FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
ノーチェリンダの09にも出資します
もう一頭、ノーチェリンダの09についても出資が決まりました。
最近の私の選ぶ馬は、どうもかったるい馬が多いということを先日書きました。
馬格と柔軟性をポイントとしているのですが、その方向自体は間違っているとは思っていません。
能力はともかく「タイプとしては」自分が考えているような馬を選べてはいます。
そこで今回の選び方ですが、まず今までの基準である程度ザックリと絞る。
そして、その中で一番キビキビ感を感じられる馬を選ぶ。
そうすることによって、大きく柔らかくてもかったるくない馬を選べるのではないかと考えました。
そういった考え方の中で選んだのがこの馬です。

ノーチェリンダの09、全身

2月4日と早生れなのこともありまして、馬格面では他馬を一歩リードしています。
動きも柔らかみがあっていい感じです。
そうここまでは今までの基準と同じです。
最終的な決め手となったのは動きにキビキビ感が感じられたことです。
なんて言いましょうか。結構気性的に激しいところがあって、敏感に反応するような感じなのです。
正直、あんまり上手く説明できないし、あてにもならないところです。
私には感じられた、ということでご容赦願います。
この馬はブライアンズタイム産駒らしい立派な腹袋をしています。
シルクジャスティスみたいなイメージを持ってしまいます。

ノーチェリンダの09、顔

入厩予定の奥平厩舎とラフィアンの相性は今一歩のようです。
それでも、厩舎の実績を考えると、そろそろ走る子がでてもおかしくないでしょう。
この体でこの迫力、そこに機敏なところがあれば、きっと活躍してくれるのではないでしょうか。
期待したいと思います。
スポンサーサイト



エアリバティーの09に出資が決まったよ
本日、無事出資が確定した旨のご連絡をいただきました。
ポイント的には大丈夫だったとはいえ、届くまでは不安なものです。
それではそれぞれの馬について、書いておきたいと思います。

まずはエアリバティーの09から書きます。
この馬6月22日と遅生まれでカタログ上の見栄えは良くありません。
実際、馬格も現時点ではかなり小さめです。

エアリバティーの09、全身

写真を見て、どうでしょう。
バランスは悪くありませんが、まぁ迫力があるとは言い難いですよね。
正直なところ、カタログを見た段階ではスルーしていました。
ただ、動かすと凄いんです、この馬。
ものすごく柔らかくて、小さい体を目一杯使った動きをします。
柔らかくてもかったるい感じではなく、キビキビとした動きを見せます。
DVDを見て気になり始め、実馬を見て「これだ」と確信しました。
ツアーでは他の先に生まれた大きな馬と横の比較ができます。
そんな状況で、現時点でも見劣りがしないように見えました。
実際馬格は足りていないのですが、動きのダイナミックさで他の馬以上のオーラを感じました。
馬格が足りない分は遅生まれですし、徐々に追いついていくことでしょう。
もともと父のダイワメジャーは大きな馬ですからね。
父は大きくて柔らかくて、猛獣のような走りをする稽古が印象に残っています。
この馬もそんな走りをしてくれるのでは期待してしまいます。

エアリバティーの09、顔のアップ

私はほとんど1口なのですが、かなりピンと来たので2口いってしまいました。
まぁ、マイネルハイラントの補償があったこともありますが。
後は未定の厩舎ですね。
いいところに決まってくれることを期待しています。