FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
デジタル一眼購入計画 ~中間まとめ~
生観戦・撮影にいく機会もグッと減ってきました。
府中開催ではいろいろとデジカメでの実験風味なことも行ってきました。
とりあえずデジタル一眼購入に向けての中間まとめを行いたいと思います。

まず、私がデジタル一眼を買いたいと思う動機付けはレスポンス面での向上を期待しているわけです。
画質は現状のE-100RSでも十分満足しています。
しかし、E-100RSでは置きピン一発勝負みたいなところがあり、やはり競馬撮影においては思うように撮れないことが多々あります。
その辺の向上が最大のポイントです。

暫定措置としてとりあえずE-100RSにテレコンをつけたわけですが、それで感じた事はやっぱり望遠が伸びると違うな、ということです。テレコンなしE-100RSのテレ端である換算380mmではコース沿いにへばりつかないと厳しいのですが、コース沿いが低い位置になっている競馬場も多く、画角も限られてきます。
スタンドから写せるとなるとバリエーションが増えてきますので、やはり500mm近い望遠が最低ラインであり、やはり600mmは欲しいと感じてしまいます。
それをあまり大きなカメラサイズではなく、いかにコンパクトに実現できるか、ということがポイントになると考えています。
大きなレンズもここ一番では使えたらと思いますが原則は高感度で対応できたらと感じます。
あとは連写コマ速や動体AFの追従性、撮影レスポンスの良さなどが購入段階の検討項目です。
画質ですが、まあ現状のデジ一眼でしたら概ね満足できると思っています。
センサーサイズが大きい方が画質面では有利なのでしょうが、私がデジ一眼に変える理由は画質面よりレスポンスの向上面の方が大きいので、基本的にはセンサーサイズは小さい方が私好みです。

そういう中で現状の機種を見ていくと一番ピッタリするのは、以前レンタルで試したキヤノンの30Dです。
使った感じでは買っても後悔することはないと感じました。
しかし、これはモデル末期であり、E-100RSでもっと頑張って、次世代機を待つのが正解と考えています。

その次世代モデルの中で一番魅力に感じるのがオリンパスのE-1後継機です。
オリンパスはE-410、E-510と立て続けに発売し、今一番勢いを感じるメーカーです。
換算で2倍と望遠が伸びるフォーサーズは魅力で、今度発売されるズイコーデジタル70-300mmF4.0-5.6で概ね満足できると思いますし、いざというとき用のズイコーデジタル50-200mmF2.8-3.5SWDも発売されていると思います。
最近発売されたE-410、E-510の評判や店頭で触った感じですと、ISO800も常用できるレベルにあると思いますし、動体追従性も概ね満足できる出来にあるようで、E-1後継機もさらなるブラッシュアップが期待できます。
連写コマ速も秒5コマは可能になるのではないか、という話です。
E-1後継機検討のためにE-410、E-510を店頭で触っているとなかなかいい感じ過ぎて、これを買ってからE-1後継機を待って、後継機を買ってからはE-410を旅行用とかしてもいいのでは?とまで感じてしまうほどの出来にあり、物欲を抑えるのに必死なくらいです。

しかし、これらのことはあくまでも推測や噂の段階に過ぎないことです。
思いの外、連写コマ速が平凡だったり、高画素化に走って高感度耐性を損なってしまったりという可能性も考えられます。
E-1後継機が発売されたとき、こんなはずでは・・・ということになってしまったときのことも考えておかなければならないと思ってはいます。

そういう面で次に有力なのはキヤノンの30D後継機です。
現状でも満足できるレベルにありますので、どこまでブラッシュアップできるか、ですね。
ただASP-Cの換算1.6倍は魅力なのですがASP-Hになるという噂もあるため、そうなると望遠面では不利になりますので歓迎しないところです。

あとはニコンのD200後継機およびD40のスポーツ対応機といったところでしょうか。
D200はレンタルで試してみたいと思ってはいたのですが、巡り会わせが悪くて、試そうとしてもレンタル中ということが何度かありました。
ただ、センサーサイズの関係で望遠が換算1.5倍どまりなのは私にとってはマイナス材料です。
画質面ではキヤノンより有利という話ですが、基本的には重要項目でないですし、高感度もキヤノンに比べると今一歩というところがあり、現状ではキヤノンより若干マイナスです。
しかし、後継機の出来によっては自分の好みの機種になってくる可能性があることは踏まえておく必要がありあます。
D40の高感度の強さは定評があるところで、同じセンサーで連写コマ速や動体追従性が向上した機種が出てくれば、それも検討対象に上がるでしょう。
しかし、そもそもそれが発売されるのか不透明なところがあります。

その他、ソニー、ペンタックスなどの製品も動向には注意を払わなければなりませんが、スポーツ向きのものを作る可能性は薄そうです。

いずれにせよ、購入時期はE-1後継機の発表、発売時期で決まります。
もしE-1後継機が私の要求を満たすものであればそれを買いますし、アテが外れたらその時点でベストのものを選び、購入したいと思います。
今年の冬のボーナス、私は全てをそれにかけます。
スポンサーサイト