FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
春菜賞登録馬
マイネイディールが出走する予定の春菜賞の登録馬がJRAのホームページに載っていました。
メンバーは以下の30頭となります。

アグネスアンジュ  イトククリ     インダクティ
オフィシャルシティ カトルズタッチ   カノヤキャプテン
クリアンサス    コンプリート    サイレントソニック
サウスワンダー   ジョーアラマート  セキサンキセキ
タガノラヴキセキ  ツインエンジェルズ ツクババレー
デスティニーホープ デラコリーナ    デルマバフチャラ
ドクターブリーズ  トーセンインディ  ハッピーグラス
ビービーバカラ   ブレスマイハート  マイネイディール
マイネクイーン   マックスシャルビー メロディメーカー
モルフェメイト   レッドエレンシア
地方馬、外国馬
マイウィン

まず思ったこと。

多いですね・・・

まぁ、同日の京都で行われるエルフィンSとの兼登録馬は8頭もおります。
どの程度が本気で出走を目指してくるかは分かりません。
が、やはり無事出走できるのか不安になりますね。

人気は暮れのG1で差のない競馬をしたタガノラヴキセキあたりでしょうか。
この馬もエルフィンSとの兼登録なので出てくるか分かりません。
マイネイディールが1番人気になっても驚かないレベルのメンバーです。
当然ここは勝って桜花賞戦線に名乗りを上げると言いたいところです。
が、とりあえず出走が決まらないと書きようがないといった感じです。

除外になったらどのレースを使ってくるか考えてみました。
とりあえず平場の自己条件はダート戦と芝2400m。
ダート戦も適正はあると思っていますが、芝2400mでオークスの予行演習というのも面白いかもw
まぁ、常識的には次週のクイーンCでダンスファンタジアに再挑戦でしょうか。

まずは出走できるのか。
意外な所に最初の障害を感じてしまいました。
スポンサーサイト



マイネディーバの09出資確定
昨日の無事申し込みが確定した旨の連絡を頂きました。
特別募集馬は多分いかないと思うので今年の2歳は3頭態勢ということになりそうです。
まぁ、特別募集馬が物凄く動くとかいうような評判がたてば考えるかもしれませんが・・・。

出資確定と言っても選んだ理由は先日書きましたので、少し寂しい記事になります。
写真か何かあれば彩も違うと思うのですが、ツアーの時点で写真は何も撮ってません。
そんなに早いデビューをしそうなタイプではないと思いますので、今年のツアーで期待ですかね。
写真を撮ったり触れ合う機会があるといいですね。
大きな馬ですので、迫力のある馬体を見せてくれることを期待したいです。
マイネディーバの09に申し込んじゃった!
以前にも書きましたが、募集締め切り間際の駆け込みでマイネディーバの09に申し込みました。
選んだ理由は以前に書いた通りです。
大きくて柔らかい馬で、現に稽古でいい動きをしているということ。
アドマイヤマックス産駒の大きい馬でマイネイディールに近いものを感じるということです。
書き込んでからは特に目新しい情報は無かったのですが・・・
まぁ依然書き込んだ時点でかなり気持ちは決まっていたということです。

ちょっとパタパタしていたので、予約せずに申し込みましたが・・・まぁ、大丈夫でしょう。
とりあえず返事を待ちたいと思います。
何故こんなに前が詰まってばかりなのか
本日出走したマイネルフィロスですが、14着に敗れました。
とにかく、酷い競馬でした。
以下、感想を。

馬券を買ったとき「あれ?意外と人気がある?」と思いました。
余り相手関係は見ていなかったのですが、上位人気の馬は強そうに見え、厳しいと思っていました。
それほど層が厚くはないメンバーだったのかもしれません。
最終的にも、人気は6番人気と意外と評価していただいているんだな、と思いました。

レースですが、スタートは上手かったです。
そのあと後方に位置取り下げたのは外をまくる為の布石かな、とも思っていました。
ただ、仕掛けどころで、エーシンミラージュに外から被さられてしまい仕掛けられず。
まぁ、行かせてからでも・・・と思っていたらスズカアンペールにも被せられてしまいます。
完全に仕掛け遅れて、直線入り口でも一瞬加速仕掛けたところで前が詰まってしまいブレーキ。
加速が付きづらいこの馬にとってはそこでお終いということです。

正直レース後はかなりイラッと来てしまいました。
レース後、すぐにとりあえず喫煙コーナーに行って、一服して心を落ちつけました。
なんで、最近こんなに不利ばかり受けるのだろうかと本当に感じています。
まぁ仕方ないんですよね。そういう飛びの大きそうな馬を選んで出資しているのですから。
飛びが大きい馬にはこういう欠点もあります。
その一方で厳しい流れになった時に最後までバテずに伸びきることができます。
けしてマイナスファクターとは思っていないのですが・・・。
こう続くとなんか心が揺れてしまいそうになります。

とりあえず、今日のことは忘れて次走です。
今度こそはダートを使いますかね。
ダートは芝よりも、速いペースで流れやすく不器用な馬にとってはプラスになるはずです。
まぁ、適正が無ければそれまでですが、試してみる価値はあると思います。
近況を見る限り、厩舎サイドでも馬の特徴は把握しています。
ただ、それを分かっていても思うように競馬ができないのが、この馬の欠点なのですが。
次走こそはスムーズな競馬を期待したいと思います。
マイネルフィロスは結局芝へ
2週続けて除外だったマイネルフィロスがようやく今週出走します。
まぁ2週続けて除外と言っても、それほど間隔が開いたわけではありません。
間隔を詰めて出走しようと思ったが普通の間隔が出走した、という感じです。

出走するレースは土曜の小倉3R芝2000m戦。
結局ダートではなく芝のレースを使ってきました。
個人的にはダートでの変わり身の方が面白いと思っていたのですが、またの機会ということです。
メンバーですが、揃っているというほどでもなく、弱いわけでもなく、まぁ普通です。
惨敗するようなメンバーにも思えませんが、勝ち負けも苦しそうです。
とりあえず掲示板を目標にという感じでしょうか。

この馬も私の選んだ馬らしく不利を受けやすい馬です。
とにかくスムーズなレースを期待したいですね。
頑張ってほしいと思います。
駆け込み出資をしようかな・・・
今年の2歳馬出資は、現在のところまだ2頭と例年より少なめ。
締め切り間際の駆け込み出資をちょっと考えてみようかと、ざーっと募集馬近況を眺めてみました。

残口がある中で魅力的な馬は・・・

エアリバティーの09でしょうか。

出資馬ですねw
いやぁ、もう13秒~14秒を余裕をもって出せるなら十分でしょう。
6月下旬産まれで伸びしろもまだまだありそうです。
もう既に私としてはかなり特別な2口を出資しているわけで、これ以上は無いとは思いますけど。

ノーチェリンダの09はまだパリッとした感じではないようですね。
これからの変わり身に期待ですね。


閑話休題。
改めて真面目に出資候補を考えていく中で印象に残ったのは・・・

マイネディーバの09

ですかね。

ツアーで見たときの印象は大きくて柔らかい馬ですが、もっさりした感じの馬というもの。
当時から、とにかく大きさが断然なので目立つ存在ではあり、昔の私の基準では選びそうな馬でした。
ただ、今回の募集ではもっさり感がある馬を避けようと心がけていました。
なんていいましょうか。私の過去の出資馬で走らなかったタイプなんですよね。
いかにも不器用で、スムーズなレースができず、長い距離で追い込んでも届かない。
そんなレースをしそうなんですよね。
実際にこれまでの近況では、そうなりそうな気配を感じさせるものでした。

ところが、今年に入ってからの稽古では見違えるほどの動きを披露したとのこと。
急激な変わり身を見せたというのは気になるところです。
このタイプの特徴は出資してきたので結構分かっているつもりです。
Wコースで長めを走らせるとそこそこですが、坂路では走らなくて、競馬では不器用なレースをする。
坂路で走れるなら、競馬での伸びしろが大きく期待できるタイプです。
さらにマイネイディールと同じアドマイヤマックス産駒で大きな馬です。
なんか縁を感じるものがありますね。

今年の2歳馬は結構魅力的なラインナップが控えていると記憶しています。
追加出資はあまり考えてなかったのですが・・・結構悩んでます。
やはり気になるマイネイディール
今週はマイネルフィロスが除外となり出走は無しとなりました。
来週には小倉開催も始まり各馬バラけますので出走できることでしょう。
今日はやはり気になるマイネイディールについて書いておきます。

マイネイディールの近況は本日更新されました。
次走は2月5日(土)東京の春菜賞牝馬限定芝1400mを予定しているとのこと。
先日は中1週で菜の花賞ということを書きましたが、普通に考えれば妥当なところでしょうか。
距離が短くなることにも対応できるテンの速さはあります。
何より直線が長く、広い東京競馬場に移るのは好材料です。
ここで勝って桜花賞戦線に乗りたいですね。
ただ、ちょっとこの日は旅行の予定が入っておりまして、応援に行けないんですよね。
まぁ、勝った時も応援に行ってないので、逆に縁起がいいのかもしれないのですがw
私のことは気にせず、勝っちゃってください!という感じです。
楽しみにしています。
エアリバティーの09は田村厩舎に
ずっと入厩先未定だったエアリバティーの09の厩舎がいつのまにか決まっていました。

美浦の田村康仁厩舎です。

私の出資馬ではマイネヴィータを始め、マイネランデブー、マイネルクリナーレ、
マイネルベルーフを預かっていただいており、馴染みの厩舎です。
5頭目というのは稲葉厩舎の4頭を超えて最多になります。
私は厩舎で選ぶ方ではないのですが、こう偏ると馬の好みとかが合うのでしょうね。
馬自体は順調そうだったのですが、なかなか厩舎が決まらずヤキモキしていました。
牝馬の扱いに長けた厩舎というイメージがあり、いい厩舎に決まったと思います。
デビューが楽しみです。
マイネルチハヤ、引退
うわぁ・・・来てしまいました。
確かに厳しい状況が続いているなとは思っていました。
特に近走は酷いなとも思っていました。
とりあえず放牧にでも出して立て直すかと思っていたのですが・・・。

地方交流でも行けばまだまだ走れると思っていたので、ちょっと唐突な印象があります。
ただ・・・已むを得ないのでしょうね。
確かにレースの選択肢はかなり難しく、扱いずらい部分もあるでしょう。
正直、私自身もどうしていいのやら途方に暮れていた部分もありました。
厩舎サイドも同じように考えていたとしても不思議はありません。

引退後の予定は未定ですが、恐らく地方へ行くことになると思います。
その方がマイネルチハヤにとってはいいような気もします。
迷わず、より適性の高そうなところに走れるわけですから。
結構輸送を繰り返しても馬体重が減っていないことからわかるとおり、タフな馬です。
地方の厳しいローテーションもこなすことでしょう。
中央にいるよりも、ずっとメリットがあるような、そんな気がします。
今後のマイネルチハヤに幸有らんことをお祈りします。

普段のマイネルチハヤ
マイネイディール、フェアリーSはベストを尽くせず
本日、マイネイディールの応援に中山競馬場にまでいってきました。
写真を交えつつ、感想を書きます。

まずはパドックから。
寒いこともあってずっとパドックにはいられず10Rが引けたあとに向かったのですが、最前列は無理。
仕方がないので、2階から撮影してます。
9Rが終わった時点では最前列行けるかとおもったのですが。

マイネイディール、パドック

さて、私の知っているマイネイディールのパドックは注意散漫な感じで周回するものでした。
しかし、今日はこの写真のように、ずっとツル首で凄く集中していました。
走りたい!けどここは抑えなきゃいけない!と我慢しているように見えました。
馬体重もあれだけ稽古をビシビシやってプラス体重。
予想通り、素晴らしい出来に見えました。

ザッとほかの馬も見たところダンスファンタジアがよく見えたので4-8の馬券を買い増し。
戦前はアドマイヤセプターの方を重視していたのですが、数字通り細く見えました。
アドマイヤセプターは今日も賞金を加算できず今後が不安です。

マイネイディール、本馬場入場へ

本馬場入場の直前のマイネイディールです。
相変わらず、ツル首で厩務員さんを引っ張っている感じです。
気合十分という感じです。

マイネイディール、返し馬

返し馬です。
意図的にゆっくりゆっくり走らせていたように見えました。
気合は十分で走りたいけど、ここはゆっくり抑えなければいけないと我慢している感じ。
前走では折り合いを欠き気味でしたが、折り合い面での向上が伺えます。

さて、レースです。
スタートはバッチリです
ピュアオパールが楽にハナを切るかと思いきや外枠2頭が押して押して先頭を奪います、
さらにイングリッドまで絡んでいって、超ハイペースな展開に。
マイネイディールは無理をせずに、中団からやや後方に付けます。
コーナリングでは内目に進路をとり、素晴らしい手応えで4コーナーを駆け抜けます。
実は私、この時点では、勝った!と思っていました。
あとは前が開けば・・・

マイネイディール、前が開かず・・・

開きませんでした><

私の「お願い!開けて!」の声も空しく、マイネイディールの動きは封じられます。
進路ができたときは既にレースの大勢が決していました。


ふぅ・・・5戦して3戦も前が詰まる馬って何なんでしょうね。
イン差しにはこういう懸念があったので、昨日もイン差しには拘って欲しくない旨は書きました。
嫌な予感が当たってしまった感じです。
まぁ、確かに加速に若干のラグがある馬です。
不利を受けやすいタイプでもあるのでしょうね。

先着を許した5頭は概ね馬場の外目をスムーズに回っていました。
同じ進路をスムーズに回っていたら・・・
まぁ、勝ったダンスファンタジアは確かに強かったです。
前が開いていたとしても勝てなかったかもしれません。
それでもマイネイディールは本当にいいデキでした。
パドックから4コーナーの手応えまでは、完璧でした。
どこまでやることができるのか、本当に楽しみにしてました。
ただただ、真っ向勝負ができなかったことが残念でなりません。

ま、終わってしまったことは仕方ないので、次走の話でもしましょうか。
中1週になりますが、牝馬限定の自己条件菜の花賞を使ってきますでしょうか。
今回は脚を余してますので疲労も少ないでしょう。
何より、あれだけビシビシ稽古をこなして、なおプラス体重で出てくる馬です。
やれる素地は備えています。
アドマイヤセプターには無理でしょうなぁw
巻き返しを期待したいと思います。
マイネイディールは本当に良くなっています!
マイネイディールが出走するフェアリーSが明日に迫っています。
もう前日発売で馬券は買いました。
今回はちょっと自信があるので、いつもより少し多めに買いましたよ。
あとは明日競馬場で応援馬券を買うくらいです。
私自身の準備は万全の態勢でレースを迎えることができます。

昨日までで、概ね一般的なことは語りつくしました。
ただ、一つ語っていないことがあります。

今回、なんでこんなに強気なのか。

ということです。

理由は一つ。

マイネイディールが本当に良くなってきているから

です。

ずっとヨロが寂しい、ヨロが寂しいと言われ続けていた馬でした。
調教で追い出すと後肢が踏ん張れず「あれっ」という感じになると言われていました。
それが、1週前の稽古の時計をみたとき、おお随分良くなっているな、と感じられました。
ところが、最終追い切りではそれをさらに軽く超えたタイムを叩き出しました。
マイネイディールは今まさに成長期を迎えていることが実感できます。

漫画で例えると・・・

ヒカルの碁でいうところの9巻の95ページ。
目算が甘いと言われたヒカルが4面打ちでの持碁に挑戦し、1面1目だけは失敗したものの3面は成功させた時の場面です。

マスター「人が成長するさまを初めて目の当たりにしたよ」
おばちゃん「それがどうかしたのかい?」
マスター「(鼻息荒く)シビレないか?」
おばちゃん「そうかい?」

まぁ、この時のマスターのような気分なわけです。
マイネイディールの成長具合にシビレているからこそ、こんな強気なコメントを出しているのです。

私が買った時点での単勝の人気は9番人気と低評価です。
まぁ、仕方ないでしょう。
皆さんが知っているマイネイディールは、良く見積もって前走のマイネイディールなわけですから。
明日は皆さんの見たことのないマイネイディールを見ることができることでしょう。
本当に楽しみです。
マイネイディールは4枠8番!
マイネイディールが出走するフェアリーSが明後日に迫っています。
今から本当に楽しみで、少し浮ついた気分です。

さて、気になっていた枠順が決まりました。
中山コースは枠順の有利不利が本当に気になります。
有力どころと思われるアドマイヤセプター、ダンスファンタジアは内枠を引きました。
力を出し切ってくれそうで臨むところという感じです。
マイネイディールは4枠8番と丁度真ん中で悪くないところです。
逃げそうなピュアオパールも内側で、有力どころを見ながらレースを進めることができそうです。

展開ですが、ピュアオパールの単騎逃げのスローな展開を予想していました。
ただ、アドマイヤセプターの「逃げてもいいかも」みたいな記事も見たのは朗報です。
結構、積極的なレースを進めるかもしれませんね。
ハイペースの厳しい流れを、じっくり見ながら乗れるようなら理想的です。
今回は力関係を見たい部分もありますので、余りイン差しには拘って欲しくはないです。
どうしてもイン差しは不利を受けるリスクがありますから。
力を出し切って、牝馬トップクラスの馬と真っ向勝負するマイネイディールを見てみたいものです。
マイネルチハヤ、ボロボロです・・・
本日の京都8Rのダート1800m戦に出走したマイネルチハヤは15着、ブービーに敗れました。
なんかもうどうすればいいのやら、という感じです。

テレビ画面で見る限りではゆったりした歩様で悪くない感じに見えました。
ビッシリ追って、輸送もあって、何とかマイナス6kgと絞りました。
が、グリーンチャンネルのパドック解説ではまだまだ太いといわれていました。
まぁ、前走よりは動ける出来にはあると感じました。

スタートは悪くなく、道中もいい手応えで走っているように見えました。
早めに外に出してジワジワ上がっていくような感じにも見えました。
しかし、後方の馬から外から被された瞬間から全くやる気がなくなってしまいました。

何なんですかねぇ。精神的なものなんですかねぇ。
勝ち負けはともかく、ここまで走らない馬ではないと思うのですが。
なんか手を抜いて走っているような気がしてなりません。
ビシビシ稽古をやっても大丈夫そうなので、とりあえず絞ること。
追える騎手に乗ってもらって気を抜かせずに走らせること、ですかね。

なんとか変わり身を見せてもらえないと・・・お願いします。
マイネイディールは重賞挑戦!
今週はもう1頭出走します。
マイネイディールが重賞フェアリーSに出走します。
ジュニアカップとの兼登録でしたが、強気に重賞挑戦となりました。

メンバーは強力と言っていいでしょう。
アドマイヤセプター、ダンスファンタジア。
ともに日本代表する良血であり、一定の結果を残しており、間違いなく3歳牝馬のトップクラスの馬です。
それでもなおマイネイディールが好走できるという手応えは感じています。

今週の稽古は随分とまあいい時計を出しました。
美浦南のポリウッドコースで62.8 48.8 36.2 12.1ですか。
ずっと見てきたからこそ、まさしく本格化してきたということがわかります。
ここでいい勝負できないようではクラシックなどと言ってはいられません。

ただ、懸念されるのが緩い流れとなって瞬発力勝負になり力を出し切れないこと。
暮れの阪神JFで逃げたピュアオパールが今回も先手を取るのでしょう。
その阪神JF自体がG1にしては結構緩い流れでした。
他に絡んでいく馬もいなさそうなので、緩々の流れになってしまうのは嫌ですね。
前走を見てもスタートは悪くない方だと思います。
積極的に自らレースの流れを作るくらいの姿勢を見せてもらいたいですね。
そのためにももう一つ重要なのが枠順。中山1600mはどうしても外枠不利ですからねぇ。
外枠だとどうしても他力本願になりがちで自らレースを作ることは困難です。
なんとかいい枠順を引いてもらいたいところです。

人気は・・・たぶん全然無いのでしょうね。
思いのほかマスメディアに取り上げられないのは意外に感じています。
普通に好走できると思っているのですけれどね。
実績的にもイングリットあたりとは全然差がないと思っているのですが。
本当にいい出来で重賞に臨めることを嬉しく思っています。
レースの日が待ち遠しくてなりません。
今年最初の出走はマイネルチハヤ
表題のとおり、今年最初の出資馬の出走はマイネルチハヤと決まりました。
土曜日京都の8Rダートの1900m戦に出走が決まりました。
残念ながら地方交流は選抜されなかったということなのでしょう。
まぁ、当然こういう事態も想定されるところではあります。
中央の競走でもある程度の結果を残していくことが求められていることと思います。

ザッとメンバーを見たところそれほど強力な印象はありません。
それでも前走のメンバーで結果を出せなかったわけでそれほど強気にもなれません。
ただ、稽古時計を見る限り調子自体は悪くなさそうです。
大外をぶん回してもいいので、気分良く走らせてあげたいですね。
一年の最初ですのでいいスタートを切りたいところですが・・・
なんとか結果を残してもらいたいです。
あけましておめでとう!今年の出資馬たちへの期待2011
あけましておめでとうございます。
今年1年皆様にとって、そして出資馬たちにとって良い1年でありますように。
まずは今年の顔を決める正月記念の写真から。

あけましておめでとうございます!

やはり今年はマイネイディールでしょう。
旧年最後の勝利が、輝かしい今年の序曲となることを期待したいと思います。
昨年のマイネルチハヤも同じようなことを書きましたが、昨年以上に期待は大きいです。
それでは、例年通り今年1年の目標を出資馬たちにたてたいと思います。

○マイネルチハヤ
昨年は期待が大き過ぎましたね。今年は身の丈にあった目標をたてたいと思います。
今年この馬に期待することは丈夫にコンスタントに走ってもらうこと。
昨年のような成績ではいつ引退のお呼びがかかるか不安になってしまいます。
やはりコンスタントに掲示板を確保してもらうようになってもらいたいです。
まずは「地方交流競走以外にも掲示板に載る」としたいと思います。
今年の初戦も地方交流を目標にしているようですが、出走できるか微妙なところ。
他の選択肢も残れば、いろいろとつぶしがきいて、やりやすくなりますからね。
最終的には「掲示板に5回載る。」ぐらいを達成してもらえたらと思います。

○マイネイディール
さぁ、今年の顔の目標を書きますよ(笑)
ずばり「G1出走」としたいと思います。
重賞出走にしようかとも思ったのですが、それだといきなりフェアリーSで達成しちゃいそうなのでw
あと、去年のマイネルチハヤよりも大きい目標にしたいというところもありました。
中山コースで勝ち上がりましたが、この馬の本質はもっと長いところにあると考えています。
キレよりはいい脚を長く使うタイプ、中山よりは府中です。
まぁ丈夫に走ってくれれば、可能性は十分にあると考えています。
期待してます。

○マイネシェリー
○マイネルフィロス
毎年書きますが、未勝利馬の目標はただ一つ、勝ち上がることです。
まぁ目標は去年と同じで「1勝」とし、どちらかは勝ち上がって欲しいなという期待にしたいと思います。
それにしても面白いことにこの2頭、本当に対称的なんですよね。
比較的器用でコンスタントに能力を発揮してくれるマイネシェリー。
不器用ながらも能力を秘めているマイネルフィロス。
すぐに勝ち上がる可能性が残るのはマイネルフィロスの方でしょう。
今までは消化不良のレースばかりですが、力を出し切れればきっといいところがあると思います。
マイネシェリーは昨年見せてくれた堅実な成長力があります。
すぐには難しいかもしれませんが、夏ごろには必ず未勝利の上位をコンスタントに走ってくることでしょう。
どちらも可能性は十分に感じていますので、無理のない目標だと思っています。

○ノーチェリンダの09
○エアリバティーの09
今年の2歳勢は2頭で昨年より一頭減りました。
ただ、エアリバティーの09は2口ですので、実質同じですかね。
目標は昨年と同じ「全馬デビュー」「1勝」でいいでしょう。
ただ、昨年以上に手応えは感じています。
エアリバティーの09は走ることに対して前向きな姿勢を見せていることに好感を持ちます。
ノーチェリンダの09はヤンチャで元気一杯で自然に体力がつきそうなイメージがあります。
どちらも身体面もそうですが、精神面で競馬に向きそうな手応えを感じているのが、昨年以上に感じる根拠です。
昨年同様に達成してもらいたいですね。

○合計
全体での目標の勝ち数は昨年と同様に「3勝」としたいと思います。
そして出走数の目標も昨年と同様に「30走」としたいと思います。
今年、特に重視したいのが出走数での目標の方です。
勝利数の目標はオマケみたいなもので、出走数を達成すれば自然と付いてくるものな気がします。
昨年より頭数が減っている中で、少しハードルが高い目標という感じはあります。
ただ、全馬に走り続けてもらえたら、不可能な数字ではありません。
出走数の目標が達成できれば、充実した一年だったときっと思えることでしょう。

それでは、今年もよろしくお願いします。