FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
マイネルインパルス、打開策は無いのか・・・
本日、東京3Rの市場取引馬限定ダート1600m戦に出走したマイネルインパルスですが、ブービーという結果に終わりました。
予想ができない結果ではないのですが、やはり厳しいといわざるを得ない状況です。
とりあえず、写真から。

マイネルインパルス

今日、初めて競馬場でマイネルインパルスを見ました。
往々にして自分の出資馬をパドックで見るときは他馬よりも良く見えるものです。
自分なりの馬の見方に合う馬に出資したわけで、走る走らないは別にしてパドックでは一番良く見えるというケースは多いものです。
しかし、今回のマイネルインパルスは私の眼にも良くは見えませんでした。
父タニノギムレットですから体型的なものもあるのかもしれませんが、腹回りは大分余裕があるようにも見えました。
てっきりプラス体重だと思っていたのですが、マイナス体重だったんですね。
柔らか味がある歩様でもなく、取り立てて目立たない印象がありました。
実際イマイチな結果が続いている状況で見ているわけですから、そういう眼で見てしまっている部分もあるのかもしれません。
しかし、マイネルグリッツァなんかは結果が出てないときも自分の眼には良く見えたものですが、そういう部分も無かったです。

枠順の1枠1番は決まったときから「あーあ」と思ってました。
東京のダート1600mは芝の部分を多く走れる外枠が有利で、さらに言えば前に行く脚がないマイネルインパルスにとっては包まれる恐れがあるなど辛い部分が多いです。
先入れの奇数枠というのも厳しいと思っていました。

レースですが、スタートは比較的普通でした。
しかし、やはりついていけません。道中は最後方からといういつもの展開。
内々をずっと回っていたのですが、直線でも伸びるようなところがありません。
最後は後方での争いにも敗れ、大差のシンガリだったコスモエルフにのみ先着のブービーという結果でした。
もしかしたら、砂の被らない外に出せばもう少し走ったかもしれませんが、それにしても見所は無かったです。

うーん、今までレースの中でも一番内容が無い競馬だった気がします。
ますます悲惨な状況になってきた感じです。
なにか打開策はないものでしょうか。
とりあえず、芝の方がマシな気はします。
今のところのベストレース(と言えるのか微妙なところではありますが)は2戦目の上がり3ハロンで全馬中2番目のタイムを出した芝の2000m戦です。
芝の長距離戦で今日くらいのスタートを決めれれば・・・8着くらいは・・・ないかなぁ・・・。
3歳未勝利戦9着以下3回で出走停止ですから、それだけはなんとか避けられたらとは思います。

厳しいなぁ・・・。
スポンサーサイト