FC2ブログ
まさのりの一口馬主備忘録
主に趣味の一口馬主のことを書いています。
マイネルアーバニタ、なかなかやりますね~
本日、東京7Rの500万下条件芝2,000mに出走したマイネルアーバニタは5着という結果でした。
まずは写真から。

マイネルアーバニタ、咆える!

えー、コントラストとかはいじってます。
まぁ結局のところピントもあってないし露出も変な失敗写真なのですが、マイネルアーバニタが凄い表情をしていて、何とも言えない雰囲気があります。
ちょっと面白いかなと思ってチョイスしてみましたが、いかがでしょうか?

以下観戦記です。
パドックですが、前の馬の歩くスピードが遅くて、少し詰まり気味だったのですが、それなりに伸びやかに歩いているように見えました。
馬体重もプラス2kgと大きな変動もなく、前走同様いい意味での平行線と言えると思いました。
返し馬も写真では咆えていたりしていますが、全体的にはスムーズだったと思います。

レースです。
スタートですが、またやってしまいました。他の馬より一完歩位出遅れてしまいました。
落馬しなかったので良しとしなければいけないのかもしれませんが、今後とも課題になりますね。
スローペースが予想されるだけになるべくいい位置取りを取りたいということで、江田騎手も押していきますが、東京の2,000mはスタート直後にカーブがある難コース、正直ロスもあったと思います。
ともかく、中段くらいまでは位置取りをあげます。
マイネルアーバニタのいいところはこうして押して上がっていっても折り合いがつくところ。
今日も向こう正面ではしっかりといいリズムで走ります。
江田騎手も結構イケルのではないか、という手応えを感じていたことでしょう。
その証拠に3コーナー辺りで早くも仕掛けます。
外をまくりながら差を詰めて、4コーナーでは先頭に並びかける勢いです。

しかし、全体的にはスローペースで他馬も余力を残している展開。
スタート直後やまくりでのロスはさすがに響きます。
また、もともと瞬発力タイプでもないということもあるでしょう。
そんなにバテた感じでもないのですが、力を貯めていた他の有力馬の脚には敵いませんでした。
それでも、最後までしっかり走りきり結局差の無い5着でゴールしました。

感想ですが、「意外とやるじゃないか!」というのが率直な感想です。
今回のレースは前回と違い色々な意味で恵まれなかったと思います。
スタート直後のロスや、コーナーリングでのロス、正直言ってこれで勝ったら重賞級です。
能力の差があるほど強い馬が不利を受けないように多少のロスは覚悟で横綱競馬をする、そんな印象すら受けるレース振りでした。
そこまでロスの多い競馬をしながらも差の無い競馬ができるということは、一つ流れが向けばこのクラスでも十分に勝ち負けになるということです。
未来に大きく期待が膨らむ1戦だったと思います。

今後ですが、今回の1戦で芝でも十分やれるという手応えはつかめました。
レース選択は芝ダートというよりもいかに距離があるレースを使うか、ということになると思います。
続戦するとすれば福島コースになりますが、ダートの1,700mよりは芝の2,000m以上を使っていきたいところです。
とりあえず中1週ですが、開成山特別なんか面白いかもしれないですね。
まあ、ローテーションを詰めると良くない馬だとは思っていますので、馬の状態はしっかり見極めて欲しいところです。
そして、一つ勝てば・・・秋には菊花賞路線に乗ってくれるかもしれないですよ!
絵空事のように思っていたマイネルヘンリーとの菊花賞2頭出しも夢ではないかもしれないと思い始めたりもしていますが―――大きい夢を描くのは今日はここまでにしておきましょうか。

次走を楽しみにしたいと思います。

     マイネルアーバニタ、パドック周回中     マイネルアーバニタ、花の壁をバックに     江田騎手、漢の背中

スポンサーサイト