FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
今年1年、ありがとうございました。
年越しまであと4時間を切り、紅白歌合戦も始まりました。
今年ももう終わりですね。
そういう私はK-1を見ながらジャンクスポーツをみつつ2ch棋院でチャットしているわけですがw

さて、今年1年ですが、やり残したことは多いです。
碁は上期全然打たなくなり、棋力の伸びも平行線です。
サウンドノベルも予想通りというか書き上げることができませんでした。
一口馬主も夏に空白期間がありました。
旅行もあんまり行ってないかな・・・。
このブログも、昨年に比べると更新頻度も落ちた気がします。
仕事が変わってバタバタしていこともあるのですが、いろんなことに気力が続かない気がしています。
年、なんでしょうかね・・・。

でも、なんだかんだでこのブログも続けることができました。
なんかカウンターも途切れずに動いています。
見ている人がいるということだけでも、やる気が続くものですね。
少ないながらも見ている方に感謝の気持ちを伝えて今年1年を締めさせていただきます。

本当にありがとうございました。
スポンサーサイト



今年1年の出資馬たちを振り返る
年末の慌しい時期ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
さて、ここで今年1年の出資馬たちの成績を振り返りたいと思います。
昨年も書きましたが、これはniftyの競走馬オーナーズフォーラムの会議室から始まり、ホームページの掲示板に移り、と場所を転々と変えながら、もう10年近く続けているものです。
年始に出資馬たちへの目標を掲げるのとセットで行っています。
それを、今年もこのブログで行いたいと思います。

ではでは、今年のそれぞれの馬たちへの目標を再掲しつつ、振り返ってみたいと思います。
「・」の後に斜体で書かれているのが今年の当初に掲げた目標です。
年上の方から順に書いていきます。

○マイネルグリッツァ・・・(0,0,0,5)
・掲示板に3回載る
・8戦出走

5戦して、掲示板1回と目標達成はならず、でした。
特に故障とかがあったわけでもないのですけれど・・・ねぇ。
年明けの1000万条件はともかく、降級してからもあまり使ってもらえませんでした。
インフルエンザ渦の影響で入厩できなかったこともあったとは思います。
でも、最大の理由は「使い続けたい」と思わせるようなレースをしなかったことですかね。
もっとやれたと思います。

○マイネルサニベル・・・(0,0,0,3)
・1勝
・重賞勝ち

正直言ってこの目標はただただファルコンSを見据えていたものでした。
このレースのために初めての中京遠征も敢行しました。
しかし・・・その一番期待をかけていたレースで惨敗、骨折と踏んだり蹴ったりでした。
年内復帰は厳しいかと考えていたのですが、結果はともかく復帰はしました。
来年の飛躍に繋げてもらえればと思います。

○マイネルヘンリー・・・(1,0,0,3)
・1勝
・菊の舞台に立つこと

1勝をあげ、クラシックに出走はなりませんでしたが、春は本当に頑張ってくれました。
京成杯ではサンツェペリンやアルナスラインなど後にクラシックを賑わすメンバーと好勝負できました。
毎日杯と青葉賞では力を出し切れませんでしたが、楽しむことができました。
血統的にも秋の飛躍が期待できたのですが、故障は残念です。
今はすっかり休養馬のようで、復帰が待ち遠しいです。

○マイネルアーバニタ・・・(1,2,2,8)
○マイネユミドール・・・(0,0,0,0)
○マイネルインパルス・・・(0,0,0,2)

・1頭でいいから勝って古馬になること
まずは引退した2頭。
マイネユミドールは事故による怪我で、一時は繁殖に上がれるかという話でした。
しかし、その怪我の影響で残念なこととなりました。
競走生活には悔いはありませんが、良血だけに繁殖に上がれなかったことは残念です。
そして、マイネルインパルス。まあ、こちらもやむを得ない引退でしょう。
引退後は地方の佐賀で頑張っているようで、年末には1勝あげたようです。
今後も頑張ってほしいですね。
そして、マイネルアーバニタ。本当に頑張りました。
この馬のお陰でここは目標達成です。
なんとか1頭という目標は、この馬の変わり身に期待をしていたのですが、見事に応えてくれました。
年間13戦は立派で、まだまだ上積みが見込めます。
来年もこの調子でいってもらいたいです。

○マイネルサイオン・・・(0,0,0,0)
○マイネルアンジェロ・・・(0,0,0,3)
○マイネランデブー・・・(0,0,0,0)
○マイネルマカリイ・・・(0,0,0,0)

・全馬デビュー
・2勝

うーん、一番の誤算はこの世代でしょうか。
とにかく、デビューしたのがマイネルアンジェロ1頭ではなんともいいようがないです。
入厩自体はマイネルサイオンが2回、マイネルランデブーが1回しています。
しかし、デビューまで届きませんでした。
マイネルアンジェロも2回目の入厩でのデビューですからね。
そのマイネルアンジェロは年内最終戦で掲示板を確保。
なんとか来年につなげる事ができた感じです。
それでも、まずはレースを走れるようになってもらわないと・・・です。

◎合計・・・(2,2,2,24)
・5勝
・40戦

厳しめの目標とは思っていましたが、まったく届きませんでした。
勝ち数はともかく、レース数が少ないのが痛いですね。
それぞれ無事にレースを使ってくれれば達成できない目標ではない、と書きましたが、やはり無事にいくことは難しいことだと改めて感じます。
まあ、夏にしばらくの間、稼動馬ゼロの状態が続いたことを考えれば、上出来かもしれません。
それでも、前半はマイネルヘンリーで楽しめましたし、後半はマイネルアーバニタが頑張ってくれました。
成績的には不満かもしれませんが、意外と充実感の多い一年でした。
来年は成績の方も充実してくれると嬉しいですね。
最後に愛馬たちへ感謝の気持ちを述べて締めたいと思います。
本当に今年1年ありがとうございました。
今年、最後の愛馬近況更新を見て
本年の競馬は終わりましたが、近況更新はあります。
とりあえず、年初から出走馬がないという事態は避けられそうです。

マイネルアーバニタ、マイネルアンジェロはほぼ出走確定です。
ともに前走で掲示板を確保していますので、期待は大きいですね。
マイネルサニベルは特別登録していますが、出走は厳しいでしょうか。
でも、除外されたほうが適鞍に回ることができそうです。
マイネルグリッツァは障害デビューが本決まりのようです。
ちょっと間が開くかもしれませんが、それほど間隔が空くことはないでしょう。
他にもマイネルマカリイの入厩もありそうです。

例年通り年末には各馬に対しての感想と、年初には目標と希望を書きたいと思いますので、今回はあっさりと書きました。
夏のときは本当に出走馬がなく寂しい思いをしましたが、しばらくは安心です。
来年はいいスタートを切れるような、そんな気がします。
今日の結果よりも、来年への期待
本日、中京のダート2300m戦、矢作川特別に出走したマイネルアーバニタは3着という結果でした。
前走に続いての1番人気でしたが、期待に応えることはできませんでした。
今回は前回と比較してかなり消極的な競馬でした。
各馬、雨降り馬場で前へいく事を意識したのか、スタート直後は早めに流れました。
そこで無理に絡んでもと控えたように見えました。
しかし、全般的には平均ペース、位置取りがそのまま着順に結びつくような流れでした。
そんな中で1頭だけ違う脚色は見せてくれましたことは評価できると思います。
ただ、勝利というものを得るには運がなかったということになると思います。

冷静に今年の初めを振り返ってみるとマイネルアーバニタは未勝利馬。
掲示板にすら載ったことがない馬で、勝ち上がるかどうか微妙と言われても仕方のない馬でした。
それが長距離戦に適正を見出し、未勝利を勝ち上がりました。
そしてこの秋以降、500万条件でも勝ち負けができるような馬になりました。
この調子でいけばこのクラスでもいつかチャンスを掴むでしょう。
また脚質的にもクラスが上がったからといって大きく崩れる馬でもないような気がしています。
こんなに楽しみが持てる馬に成長してくれて文句のつけることはできません。
無事にいくことができる馬が少ない中で大きな故障もなく1年間本当によく走り続けたと思います。
今日の結果はもういいです。マイネルアーバニタには未来があります。
来年、大きな飛躍を期待したいと思います。
マイネルアーバニタで今年1年を締めくくります
明日のマイネルアーバニタの出走で、今年1年の一口馬主の締めとなります。
出走するのは中京10Rの2300m戦、矢作川特別。
特別戦とは言っても力は上位で、新聞を見ても二重丸がズラリ。
力が入るところです。
とはいえ、小回りコースですし、他頭数でもあります。
前走のような展開のあやを含め、勝ちきれない可能性があることは常に心には留めてあります。
まあ、それぐらいの気持ちで見るほうが案外結果が残せるものです。

さて、今回特に今までと違うファクターとしては雨降りの馬場があげられます。
小さい馬ですから、基本的には足抜きのいい馬場はいいと思います。
ただ、どうしても前残りになりやすくなり、器用さに欠けるところもありますので、必ずしもプラスとは言えません。
要は鞍上のリード次第といったところでしょう。
前走のように前前で積極的な競馬ができればと思います。
力を出し切る競馬でいい1年の締めくくりを見せてもらいたいと思います。
ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD 発売再延期
デジ一眼への買い替えに当たってキーとなるこのレンズですが、当初11月23日の発売予定が年内と延期になり、そして今回1月18日発売へと再延期になりました。
今度は年内とあやふやな感じではなく、具体的な日付を指定していますので、再々延期となることはないと思います。
待たされているのは馴れっこなのですが、カメラの知識ばかり増えて、撮影の実践が伴わないのが寂しいです。
早く購入できればと思います。

ボディの方のE-3ですが、近所の量販店では発売開始時に比べ1万円安くなっていました。
このレンズ発売まで待つ作戦は功を奏しているようです。
まあ、そんなに値段にはこだわっていないのですが、少しでも安く買えると嬉しいですね。

あー、早く買えないかなぁー。
今年ラストウィークはマイネルアーバニタ!
今週は中央競馬のラストウィークとなります。
私の出資馬も最大3頭の出走予定がありますが、出馬ラッシュで出走できるか微妙な馬も多いです。
騎手とともに調教師も追い込み体制となります。
ここで成績を上げることができれば、名誉だけではなく、馬房数などの実利といいますか、生活面でも影響してきます。
こういう状況になるのも致し方ないところです。

そんな中で確実に出走できそうなのが、前走2着で優先出走権を得ているマイネルアーバニタ
今週の中京ダートの2,300m戦、矢作川特別に出走予定です。
本当に復帰してから頑張ってくれてますので、今年の1年を締めくくるのにピッタリの馬です。
競馬週刊誌を見ると、グリグリ2重丸がズラリ。
今回も断トツの1番人気になりそうな気配です。
とは言え小回りの中京コース、展開のあやは常につきものです。
そういう事態にならないためにも、肝心なのがスタート。
いかに前に付けられるか、です。
その辺は鞍上も前走を見る限り、しっかりと心得ていることとは間違いないです。
絶対勝たなければいけないと硬くなることはありませんが、力は出し切ってほしいです。
そして、いい1年の締めくくりとなったらと思います。
マイネルサニベル、無事復帰しました。
本日、中山最終レースの仲冬Sでマイネルサニベルが無事復帰しました。
結果はブービーと惨憺たるものでしたが、まずは復帰したことを喜びたいと思います。

さて、レースですが久々にも関わらず見事なスタートを決めます。
このまま逃げてしまうのではないか、と思わせるほどのスタートです。
そういえばマイネルサニベルは抜群にスタートがいい馬だったな、ということを思い出しました。
9ヶ月もブランクがあるとやはり少しずつ忘れているものがあるものです。
道中は内々の好位につけ、私が戦前に考えていた理想の展開でレースは流れます。
しかし、4コーナーでは手ごたえが怪しくなり、直線では下がる一方で前記のような結果となりました。

正直、復帰はまだ早かったかな、体が出来てなかったかな、と思いました。
理想的な展開であの伸びの無さは距離云々よりも、もっと根本的なもののような気がします。
ただ、レースへの前向きな姿勢はスタートからして伺えました。
そのことが一番良かったです。
この前向きな姿勢がある限り、再度上昇してくれるものと考えています。
次走は短距離戦を狙うのかも知れませんが、そんなに大きな変わり身は期待していません。
まずはやはり体をじっくり鍛えなおして、ということになる気がします。
ノンビリ、先の楽しみを待ちたいと思います。
ついに明日!マイネルサニベル復帰戦。
最近はマイネルサニベルのことばかりです。
まあ9ヶ月の休み明けですから、待ち遠しいのも止むを得ないですよね。

さて、その復帰戦いよいよ明日に迫りました。
枠順も1枠2番に確定しました。
先週の朝日杯を見る限りでは内枠の方がかなり有利なようで、好枠と言っていいと思います。
この枠順を生かすにはある程度前に行ったほうがいいような気はしています。
どちらかというと直線一気のイメージが強いのですが、けして前にいけない馬ではありません。
とくに距離が伸びますので、スタート次第では好位に取り付くこともできるでしょう。
最悪なのが無理やり下げることですので、それだけは勘弁して欲しいですね。

相手関係とかは気にしてもしょうがない気がします。
このくらいのクラスになれば、みんな強い馬ばかりですからね。
でも、マイネルサニベルもけして劣る馬ではありません。
明日のレースでいい走りをしてもらい、今後の期待を大きく膨らませてもらいたいと思います。
マイネルサニベル、出走確定!
本日の出走確定情報によりますと、マイネルサニベル出走確定です!
除外の可能性があったようですが、無事抽選をくぐり抜けたようです。
当然フルゲートですし、相手関係もけして楽ではありません。
でも、よくここまで来たという思いのほうが強いです。
どんなレースをしてくれるのか楽しみですね。

それにしても、出走確定で驚いたのが騎手です。
鞍上は真島大輔騎手。
いやぁ、最近普通の競馬は疎いので、てっきりどっかの新人騎手かと思いました。
地方大井の伸び盛りの若手だそうです。
どちらかといえば昨年のマイネルヘンリーなどで、地方の騎手に対して好印象を持っています。
今回もどんな騎乗をしてくれるのか、これもまた楽しみです。
除外、除外
本日ラフィアン公式HPで発表された今週の出走予定馬ですが、なんと3頭も私の出資馬が名前を連ねています。
マイネルサニベルは予定通りですが、マイネルグリッツァ、マイネルアンジェロの名前もありました。
ただ、マイネルグリッツァとマイネルアンジェロの横には★マークが付いてます。
これは除外対象ということです。
今の除外の基準はよく知らないのですが、昔4度くらい除外されないと出走できないという時代も知っていますので、それに比べたらマシになっているとは思います。
とはいえ、出たいレースに出走できないのは辛いものです。
クラス分けを再編したときに、番組体系のバランスが少し崩れたようなところもあるようです。
少しずつでもいいので改善していってもらいたいですね。

ちなみに出走できると思っていたマイネルサニベルも除外の可能性があるということです。
明日の発表が気になっちゃいますね。
マイネルサニベル、ゆとりの復帰戦
さて、本日の近況更新、注目はやはりマイネルサニベルです。
マイネルアーバニタやマイネルグリッツァにも出走の可能性があると思っていたのですが、近況を見る限り次週に回るようです。
特にマイネルアーバニタは勝利も近いことを感じていますので、平場よりもレベルの高い特別戦を選んだのは歓迎です。
高いレベルで自信を持って昇級したいですし、賞金も高いですしね。
あとはマイネルアンジェロが出走の可能性が残りますが、ダートの1,800m戦は沢山ありますので、なんとなく余裕を持って次週のような気がしています。

少なくとも今週の出走を確定しているのはマイネルサニベルだけとなります。
9ヶ月ぶりの復帰戦、本当に楽しみです。
気持ちの面ではいつでも復帰できそうな感じですが、まだ馬体はもう一絞り欲しいとのこと。
稽古時計を見ても悪くはないのですが、もっといい時計をだせそうな感じはありますので、まさにもう一絞りという感じです。
復帰戦ということでいきなり勝ち負けとか硬くなるようなレースでもありませんので、そう考えるといい感じなのかもしれません。
ここでどんなレースをしてくれるのかで、今後の方向性が見えてくるでしょう。
先ほども述べたように気持ちがいい方向に向いているのがいいですね。
いいレースを期待できそうです。
天楽
ふとしたことで、扇子をもらいました。
山下棋聖揮毫扇子「天楽」(某IT企業じゃありません。念のため。)です。

天楽

別にとりたてて山下棋聖のファンというわけではありません(あんな碁は打てない、目指せない。)が、もらえるものはもらっておきます(笑)。
碁を打っているときはやはり扇子をもっているとセンスが(略)

・・・なんか一瞬めまいがしました。
なんていうのか手ぶらで打つよりも、締りがあります。
「ヒカルの碁」でサイが手ぶらだとなんかカッコ悪いでしょう?
棋力に影響はないとは思いますが、何となく気分がいいです。
しばらくこれを片手に碁を打ってみたいと思います。
プジョー207Cielo
昨日なんですが、新しい車が納車されました。
プジョー207Cieloです。
色は今までと同じで青系ですが、すこし明るくして、ネイシャ・ブルーにしました。
基本的には今まで乗ってきた206と同じシリーズということになるのですが、全体的にボリュームアップしています。
エンジン音とかは静かですし、いろいろな面でパワーアップをしていることを感じます。

今日は早速ドライブに行って、ついでに写真を撮ってきました。

       プジョー207Cielo

とりあえず、全部が写るようにということで撮ってみました。
206よりも、少しズングリしている感じはあります。
それでもデザインは206同様に気に入ってます。

釣り目ヘッドランプ

プジョーと言えば釣り目ヘッドライト。
さらに強調されていますね。
なんか、カーブのときに曲がる方向にライトが動くらしいです。

       パノラミックガラスルーフ

今回、特に変わったのがパノラミックガラスルーフ。
運転席から撮ってみましたが、なかなか開放感があっていいですよ。
後部座席でも、この開放感は味わえるくらい広いです。

まだ、新しくつけたナビの使い方や細かい操作方法の変更を確認しているところですが、やっぱり新車はいいですね!
折角ナビをつけたことですし、当てのない旅でもできたらと思います。
マイネルサニベル、予定の除外
今週の出走予定馬が発表されました。
私の出資馬で出走の可能性があったマイネルサニベルは除外となりました。
しかし、これはもともと計算づくのものです。
本日、追い切り時計も発表されましたが、それを見ても今週出走するには軽すぎます。
次週の仲冬特別に向けて、まさに予定通りといったところです。

とはいえ、予想以上に早い復帰となりそうです。
乗り始めたころは年内は難しいだろうと思っていたのですが、本当に驚きです。
仲冬特別は芝のマイル戦、必ずしも適鞍ではないと思います。
でも、現状の準オープンはなかなか思うレースに出走できないようです。
適鞍と思われるスプリント戦もありませんので、止むを得ないところかもしれません。
それに自分には分からない適正を秘めている可能性もあるかもしれませんしね!
復帰戦、楽しみにしたいと思います。
マイネルサニベルは今週復帰かも?
先週入厩したマイネルサニベルは早速特別登録をしています。
早いですねぇ。
牧場での乗り込み開始から入厩までも早いと思いましたが、今回はさらに早い印象があります。
乗り込みの絶対量が足りてない気もするのですが、余程順調なのでしょうか。
とはいえ、今週のアクアラインSは除外希望で、来週の仲冬特別のほうが理想だそうです。
ただ、芝のスプリント向きと思っていますので、ダート戦にせよ、マイル戦にせよ、どちらも微妙です。
準備期間が取れる来週のレースの方がいいというくらいでしょうか。

思い出すと1年前、GIの朝日杯に出走していたんですね。
なんか、懐かしいですね。
今年のレースは全然見ていなくて、何が人気になりそうとか全然分かりません。
去年はバッチリ色々とチェックしていたんですけどねぇ。

復帰戦が今週になるか、来週になるか神のみぞしるところですが、順調に復帰を迎えてもらいたいです。
あわよくば、今後に目処が立つようなレースをしてくれるとさらに嬉しいですね。
まずは、今週の出走確定、注目して見たいと思います。
星野JAPAN、五輪出場オメ!
野球の五輪予選で星野監督率いる日本チームは3戦全勝で見事オリンピック出場を決めました。
最近、野球のテレビ中継をあまり見なくなった私ですが、この3戦はしっかり見ました。
それにしてもシビれるような試合が続きました。
韓国、台湾、共に本当に簡単に勝てない相手です。
それでも、最後は日本が優っているという自信が感じられました。
誰が印象に残ったというのはありません。
本当に総力戦でもぎ取った勝利だったと思います。

野球を見なくなったといいましたが、国際試合は違いますね。
別に愛国心とかは強くないと思っているのですが、ふつふつと湧き上がってしまいます。
こういう負けられない戦いが続くということもあるでしょう。
長いリーグ戦ですと、負けても次があるという気持ちになってしまいます。
やはり、こういうシビれる試合が見れるとやめられませんね。

しかし、これで終わりではありません。
五輪本戦があります。
きっとまたシビれるような試合が見れるのでしょうね。
頑張って欲しいですね。
マイネルアンジェロ、お座り
本日中山2Rの中山ダート1800m戦に出走したマイネルアンジェロのスタート直後の写真です。

マイネルアンジェロ、お座り

お座り、してますねぇ。
離れたシンガリの位置取りとなってしまい、レースとしては、この時点で終わっていた感じです。

ただ、道中徐々に追い上げ、じわじわと位置取りを上げていきます。
さらに直線でも激しい4着争いをシッカリと制しました。
位置取りを上げるのに脚を使ったと思うのですが、なおバテない。
なかなかいいスタミナを見せてくれたと思います。
スタートはともかく能力の一端は見せてくれた感じです。
とは言え、勝ち上がるにはもうひとパンチ足りない印象もあります。
今回は相手関係に恵まれた方だと思いますし、今後も恵まれるとは限りません。

それでも勝ち上がる可能性は感じさせてくれました。
何となく推測していたダート長距離という適正もハッキリしたと思います。
東京コースよりは中山コース、ローカルの馬場も良さそうです。
地方交流競争の深い馬場も合うでしょう。
相手関係や展開等の味方も必要だと思います。
ただ、適正がハッキリしていれば、機会を得やすいと思います。
チャンスをシッカリ逃さず勝ち上がって欲しいですね。
マイネルアンジェロ、変わり身を期待
明日はマイネルアンジェロのレースです。
中山2Rのダート1800m戦に出走します。

天気はいいようで、待望の時計の掛かるダートでレースができそうです。
距離も伸びますし、少頭数にも恵まれました。
この馬なりに条件は整っているという印象を持ちました。
問題はやはり・・・馬の能力なんでしょうね。

2戦使っての変わり身や、パサパサダートでの変わり身などがありそうな条件だと思います。
しかし、あくまでも「変わり身」の期待なんですよね。
客観的に前走までのレース内容では、少頭数とはいえ適わない馬が何頭もいます。
とはいえ、ここ2戦よりも新聞の印も付いてますし、少ないなりに手ごたえもあります。
なんかの間違いで勝ってくれると嬉しいのですが・・・。
「変わり身」、期待したいと思います。
マイネルアーバニタ、2着
本日、中京9Rのダート2,300m戦に出走したマイネルアーバニタは2着という結果でした。
断然の1番人気でしたので残念ではありますが、勝負のあやですので仕方ないと考えています。

今回は小回りコースということを意識したのでしょうか。
スタートから積極的に押していき、4番手に付けます。
道中は超が付くスローペース。
折り合いは定評がある方と思っているのですが、若干行きたがっているように見えました。
レースは静かな展開で、動き出したのは3ハロンの標識も過ぎ、残り500mくらいから。
外から並びかけていきますが、各馬余力を残しているのか、凄い勢いで並びかけるとまではいきません。
逃げたダンシングタイガーがコーナーリングを利してスッと突き放します。
必死に追って差を詰めようとしますが、相手も楽をしており思うように詰まりません。
結局、そのままという感じでゴール板が過ぎていきました。

敗因はペースにつきると思います。
バテくらべこそマイネルアーバニタの真価が発揮されると思っています。
しかし、今回はどの馬も余力を残しており、瞬発力勝負になってしまいました。
コーナー出口でスッと突き放されたのも、エンジンのかかりが遅いからです。

しかし、一方で収穫もありました。
石神騎手の騎乗っぷりです。
今回はスタート直後に仕掛けていき、その上で折り合いをつけるようなレースをしました。
江田騎手が乗ったときに同様のレース振りをしたことはあるのですが、石神騎手では始めてです。
若干折り合いを欠いていたとはいえ、これは超スローペースのため。
十分力をためる事はできたと思います。
今までのような競馬ですと今回の展開では掲示板に載れるかどうかだったと思います。
こういう競馬ができるようになると一層安定感が増してきますよね。
石神騎手とのコンビがより熟成されたことを感じます。
これは大きな収穫だと思いました。

次走は中1週で平場の2,300mダート戦か、中2週で矢作川特別でしょう。
今回のレースで中京コースに目処をつけたのは大きいですね。
当然、勝利をつかんで欲しいという気持ちもありますが、欲をかいてもいいことは無い気がします。
引き続きいい競馬をしてもらえたらと思います。