FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
今年1年の出資馬たちを振り返る2010
年末の慌しい時期ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
最近は比較的更新してますでしょうか。
今年の下期は馬たちが元気なので、ボチボチは書いていますよね。
ただ、もっとバリバリ重賞クラスで走るようになるとさらに更新頻度が増えるのですけどね。
もっと更新できるようになりたいのですが・・・というお決まりのセリフを今年も言っておきます。

さて、例年通り、今年1年の出資馬たちの成績を振り返りたいと思います。
そして、今年の当初に掲げたそれぞれの馬たちへの目標も再掲しておきます。
「・」の後に斜体で書かれているのがそれです。
年上の方から順に書いていきます。

○マイネルアーバニタ・・・(0,0,0,3)
・8戦出走
残念ながら目標達成ならず、です。
障害のデビュー戦となる今年3戦目で無念のリタイアとなりました。
今までの出資馬の障害転向は概ねいい成績を上げながら、故障に泣いてきました。
丈夫に走り続けて来たこの馬ならより楽しめそうと思っていた障害デビュー戦での悲劇でした。
なかなか難しいものです。
引退後は乗馬クラブに引き取られたそうです。
牧場でかなりの回数会った(たぶん今までの出資馬の中で一番多い)のですが、本当に良い子です。
きっといい余生を過ごすことでしょう。
全38戦は私の今までの出資馬の中で最多となります。
また、このブログでのユーザータグの最多数、要は一番記事にした馬でもあります。
本当にお疲れ様、そしてありがとうと言いたいです。

○マイネランデブー・・・(0,0,0,3)
・8戦出走
・無事、年を越すこと。

結局今年は3戦出走して、1000万条件では見せ場をつくれず引退となりました。
無事繁殖に上がれたようで、後ろの方の目標はまぁ達成ということになりますね。
そんなに丈夫な馬では無かったので、無事に上がれたのは何よりです。
ただ、悔いの無い競走生活を送れたかと言えばノーです。
もう少しやれたのではないか、という思いは多少持っています。
でも、まぁその辺は次代に繋げるということですね。
産駒の優先出資権初めてゲットしました。
使う日が来ることを楽しみに待ちたいと思います。

○マイネルチハヤ・・・(0,0,0,10)
・重賞出走
無理気味と分かっていた目標でしたが達成はならずです。
それでも、10戦出走し、3回は掲示板を確保しました。
きっとこの馬なりに頑張ってくれたんでしょうね。
まぁ期待が大きすぎました。来年は無理のない目標にしたいと思います。

○マイネルマッシモ・・・(0,0,0,1)
○マイネルハイラント・・・(0,0,0,2)

・まとめて1勝
とにかくどちらかが勝ち上がって欲しいということでしたが、目標は達成できませんでした。
特にマイネルマッシモは勝ち上がる能力を感じていました。
実際、復帰初戦では次戦に期待を持たせる能力を見せてくれました。
ただ、勝ち上がりを目指す過程で無理があったのでしょうか、残念なことになりました。
謹んで冥福をお祈りします。
マイネルハイラントは今も佐賀で頑張っているようです。
なんと14戦して12戦で掲示板を確保、年末には3勝目を上げたようで・・・。
まぁ相変わらずズブい感じの競馬をしているようですが。
佐賀では1400m戦しか使えないのですかね。
もっと長い距離を使えるようなクラスになれば台頭してくるかもしれませんよ。

○マイネイディール・・・(1,0,1,2)
○マイネシェリー・・・(0,0,0,8)
○マイネルフィロス・・・(0,0,0,3)

・全馬デビュー
・1勝

全馬無事デビューを果たし、マイネイディールが勝ち上がりました。見事目標達成です。
今年の下期は本当に2歳馬達が頑張ってくれたので、ブログをコンスタントに書き続けられました。
勝ちあがったマイネイディールはもちろん立派なものです。
ただ、初戦、3戦目は消化不良のレースでした。好走はしましたが、2戦目も道悪でベストではないでしょう。
それでも終わりよければ全て良し!最後に気持ちのいいレースを見せてくれました。
来年に向けて大きく期待できる1頭だと思います。
マイネシェリーも頑張りました。
2歳で8戦は・・・マイネルコンバット以来?でしょうか。
とにかく丈夫で走り続けてくれて、さらにレースぶりも良くなっています。
来年は更なる上積みを期待したいと思います。
マイネルフィロスは最後に見れて良かったです。
結果は出ていませんが、潜在能力の高さは確認できました。
凄く綺麗なフォームで飛ぶように走る馬です。
ただ、不器用な馬で不利を受けやすい馬でもあります。
来年はその力を存分に発揮してもらえたらと思います。

◎合計・・・(1,0,1,32)
・3勝
・30走

とりあえず勝利数が伸びなかったのは古馬に誤算があったことにつきます。
まさかマイネルチハヤ1頭を残し、全て引退してしまうとは・・・。
そのマイネルチハヤも期待を大きくしすぎたところはありました。
それでも34走と目標を達成したのは2歳馬たちの奮闘によるものです。
成績よりは退屈しない1年を過ごせた気がします。

ではでは!皆様よいお年を!
スポンサーサイト



マイネルフィロスを初めて見てきた
本日、阪神3Rの未勝利戦芝2000mに出走したマイネルフィロスは7着という結果でした。
初めて生で見る機会を得たので、写真を交えつつ感想を書いてみます。

マイネルフィロス、パドックでアップ

パドックでのマイネルフィロスのアップです。
阪神競馬場のパドックはすり鉢状なのですが、馬が歩くところが高くなっているので、写真が撮りづらいです。
思い切り高い位置から撮ってみました。

マイネルフィロス、パドックで騎手を乗せて

パドックで騎手を乗せての様子です。
動きを見ると、やはり私の好きなタイプの馬だなと感じました。
柔らかくて一歩が大きくて雄大な歩きをする馬です。
結果が出ていないので、選んだ時の印象と変わったのかは確認したいところでした。
全く変わっていなかったのでなんかホッとしました。

マイネルフィロス、本馬場入場

本馬場に入場するときの様子です。
本当は返し馬を取ろうと思ったのですが、スタート位置を2コーナー奥のポケットと勘違いしていました。
反対方向に走っていくのを見て、あ、4コーナー奥のポケットだったんだと気が付きました。
慣れてない競馬場なのでやってしまいました。
遠目にみた返し馬の動きは飛ぶような感じでいい走りをしていましたよ。

マイネルフィロス、直線

さて、レースです。
写真は直線での走りの様子。阪神競馬場は府中や中山と比べると凄く馬が近い印象があります。
スタートは今一な感じで後方の位置取り。途中からペースがガクッと落ちます。
こういう緩急があるレースがダメなんですよね。
直線で勝負所に入りペースが上がったところで少し遅れています。
ただ、バテテいるわけではないので、ジリジリと最後は差を詰めました。
7着という結果ですが、なんか脚を余した印象は強いです。

とりあえず初めて見たわけですが、見に行ってよかったな、とは思いました。
着順以上にこの馬の良さを感じることができました。
パドックでの歩き方も伸びやかで凄くいい感じです。
直線なんかでも凄くいいフォームで走っているんですよね。
トップスピードに乗った時の走りは惚れ惚れとするものがあります。
ただ、とにかく不器用で力を出し切ることができない馬なんですね。

勝つためには何が必要なのか。
他の馬と一緒に動くことができない印象があります。
思い切ってまくっていくとか、他馬が自然に早仕掛けとなるような展開が必要な気がします。
あとは・・・東京コースカモン!ですかね。絶対向いていると思います。
まぁ、関西馬が関東の競馬場を使うのは馬房の関係でハードルが高いとは聞きます。
あるいは新潟コースですね。
レース後にダート転向も視野にという話が出たようですが、バテ比べになるようなら面白いと思います。
ただ、あまりに飛びが綺麗なので適正があるかどうか、ですね。
何とか、完全燃焼したと思えるようなレースを期待したいところです。
今年の最後はマイネルフィロスでいい締めを
結果的に今年の最終開催は競走年齢に達した出資馬4頭が、綺麗に毎週1頭ずつ出走することになりました。
そのトリを飾るのが明日の阪神3Rに出走するマイネルフィロスです。

近走を見る限り大きな期待をかけるのは酷にも思えます。
ただ、メンバーを見ると随分と軽いメンバーなんですよね。
最近マイネイディール、マイネシェリーが厳しいメンバーと戦ったきただけに余計にそう思えます。
目標はやはり掲示板です。この目標も4頭続けてとなりますかねw
優先出走権有る無しの影響は少なからず大きいです。
マイネイディールがそういう目標をたてて勝ったという縁起も担いでいます。

この馬は加速がつけば、いい脚を長く使えるタイプだと思っています。
ただ、その反応力が鈍く力を出し切れていない印象があります。
なぜそう思うかというとやはり稽古であれだけ走れたのだから、ということです。
改めて、デビュー1週前の稽古の時計は優秀だったことを検証してみました。
栗東のCWコースで66.5-52.0-38.0-12.7
週刊ギャロップでは2歳馬の調教時計を全部載せています。
調べまして、この馬よりも全体時計も速く上がりも速かった馬は1頭だけです。
後の東スポ杯勝ち馬で朝日杯の1番人気馬のサダムパテックです。
デビュー前ですが、このころからこれくらい走る素質があったんですね。
ちなみに時計ですが、65.3-51.9-38.5-12.5です。
4ハロンあたりからの時計でみれば、殆ど遜色がありません。
まぁ、この検証はぶっちゃけデビュー前にはしていました。
ただ、その当時サダムパテックはまだ無名だったので、あえて書くことはしませんでした。
東スポ杯でサダムパテックが名を轟かしたときは、個人的には「おお」と感嘆の声をあげてしましました。
こんなに出世して、今なら書けると思い、改めて書いてみました。
話はそれましたが、そんなわけで揉まれずスムーズに加速が付けば、いいとこがあると思っています。
今回は枠順が外目なのでその辺を見れることを期待したいと思います。

なかなか機会がないので応援に行ってこようかと思います。
世間が有馬記念で盛り上がる中、敢えて関西に行くのも面白いものです。
ある程度の結果を残して、いい年越しができたらと期待したいと思います。
マイネシェリー、今回は仕方ないでしょう
本日出走したマイネシェリーは13着という結果でした。
予想通り最低人気で、結果自体も已むを得ないものかなと感じています。

レースですが、とにかく展開は向きませんでした。
スタートは上手かったと思いますが、外枠で無理しなかったこともあり後方の位置取り。
ペースは超スローに流れてしまい動くに動けず。
直線では内を突きますがどの馬も余力があって馬群が捌けませんでした。
まるで展開が向かなかったわけで仕方ない結果と考えています。

それでも、勝った馬とは0.7秒差でそれほど離されてはいません。
馬自体も最後まであきらめずに走っていました。
強力メンバーで、さらに展開も向かず、それでこの着差なら悪くないなと思っています。
枠順次第では、今回のメンバーでも、もう少し上にいけたかもと考えています。
状態自体は悪くはなさそうですし、着順ほど悲観する結果ではないでしょう。
着順だけを見て、次走、人気が落ちるようなら狙い目だと思います。

まぁ・・・次走はもう少しメンバーを選んでもらいたいものです。
芝の中距離を使っていますが、もう少し長い距離を使ってみた方がいいと感じています。
また、ダートを試してみてもいいかもという気もしています。
あらためて、次走に期待したいと思います。
マイネシェリー、厳しいなぁ
前走で初めて掲示板に載ったマイネシェリー
優先出走権を得て、明日の中山3R芝1600mに出走します。
前走で初めて掲示板の載ったわけですので、当然気合が入るところですが、メンバーを見て・・・

なんじゃ、こりゃあ!

全馬・・・前走掲示板なんですね・・・
さらにほとんどの馬が複数回掲示板を経験している馬でです。
1回だけなのは、ここが2戦目の馬と、3戦目で前々走が6着のサクラライジングですか。
まぁ、レース経験を重ねてやっとこ掲示板に載れたマイネシェリーにとっては全ての馬が格上と思えます。
先週のマイネイディールの未勝利戦も厳しい相手と思いましたが、さらに上回っています。

決まった枠順も6枠12番。
ご存じ中山1600mは内枠有利のコースです。
前走内枠で結果を出したマイネシェリーは是非とも内枠がほしかったところ。
ちょっと外過ぎますよね。

まぁ何から何まで厳しい条件です。
これならその前の2Rの牝馬限定ダート戦を試してみても良かったのではないか、とも思ってしまいます。
でも、決まってしまったものは仕方ないです。
マイネシェリーはどんな時でもベストを尽くしてくれる馬です。
少しでも多くの馬を負かしてくれることを期待したいと思います。

それにしても、こんな厳しい未勝利戦、長い一口馬主生活で初めてですわ・・・
マイネルチハヤ、凡走
本日の小倉8Rダート2400m戦に出走したマイネルチハヤは9着に敗れました。
9番人気で9着ですから人気通りといえば人気通りなのですが、個人的には凡走という印象を持ちました。
とりあえずレースを振り返ります。

まず、気になったのがプラス13kgという馬体重。
輸送を考慮して軽めの稽古だったわけで、そういう意味で輸送のダメージは少なかったと思われます。
ここ最近は少し長めの輸送をしていたわけですので、大分慣れてきたんですかね。
ただ今までがガレていたのか、今回が太めなのか、それについては今回の結果で分かると考えていました。

レースですが、スタートは悪くなかったのですが、位置取りは後ろになります。
内枠なこともあり、ずっとインコースでロスなく走ります。
あとは・・・そのまま、という感じですね。
ペースはかなりゆったりしていて、どの馬も余力があった感じでした。
最後は馬自身も競馬をやめてしまった感じとなりました。

人気通りの結果なのですが、もっと走れると考えていたので凡走という表現を使わせていただきました。
敗因の第一としては、ペースが超スローに流れたこと。
ただ、まくる脚すら見せず、離されてしまったのは、状態にも問題があったようにも見えました。
その辺の理由の一つとしては、先ほど述べた馬体重。
今回の結果で分かる、と書きましたが、太めだったとしか考えられませんよね。
次走はビッシリと追い切ってもらいたいと思います。
あとは距離でしょうか。なんだかんだで血統は父マイネルセレクト。
スピードに乗るのが遅く、付いていけない馬ですが、意外と距離が持たないのかもしれません。
短い距離でずっと追い通しとかの競馬のほうがいいのかもしれません。

正直、推測とか希望の域をでないことを述べてしまいました。
今回のメンバーと考えた上でこの結果だと、結構へこんでしまいます。
少しでも道を探りたくなるものと考えていただいて、ご容赦いただければと思います。
それにしても地方交流だけだとつぶしが効かないですよね。
他にも掲示板を確保できるような道を見つけてもらいたいものですが・・・。
なんとか頑張ってもらいたいです。
明日はマイネルチハヤが頑張ります!
今週はマイネルチハヤが出走予定です。
マイネシェリーの出走予定が来週に延期となり、未入厩ながら年内に出走予定しているというマイネルフィロスと合わせて、この最終開催は毎週1頭ずつ出走というような運びとなるのでしょうか。
いやいや、マイネルチハヤの明日の走り次第では滞在してもう一度小倉を使ってくるかもしれませんね。
少ない頭数ながらも、次々と出走してくれるのは本当に有難いです。

さて、マイネルチハヤの話に戻りますが、明日の小倉の8Rダート2400m戦に出走します。
てっきり地方交流競走を使ってくると思っていたので、ちょっとビックリしました。
ただ、この選択肢は悪くないと思います。
地方交流だけでは出走のバリエーションに限界があります。
この距離で走ってくれれば、それだけレース選択の幅が広がります。
適正的に合うと思われますので、新たな道を探るにはピッタリな感じです。

それでも地方交流の低レベルのメンバーで掲示板確保がやっとの現状。
今回もなんとか掲示板を確保してもらえたらな、くらいに考えていました。
そんな気持ちで見た相手関係ですが・・・これは・・・しょぼい・・・w
500万以下条件と言いながらも、13頭中未勝利馬が半数を超える7頭を占めます。
前走で掲示板を確保したのもマイネルチハヤを含めて3頭だけ。
このメンバーなら、掲示板の確保は現実的な目標となります。

長距離戦ですから、展開次第でガラッと変わることがあり、騎手の腕がものをいいます。
丹内騎手には頑張ってもらいたいですね。
頑張ってもらうといっても、あまり余計なことはしないようにすることが一番重要です。
マクリが板についてきた感もありますが、できれば仕掛けてまでマクリはしてもらいたくはないですw
飛びが大きいので、揉まれないように気分良く走らせてもらいたいです。
どんな競馬を見せてくれるのでしょうか。楽しみです。
パソコンが修理から戻ってきました。
パソコンが修理から戻ってきました。

最初は、ログからは症状は分かるが、再現できないとのこと。
ソフトウェアが古いバージョンなのでそれを最新にして、様子を見てもらえないだろうか、との連絡。
ちょっと違うような気がしましたが、とりあえず了承し、返してもらうことに。
ところが最終出荷検査にて、キーボード・キーボードインシュレーターの故障を確認し、交換したとのこと。
おそらく、そちらのほうが原因なんでしょうね。

戻ってきてから2日、現在のところ、快調に動いています。
一番困っていたのが、KGSに入ると二、三十分すると必ずフリーズしていたこと。
久しくまともに碁が打てていませんでした。
本日、一局まともに打ちきり、まぁ大丈夫だな、と思うことができました。



碁は負けましたけどね!
マイネイディール勝った!
本日の中山3R芝1600m戦に出走したマイネイディールは見事勝ち上がりました!
9番人気という低評価でしたが、見事見返すことができました。
まぁ、低評価という点では私も人のことは言えないですよね。
レース前には掲示板に載ってくれれば・・・とか言ってましたからね。
現地応援にも行かずにWINSでの応援どまり。
馬券も馬連でちょろちょろ買っただけですし・・・。
信じきれなくて、ごめんなさいという感じです。

レースですが、スタートは上手かったと思いますが、予想よりは後ろの位置取り。
ただ、インコースでロス無く進めることができました。
少しカカリ気味にも見えるほどの抜群の手応え。
2頭が引っ張って結構早めの流れになったのが、幸いしたかもしれません。
そして、直線に入ってスパートのタイミングですが、前に馬の壁が。
デビュー戦と同じでこれでは動けないのか、と思いましたが、ここからがデビュー戦と違います。
馬群を縫うように伸びる根性を見せてくれました。
グイグイと先頭との差を詰め、素晴らしい伸び脚を見せます。
そして、頭差交わしたところがゴールでした。

それほど大きく変わってきた印象は無かったので、正直なところ驚きました。
ただ、今までは前が詰まって全然追えなかったり、極悪馬場だったりで力を出し切れて無かったんでしょう。
3着に来たときも、けしていい馬場では無かったですからね。
これが本当の力だったんでしょう。
そして、今回は蛯名騎手の好騎乗も際立ちました。今までの相性の悪さが嘘のようです。
距離ロスもなく完璧にマイネイディールの力を引き出してくれたと思います。
今回のメンバーは未勝利戦でもかなりの好メンバーでした。
その中で勝ち上がったのですから、高く評価できるものだと思います。

今後ですが、とりあえず今年は適鞍はないようですので、このまま年越しとなりそうです。
年明けてからもなかなかこれというレースは無く、自己条件となると1月22日の菜の花賞まで開きます。
ただ、格上になりますが、1月10日に重賞のフェアリーSがあります。
まぁ、この時期に格上も無いですかね。
重賞挑戦となると本当に久々となりますから楽しみですね。
どのようなローテーションとなるか分かりませんが、今後に期待したいと思います。
今週はマイネイディールの出番です。
師走となり、年末に向けて出走ラッシュとなるシーズンになってきました。
私の出資馬たちも1年をいい終わりで締めくくるべく、続々と出走する予定です。
まずは今週末の土曜日、中山3Rの芝1600m戦にマイネイディールが出走します。

前走で惨敗してしまい、少し間隔が開けて調整してきました。
稽古時計等を見る限り、なかなか順調にいっているように思えます。
基本的に後ろから追いかけての稽古をしており、それだけ力量を買ってもらっているようです。
今週も格上の馬を追いかけて、手応えでは劣っているようですが、好時計で併入に持ち込みました。
悪くない状態で使えるという手応えは感じられました。

鞍上は前走に引き続き蛯名騎手となります。
今のところ相性が悪いと思ってしまうような結果ですが、リーディング上位の騎手です。
そろそろいいところを見せてくれるのではないでしょうか。
切れるというよりは容易にバテないところがいいところと思っています。
いい枠を引いて積極的な競馬を期待したいです。

ただ、相手関係は強力な感じです。
なんか・・・コスモの馬にやけにいい馬が揃っているんですよね。
なにもぶつけなくてもいいのではとか考えてしまいます。
掲示板を確保して次走に繋げてもらえたらと思います。