FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
マイネルサウダージ、剝離骨折・・・
本日、残念なニュースが入ってきました。
ここまでデビューに向けて順調に調整を続けていたマイネルサウダージ
来週にはデビューの話も上がっていたところです。
しかし、左前脚に剥離骨折が発見されました。
手術を行うということで、年内のデビューは無理でしょう。
本当に残念です。

それにしても、最近剥離骨折に祟られています。
マイネルサニベルから始まり、マイネルサイオン、そしてマイネランデブーは2度。
出資馬たちに立て続けに起こってます。
お祓いでもした方がいいのでしょうか。
しかし、マイネランデブーは復帰し勝ち上がりました。
競走能力に影響するものではないと思います。
再起を目指して頑張ってほしいと思います。
スポンサーサイト



マイネランデブー、目処がたった
本日出走したマイネランデブーは4着でした。
2番人気に押された割には今一歩という見方もあるかもしれません。
ただ、人気先行の気配は感じていましたし、自分としてはホッとしたという部分が大きいです。

すみません。レースを見てませんでした。
ラップ等からの推測になりますが、今回もおおむねスンナリ流れに乗ったようですね。
好位付けからの競馬はできたが、直線で伸びを欠いたと言ったところでしょうか。
この競馬をどう分析するかですが、先ほども書きましたが、個人的にはホッとしてます。
昇級戦ですし、前走よりもタイムは詰めています。
内容としてはそれなりに上積みがあったというところです。
ただ、大逃げを打つ馬がいたのが、不運だった部分はあると思います。
もっとスローでちんたら流れる方がセンスの良さが最大限に活かせるのではないでしょうか。
それでもまあ不向きなレースなり、にこのクラスでもやっていける手応えはありました。
新馬勝ち上がりとともに500万条件で上位にくるというのは長く走り続けてもらう上での大きな壁です。
その辺は乗り越えてくれたかな、と感じています。

今後ですが、とにかく無事に使い続けてもらうということが重要になるかと思います。
正直ダートを使っているうちは本気の競馬ではないでしょう。
芝を使えるようになったときこそ本格化の時期のような気がします。
そこまではじっくりと着実にレースを重ねていってもらいたいです。
そして、将来の芝のレースを楽しみに待ちたいと思います。
マイネランデブーの昇級戦です。
今週はマイネランデブーが出走します。
復帰戦で見事初勝利を飾り、今回は昇級戦。
このクラスでもある程度の走りを見せてもらいたいところです。

牝馬限定戦ということもあり、相手関係は比較的楽ですよね。
このメンバーなら、上位に来てもらいたいという思いはあります。
ただ、ここ2戦、センスの良さが際立っていました。
すんなりと流れに乗り過ぎていたという気もします。
クラスが上がって厳しい流れになるとどうなるか、不安もあります。

ただ、先週、今週となかなかいい稽古ができたようです。
上積みは見込めると思います。
今回も意外とスンナリとした競馬ができるかもしれません。
心配が杞憂であることを望みたいと思います。
マイネルサイオン、お疲れ様でした。
本日、ラストチャンスに賭けたマイネルサイオンは10着に敗れました。
おそらく、これで引退ということになるでしょう。
残念ではありますが、ベストは尽くせたと思います。

先日、レースは見れないと書きましたが、幸運にも少し抜け出せてWINSで見ることができました。
馬体重はマイナス8kg。
太め太目と言われ続けてきましたが、頑張って絞ってきた様子が伺えます。
パドック放送で見えた柔らかみのある歩様はいかにも私が好きそうな馬だと感じました。
ラストチャンスにベストを尽くせる状態に仕上がって来た印象を持ちました。

後方から進めるレース展開は予想通りでした。
ただ、かなりスローペースに流れたのはこの馬にとっては不運でした。
切れる脚がないということは重々承知していました。
前崩れの展開になり、他馬がバテたところを追い込むことができたらと考えていました。
まぁ、そういう都合のいい展開にはなかなかならないものです。
不器用なところが出てしまった感じですが、そういう馬だということは分かっていたことです。
他力本願のレースしかできないところがこの馬の限界だったということでしょう。

引退ということになると思いますが、なんとなく清々しいような感じを持っています。
確かに骨折等もあり、レースの数自体はつかえませんでした。
ただ、ダートを試すこともできましたし、最後はベストと思える条件でレースができました。
少ないレース数なりに、思うようなレース選択をしてくれたと思っています。
敗れて、悔いなしです。
元気は元気ですので今後は地方に移籍することになるのでしょうか。
今後どうなるのかは分かりませんが、幸有らんことを祈念します。
ラストチャンス
今週の出走確定馬はマイネルサイオン1頭です。
何度も言われてきましたが、これが未勝利勝ち上がりへのラストチャンスになります。
先日、マイネランデブーが今年のツアー時の写真を掲載して勝ち上がりました。
ここはゲンを担いでマイネルサイオンのほうの写真も掲載したいと思います。

マイネルサイオン、牧場にて

さて、そのラストチャンス、条件は札幌の芝1,800m戦です。
芝の長めの距離はおそらくベストの条件でしょう。
出来うるならば、もう少し直線の長いコースの方がいいと思いますが、今となっては叶わぬ望み。
現状での最良の条件を選んで頂いたと感じています。
鞍上は昨日は未定でしたが結局菊沢隆徳騎手に決まりました
ずっと乗っていただいて、一番この馬のことを分かっている騎手です。
やはりこれも最良の選択であると感じます。
ラストチャンスとして、できうる限りのことをしていただいていると感じます。

相手関係ですが、マイネルサイオン同様キャリアが浅いメンバーが多い気がします。
2着を確保するなど結果をだしている馬もいますが、紙一重な気がします。
未出走のタイキトゥルースが血統どおりの走りを見せたら悲しいものがありますが。

状態の方ですが、この1戦に向けて頑張ってきたという話です。
ずっと太目と言われてきましたが、今回は絞れているといった話を聞きます。
少なくとも今まででは一番の仕上げであることは間違いないでしょう。
ただ、追い切りを見る限り、大幅な上積みは何とも言えないところです。
それでも何とかなってほしいという思いがあります。

残念ながら、出走時間は手が離せそうにありません。
結果だけを見ることになるでしょう。
それでも、心の中でマイネルサイオンがいい結果を出してくれると祈っています。
なんとか勝利という結果を残し、今後の可能性を広げてもらいたいと切に願います。

頑張れ!マイネルサイオン


今日は厄日か?~マイネルアーバニタ編~
今日のもう1頭はマイネルアーバニタです。
こちらは、最終的には1番人気になりました。
前走内容からすれば当然に思えました。
しかし、やはりガックリしてしまう結果に終わりました。

スタート直後かなり仕掛けます。
前走比較的スムーズな序盤だったので、あれあれ?という感じはありました。
なんとなく力を出し切れなかった前々走を思い出してしまいました。
道中もインコースに閉じ込められてしまい外に出す機会が伺えません。
なんか窮屈そうに走っているな、と感じてました。
そろそろ出れそうかな、というタイミングで前方を行く馬に落馬のアクシデント。
その影響を受け一気にズルズルっと後退します。
さらに慌てて巻き返そうとして、4角で大外を回ってしまい傷口を広げてしまった感じです。
9着という結果ですが、最後は無理をしなかったように見えました。

まぁ、明らかにアクシデントの影響を受けたので能力的な悲観はありません。
ただ、最近思うのが、どうして序盤にあんなに仕掛けるのかな、ということです。
素人目線ではありますが、あまりいいことがないように思えます。
まぁ、次走は東京開幕週のダート2100m戦でしょう。
スタート直後にゆったり構えられるのも東京コースのいいところです。
シッカリ巻き返してもらいたいと思います。
今日は厄日か?~マイネルグリッツァ編~
今週出走の2頭はそれぞれ人気を背負いながら惨敗しました。
なんか巡り合わせの悪さを感じてしまいます。
とにかく一頭ずつ感想を書いていきたいと思います。

まずは、マイネルグリッツァから。
前走で遅れをとったツルガオカハヤテに次ぐ2番人気に押されました。
スタートはまずまずで、後方の位置取り。
前回道中で行ってしまったところがあったので、折り合いに気を使っているのかな、と思っていました。
ただ、飛越はそんなにスムーズな感じではありません。
そして勝負所になっても、上がってくる気配はありません。
結局、何の見せ場もないまま8着に敗れました。

正直、レース直後は敗因が全くつかめませんでした。
連戦での疲れでもあったのだろうか、くらいしか思いつきませんでした。
あとで、from RaceCourseを見ると歩様に違和感があったとのこと。
2周目の向こう正面の障害を飛越する際にバランスを崩したようなところがありました。
その辺で痛めた部分でもあったのかもしれません。
いずれにせよ、この着順ですと次走の出走もままならないでしょう。
今年はこの馬としては十分走ってくれたと感じています。
ここで休養してくれても、いいタイミングかなという気はします。

ただ、やはりそれでも歩様の違和感というのは気になりますよね。
もともとそういうところのある馬ですし、診療所での診断もレントゲンを撮るほどでもないとの判断です。
おそらく大丈夫だと思いますが、それでも心配はあります。
故障が軽い状態であることを祈りたいと思います。
今週の2頭は安定して走ってくれるでしょう
先週は出走が無かったので、ブログの方もあまり更新しませんでした。
今週は2頭出しの予定です。
どちらも勝ち負けになる馬で楽しみです。

土曜日の中山4R障害の未勝利戦にマイネルグリッツァが出走します。
ここ2戦平地上位の馬が出走していまして、惜しい競馬が続いています。
前走も平地上位の馬を意識しすぎて出し抜けを食らった部分もあります。
相手関係は今回もちょっと気になるところです。
それでも、ローカルの障害コースは平地の脚力が問われがちでした。
中山コースに変わることは有利に働くのではないでしょうか。
差す競馬も板に付いてきましたので、安定して走れることは間違いないでしょう。
レースが楽しみです。

もう1頭は土曜日の札幌6R500万条件ダート2400mにマイネルアーバニタが出走します。
こちらも近走は惜しい競馬が続いているところです。
シッカリと走った前走と同じ騎手同じ条件となります。
小回りコースの深いローカルダートの馬場は必ずしも合うとは思っていません。
それでも、それなりに走ってくれるというのがこの馬のいいところです。
とにかく長い距離のダートは安定して走っています。
ここを使ったら、次走は得意の東京コースになるでしょう。
安定した結果を残して次走に繋げてもらいたいと思います。

2勝しても全然不思議ではありませんがそんなにはガツガツしていません。
掲示板くらいで十分と思っています。
ともにシッカリ走って、力を出し切ってくれたらと思います。
2歳馬たちの近況
今週の出走予定は無しです。
まぁ、たまにはこんな週末があってもいいですね。
ずっとだったりすると辛いのですが・・・。
そんなわけで、特にネタがないところ。
本日は一昨日近況が更新された2歳馬でも語りましょうか。

まずはマイネルガルボ
1ヶ月後にマイネフロンティアとの比較で状態の良い方を先に入厩させるということになりました。
マイネフロンティアは出資を考えたこともある馬です。
馬格があって、牝馬では抜けた馬のように見えました。
ただ、あまり体質が強くなかったような印象がありまして、結局出資を見送った経過があります。
まぁ、体質の弱さを言われるとマイネルガルボも辛いところです。
それでも大分改善してきている印象はあります。
先に入厩できるよう頑張ってほしいです。

そして、マイネルサウダージ
こちらは9月中旬に美浦に入厩する予定とのことです。
一度は入厩しましたが、ゲート試験で暴れて牧場にUターンとなりました。
今回は結構力を入れてゲート練習を行っているようです。
もともと能力はしっかりしたものを感じていた馬です。
今度は無事にデビューに漕ぎつけてもらいたいですね。

3歳未勝利が終わりに近づき、2歳馬の季節になってきましたね。
新しい馬がどんな能力を秘めているのか、楽しみです。