FC2ブログ
まさのりの一口馬主備忘録
主に趣味の一口馬主のことを書いています。
マイネルフィロスを初めて見てきた
本日、阪神3Rの未勝利戦芝2000mに出走したマイネルフィロスは7着という結果でした。
初めて生で見る機会を得たので、写真を交えつつ感想を書いてみます。

マイネルフィロス、パドックでアップ

パドックでのマイネルフィロスのアップです。
阪神競馬場のパドックはすり鉢状なのですが、馬が歩くところが高くなっているので、写真が撮りづらいです。
思い切り高い位置から撮ってみました。

マイネルフィロス、パドックで騎手を乗せて

パドックで騎手を乗せての様子です。
動きを見ると、やはり私の好きなタイプの馬だなと感じました。
柔らかくて一歩が大きくて雄大な歩きをする馬です。
結果が出ていないので、選んだ時の印象と変わったのかは確認したいところでした。
全く変わっていなかったのでなんかホッとしました。

マイネルフィロス、本馬場入場

本馬場に入場するときの様子です。
本当は返し馬を取ろうと思ったのですが、スタート位置を2コーナー奥のポケットと勘違いしていました。
反対方向に走っていくのを見て、あ、4コーナー奥のポケットだったんだと気が付きました。
慣れてない競馬場なのでやってしまいました。
遠目にみた返し馬の動きは飛ぶような感じでいい走りをしていましたよ。

マイネルフィロス、直線

さて、レースです。
写真は直線での走りの様子。阪神競馬場は府中や中山と比べると凄く馬が近い印象があります。
スタートは今一な感じで後方の位置取り。途中からペースがガクッと落ちます。
こういう緩急があるレースがダメなんですよね。
直線で勝負所に入りペースが上がったところで少し遅れています。
ただ、バテテいるわけではないので、ジリジリと最後は差を詰めました。
7着という結果ですが、なんか脚を余した印象は強いです。

とりあえず初めて見たわけですが、見に行ってよかったな、とは思いました。
着順以上にこの馬の良さを感じることができました。
パドックでの歩き方も伸びやかで凄くいい感じです。
直線なんかでも凄くいいフォームで走っているんですよね。
トップスピードに乗った時の走りは惚れ惚れとするものがあります。
ただ、とにかく不器用で力を出し切ることができない馬なんですね。

勝つためには何が必要なのか。
他の馬と一緒に動くことができない印象があります。
思い切ってまくっていくとか、他馬が自然に早仕掛けとなるような展開が必要な気がします。
あとは・・・東京コースカモン!ですかね。絶対向いていると思います。
まぁ、関西馬が関東の競馬場を使うのは馬房の関係でハードルが高いとは聞きます。
あるいは新潟コースですね。
レース後にダート転向も視野にという話が出たようですが、バテ比べになるようなら面白いと思います。
ただ、あまりに飛びが綺麗なので適正があるかどうか、ですね。
何とか、完全燃焼したと思えるようなレースを期待したいところです。
スポンサーサイト