FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
今年1年ありがとうございました!
12月皆勤を目指して続けてきたこのブログ、なんとか目標を達成することができました。
ネタがないときでも、続けなければいけない義務感みたのものがありまして、ちょっと苦しいときもありました。
とりあえず目標を達成しましたので、今後はネタがないときは無理して書かずにちゃんと休みたいと思います。

さて、今年もあと5時間と少々。皆様いい年だったでしょうか?
私はなんとも微妙です。まあ、悪くは無いんでしょうが・・・。
2ch棋院の皆様には、共に楽しい時間を過ごさせていただきました。
初めてブログを紹介されたときにカウンターが60まで回ったのは驚愕でした。
もっと棋力をつけて有意義な囲碁ブログになれば、とは思いますが、棋力に自信がつくのは遠い未来のような気もします。
一口馬主の方の仲間は、最近皆さんご無沙汰になってます。
まぁ、あまり活躍してくれる馬がいなかったので仕方ないところでしょう。
また、楽しい一時が共有できるようになりたいものです。

皆さん、今年1年本当にありがとうございました。
スポンサーサイト



ゴミ袋10袋+雑誌の束3つ
この年末ですが、ひたすら部屋の掃除をしてます。
とりあえず自分の部屋、6畳一間だけなのですが、結構大変です。
自分の整理がいい加減なことに呆れるばかり。
さらにダストアレルギー気味なので、身体的にもキツイ部分があります。
全てをやりきるにはいくら時間があってもたりません。
とりあえずキリがいいところまでやって、完了としました。

さて、出てきたゴミの量ですが、ゴミ袋が10袋雑誌の束が3つ
凄い量です。年明けのゴミの日が恐ろしいです。
こんなものが6畳一間にあったのですから狭く感じるはずです。

大分サッパリしてきました。いい年越しが迎えられそうです。
出資馬たちの今年1年を振り返る
年末の慌しい時期ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
さて、ここで今年1年の出資馬たちの成績を振り返りたいと思います。
これはniftyの競走馬オーナーズフォーラムの会議室から始まり、ホームページの掲示板に移り、と場所を転々と変えてはいますが、もう7、8年くらいになるのでしょうか、私が一口馬主を始めて以来、結構長く続けているものです。
年始に出資馬たちへの目標を掲げるのとセットで行っています。
それを今回からは、このブログで行うことにしました。

ではでは、今年のそれぞれの馬たちへの目標を再掲しつつ、振り返ってみたいと思います。
「・」の後に斜体で書かれているのが今年の当初に掲げた目標です。

まずは古馬から。
えー、今年の上期に見事に全滅しました。orz
衝撃的なまでの悲惨さでした。
目標を見ているとそれほど無謀な期待はしていないとは思うのですが・・・。

○マイネルスペリオル・・・(0,0,0,3)
・掲示板3回
結局今年は3戦した後に、種子骨骨折のため安楽死処分ということになりました。
適正がハッキリせずにいろいろなレースをフラフラと使われましたが、「短距離ダート」という路線がハッキリと見えつつあった状況の中での悲劇でした。
1回は掲示板に載りましたし、無事にいけば達成できない目標では無かったはずです。
しかし、その無事にいくということが難しいことは常々言っているところです。

○マイネルベナード・・・(0,0,0,0)
・無事にレースに出る
・4戦出走

マイネルベナードは結局復帰することなく繋靭帯炎再発によりターフを去ることになりました。
復帰の可能性は5分5分と思っていたので、「無事にレースに出る」という目標を掲げたわけですが、達成できず残念です。
少なくとも私の出資馬の中では能力的には断然のものがあっただけに、無事にレースにさえ出れれば結果はついてくると思っていたのですが・・・、競走馬って本当に大変です。

○マイネルザナドゥ・・・(0,0,0,0)
・1勝
・1000万条件で掲示板

この馬もマイネルベナードと同様に繋靭帯炎再発で同じような時期にターフを去りました。
目標を立てた時点では直前までレースを使っていたくらいですし、それほど深刻なものとは考えていませんでした。
正直言って一番の誤算です。
馬格がそれほど大きくない馬で脚元への負担もそれほどではないから末永く走ってくれそうなタイプ、と考えていたのですが甘かったです。

○マイネルスピニッチ・・・(1,1,0,2)
・走り続ける
・掲示板1回

悲惨だった今年の上期の中で孤軍奮闘していたのがこの馬です。
障害レースに新たな適正を見出し、目標に掲げた掲示板に載るということをあっさり達成し、予想を超える1勝を上げてくれました。
しかし、その1勝を上げたレースで、腱断裂により競走能力喪失となりました。
レース中にはもう発症していたのでしょうか、レース直後に勝利の余韻に浸る間も無く発表されたことが思い出されます。
そのような状況になりながらも頑張って走り抜き、勝利を得たこの馬の頑張りには頭が下がります。
能力的には際立ったものはない馬でしたが、去年も今年も常に私の予想を超えるサプライズのある走りをしてくれたこの馬には感謝の思いで一杯です。

◎古馬
・2勝
結局マイネルスピニッチの1勝だけです。能力がある馬は多かったのですが、無事に競走生活を続けることの難しさを改めて感じさせられます。

引き続き3歳勢です。
こちらも古馬に輪をかけて悲惨でした。

○マイネルレモリーノ・・・(0,0,0,5)
・1勝して古馬になる
結局、今年に入って5戦、一度として掲示板に載ることも無く能力不足のため引退となりました。
故障無く走り続けた数少ない馬の1頭ではありますが、競走馬である以上、勝ち上がる能力が無かったのでは引退も止む無しです。
去年のマイネルスピニッチのようなサプライズを期待していたのですが、輝きを見せることはできませんでした。

○マイネルサルウェー・・・(0,0,0,0)
・1勝して古馬になる
昨年のデビュー戦で鼻出血を起こし、巻き返しを目指す復帰戦に向けた調教中に肺出血のため予後不良、安楽死処分となりました。
この馬は・・・ねぇ。本当は物凄い能力があったのではないか、と今でも思うことがあります。
去年のツアーで会ったとき、物凄い衝撃がありました。
体調を崩していて舎飼いされている状況だったはずなのですが、2歳離れした逞しい筋肉とギラギラした闘争心を漲らせていました。
私が牧場で競走馬を見て「怖い」と思ったのは種牡馬のマイネルラヴとこの馬だけです。
デビュー1週前の調教では古馬に混じって2番時計を叩き出しましたし、無事に行けば物凄い馬になったと確信に近いものを感じています。
しかし、内臓面の弱さが結局最後まで越えられませんでした。本当に残念です。

○マイネルグリッツァ・・・(1,0,0,5)
・8戦
結局3歳勢で無事年を越したのはこの馬1頭です。
8戦という目標は達成できませんでしたが、6戦して期待をしていなかった1勝も上げてくれました。
年の暮れから始めた障害練習ですが、不安を感じさせる締めになってしまいました。
それでも、他馬の悲惨さから比べたらよく頑張ってくれた方だと思います。

○マイネボニータ・・・(0,0,0,1)
・1勝して古馬になる
この馬はずっと体が弱くて、デビューを迎えるまでに本当に時間がかかりました。
それでも直前の坂路では好時計を出し、なんとか形になったかな、と思っていました。
しかし、そのデビュー戦で骨折、予後不良となりました。
結局競走馬として耐えうる体力が最後までつかなかった、ということなんでしょうね。
牝馬だけに、無事競走生活を終えて、次世代へ夢をつないでもらいたかったところでしたが・・・。

◎3歳
・3勝
ご覧の通り、未勝利馬たちに勝ち上がりを期待していたのですが、結局全滅。
マイネルグリッツァの1勝に留まりました。厳しい結果です。

続いて2歳馬、結構頑張ってくれたと思います。

○マイネルサニベル・・・(2,1,0,4)
遅生まれの方なので早い時期からの活躍は予想していなかったのですが、そんな予想をいい意味で裏切る新馬勝ちを納めました。
その後、ききょうSで2勝目、オープン入りを果たし、暮れにはG1朝日杯フューチュリティーSにも出走しました。
全7戦と数も多く使ってくれました。
私の出資馬で今年のMVPを選ぶなら間違いなくこの馬です。

○マイネルアーバニタ・・・(0,0,0,3)
デビューして3戦。
8着―9着―8着と、なんとも微妙な着順です。
全レース後方から差を詰めただけという競馬でした。
前へ行って積極的なレースができるようになることがこの馬の課題です。

○マイネユミドール・・・(0,0,0,3)
この馬もデビューして3戦をこなしました。
成績の方は8着―13着―15着と尻すぼみな状況です。
稽古の感じからはここまで走らない馬ではないと思うのですが、牧場の担当者にも言われているようにレースに対して不真面目なところがあるようです。
改善を期待したいところです。

○マイネルヘンリー・・・(1,1,0,1)
デビュー戦こそ9着に敗れたものの、末脚に見所がありました。
期待通り2戦目で変わり身を見せ、年末には初勝利を上げ、今年1年をいい形で締めくくらせていただきました。
晩成と思っていただけに嬉しい誤算です。
コンスタントに走ってくれそうで、これからの期待も膨らみます。

○マイネルインパルス・・・(0,0,0,2)
年末ぎりぎりにデビュー。連闘で2戦目もこなしました。
レース内容としてはとにかく付いていけずに、終始騎手が追い通しになるレース。
まだ、競馬とはどういうものなのかを分かっていない状況なのでしょうかね。
レースがなんたるかを分かってくれれば、変わってくる余地も残っていると思います。

◎2歳
・全馬デビュー
・2勝

全馬デビューの目標を果たし、目標を超える3勝を上げることができました。
結果としては満足すべきものなのですが、結構明暗くっきり分かれてしまったのは気がかりなところです。


◎合計・・・(5,3,0,29)
・7勝
・50戦

結局5勝、37戦と目標達成は遥かに遠かったです。
とにかく、古馬・3歳勢が悲惨でした。引退馬8頭は今までで最多です。
故障もそうですが事故で亡くなる馬も多くて、何かたたられているのでは、と思ったほどです。
2歳馬たちが頑張ってくれて巻き返しては来たのですが、及ばなかったです。
来年は全馬無事に競走生活を過ごしてくれて、いい1年になることを期待したいです。
マイネルシアター物語と音楽
さて、マイネルシアター物語ですが、ベクターでのランキングが99位に落ちました。
どういうふうにランクを作成しているのかは分かりませんが、登録した当初にダウンロードしていただいたデータが落ちたものと思われます。
となると、あとはズルズル下がるだけでしょう。
この間書いた76位というのが最高ランキングということになると思います。

さて、「サウンド」ノベルとうたっている以上、少し音楽について触れておきましょうか。
使っている曲は7つ。それぞれについて触れてみたいと思います。

オープニング&エンディングテーマ
これ一応自作曲なんです。
一応と言っているのは、こういう風に作曲をしていると「何かにインスパイアされたのではないか?」という心配が常にあるからです。
一応オリジナルのつもりで、何か近い音楽があっても真似したわけではありません。
ただ、どこかで聞いたような気もする・・・不安です。
イメージとしてはよくあるアニソン風、という感じで作ってみました。
歌詞はありませんが、歌詞をつけて歌えそうな感じをイメージしてます。
ソフトはCakewalkという音楽制作ソフトとしてはスタンダードなものを使っています。
芸が無く思いついたメロディーの音符をバシバシ打ち込んでつくりました。
ただ、イマイチソフトを使いこなせてないので、条件によっては自分の意図したのと違う音楽になっているかもしれません。
アニソン風ということで、オープニングとエンディングに使いました。単純です。
本当はメロディは同じでもテンポを変えたり、片方をインストゥルメンタル風にするとか、微妙に工夫しようかとも思ったのですが・・・、結局同じ曲を使いました。
まあ、自作曲ですので、ちょっと扱いが特別です。


このオープニング&エンディングテーマ以外は全て「魔王魂」さんのサイトからの借り物です。
サイトはこちら
「魔王魂」さんのサイトではどちらかと言えばRPGゲーム用の音楽を意図して作っているようです。
曲名もそんな感じで、RPGのこういう場面の音楽を使ってるんだ、と考えると結構面白いかもしれません。

村01
ゲームを始めて最初に流れるテーマ。
のんびり穏やか、そんなイメージです。
牧場をイメージして選曲したので、「村」というのはそのまんまな感じです。

ロック07
シアターが入厩して、レースシーンのときに流れるテーマ。
音楽としての我を強く主張しない程度に、それでいてどことなく勇ましい感じの曲、そんな感じの曲を探していました。
雑魚キャラ用の戦闘音楽の方を探していたのですが、こっちの方がピッタリです。
音楽単体で「聴く」と短いし、つまらないものなのかもしれませんが、こうBGMとして自然にループする中で「聞く」といい感じです。

城03
ダービーが終わった直後及びエンディングの手前で流れるテーマ。
おそらく、RPGでいうとボスを倒して城に帰ってきた、そんなときの音楽なんでしょうね。
そのイメージが一段落したときに流すテーマとしてピッタリでした。

ダンジョン01
シアターが屈腱炎を発祥した直後から流れるテーマ。
とにかく、暗い曲!と思って探していたのですが、やっぱりダンジョンとなるわけです。
ハーブに縦笛というのがダンジョンの基本ということらしいですが、縦笛の音がいい感じを出しています。

戦闘曲20
シアターが館山特別に向かうときのテーマ。
ラスボスというジャンルもあるのですが、これは雑魚キャラの戦闘曲なのでしょうか。
でも雑魚キャラよりはラスボスのイメージですね。
ずっとレースシーンでは「ロック07」を使ってきましたが、見せ場なんだよ、ということを見ている人に意識づけるために敢えてここで音楽を変えてみました。
こういう手法ができるのもサウンドノベルならでは、ですね。
個人的にはこの音楽が流れる瞬間が大好きです。

オルゴール09
シアターが館山特別を勝った直後に流れるテーマ。
勝った後は派手にファンファーレを流すという選択肢もあったかもしれませんが、シアターの刻んだ苦労とかを考えると、むしろこういうしっぽりとした感じのを流したかった。
オルゴールっていいですね。

どういう感じで選曲したのか、を主に触れてみました。
選曲作業は結構楽しいものです。
こういう作業は、もうしばらくはできないでしょうが、またやってみたいです。
女性と共に夜の街に消えた男の真実
先に述べたように本日は忘年会であったが、幸か不幸か午前様にならず無事帰宅した。
その経過は以下の通りである。


仕事納めの後の忘年会、寿司屋を借り切っての宴会だった。
飲み物は飲み放題。
ビール、ワイン、サワー等を手当たり次第に飲む。
寿司屋とは思えない豊富な飲み放題の選択肢の中にふと目に付いたのがアイスフロート。
人間は突然幼稚化したくなる時がある。
甘いものは魅力的だ。
冬であるにも関わらず調子にのって2杯立て続けに飲んだ。

幹事も一生懸命、場を盛り上げようと大変である。
ケロロ軍曹の着ぐるみを着て奮闘する姿は悲しくも美しい。
幹事が持ってきた小物の中にトナカイの被り物を発見。
クリスマスにはちょっと遅い、がとりあえず被ってみた。
ジャストサイズだ。
トイレに行き、鏡で被り物を被った自分を眺める。
なかなかキュートである。
被り物をつけたまま上司たちにお酌に回る。
評判は・・・上々だと思っておきたいところだ。
真実は分からない。

そんなこんなで、和やかに宴会は進む。
そんなときに、私の下腹部に衝撃が走った。
とりあえずトイレへいって回復を図る。
ノロウィルスならこの店も営業停止だな、と思ったが、私以外は皆元気なようである。
どうもノロウィルスではないらしい。
どうやらアイスフロートを2杯飲んだツケが回ってきたようだ。

宴会は無事にお開きへ。
若い女性やベテランの方々は三々五々帰途につく。
我々ぐらいの年齢の男は2次会へ、となる流れである。
2次会の会場を求め、街をさまよう。
1人の後輩の女性が、「それじゃ、この辺で。よいお年を。」と別れを告げる。
ここで私の下腹部に衝撃の第2波が来た。
「ちょっと私はトイレに・・・。」と言い、公衆トイレに向かった。
一瞬ポカンとする同僚たち。
しかし、ここで女性の先輩が一言。
「あんたたち!気を使わなくっちゃダメじゃない!」
いい人である。が、どうも誤解しているようである。
しかし、肛門括約筋の限界が近いことを体の方が告げており、反論する余裕はない。
とりあえず、トイレへ私は向かった。
そして・・・トイレを出たとき、私は一人ぼっちになっていた・・・。


以上が私の本日の忘年会とそのあとの経過であり、もしかしたら同僚たちが勘違いしているかもしれない事象については全くの事実無根であることを最後に述べ、このリポートを締めさせていただく。
タイトルバックを立体化
本日は忘年会の予定がありますので、多分今日中には帰って来れないでしょう。
というわけで毎日更新皆勤賞を目指して今のうち更新しておきます。

このブログは地道にバージョンアップしていることに気がつきましたでしょうか?
実はタイトルバックを立体化したんです。
真四角なら立体化はソフトを使えば一発なのですが、この変な図形を立体化するのは意外と地道な作業をしています。
分割して立体化してコピーして貼り付けして、さらにペイントでプチプチと1ドットずつ塗り絵みたいにコピーして・・・と意外と手間をかけているのです。
こういう地道な作業が楽しく思えてしまう自分が怖いw
サーチワード
当ブログですが、アクセス解析を入れております。
そのことにより分かることの一つとして、サーチエンジンでどういうキーワードで飛んで来たのかが分かるようになります。
ちなみに一番多いのが「マイネルヘンリー」
私も大きな期待をしている馬です。
当然出資馬たちの名前が上位にランクされるのですが、そんな中で面白いキーワードを幾つか取り上げてみたいと思います。

「韓国 生放送 事故」
類似のキーワードを含むと、これはかなり多いです。
多分出資馬たちの名前を除くと1番多いと思われます。
2ch棋院のチャットの中で話題になった、韓国の音楽番組生放送中にバックダンサーが心臓発作だかてんかんだかで倒れたにも関わらずしばらく放置されていた、という事件を1回だけ取り上げました。
しかし、その1回だけなのですが、結構上位にランクされるのがなかなか不思議です。
残念ながら期待には添えないと思われます。

「調教動画」
こういうキーワードで検索されると何か淫靡なものを感じます。
ググって見たら5番目にランクされていましたが、他のランキングされているのを見ると・・・。
残念ながらこれも期待には添えないと思われます。

「亀田興毅 裸」
このブログではほとんど書いていないのですが、亀田興毅氏の人気が高いことは、このブログを通じてよく分かりました。
大したこと書いていないのにも関わらずカウンターがグッと伸びたことを覚えています。
しかし、なぜに裸?なのか。
どうもグーグルさんは当ブログを何かと勘違いしている節があります。
当ブログは一口馬主を中心とした私の趣味を取り上げる健全なブログでございますので、これも余り期待に添えないようです。

「まさのり これ 見て 頑張れ」
ありがとうございます。
とりあえず、今月のこのブログの目標としては毎日更新皆勤賞!
頑張ります。
3次募集はパスします。
本日、ラフィアンターフマンクラブから会報が届きました。
当然、注目は3次募集です。
しかし、今回はパスさせていただくことといたします。
既にもう1歳馬には4頭も出資を決めてますからねぇ。
それでも物凄く食指が動く馬がいれば別ですが、そこまでは、というところです。
乗り出しが始まってからある程度経ったこの時期ですから、全馬それなりにレベルは高いのでしょう。
でも、お値段の方も少しレベルが高いです。
注目していたのはネイヴァルアフェアの05でして、いかにも短距離向きな血統から、超ガチムキで怖いくらいの迫力を感じることができればと期待していたのですが、そこまでのオーラは感じなかったです。

これで1歳出資馬はキオイドリームの05、ハートアンドアローの05、ノーザンドライバーの05、パイナップルスターの05の4頭で確定したいと思います。
キオイドリームの05は中長距離で、ハートアンドアローの05はダートで、ノーザンドライバーの05は牝馬路線で、パイナップルスターの05は短距離で、とそれぞれ個性がバラバラで、バランスよく出資できたと思っています。
来年のデビューを楽しみにしたいと思います。
うわぁぁぁぁ
私のささやかなブログのカウンターが・・・何と60までいってる!
どうしても20を超えることが無かったのに・・・!
カウンターついに壊れたか?というのは冗談で、ひとえにyyzzさんからのリンクのおかげです。
しかし、皆様期待外れの思いで帰っていったことでしょう。
そう、このブログはほとんど囲碁ブログではないのです。
本当は囲碁を熱く語れるほどの棋力があればいいのですが・・・。
知識については圧倒的に競馬の方が自信はあります。(;・∀・)
棋力の向上には役立たないこと請け合いですが、こんなブログでもたまには見てやってくださいね。

さて、カウンターが増えてくるとやりたくなることがあります。
それは宣伝です。

マイネルシアター物語  絶賛!公開中!

これはベクターで公開している自作サウンドノベルです。
ダウンロードはこちらから。
私の視点から一口出資馬であるマイネルシアターを熱く語り上げた作品です。
今のところベクターのアドベンチャーゲーム人気順ランキングでは1276本中76位まで上がってきました(前にも言いましたがふる~い放置中のゲームも含めてのランキングです。)。
が、未だに直接のリアクションはありません。
とりあえず、そんなに手間はかけていないのですが、ノーリアクションは寂しいのです。

この物語を作るにあたって一番問題になったのが
「競馬を知らない人のことが分からない」ということです。
自分なりに競馬の競走体系とかの説明もしてみたのですが、2chのサウンドノベルスレでは「(競馬に)興味のない人にはあまり面白くないかもしれない。」とも書かれました。
私の中では当然のように頭の中に入っていることであっても、競馬を知らない人にとっては当然ではないことは沢山あると思います。
囲碁を通じてこのブログを訪れた方も、「ここが分からない。」とか指摘していただけると嬉しいです。
まあ「クソゲー」とか一言で言われちゃうと泣いちゃうかも知れませんので、暖かい目で見ていただけたらと思います。
マイネルヘンリーは、も~~~~~~~う、完璧すぎます!!
今週の出資馬5頭出しのトリを飾るのはマイネルヘンリー
中山3Rの芝2000m戦に出走し、見事1着でゴール!
今年1年の一口馬主生活をいい形で締めくくることができました。

タイトルに書いたとおり、鞍上の岩田騎手の腕が冴えに冴え渡りました。
まずは、今までショボかったスタート。「普通」に出ることが出来ました!
3番手ぐらいに取りつくこともできる勢いだったのですが、控えて中段の内目に付けます。
距離ロスの全く無い内目で折り合いはピッタリ。鞍上の手は全く動きません。
3コーナー辺りで仕掛けていく馬がいる中、内々でジッと我慢。
直線に入ってから外に出して追い出します。今回は「真っ直ぐ」に伸びました。
今回から装着したブリンカーの効果でしょうか。
逃げ込みを図る1番人気セントラルカフェを見事差し切りました。
もう乗り方は完璧でしたね。
勝つときは全てに恵まれる、と書いたこともありますが、まさにそんなレースでした。

さて、実はここでマイネルヘンリーに謝らなければいけないことがあります。
馬券ですが、セントラルカフェがかなり強いと思っていまして、馬単では買ってませんでした。
信用してなくて、ごめんなさい。
後、中山競馬場にもいけなくてごめんなさい。
G1開催日の競馬場、特に有馬記念のときは込んでいて嫌いなんです。
マイネルシアターもホープフルSのときだけは行かなかったんです。

さて、今後ですが、この勝ち方なら500万条件やオープン、重賞に行ってもそこそこやれるかもしれない、という期待はあります。
しかし、本質的には父と同様に晩成型だと思います。
中1週で2回使いましたので、ここはゆっくり構えてもらいたいところです。
ダービーとかを意識せずにノンビリジックリ鍛えてもらいたいです。

そして将来、春の天皇賞で親子4代の天皇賞制覇を・・・。そんな夢がかなったら最高です。
妄想著しいことは重々承知しておりますが、勝ったときくらいは酔わせて頂けたらと思います。
マイネルインパルスはズブ過ぎ・・・
さぁさぁ、出資馬5頭出しの第4段はマイネルインパルスです。
結果は10着。13番人気ということを考えるとこの馬なりに頑張ったと言えるかもしれませんが、内容は・・・。

今回はスタートも悪かったです。ゲートで結構暴れてましたね。
道中は最後方からレースを進めます。2000mへの距離延長、ペースもそんなに早くはありません。
それでも・・・鞍上の長谷川騎手が手を動かさないと付いていけないとはどういうこと?!
それで惨敗するなら能力の問題と割り切ることもできますが、直線ではバテた馬を交わしての10着入線。
上がりの3ハロンだけなら、全出走馬中2番目のタイムです。

うーん、もしや、この馬もマイネユミドールと同類なのか?!
とりあえず、この馬に送る一言もマイネユミドールと同じ。頑張って欲しいです。
いためもやし杯終了、やっぱり私は弱かった
いためもやし杯は今日ひねもすさんと打って全ての対局を消化しました。
結果は負け。3勝2敗で3位残留という結果になりました。

ひねもすさんが高目使ってくるのは知っていたので、勉強はしていたのですが、所詮は実戦を伴わない生兵法。
定石を覚えて2目弱くなり、の見本みたいなものです。
定石どおり打てたのですが明らかに黒(私です)悪し。
6子を捨てて打つハメになってはいい道理はありません。
私は小目に打ったのですが、高目にヒラキがあるときは33に打つのがいいそうです。
一つ賢くなりました。
必死に下辺分断して攻めてみたのですが、大きい中央の方を生きられたところで完全に形勢を悲観してしまいました。
思いのほか地合いは差が無かったのですが、左下を殺して地合いのバランスを取るというよりも、上辺を助けなきゃ終わりだ、と思って打っていました。
投了した時点では明らかに敗勢ですので悔いはありませんが、もう少し計算は勉強した方がいいのかな、とは思いました。

全勝優勝したら自分の2dに自信を持とうと思っていたのですが、この結果では自信は持てません。
なんか自分のランクに疑問を持つのは仕方ないでしょう。
まぁ、ボチボチ打って適正なランクにしていきたいと思います。
マイネルサニベルは不完全燃焼
出資馬5頭出しの第3弾。エース格のマイネルサニベルです。
2番人気に押されましたが、7着に敗れました。

道中はどうも前目に行き過ぎているのが気になりました。
この距離でもカカッてる?そんな印象を持ちました。
上手く外に出せず、直線でも前が詰まって追えません。
馬場が早くて前残りになる展開も向かなかった感じです。
とにかく条件が全くといっていいほど合わなかった、そんな印象を持ちました。

期待していただけにガッカリですが、馬の能力としては悲観してません。
ただ、この後が条件が合うレースが無いのが辛いですね。
まあローテーションとかを考えずにじっくり鍛えてもらいたいと思います。
マイネユミドールはブービー(´・ω:;.:...
出資馬5頭出しの第2段は中京4Rに出走したマイネユミドール
休み明けのレースで、変わり身を期待しましたが、15着ブービーに敗れました。
道中は離れたシンガリ、直線でも全く伸びず大バテした1頭を交わしただけの結果に終わりました。
稽古の動きからは、もしかしたら変わり身を見せてくれるかも、とちょっと期待していただけに残念です。

それにしても走らなかったですねぇ。
少なくとも全力を出し切っての結果とは思えないです。
レースに対して不真面目でまともに走らない、というような話が牧場から送られてきたポートレートにも載っていましたが、まさにそんな感じです。
能力云々の問題ではない気がします。

とにかく、自分は競走馬であるということをしっかり認識してレースをしてもらうようになること、まずはこれにつきるでしょう。
前途多難ですが、頑張って欲しい―――本当に「頑張って欲しい」です。
マイネルアーバニタはダートでジリジリ
さて、今週出走の出資馬5頭。
結果と感想の方ですが、ホームページとのリンクの関係もありますので、1頭ずつ書いていきたいと思います。

まずは、5頭の先陣を切ってマイネルアーバニタが中京の1Rに出走しました。
ダート変わりですが、大きな変わり身は見せられず8着に敗れました。

スタートはまずまずでも行き脚がつかず、後方からレースを進める展開。
勝負どころに入ってからはジリジリ伸びるものの際立った伸び脚は見せられず、バテタ馬は交わした、そんな感じのレースでした。

ダート変わりですが、うーん、どうなんでしょう。
結果としては可も無く不可も無くという感じなんでしょうが、やっぱり本質は芝向きだと考えています。
とりあえず、今までのレースと違い今回のレースでは前がかりのラップになったのは好材料でした。
こういう流れになりやすい小回りコースは向いていると思います。
バテずに伸びているのですがダートだとそれほど切れる脚は使えない、そういう印象を私自身は持ちました。

今回のレースを踏まえてマイネルアーバニタが好走するための条件を整理すると、ハイペースになりやすい小回り芝の平坦コースちょっと長めの距離、が理想ではないかと考えます。
福島の2000mとかがいいのかなぁ。
ハイペースの後方で前がバテバテになるようなレース、そんな都合のいいレースにはなかなかならないでしょうね。
いずれにせよ厳しい戦いが続くかと思いますが、なんとか切っ掛けを掴んでもらいたいです。
ぷりんた、こわれた
タイトルは何気に韻を踏んでみました。
みなさん、プリンタって使ってますか?私はほとんど使わないです。
ただ年1回この時期だけは使うんですよね。そう年賀状です。

私の年賀状の作り方ですが、市販の年賀状用素材集をホームページビルダーのおまけについていたウェブアート デザイナーで組み合わせて作る簡単なものです。
あと、宛名書きはエクセルに宛名データを放り込んであり、別シートでピッタリに印字できるように調整してあるので打ち出します。
そんなに手間が掛かるわけではないので、サクッと作って送っちゃおー、と思ったら何枚か印字したところで、エラー音がピーピーなって印刷できなくなりました。
電源切ったり、叩いたりw振ったりwしてみたのですが、全然ダメです。

使っているプリンタはCanonのBJ M70といいまして、とにかく小さく軽いのが売りです。
あんまり使うわけではないので置いておいて邪魔にならないこういうタイプがぴったりです。
不満な点としては電源の配線が邪魔なのでUSBで給電できるようなものがあればいいのですが、プリンタは消費電力が大きいらしいのでちょっと無理でしょう。
大きさももう少し小さい方が理想なのですが、A4を印刷するとなると物理的に無理ですね。
画質には興味がないので、ある意味私の考える理想的なプリンタです。
壊れるまで使おうと思っていたのですが・・・。壊れましたね。

年賀状が遅れるのもなんなので、直すのはあきらめ、新しいのを買いました。
買ったのはCanonのiP90。BJ M70の正統後継機種です。
以前消えゆく名機を惜しむなんてのを少し書きましたが、幸いにもこの機種には正統後継機がありました。
微妙に大きくなっているのは残念ですが気にならない程度ですし、画質は向上してます。
なかなか気に入りました。
これも壊れるまで使いたいと思います。
ラッシュ!ラッシュ!今週の一口出走馬は2歳全出資馬の予定
今週の一口出資馬の出走予定ですが、物凄い出走ラッシュになりそうです。

まずはマイネルサニベル。土曜の中山クリスマスローズステークスに出走予定です。
朝日杯では苦杯を舐めさせられましたが、ここは当然勝ち負けでしょう。
鼻を切りたそうな馬が多いところも、後ろから行くこの馬にとっては有利に働きそうです。

そして、日曜の中山はマイネルヘンリー。前走の末脚からも当然ここは勝ち負けを期待したいところ。
とはいえ、追い込み一手の脚質では安定した成績を残すのは難しい気がしますので、好位付けの競馬ができるようになってくれると嬉しいなぁ。

阪神ではマイネルインパルスが連闘で出走予定。今回は距離を伸ばしてきました。
前走では全く付いていけなかった感がありますので、距離延長がマイナスになることはないでしょう。
新馬2戦目は変わり身が大きいレースですので、その辺りに期待します。

中京は2頭出走。まずはマイネルアーバニタ。こちらはダート変わりになります。
うーん、どうでしょう。個人的には小柄な馬だけにダートは向かない気がしていますが、走ってみないとなんとも言えないところでしょう。予想を覆してもらいたいところです。

そして、マイネユミドール。こちらも距離延長をしてきました。
放牧帰りでして、クラブから配信された調教動画からも順調な調整ぶりが伺えます。
短期間の放牧ですが、馬が変わるときは変わります。稽古の感じは良さそうです。

以上の5頭、なんと2歳出資馬全5頭が出走になります。
一口馬主を初めて10年になりますが、こんなに出資馬が出走するのは初めてです。
師走ということで、少しでも出走しておきたいというのがあるのでしょうか。凄いです。
それぞれベストを尽くしたレースをしてくれることを期待したいです。
ラフィアン調教動画配信試行開始
私が一口出資している母体となるクラブ、ラフィアンターフマンクラブで調教動画の配信サービスが試行ということですが開始されました。

私の出資馬ではマイネユミドールが配信されていました。
3頭での縦列調教で先頭をきって走っていました。
相手は未出走の馬なのですが、「なかなか」ですね。
順調な様子で復帰戦が期待されるところです。

さて、この調教動画配信、素晴らしい試みだとは思います。
が、なんか物足りなさを感じるのも事実です。
試行ということでもありますし、我儘放題を言うつもりで意見を書き述べたいと思います。

何が足りないのか―――
やはり、情報量が足りないのでしょうね。
動画を見るだけで想像力がかきたてられればいいのですが、なかなか難しいと思います。
ポートレートのようにやはり文字情報とセットにした方がいいと思います。
調教時計を載せる。
一言でもいいから調教担当者のコメントをセットにする。
テレビのように字幕スーパーを入れる。
こんなところでしょうか。

あと嘘音でもいいから「パカラン、パカラン」という馬の駆け上がる音を入れた方が雰囲気はでると思います。
実際、競馬中継とかでも入れてますしね。

いろいろと難しいところはあるのでしょうが、少しずつ前進していってくれたらと思います。
マイネルシアター物語、感想発見!
相変わらず、反応の無いマイネルシアター物語ですが、しつこく行きますよw

どこかに反応が無いかなぁと思って探しました。
そして、ついに見つけました!
「2ちゃんねる」ですよ!「2ちゃんねる」!
さすが日本最大規模の掲示板です。
こんな寂れたゲームですら取り上げているところがありました。

一つは同人ゲーム板の「ノベルゲーム総合スレ11」の675辺りから、
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gameama/1157038381/675-
もう一つは競馬板に「ビジュアルノベル・マイネルシアター物語」なる専門スレが立てられていました。
http://ex11.2ch.net/test/read.cgi/keiba/1166102148/

同人ゲーム板の方は比較的淡々と分析を交えての感想、という感じです。
競馬板の方は・・・これはなんとコメントしていいのでしょうか。(^^;

どちらかと言えば好意的なレスの方が多いように思えますが、批判する価値もないという部分もあるでしょうね。
自己満足なゲームにしては、皆様暖かい目で見守っていただいているようでありがたいです。

感想を書いてくれた皆様ありがとうございました!
メールやこのブログへのレス等の直の感想もお待ちしておりますよ!
昨日の碁
いためもやし杯があと一週間を切りました。
次の大会のこともあり早めに消化したいと思っていた割に、昨日の時点で消化は僅か2局というこの遅さ。
囲碁は面白いにも関わらず、真剣な勝負は打ちたくないというこの落差はなんなんでしょう。
これではいけないと、昨日2局打ちました。

まずは結果、あげはさんに負け、やおさんに勝ちでした。

あげはさんには完敗でした。
棋譜を見る限りではどちらが上手か分からないでしょうね。
こういう中央大模様の碁になる事は結構あるのですが、勝った記憶がありません。
中央があっさり破られて、必死の中央トリカケもあっさり生きられて万事休す、な筈なのですが何かダラダラ打ち続けてしまうこの未練たらしさ。
私の今いたもしでは、打った後に自己嫌悪が残ることが多いのが残念です。

やおさんは中盤までは互角、と思っていました。
地合いは多分足りていないのですが、こっちの方が厚いのでおこぼれがもらえるだろうと期待しながら打ってました。
期待していたおこぼれですが随分と膨大なもので大差にはなりました。
でも、やおさんも「逆転負け」と言っていた様に少なくともランク差を感じさせるような碁では無かったことは確かでしょうね。
格上らしい碁を打ちたいと思ってはいるのですが、自分の能力が追いついていません。

この2局で学んだことは、やはり厚く地に辛く打った方が自分の性に合っているということです。
最終戦はひねもすさん、昇格を争う戦いになります。
今いたもしでは高目を連発しているように、中央志向のスケールの大きい碁が特徴です。
私は地取りに走ってシノギ勝負の碁になる予感があります。
ベストを尽くしなんとか結果を残せたら、と思います。
マイネルシアター物語、その人気順は?
「マイネルシアター物語」をVector登録して1週間近く経とうとしています。
そのVectorですが、並び順として新着順、名前順の他に人気順というのがあります。
人気順・・・ゲームをダウンロードする側としては非常に便利なものですが、アップロードする側としてはとても恐ろしい響きです。
もの凄い古いソフトも登録してあるわけですから、それらに混じって順位、つまり評価が下されるのです。
そんなに凄い人気を得ると思ってアップロードしたわけでもないのに、なんでこんなに怖いのでしょう。
しかし、恐る恐る何位か数えてみました。

1269ゲーム中150位ピッタリでした。

とりあえず放置状態のゲームも沢山あるわけで、登録したばかりのゲームとしてはかなり平凡な気はします。
が、とりあえずダウンロードしてくれるている人がいるんだぁ、と分かっただけでホッとしました。
どういうランク付けでこの人気順が付けられているのか分かりませんが、一段落したら下がってくると思います。
まあ、全くのノーリアクションじゃないと分かっただけでホッとしたというのが正直な感想です。

引き続き感想募集中です。お待ちしております
マイネルインパルスうぅぅぅ・・・
本日、阪神競馬場第6レースの新馬戦でマイネルインパルスが無事デビューを果たしました。
これで2歳出資馬5頭が全て2歳でデビューすることができました。
まず、これは素晴らしいことです。

しかし、結果の方は10着。これは何ともいいようのない結果に終わりました。

人気ですが、7番人気と調教の動きから予想していた人気と比べて、思いのほか高い評価をいただきました。
でも、これも血統がなせる業という部分が大きいでしょう。
それでも稽古の動きは徐々にではありますが上向いていますので、なんとかならないかなぁと思っていました。

レースの方ですが、スタートは良かったです。
でも、それだけでしたね。
道中はロスの無い内々を進みましたが、どうもついていけない様で鞍上の長谷川騎手の手は終始動きっぱなし。
この手応えでは、当然直線で伸びるわけはありませんね。

正直、厳しい結果と言わざるをえないでしょう。
次走に期待できる何かを発揮してくれたら良かったのですが、それも無かった感じです。
少なくともこの芝1400mという条件で今後勝ち負けを期待するの酷に思えます。
距離延長やダート変わりなどで秘められた能力があれば・・・と期待したいと思います。
抹茶アイスの天ぷら
20061216000427
今日は忘年会だった。
なかなかいい雰囲気の店だったがデザートのメニューの中で気になったのが表題のものだ。

抹茶アイスの天ぷら―――

なんとも魅惑的な響きである。
アイスの天ぷらなるものがあるということは知識としては知っていたが、実際にメニューとして見たのは初めてである。
私は基本的に気になった物は注文する方だ。
チャレンジなくして前進無し。
人間は全てにおいてチャレンジャーであるべきである。

出て来たのが上の写真の物体。
若干時間がたった後、写真を撮ったため、少し周りが溶けてしまいアワビのようになってしまったが、実際出てきたときはもっとしっかりところもとアイスが一体となっていたことは補足しておく。

さて、感想。

[抹茶アイスの天ぷら]の続きを読む
がんばれ!マイネルインパルス!
さあ!決まりましたよマイネルインパルスのデビュー!
当初は日曜の阪神競馬場芝の1800m戦と聞いていたのですが、土曜の芝1400m戦に変更。
ここで初陣を飾ります!
まずは写真。これで全出資2歳馬の牧場写真を飾ることになるのかな?!

マイネルインパルス

さて、この馬に出資を決めた理由は何と言っても血統です!
父のタニノギムレットはかなり評価していまして、この馬の初年度産駒は欲しい!と思っていました。
実際、この2歳デビューしてみて早くもウォッカがG1を勝ってます。
まあ、当たり外れが大きいようで、当初の私の期待からすればもう一頑張り欲しいところですが、なかなかの成績を上げているといっていいでしょう。
そしてなんと言っても母デンコウセッカ。これが大きいです。
私は血統を見るときは母を重視します。
父はどんなに低い評価しか受けてない馬でも、それなりの競走成績を残せた馬ばかりです。
その点、母は格差が大きいということは否めない事実でしょう。
父と母、2分の1ずつの血を受けてサラブレッドは誕生するわけですから、格差がより大きい母系を重視するのは当然と思います。
デンコウセッカはスイートピーSを勝ち、G1オークスでも4着にきた活躍馬です。
何より実績以上にその切れる末脚は印象深いものがありました。
この父と母の組み合わせ。なんとも魅力的でした。

さて、ここまでのマイネルインパルスの現況ですが、調教を見る限りはどうも今一歩のようです。
父や母のような切れる脚を、と思って出資したのですが、今回のレースでそれを期待するのはちょっと酷な気はしています。
しかし、この良血、もしかしたら本番では違うかもしれません。
私の予想を覆して好走してくれることを期待したいと思います。
マイネルインパルス!デビュー近し!
ラフィアンの公式HPで今週の出走予定馬を確認してみました。

出ましたよ、マイネルインパルス
この馬が出走すれば全2歳馬がデビューとなります。
全5頭になりますか・・・。多いですなぁ。
こんなに買う方じゃなかったんですけれど。

まだ、除外の可能性があるということですので、明日出走が確定したら熱い思いとかを述べたいと思います。
続イメチェン
ホームページの方のイメージ変更もとりあえず、一段落。
青100%のものを青2:緑1の割合に変えてみました。
あと、細かい部分をいろいろと・・・。

うーん、まだブログとの統一感という面では今一歩ですねぇ。
本当はこのブログに飛んでもホームページの1コンテンツなんだよ、ってくらいにしてみたいのですが、なかなかそうはいかないものです。
ボタンとかもこのブログに合わせた方がいいのかもしれませんね。
今後の課題です。
「マイネルシアター物語」Vector公開キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
ついに「マイネルシアター物語」がVectorで本日より公開の運びになりました!
さぁ、こんどこそリアクションを期待したい!

いやまて。反応が無いだけならまだいい。今と同じだから。
まさかダウンロード0だったら・・・落ち込むかもしれない・・・。orz
い・・・いや、そんなことは無いはず!

か、感想などをお待ちしております!
ここで公開してますので、よろしくね!
イメチェンしてみた
もし、ずっとこのブログの訪れている人がいるならば、「何か変わってる!」ということに気がつくかと思います。
そうです、ブログのヘッダーのデザインを変えてみました。

なんで変えたかというと、今まで既存のテンプレートを使っていたのですが、たまたま同じテンプレートを使っている人のブログを見つけてしまったんですね。
既存のものを使っている以上、仕方ないことですし、別にその人が悪いわけでも何でもないことは分かっているんですが、なんか気持ちが萎えてしまいました。
そこで、一念発起して、ブログのヘッダーのデザインだけでも変えてみよう!と思い立ちました。
ヘッダーだけでも変えればかなり雰囲気は変わりますからね。

まず、模様はある程度元のデザインを踏襲したいと思いました。
とりあえず背景にグラデーションを入れて、なんとなく右側に渦巻きみたいなものを持ってきたら、なんかそれっぽくなってきました。
あんまり複雑なデザインはできないので、これでいいや、とあっさり決めてしまいました。

で、その後、色の選択で結構悩みました。
ホームページの方と統一感を出すために、青系統で作りたいということは決まっていたのですが、青系統というだけでも結構色々あるものです。
まずはホームページのタイトルと同様に100%青で作ってみたのが以下のものです。 

ヘッダー

なんか、エグイ色ですね・・・。

ちょっとこれは・・・と思って緑と青を同じバランスで配合した色で作ったのが下のもの。

ヘッダー

この色はシアンっていうんでしょうか。
なかなか悪くないと思ったのですが、明るすぎて字が読みにくいという欠点があるような気がします。

そこで読みやすくするため若干暗く、緑の割合を落としてみました。
青4緑3の割合で作ったのが下のやつです。

ヘッダー

これも、悪くないとは思うのですが、既存のテンプレートのものと色合いが似すぎているのが欠点です。どうせ変えるならもう少し個性を出したい!と思ってしまいますよね。

それで、結局決めたのが青2緑1の割合でブレンドした今のヘッダーです。
鮮やか過ぎず、少し暗めで文字が浮きたつ渋い色合いが私ごのみです。
まあ、こうやって色をこねくり回しているとなんか楽しいですね。

おいおい、ホームページの方も青2緑1ブレンドの色に変えていこうかと思います。
マイネルサニベル、マイルの壁を克服できず
本日のG1朝日杯フューチュリティSに出走したマイネルサニベルは10着に敗れました。
やはり、前評判どおり距離の壁を克服できなかった。そんな印象があります。

まずは、お決まりの写真から。最近鞍光り写真がマイブームです。

マイネルサニベル

まず、発表された馬体重はプラス20kg。ちょっと驚きました。
太目かどうかを見る目は私にはないのですが、もっと馬体重が欲しいと思っていたので長いスパンで見れば悪いことではないと思います。
が、今回に限ってはどうだったでしょうか。ちょっと分かりません。

パドックを見る限りではカリカリしたところもなく、レース前に消耗する心配があるという話であったにしては落ち着いているように見えました。

レースですが、スタートは相変わらず上手いです。それから下げるのもお決まりのパターン。
1番人気のオースミダイドウが逃げる展開はマークもキツイ筈でスローになりにくく、しめしめと思っていました。
で、肝心の折り合いなんですが・・・どうなんでしょう、個人的には首の高いフォームに違和感を感じました。
直線に入ってもマイネルサニベルらしい末脚は発揮できず、10着に敗れました。

敗因は・・・やはり距離―――でしょうか。
血統的にも気性的にも克服できると見ていたわけですが、道中のあの首の高いフォームを見ていると、やはりロスが大きいように思えます。
いい脚を長く使うことができることはききょうSで証明済ですが、道中をロス無く進める能力に欠ける、そんな感じに思えます。
今までマイネルサニベルが1200mでしか、実績を残せなかったのは気性的な部分が大きいとみていたのですが、その気性面での克服は今回はかなりできた気がします。
しかし、肉体面、走るフォームの方にも問題があったということを、残念ながら認めざるを得ない、そんな気がしました。

今後のマイネルサニベルですが、やはりスプリント路線を進むのが懸命のように思えます。
が、適鞍が無い・・・。
中1週でもクリスマスローズSを使ってくるのでしょうか。
そして、春の目標はファルコンS。
ちょっと間が空くのですが、その間に使えそうなレースは・・・本当に無いですね。
東京1400mのクロッカスS辺りでしょうか。
開幕週でスローになりそうなところは嫌な感じなのですが・・・。

まあ、クラシックをどうこう言う馬ではないと思っていますので、ローテーションにこだわらず馬本位の稽古ができそうなところはいいですね。
特に今回、馬体重が大きく増えていたので、ビシビシ鍛えても大丈夫そうになってくれたのは嬉しいところです。
まだ、全体的にゆるい印象がありますので、もっとお尻がムキムキっとした感じの筋肉質っぽくなってくれれば、更なる飛躍が見込めると思います。
頑張ってもらって、一回り成長したマイネルサニベルを見てみたいです。

マイネルサニベル   マイネルサニベル   マイネルサニベル   マイネルサニベル

マイネルサニベル、枠順は絶好!馬場は?
うぉぉぉぉ!
明日はマイネルサニベルの出走する朝日杯フューチュリティSです。
無意味に気合なぞ入れてみました。

まずは写真。もう、これはお決まりです。
明日は新しいのを調達してきます。

マイネルサニベル

今日で最後になりますので、枠順とか馬場とか今まで触れてきてないこと、今まで触れてきたことも含めてレース前にまとめておきたいと思います。

決まった枠順は3枠5番。
外枠不利の中山コースですから十分でしょう。
理想を言えば後入れの偶数枠の方がいいのでしょうが、これ以上贅沢はいえないです。
追い込みのイメージがあるのですが、スタートに関しては抜群に上手い馬です。
今回も決めてくれると思います。

馬場ですが今日の雨で渋った馬場が予想されるところです。
大飛びな馬だけに不安が無いといえば嘘になります。
でも、滑る馬場ならともかく時計の掛かる馬場は得意とするところですので、なんとかこなしてもらいたいと思います。

人気はまるで無し。前売りですと単勝104倍。万馬券ですか。
まあ、人気が走るわけではないので気になりません。
勝ったときに大きな配当がもらえるということを考えて、おいしい話と思っておきます。

前にも言ったとおり、距離適正については、少なくとも世間一般で言われているほど懸念はしてません。
後は折り合い次第です。
今日のマイネルヘンリーのようなレースをしてくれることが理想ですかね。
もし、行きたがったら行かせるようなレースをしてもらいたいところです。
前走のききょうSの時計は翌日の古馬1000万条件の時計を上回るもので、能力的にも遜色はないと思っています。
きっといいレースをしてくれるでしょう。

明日、午後3時25分、中山競馬場。
マイネルサニベルが世間を驚愕させる走りをすることを期待します。