FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
マイネルアーバニタ、ありがとう
今年引退したもう一頭のマイネルアーバニタについて書きます。

この馬、牧場に行くまでは全然出資を考えていなかった馬でした。
牧場にいってからも特に目立つところがあった馬ではありませんでした。
ただ、愛嬌があって、可愛らしかったんですよね。
走らなくてもいいから、そういう思いで出資をしたこと覚えています。

最初から、順風満帆の競走生活というわけではありませんでした。
しかし、ダートの長距離という自分の居場所を見つけることができました。
無事、勝ち上がることができ、クラスが上がってからも見せ場をつくるができました。
大きなレース出ることはありませんでしたが、
こういう馬たちにとって、居場所があることは本当にかけがえのないものです。

また、牧場にいって会う機会も多く持つことができました。
最初の愛嬌がある部分だけでなく、疲れた顔をしていたり、
無反応気味な態度をされたこともありました。
それでも、触れ合おうとするとしょうがないなぁという感じで対応してくれました。
性格の根本的な部分は最初に感じていた時と同じだと感じていました。
本当に可愛らしくて性格のいい馬でした。

今年に入っての障害転向。
ちょっと、行き詰まり感があったので、選択肢としては悪くなかったと思います。
私にとっては障害転向は、皆コンスタントに走ってくれています。
一方で、すべての馬が故障でターフを去ることになっています。
結構相性がいいとも言えるし、鬼門ともいえます。
今までの私の出資馬で障害に転向した他の馬と比べて、
小柄な馬だったので故障の心配は少ないかな、と安易に考えていました。
障害初戦、予想外の惨敗。
きっと、この時点で故障を発症していたのでしょうね。

引退まで38戦。本当に頑張りました。私の出資馬の中では最多出走です。
そして、このブログで一番多くの記事になっているのはこの馬です。
けして派手な走りをしたわけではありません。
しかし、堅実な走りをして、掲示板に乗ったこともたくさんありました。
年間10戦程度コンスタントに走り続けてくれたのは素晴らしいことです。
本当にありがとうといいたいです。

     マイネルアーバニタ、表彰式

マイネルアーバニタ、直線競り合い

スポンサーサイト



マイネルハイラント、頑張ってね
今年の引退馬2頭について後で書くと言っておきながら書いてませんでしたね。
まずは、マイネルハイラントから書きます。

この馬、買ったとき、めちゃめちゃ高かったんですよねぇ。
牧場の評判も上々でした。
まぁ、今思うとこの馬にとってこの時がピークでした。

一年後、再びツアーで北海道を訪れたとき、この馬の評判は散々なものでした。
必死に自転車をこいで、高台のヒルズ厩舎まで会いに行ったのですが、
なんか放置気味な感じで一年前までの期待は何だったんだろうという感じになりました。

それでも、入厩し稽古を走るようになるとまぁまぁの動きを見せるようになります。
トップスピードに乗るとまぁそこそこやれるのではないか、という期待を持ちました。

しかし、レースではそのトップスピードに乗るまで大変でした。
中央での全4レース。すべて内容は後方から差して届かず。
色々と工夫はしていただいたと思うのですが、余りに内容が変わらなさすぎです。
引退という結論を出したのも已むをえないと思います。

心残りといえば府中のダート2100mを走ってほしかったかなと。
まぁ、私の選ぶ馬、この条件がほんと得意なんですよねw
多分、より善戦できたかとおもいますよw

さて、引退後ですが地方競馬の佐賀で走っているようです。
この間、初勝利も上げたようですし、なんと本日も勝ったようです。
少しは前に行けるようになりましたかね。
地道に頑張って、また姿が見る機会があるといいですね。

    マイネルハイラント