジックリ見ていく中で、欠点らしい欠点のないこの馬が浮上してきたのですが、なお地味な印象はぬぐえませんでした。
ポイント的に出資が微妙だったことも見送りの決断をする決め手になった気がします。

申し込んだパイナップルスターの05については、出資が確定してから語ることにしたいと思います。

ポイント的には問題なく出資できそうなのですが、申込書を郵送したのは今朝なんですよね。
実は金曜締め切りと勘違いしていました。
一応、ギリギリ届くとは思うのですが、さてさてどうなることやら。
縁があることを祈っています。
何となく諏訪湖に行ってみた
20061008221243
今日は、諏訪湖までドライブに行ってきました。
とりあえず、湖の写真を撮ってみました。
感想としては、あんまり綺麗な湖ではないな~と・・・
写真ではどうでしょうか?
綺麗な湖に訪れたときに感じられるマイナスイオンに充ちた感じは得られなかったです。

美術館が一杯ありまして、私も北澤美術館とやらに入ってみました。
が、あまりよく分かりませんでした(^-^;
綺麗だとは思いますけど、きっと偽物とかあっても気がつかないでしょう。
堪らない人には堪らない魅力があるのでしょうね。

う~ん、なんか全然いいことなかったみたい(^-^;
まあ今回の目的は、ただ運転がしたかっただけですので、それは存分に達せられましたよ。
碁逝Aリーグ出場ありえナス
今日は飲み会があって、少しフラフラです。
飲み会から帰ってきて碁逝のリーグ分け見てびっくりΣ(゚Д゚;
私、Aリーグに組み入れられてるじゃあーりませんか。

?つきですので振り分けの際、都合のいいように扱われるとは思っていましたが、ちょっとこれは凄いメンバーと当たってしまったな、という感じです。
すなおじさん、れべるさん、とりうむさん、ちょすさん、こうさん、いびすさん、まじんさん。
今まで雲の上の存在にしか思えなかった人ばかりです。
このメンバーで打ったことがあるのはいびすさんただ一人。しかもそのときは、4子を置いて完敗しています。
まあ、負けてもともとです。いってよし賞(全敗賞のことです)を回避できたら、自分を褒めてあげてもいいメンバーだと思います。
いやいや、一人でも数え碁にできたら褒めたいぐらいです。

滅多にない機会ですので勉強させてもらえればと思います。
碁逝戦参加します(`・ω・´)
2ch棋院において行われる伝統の第19期碁逝戦に参加することに決めました。

なにぶんランクが過大なもんで、参加するかどうかを迷っていたのですが、ここまで5期続けて参加していますから、ここで途切れさせてしまうのももったいないですからね。
dのランクに似合わないヘッポコな碁を打つとは思いますが、過大なのは皆さん百も承知でしょうから、恥をかくというほどでもないだろうと思います。

リーグ分けは明日決まります。いままで打てなかったような格上のひととなるんだろうなー。
どんな人と打つことになるのか、楽しみです。
冷静になるべく悪口を書いてみる
今日はラフィアン2次募集の話です。
このままでは3頭出資となってしまいますので、ここではあえてそれぞれの悪口を書いて、一旦冷静になってみたいと思います。

67.グレイスフルホークの05
この馬のカタログの立ち姿の写真は気に入らないんですよね。前後のバランスがいまいちというか、後ろの立派さに比べて前が貧弱に見えます。首差しの感じからしても、距離がもちそうにない印象を受けます。

71.パイナップルスターの05
なんて言うんですかね。大物感が感じられないんです。馬格もないし、こじんまりとした感じでオープンでもバリバリやれるような迫力がない。距離も持たないでしょう。

74.ヒルトップレディの05
欠点らしい欠点はないんですが、なーんか、普通の馬って感じなんです。毛色もあるのでしょうが、大勢の馬の中では埋没してしまう感じ。血統的にも平凡でトップガンっぽさも無い感じ。

これらの馬たちに出資しようとしている方、怒らないでください。
こうでもしないと本当に全部出資しちゃいそうなんです。
出資のポイントは欠点がないことよりも、欠点を超える魅力が感じられるかにあると思います。
ここに書いた欠点を踏まえて、出資するかどうか、今週一杯見極めたいと思います。
ディープインパクトの凱旋門賞を考える
凱旋門賞のディープインパクトは3着に敗れました。
勝ったらウハウハしてブログを更新していたのでしょうが、もう不貞寝するしかなかったです。
今でも凱旋門賞の敗因を分析するとか、そういう気分にはなかなかなれないのですが、しないと始まらないので一応してみます。

正直、時計がかなりいい加減っぽいので、ペース分析をするのが難しいのですが、先行した有力馬の1頭シロッコが惨敗したことなどを考えると、前に行った馬には厳しい流れだったと思います。
ロンシャンの馬場もフィットしなかったのかもしれません。
勝った馬とは斤量差もあったと思います。
あと、気になったのが、妙にマッチョになってたこと。
筋トレしすぎて動きが悪くなった某スポーツ選手みたいな印象を受けました。
武豊騎手の騎乗については、文句はないです。
結果としてやや仕掛けが早かった感は無きにしも非ずですが、そもそも多少のミスで、勝ち負けが変わるようなレベルを期待していたわけではなく、圧倒的な能力差を見せてくれることを期待していましたので、それに見合う多少の不利はあっても大きな不利を受けない騎乗をしてくれたと思います。
しかし、どう乗っても勝てるような条件では無かった。
負けるべくして負けた、そういう気がします。

しかし、私はこの敗戦でディープインパクトの評価を下げることはしません。
私にとっての評価とは種牡馬としてその産駒を一口を持ちたいか、ということです。
一口といっても投資ですから、世間一般の評価が本当の能力よりも過大に評価されているものはリスクが高いため、評価は下がります。
私は現状のディープの評価は過大なものとは考えていません。
私はどんな条件でも無敵な馬はいないと考えてます。
日本の競馬でその圧倒的な能力をみせたディープに対し、日本競馬史上最高の馬である、という評価は変えるつもりはありません。
条件さえ整えば、ディープは世界を震撼させることができるパフォーマンスをみせることができると、私は今でもそう思っています。

レース後の池江調教師に対するインタビューでの「また、こういうレースに挑戦したいと思います。」という一言が印象に残りました。
なかなか意味深な発言ではあります。
私はこれをディープの来年の現役続行宣言と受け取りました。
もし、ここにディープが勝ってしまっていたら、きっと日本で申し訳程度に1、2戦して引退していただろうと思います。
来年以降もディープが海外競馬の大舞台で走る姿が見れるのは嬉しいことです。
馬主や馬自身の状態の関係もありますから、実際はなんとも言えないのでしょうが、池江調教師の意気込みが嬉しくもあり、頼もしくも思えました。

来年、ディープインパクトが世界の大舞台で、その圧倒的なパフォーマンスを見せて、世界中のホースマンに深い衝撃を与えてくれることを期待します。
ディープ!勝て!
日本時間の明日の深夜0時半過ぎ頃、ディープインパクトの出走する凱旋門賞が行われます。
本当に楽しみで、今から胸がドキドキします。
いろいろとレース分析を書こうかとも思ったのですが、なんか詰まらないことに思えてきました。
ここまで来たら言いたいことは一つ。

ディープ!勝て!

今夜、日本競馬の夢が叶うこと、期待します。
1d?記念グラフうp
KGSの段級位グラフが更新されました。
折角の1d?ですから記念にうpしときます。

グラフ


浮かれているのは重々承知です。
実際そんな棋力がないのは分かっていますので、少し酔いしれさせてください。