FC2ブログ
まさのりの一口馬主備忘録
主に趣味の一口馬主のことを書いています。
マイネルヘンリーの引退について
引退した2頭について、まだ語っていなかったですね。
今日はマイネルヘンリーについて、語っておきましょうか。

結局、2度目の復帰はならず、引退ということになりました。
ツアーでもスタッフの人が懸命に復帰に向けて努力していることは伺えました。
その期待に応えることができなかったことは残念でなりません。

一番印象に残っているレースといえば新馬戦です。
具体的にはこちらを見ていただければと思いますが、9着という結果にも関らず、こんな前向きに思える内容があったことは驚きです。
普通、デビュー戦9着といえばブルーな気持ちになってもおかしくないのですが、素質をここまで確信できるレースはありませんでした。
その後期待に応えて、春のクラシックに乗れる直前までいきました。
なにより、血統的な背景から秋には大きなところへ行けるのではないかと大きな夢をみました。
しかし、夏に故障し、なんとか復帰はしたものの、大きな夢をかなえるには脚元が追いつきませんでした。

私も大分キャリアが長くなってきて、出資馬たちはいろいろな故障を経験してきました。
1度目の復活はできても2度目の復活はなかなか難しいものですね。
馬房で斜め向かいだった同父のホクトスルタンを始め、一緒に走った馬たちが頑張っているのを見るたびに無事でさえあれば、という思いは今でもあります。
が、これも運命なわけです。
現実を受け入れるしかないのです。
大きな夢を見させていただいたマイネルヘンリーには感謝したいと思います。

新馬戦でのマイネルヘンリー
スポンサーサイト