FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
ボケろ!
今日もE-100RSをいじくっていました。
買ったときよりも最近の方が使っているかもしれません。

今日のテーマは「ボケ」です。
以前マイネルサニベルのファルコンSのときに馬の写真でどのくらいボケるか、は試しましたが、今回はもう少し別の視点で試してみたいと思います。
色々調べたのですが、E-100RSはいわゆるレンズ一体型のデジカメとしてはかなりボケる方だということが分かりました。
ボケは実焦点距離が長く、F値が小さく明るいレンズなほどボケるわけですが、E-100RSは実焦点距離で70mm、F値で3.5を誇ります。
そんなレンズ一体型デジカメとしては素性の良いE-100RSで頑張ってみました。

今日も家の2階から庭を撮影してます。
いい構図を求めて、いい大人が屋根の上をウロウロする姿はちょっと見せられないですね。
TCON-17のお陰で、屋根から落ちない程度の身の安全は確保できました。

で、できたのがこんな写真です。

春のもみじ

なぜ、この時期でモミジが紅葉しているのか、良く分かりませんが色合い的に気に入ったので写してみました。
ボケているのは一昨日、写真を載せたモッコウバラです。

どうです?頑張っているでしょう?
まあ、モミジとモッコウバラの間には1mほどの距離があるので、構図次第という部分はあるのでしょうね。
モミジもかなりアップになってますし。
パドックで馬の全身を撮ったときに背景をボカすことができるくらいが理想なのですが、さすがに厳しいです。

高感度性能と同様に、ボケをいかにだせるかということは、E-100RSにとって課題ではあります。
ただ、E-100RSでもここまで頑張れるんだ、ということは一つの基準になると考えています。
その辺も踏まえてデジ一眼の検討を進めていきたいと思います。
スポンサーサイト