FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
2010BRFツアーその4 ~マイネルフィロス編~
最後の報告は骨折で戻ってきたマイネルフィロスです。
まだ、実馬にあったことが無かったので、今回のツアーで特に会いたかった馬です。
明和の第三厩舎そばのパドックにいました。
第三厩舎は坂の上にありまして、会いに行くのは結構疲れます。
でも、自転車で登れる程度ですから、毎年体力を確認に来ている感じでちょうどいいですw

マイネルフィロス、とことこ
パドックによると近づいてくれるのは嬉しいですね。

        マイネルフィロス、顔のアップ
いい子でしたね。
ヤンチャすぎず、素っ気なさすぎず、ちょうどいい感じでした。

マイネルフィロス、全身
実はマイネルヘンリーに会った時のような迫力を期待していたのですが、そこまではなかったかな。
でも、いい馬でしたよ。

入厩まで行ってのUターンは本当に残念です。
でも、この馬にはまだまだ時間があります。
しっかり傷を癒していただいて、競馬場で会える日を楽しみにしています。

というわけで、今年のツアー報告はお終いです。
なんか今回は全然情報収集はしませんでしたので、あんまり目新しい情報はないですね。
牧場で寝てばかりいた気がしますw
芝生の上でごろごろしているとなんともいい気分になります。
ほんといいリフレッシュになりました。
また、来年も行きたいと思います。
スポンサーサイト



2010BRFツアーその3 ~マイネルマッシモ編~
次はマイネルマッシモについて書きます。
明和の第一厩舎そばのパドックにいました。
とりあえず写真。

マイネルマッシモ、後ろ姿
後ろ姿なのは、前から近づくとすぐ寄ってきてしまってまともな写真がとれないから。
とりあえず全身を撮りたかったので、こんな風になってしまいました。

マイネルマッシモ、近すぎ
こんな写真、ばっかりw
近すぎますw

        マイネルマッシモ、顔のアップ
まともな顔をすれば、なかなかイケ面に見えます。

と・に・か・く、元気でヤンチャでした。
ジャレ付きたくて仕方が無いというような感じです。
パワーが有り余ってる感じです。
結構相手をしていると疲れますよw
入厩も近いようで、馬体をみても長く休んでいたようには見えません。
結構、仕上がりは早いタイプなんでしょうね。
能力は確かなので、なんとか勝ち上がってもらいたいです。
2010BRFツアーその2 ~マイネイディール編~
本日はマイネイディールについて書きたいと思います。
通常、この馬はコスモビューファームの方にいる馬です。
しかし今回のツアーに合わせて真歌にやってくるということなので、そちらを見に行きました。

マイネイディール、真歌の坂路にて
坂路調教です。
マイネエレーナと併せていたのですが、ちょっと瞬間的なスピードは見劣りしましたかね。
先行していたのですが、私たちの前を通るときにスッと交わされた感じです。
素早い反応できるタイプではなく、粘りで勝負するタイプかもしれません。

        マイネイディール、お顔
お顔のアップ。
牝馬にしてはワイルド系の風貌なのですが、顔をみると牝馬らしい感じです。

マイネイディール、全身
立ち姿。
見栄えはいいですよね。

調教後触れ合ったのですが、基本的に穏やかな馬でした。
腰が甘いということなのですが、徐々に良くなっているようです。
坂路よりは平地のタイプなのかもしれません。
競馬を使う頃には、とのことなので、じっくり待ちたいと思います。
2010BRFツアーその1 ~2歳馬編~
今年もツアーに行ってきました。
本当に天気が良くて、暑過ぎるという意見もでるくらいでした。
雨よりは全然ましですし、私はこういう天気は嫌いじゃないです。

というわけでツアーで見てきたことを書き込みます。
まずは募集馬から行きましょうか。

さて、最近の私の選ぶ馬、どうもかったるい馬の割合が増えています。
馬格があって柔らかいのはいいのですが、どうもエンジンに入りが遅い馬が多いです。
今年のテーマとしてはキビキビとした馬を選びたいな、と考えています。
とはいっても、こちょこちょとした馬を選ぶ気もありません。
馬格があって柔らかくなおかつかったるいところがなさそうな馬、そういう馬を選びたいです。
まぁ、そんな馬を選べたら誰でも選びますよね・・・。
とにかく、キビキビ感があるか、というところも注視して選びたいと思います。

さあて、私が注目していた馬は?

カルチェラタンの09
カルチェラタンの09です。
ラフィアンと相性のいいチーフベアハート産駒ということを抜きにしても、いい馬だと思いました。
瞬発力というよりは長い距離で走りそうなタイプですね。

コスモヴァレンチの09
コスモヴァレンチの09です。
まぁ1番人気確実ですね。普通にいい馬でした。
ディープインパクト産駒は魅力的です。

ノーチェリンダの09
ノーチェリンダの09です。
早産まれなこともありますが、よく見えました。
体型がいかにもブライアンズタイムしてます。

エアリバティーの09
エアリバティーの09です。
遅産まれで小さいのですが、動きが非常によく見えました。
父の血統からもこれから大きくなってくることと思います。

エイシンオープンの09
エイシンオープンの09です。
牝馬としては枝が長くて見栄えがします。
すこし細身ですが、鍛えて幅が出てくればさらに魅力が増すことでしょう。

マイネヌーヴェルの09
マイネヌーヴェルの09です。
いかにもこの牝系の馬という感じのワイルドな風貌です。
まぁ、別格の印象があります。

今回はツアーで目星をつけた馬ということでさらさらと書きました。
申し込みの時点でもさらさらと書くと思います。
出資が決まりましたら、思い切って書きたいと思います。
今週末はツアーです
今週末はツアーですね。
もちろん今年も参加しますよ。

というわけで、今年の募集でどのあたりを狙ってるかを書こうかと思ったのですが・・・。
うーん、多分あんまり面白くなさそう感じになりそうです。
とりあえず目に付いた馬をピックアップしてみます。

コスモヴァレンチの09
マイネヌーヴェルの09
カルチェラタンの09
ムービースクリーンの09
エイシンオープンの09

まぁ、こういったところでしょうか。
ね、つまんないでしょう。いかにも人気サイドの馬ばかりで。
まぁ、捻ってもしょうがないですかね。
だって、よく見えるんだもん。
まぁ、玉砕覚悟で応募する感じになるのかもしれないですね。
最終的には牧場で決めたいと思います。


マイネルアーバニタ、ありがとう
今年引退したもう一頭のマイネルアーバニタについて書きます。

この馬、牧場に行くまでは全然出資を考えていなかった馬でした。
牧場にいってからも特に目立つところがあった馬ではありませんでした。
ただ、愛嬌があって、可愛らしかったんですよね。
走らなくてもいいから、そういう思いで出資をしたこと覚えています。

最初から、順風満帆の競走生活というわけではありませんでした。
しかし、ダートの長距離という自分の居場所を見つけることができました。
無事、勝ち上がることができ、クラスが上がってからも見せ場をつくるができました。
大きなレース出ることはありませんでしたが、
こういう馬たちにとって、居場所があることは本当にかけがえのないものです。

また、牧場にいって会う機会も多く持つことができました。
最初の愛嬌がある部分だけでなく、疲れた顔をしていたり、
無反応気味な態度をされたこともありました。
それでも、触れ合おうとするとしょうがないなぁという感じで対応してくれました。
性格の根本的な部分は最初に感じていた時と同じだと感じていました。
本当に可愛らしくて性格のいい馬でした。

今年に入っての障害転向。
ちょっと、行き詰まり感があったので、選択肢としては悪くなかったと思います。
私にとっては障害転向は、皆コンスタントに走ってくれています。
一方で、すべての馬が故障でターフを去ることになっています。
結構相性がいいとも言えるし、鬼門ともいえます。
今までの私の出資馬で障害に転向した他の馬と比べて、
小柄な馬だったので故障の心配は少ないかな、と安易に考えていました。
障害初戦、予想外の惨敗。
きっと、この時点で故障を発症していたのでしょうね。

引退まで38戦。本当に頑張りました。私の出資馬の中では最多出走です。
そして、このブログで一番多くの記事になっているのはこの馬です。
けして派手な走りをしたわけではありません。
しかし、堅実な走りをして、掲示板に乗ったこともたくさんありました。
年間10戦程度コンスタントに走り続けてくれたのは素晴らしいことです。
本当にありがとうといいたいです。

     マイネルアーバニタ、表彰式

マイネルアーバニタ、直線競り合い

マイネルハイラント、頑張ってね
今年の引退馬2頭について後で書くと言っておきながら書いてませんでしたね。
まずは、マイネルハイラントから書きます。

この馬、買ったとき、めちゃめちゃ高かったんですよねぇ。
牧場の評判も上々でした。
まぁ、今思うとこの馬にとってこの時がピークでした。

一年後、再びツアーで北海道を訪れたとき、この馬の評判は散々なものでした。
必死に自転車をこいで、高台のヒルズ厩舎まで会いに行ったのですが、
なんか放置気味な感じで一年前までの期待は何だったんだろうという感じになりました。

それでも、入厩し稽古を走るようになるとまぁまぁの動きを見せるようになります。
トップスピードに乗るとまぁそこそこやれるのではないか、という期待を持ちました。

しかし、レースではそのトップスピードに乗るまで大変でした。
中央での全4レース。すべて内容は後方から差して届かず。
色々と工夫はしていただいたと思うのですが、余りに内容が変わらなさすぎです。
引退という結論を出したのも已むをえないと思います。

心残りといえば府中のダート2100mを走ってほしかったかなと。
まぁ、私の選ぶ馬、この条件がほんと得意なんですよねw
多分、より善戦できたかとおもいますよw

さて、引退後ですが地方競馬の佐賀で走っているようです。
この間、初勝利も上げたようですし、なんと本日も勝ったようです。
少しは前に行けるようになりましたかね。
地道に頑張って、また姿が見る機会があるといいですね。

    マイネルハイラント
マイネルフィロス骨折
私の出資馬の2歳勢で一番早くデビューが見込まれていたマイネルフィロス
先日骨折したとの残念なお知らせをいただきました。
いかにも長い距離を走るタイプであろうマイネルフィロス
最近は2歳のこの時期にも長めの距離のレースが整備されています。
どういうレースをするのか見たかったので、残念な思いは正直なところあります。
ただ、骨折の程度としては軽いもののようです。
そもそも2歳のこの時期からバンバン走るようなタイプでもありません。
軽いうちに見つかったと前向きにとらえたいと思います。
今はジックリ傷を癒していただいと思います。
そして、さらなる成長した姿をレースで見せてくれることを待ちたいと思います。
インターねっつの進歩は凄いですね
私は本日のマイネランデブーのレースを如何に観戦しようかということに頭を悩ませていました。
地方交流の川崎競馬場。行こうと思えば行けない距離ではありません。
しかし、けして近い距離ではないし、ナイター競馬まで行って帰るとなるとそれなりの時間になります。
ただでさえ先日のW杯日本戦を最後まで見てしまって寝不足気味なのに、翌日の仕事に差し障りがあるといけません。

「地方競馬はインターネット中継があるよ。」

職場の上司より神の声を頂きました。

ただ、我が家のインターネット環境はけして高速といえる環境ではありません。
画像のライブ中継のようなものがまともに見れたためしがありません。
でも、家で無理なら外で見ればいいじゃない。
というわけで仕事が終わり、軽く食事を取った後、インターネットカフェへ。
ちゃんと見れるか確認。おう、素晴らしい。
音声については、やはりテレビの洗練されたものはありません。
画像に関して言えば、テレビと遜色が無い気がします。
時代はここまで進んでいるんだなぁ、とシミジミ感じましたとさ。

え?レース結果?
まぁ、スタート直後に躓いて、あんなに離されちゃお終いです。
騎手も無理しなかったように見えました。
体重も戻ってたし、調子自体は悪くなさそうなので、次走に期待したいと思います。
本日のマイネルチハヤ
本日出走したマイネルチハヤは14着という結果でした。
全然付いていけなくって、向こう正面から騎手の手が動きっぱなしでした。
以前から大飛びなので外を回す競馬を見たいとは思っていました。
今回はそういう競馬でしたが、特に見どころはなかったです。

厳しい状況にあることは変わりないです。
地方交流とかがあればもう少し何とかなると思うのですが。
長い目で見守ってもらいたいです。