FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
マイネルガルボの引退について
今日は引退したもう1頭、マイネルガルボについて、語らせていただきます。

ツアーの時から、勝ちあがるのはちょっと厳しいと言われてはいました。
実際に勝ち上がることはできませんでした。
でも、この馬についてはベストは尽くせたという思いは持っています。

この馬に出資を決めたときの私の評価はこんな感じです。
ポイントだけまとめると以下のようになります。
「小さくて華奢だが凄く柔らかい馬で、筋肉が付いていけば一級品の走りを見せてくれるのではないか」
「体の柔軟性を生かしたロスの無い走りで、直線で追い込んでくるような馬になるのではないか」
概ね、私の考えていた通りの馬だったと思います。
ただ一つ、「筋肉が付いていけば」の所が足りなかったということです。

先に述べたようにベストは尽くせた、と感じているのは次の理由によります。
JRAの現状のクラス分けですと、とにかく未勝利を勝ち上がらないとジックリ育てていくこともできません。
しかし、未勝利戦も終わりに近づくと出走ラッシュで、希望のレースに出ることすらままなりません。
未勝利で勝ち上がれなかった馬たちのなかで自分の適正にあわない条件しか使うことができず、力を出し切れなかった馬も少なくはないと思います。
マイネルガルボは飛びが大きく非力なので、平坦でサイズが大きい新潟競馬場はベストの条件です。
先に述べた状況の中で、自分にあった競馬場で最後の戦いができたことに悔いはありません。

実際に引退前の2レースはいい内容だったと思います。
他の馬よりも最後の伸び脚は際立っていました。
展開一つで勝ち上がる可能性があったと感じました。
結局勝ち上がる運はなかったのですが、ベストを尽くせたとは思い、自分なりにすっきりしました。

今は地方に移って、園田競馬場で走っているようです。
地方の小回りダートコースはけしてマイネルガルボに向いているとはいえません。
でも、そこは3歳秋までに勝たなきゃいけないという縛りはありません。
まだまだこれからの馬ですから、じっくりと力を付けてくると思います。
新しい地でも頑張ってもらいたいと思います。

        マイネルガルボの返し馬の様子
スポンサーサイト



マイネルヘンリーの引退について
引退した2頭について、まだ語っていなかったですね。
今日はマイネルヘンリーについて、語っておきましょうか。

結局、2度目の復帰はならず、引退ということになりました。
ツアーでもスタッフの人が懸命に復帰に向けて努力していることは伺えました。
その期待に応えることができなかったことは残念でなりません。

一番印象に残っているレースといえば新馬戦です。
具体的にはこちらを見ていただければと思いますが、9着という結果にも関らず、こんな前向きに思える内容があったことは驚きです。
普通、デビュー戦9着といえばブルーな気持ちになってもおかしくないのですが、素質をここまで確信できるレースはありませんでした。
その後期待に応えて、春のクラシックに乗れる直前までいきました。
なにより、血統的な背景から秋には大きなところへ行けるのではないかと大きな夢をみました。
しかし、夏に故障し、なんとか復帰はしたものの、大きな夢をかなえるには脚元が追いつきませんでした。

私も大分キャリアが長くなってきて、出資馬たちはいろいろな故障を経験してきました。
1度目の復活はできても2度目の復活はなかなか難しいものですね。
馬房で斜め向かいだった同父のホクトスルタンを始め、一緒に走った馬たちが頑張っているのを見るたびに無事でさえあれば、という思いは今でもあります。
が、これも運命なわけです。
現実を受け入れるしかないのです。
大きな夢を見させていただいたマイネルヘンリーには感謝したいと思います。

新馬戦でのマイネルヘンリー
マイネルハイラントがデビューしました
本日はマイネルハイラントがデビューしました。
とりあえず後方からの競馬で8着。
なかなか厳しい結果です。

牧場時代から、もともと評判はあまり高くありませんでした。
実際、入厩して稽古の感じでも大きな期待をしてはいけないのかな、という感じでした。
果たして、見せ場のない競馬で8着。
そのお値段からすれば、到底満足はできない結果です。

WINSで見ていたのですが、パドックでの感じからしてモッサリモッサリ。
レースでも、向こう正面から幸騎手の手は動きっぱなし。
後方からばてた馬を交わしただけ、という結果です。

しかし、とりあえずデビューしたての馬ですので、どんな結果でも糸口を見出していかなければいけません。
今回のレースで言うと、やはり「バテてはいなかった。」ということでしょうか。
向こう正面から手が動きっぱなしということは、普通に反応のいい馬でしたら直線ではバテテしまいます。
しかし、鞍上がそのようにしたにも関らず、最後にバテた馬を交わす余力がありました。
つまり馬が本気で走っていなかったということです。
競馬というものを覚えてくれれば、変わってくる余地があるということです。
もう、その辺の可能性にかけるしかないですね。
力を出し切ってバテるような競馬をしてくれることを期待したいと思います。