FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
今年の募集馬で注目しているのは・・・
とりあえず、今までに自分なりの馬の選び方を書いてみました。
しかし実際に個々の馬について書いていかないと盛り上がらない感じです。
ここで個々の馬について、どう感じているかについて書いてみたいと思います。
今回、私が書く馬は実際に出資してみたいと思っている馬です。
悪いと思っている点も書きますので悪く取られる方もいるかもしれませんが、私なりに高く評価している馬ということは言っておきたいと思います。

まずはオカノスピカの06です。
正直に言いますとこの馬をカタログで見たときはスルーしました。
なぜならば馬体のバランスが今一歩に見えたからです。
後駆は非常に発達しているものの、前駆とのバランスがイマイチ。
さらに言えば、かなりトモ高で長い距離は持たないでしょう。
しかし、DVDでの動きを見て素晴らしい魅力を感じました。
なんとも柔らかく粘りがある動きをします。
やや緩慢にも見えますが他の馬とは明らかに違う個性を放っています。
そう思ってカタログ写真を見直すとどことなく首差し等に父と似た雰囲気があります。
本当に興味深いです。

次はサクラエンドレスの06
マイネルマクロスの弟です。値段もそれなりになります。
4月生まれの割りには高い体高が示すとおり、脚長でバランスの取れた馬体をしています。
柔軟性があれば大きなフットワークが期待できます。
父が変わって兄よりも距離が持つのではないかと考えています。
大きな期待を持ってDVDを見ました。
感想ですが・・・うーん、もう少し、もう少しなんですよね。
けして硬いというわけではないのですが、もう一粘り足りない印象があります。
しかし、この馬体の良さは特筆すべきものがあります。
ちょっと柔軟性に不満を感じてもポンと行ってしまうかもしれません。

続いてメインキャスターの06です。
母は活躍馬ですし、父は最近活躍が目立つホワイトマズル。
カタログが来る前から、血統的には注目していました。
しかし、発表された馬体重は342kg―――小さいです。
それでもカタログで見た馬体は馬体中が示すとおり若干華奢ではあるもののバランスはいいです。
ダンシングブレーヴ系らしく前駆がしっかりしています。
さらにDVDでの動きをみると粘りがあり、非常にいい動きをします。
値段は安くはないですし、少なくとも馬体重の面では一度切ると言った馬でもあります。
しかし、それを踏まえてもここで書いておきたい、そう思わせる馬です。

最後はオレゴントレイルの06です。
近親にシンコウラブリィのいる超高馬です。
値段的にははなから対象外としたいところですが・・・ちょっと格が違う印象をうけます。
非常に馬格のある馬で、スラリとした脚長の馬体は私好みです。
早産まれということもあり、見栄えする部分はあるでしょう。
それでも、カタログ写真を眺めていると何とも言えない品があります。
この品というのを説明するのは難しいのですが・・・とにかく品があります。
高すぎる馬ですが一口ぐらい買って行く末を見守るのも悪くないのでは、と感じてしまいます。

以上4頭が私の注目馬です。
参考になるかは分かりませんが、思うままに書いてみました。
たぶんこの4頭以外に出資することはないでしょう。
多分来週のツアー明けくらいには更に絞込んだ上で申し込むと思います。
この週末に最後の一悩みをしたいと思います。
スポンサーサイト