FC2ブログ
まさのりの一口馬主備忘録
主に趣味の一口馬主のことを書いています。
ウオッカ、ダービー制覇! ~夢は凱旋門賞へ~
本日、行われたダービーは牝馬のウオッカが快勝しました。
牝馬の優勝は64年ぶりで、牝馬同士で争うオークスが春に行われるようになってからは初めてだそうです。
並み居る歴戦の牡馬たちを相手に3馬身差の圧勝、凄いですね。

今年のダービーですが、マイネルヘンリーの出走が無くなったので興味は薄れてはいましたが、今回の出走馬の中で一番応援したいと思う馬はやはりウオッカでした。
別に牝馬だから、というわけではありません。
ウオッカ陣営が海外遠征に対して前向きという話を聞いていたからです。
実際にメルボルンカップやアメリカンオークス等々で海外遠征の実績のある角居調教師の管理馬であることからも、それが絵空事ではないことが分かります。
牝馬相手のオークスではなく、こうしてダービーに出てきた事からもチャレンジ精神が旺盛なことが伺えます。
今回の勝利で、海外遠征の現実味がさらに増してきたことを感じられるのは嬉しいことです。

さて、その海外遠征ですが、言われているのは凱旋門賞という話です。
凱旋門賞はディープインパクトの件で世間にも周知された通り、3歳馬が圧倒的に優勢なレースです。
フレッシュな3歳の内に海外にチャレンジしようという考えは素晴らしい事です。
必ずしも牝馬有利のレースではありませんが、大分古い話ではありますが牝馬が5連勝したこともあるように不利というほどでもないと思います。
こうして牡馬の壁を突き破ったウォッカですから、なんとかしてくれるのではないかという期待の方が大きいです。
牝馬ですからヴェルメイユ賞を叩いて本番というローテーションになるのでしょうか。
本当に楽しみですね。
無事行ってくれる事を祈るばかりです。
スポンサーサイト