FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
コランディアクインの10が・・・
1年の締めの文書も書き終わり、もう更新することはないと思っていました。
しかし、新年の文書を書こうと公式HPを見たら、ショックなお知らせが載っていました。
コランディアクインの10が30日(金)の朝、馬房の中で息を引き取っている状態で発見されたとのこと。
解剖の結果、十二指腸潰瘍が原因ということです。
かなりショックです。
現時点ではかなりのレベルの動きという話を聞いていたので、期待していたのですが・・・。

冥福を祈るばかりです。
スポンサーサイト



今年1年の出資馬たちを振り返る2011
年末の慌しい時期ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
さて、例年通り、今年1年の出資馬たちの成績を振り返りたいと思います。
そして、今年の当初に掲げたそれぞれの馬たちへの目標も再掲しておきます。
「・」の後に斜体で書かれているのがそれです。
年上の方から順に書いていきます。

○マイネルチハヤ・・・(0,0,0,1)
・地方交流競走以外にも掲示板に載る
・掲示板に5回載る。

結局、中央開催の競走で結果を出せず、1戦したところで引退となりました。
地方競馬を使い続ければそれなりに結果を出せるような気はしていたので、ちょっと早いような気もしたのですが、適正からすると仕方ないのでしょうね。
実際、地方転厩直後にはポンポンといい競馬をして確かな適正を感じさせました。
このまま中央の馬でいるよりもよかったんでしょう。

○マイネイディール・・・(0,0,2,9)
・G1出走
随分と大風呂敷を広げましたが、今年の上期はその期待に違わぬ走りをしてくれました。
オークス1、2着馬の3着にきた500万条件戦が一番印象深いですね。
G1出走こそならなかったものの、確かな能力を感じさせてくれました。
ツアーでも、年下ながらもクラブ2歳牝馬の代表格のマイネエカテリーナ、マイネボヌールを軽くあしらってました。
しかし、下期の走りは・・・、何なんでしょうね。
こんなものではないと思います。

○マイネシェリー・・・(0,0,0,3)
○マイネルフィロス・・・(0,0,0,3)

・どちらか1勝
残念ながら目標達成ならずどちらも勝ち上がることができませんでした。

マイネシェリーは結局今年3戦で引退。
それなりに頑張ってくれていた2歳時と比べ、さっぱりでした。
能力はともかく器用さがある馬だと思っていたのですが、その辺も見られませんでした。
なにか放牧のタイミングで歯車が狂ってしまったんですかね。
一生懸命走るという面でも好感が持てた馬だったのですが。

マイネルフィロスも今年3戦で引退。
いいところはあるとは思うのですが、重っ苦しい馬で中央競馬の適正は感じられなかったです。
ちょっと早い引退とは感じており、勝てないなりにベストを尽くしたという感はありません。
ただ、早めの地方入りはこの馬のためにはいいことと思います。
実際、地方入り初戦で圧勝し、ここ4か月で12戦と頑張っているようですから。
なんかマイネルチハヤと同じこと書いていますが、同じような馬だったと思います。

○マイネルアトラクト・・・(1,0,2,3)
○マイネルスクデット・・・(0,0,0,3)
○マイネマリアンヌ・・・(0,0,0,0)

・全馬デビュー
・1勝

去年、この目標を立てた当時は2頭しか、出資が決まってなかったわけですが目標はそのまま。
1勝はしましたが、残念ながらマイネマリアンヌがデビューできず、目標達成できませんでした。

マイネルアトラクトは頑張ってくれたとは思います。
勝ち上がって6戦もして、500万条件にも目途をたてました。
普通はこの成績では満足すべきものなんでしょう。
しかし、それでもなお、こんなものではないと感じさせるものがあります。
あれだけ稽古で走るんですから、もっといいところがあるのではないでしょうか。
さらなる飛躍を期待したいと思います。

マイネルスクデットはデビューこそしたものの、3戦で引退となりました。
レース振りは本当にサッパリとしか言いようがないもの。
残念ですが仕方ないですよね。

マイネマリアンヌは脚元の弱さがたたり結局デビューできませんでした。
ただ、走り自体はそれほど悪い話は聞きません。
来年に期待したいと思います。

○合計・・・(1,0,4,22)
・3勝
・30走

共に目標達成ならず、です。出走数の方は惜しかったですね。
マイネイディールとマイネルアトラクトは頑張りましたが、もう少し上を狙える馬です。
それ以外の馬は本当にサッパリでした。
残念な1年でしたが余力はあるということです。来年に期待したいと思います。

今年の競馬での話題としてはWIN5を当てたことですかね。
他にも有馬記念の週が惜しかったんですよ。
6点買いで100万馬券にWIN4でしたから。
14番人気は3点で当てたんですが、4番人気が当てられなかったです。
少ない点数しか買ってない割には頑張っていると思います。
あまり馬券を買わなくなっていたのですが、今年はまた戻りつつあります。

あと、今年は3冠馬が出ました。
オルフェーヴル、素晴らしい馬です。
WIN5では常に1点買いさせていただいており、点数削減に貢献してますw
ただ簡単な馬ではないようで、立派に育てた陣営もまた素晴らしいものです。
ディープインパクトと比べると、まだ一般受けは地味な印象がまだあります。
ただ、それに劣らないものがあると思いますよ。
ディープインパクトを超えるにはやはり凱旋門賞を勝つことでしょう!
来年は、このレースが本当に楽しみでなりません。
ステイゴールド産駒ですが、ラフィアンからこういう馬が出てほしいものです。

最後に今年一番感激したこと。
ドバイWCでヴィクトワールピサが優勝したことです。
震災で日本が大変な状況の中、勇気を与えてくれる勝利だったと思います。
デムーロ騎手の涙ながらのインタビューとか見て、今でももらい泣きしてしまいます。
本当に凄いことだったと思います。
個人的には物凄いニュースですが、一般的な扱いは非常に小さかったのが残念です。
なでしこジャパンと同じくらいの扱いでもいいと思うのですが。

ではでは!皆様よいお年を!


マイネルスクデット、引退
本日の臨時更新の近況で表題のことが発表されました。

デビューから3戦しかしておらず、特に故障とかがあったわけではありませんが―――
・・・まぁ、仕方ないですよね。

正直なところ、今までの出資馬で一番見どころが無かったことは確かです。
レースの流れに乗ることすらできず、終始後方から突き放されるだけ。
一応、芝なら変わるかも、などと前走のレース後に言ってみました。
が、かなり無理のある希望的観測と承知していました。

どちらかというと馬体面よりも、性格の方で出資を決めた馬です。
募集時のツアーで見たところ、気性的にキツイ印象がありました。
これがいい方向に向けば、競走馬向きになるのではないか、と推測していました。
しかし、翌年のツアーで聞いた評判はとにかく真面目に走らないということ。
結局、稽古を積み重ねることが出来なかったのでしょう。
性格を見極めるということは難しいものですね。

まぁ、怪我とかがあったわけではありませんので地方に行くとは思います。
それでも厳しいでしょうねぇ。
真面目に稽古を積み重ねていい方向に変わって、未来を切り開いてくれたらと思います。

マイネルスクデット、2度目のビリ
本日の阪神1Rダート1800m戦に出走したマイネルスクデットはビリでした。
デビュー戦に続き2回目のビリとなります。
レース振りはもう語る必要もないですね。

一つだけ語るなら、やはり軽い馬場の方がマシなのではないか、ということ。
まだ、前走の方がレース振りは良かったです。
芝の長い距離の方が可能性はある気がします。
もちろん、芝なら勝ち負けだ!なんていうつもりは全然ないのですが・・・。

ほんと、何とかなってもらいたいです。



このマイネルスクデットの出走で今年の私の出資馬の出走納めとなります。
また例年通り出資馬について振り返りますが、それはまた後日ということで。




マイネイディール、どうしたんだろ その2
本日、小倉の5Rダート1700m戦に出走したマイネイディールは11着に敗れました。
初ダートでの変わり身を期待したのですが残念な結果です。
前走に引き続き、どうしたんだろ、としか言いようがないです。

今日はいつもの行きっぷりが見られず中団から。
3角あたりから外を捲りぎみに上がろうとしますが、勢いはありません。
直線ではバタバタになってしまいました。

ダートが向かなかった、と言われてもしょうがない結果です。
ただ、状態面もどうだったんでしょう。
少なくとも前走の芝も含めて、この小倉の2戦、全くいい走りが出来てません。
こんなものではないと思っているのですが・・・。

巻き返してくれることを期待したいと思います。


明日のマイネイディールはダートに挑戦!
マイネイディールが明日の小倉の5Rダート1700m戦に出走します。
芝の牝馬限定戦を予定していましたが、節が足りず出走できないための方向転換です。
とはいえ、私にとっては待望のダート戦となります。
ずっと試してもらいたかったんですよね。
大きくてパワフルな馬ですし、追って味があるタイプではないのでその辺も解消できそうです。

枠順は6枠12番と外目になりました。
スタートからコーナーまでそんなに長くないし、本来はそんなにいい枠とは思えません。
ただ、初ダートということを考えると砂を被らずに済むに越したことはないかなと。
ダートの適正を見極めるという点では悪くない気がします。
不利を受けないように気分よく走ってもらいたいと思います。

マイネルアトラクト、昇級戦健闘
本日の阪神9R千両賞に出走したマイネルアトラクトは4着という結果でした。
昇級初戦としてはまずまずの結果かなと考えています。

中1週と厳しいローテーションでしたが、出走すると決めたからには状態はいいものと考えていました。
それを裏付けるように、ビシッとした稽古時計を出してなおプラス体重。
状態面では自信を持ってレースを迎えました。

今日もスタートは上手くて2番手に付けます。
そして直線では早めに先頭に立ちます。
ただ、やはりといいますか、切れ味がある馬に交わされてしまいました。
なんか未勝利の時と同じようなレース振りですね。
相手なりに走るタイプというところでしょうか。

戦前の評判からすれば走ってくれていた方でしょう。
雨が降ってくれていたら勝っていたのではと思ってしまいます。
ただ今回のレース、500万条件にしては比較的相手関係は楽だったと思われます。
すぐに勝ち上がってクラシックへ―――とまではいかないかなと考えています。
文句のつけられないレース内容でいい走りをしてくれましたが、切れ味不足は否めないところです。

そうですねぇ。ダート使ってもらいたいんですよね。
あるいはもっと長い距離とか。
東京でも最後までしっかり伸びてたし、スタミナ比べに持ち込みたいですね。
中1週で大幅馬体増ですから、馬自身は元気なようです。
今後に期待したいと思います。

マイネルスクデットのレースを見てきた
本日、雨の中、マイネルスクデットが出走したレースを見てきました。
衝撃的なまでの惨敗だったデビュー戦から、どの程度変わってこれるか。
実は、天気も悪く折角の休みに早起きして見に行こうかどうしようか迷っていました。
正直、いい結果を期待するのは厳しいと感じていました。
それでも一度も応援に行ってないので、行かなければならないと思い、見に行きました。

まずはパドックの写真から。

マイネルスクデット、パドック

パドックでの印象ですが、なんかこじんまりしていました。
なんか胴が寸づまって見える印象がありました。
あれ?こんな馬だったっけ、と率直に思いました。
何か最初からマイナスイメージで見てしまいます。

レースですが、今回もスタートから後方の位置取りになります。
またか、と不安になったのですが、今回はまるで付いていけないというほどでもありません。
向う正面では少しマクリ気味に上がって行こうとする姿勢も見せます。
雨の中、ハネてくるダートは痛そうで、道中はずっと外目を回ります。
距離ロスは大きかったですが仕方ないでしょうね。

マイネルスクデット、直線

直線もとりあえず一生懸命走っていたようです。
写真ではなんか後肢の蹴り上がりが凄いです。
フォームとしては無駄なのかもしれませんが。
離されない程度でのゴールで13着という結果でした。

まぁ、予想よりも走ったな、というのが正直な感想です。
今回は距離ロスも大きく、小細工をすればもう少し前にいけるかもしれません。
騎手コメントではもう少し重い馬場らなとのことですが、どうでしょう。
実は芝向き?の可能性もあるかもしれません。
見どころが全くなくもないかなとは思いました。
厳しい状況には変わりありませんが、頑張ってもらいたいと思います。