FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
マイネメリアンの10が大分売れたようで
本日、ラフィアン2011年度募集の締切日です。
マイネメリアンの10の残口が大分減ったようです。
70口以上残っていたと思っていたのですが、半分を切っていますね。
なんか裏情報でもあった感じは受けます。
とりあえずスノーペトレルの10に出資を決めた訳ですが、最後まで迷ったのがこの馬です。
最終的に回避した理由は、またアドマイヤマックス産駒もないよなー、と思ったこと。
マイネイディール、マイネルアトラクトと2年連続ですからね。
ただ、鉾田ツアーの時からいい馬だなーとは思っていました。
写真も一杯撮ってますw

売れたとはいってもまだ残口はありますし、私には補償もあり2月一杯まで猶予があります。
補償でもう1頭と考えているので、現時点では最有力ですね。
公式HPでのコメントを待ちたいと思います。

スポンサーサイト



きさらぎ賞登録馬
マイネルアトラクトが出走予定しているきさらぎ賞の登録馬が発表されました。

アルキメデス
キングクリチャン
ジャスタウェイ
スノードン
ダークナイサー
ヒストリカル
プレミアムブルー
ベールドインパクト
マイネルアトラクト
マジカルツアー
マデイラ
レッドアーヴィング
ローレルブレット
ワールドエース

まずは登録頭数が14頭と少なめなことにちょっとニヤリとしました。
最終的にはもっと減るかもしれませんね。
頭数が多いよりは少ないほうがチャンスはあります。
相手関係は楽とは思いませんが、まだマシな方と考えています。
前走同様に期待を上回る走りをしてくれたらと思います。

スノーペトレルの10に申込みました。
本日は募集馬の近況更新日です。
狙ってた馬以外にも近況をチェックしてみました。
うーん、ピンとくる馬はいなかったというのが正直なところ。
全体的に仕上がりがゆっくりな感じで、ちょっと選別がしづらいです。

とはいえ、頭数も減っている中でやっぱり何かに出資したいな、という思いはあります。
なら、好みの馬に出資すればいいじゃない!と思い、決めました。
それがコイツです。

スノーペトレルの10

スノーペトレルの10に決めました。
ジャングルポケット産駒に興味があったんです。
トモ高でいかにも父の子らしい馬体をしていて、とにかく柔らかい馬です。
緩いところがあると言われていますが、そういう馬が私は好きなんです。
喉はちょっと気になりますが、マイネボヌールなんかも問題あったみたいですからね。
ハミ受けに課題があるようですが、明和で70秒で走っている組ですから順調な方です。
凄いというほどの走りでは無いようですが、雰囲気はあるらしいです。
写真を見る限りトモ幅はあるようですから、鍛えて成長してくれるタイプと見ました。
父の代表産駒といえばトーセンジョーダンですが、ああいうタイプになってくれると期待したいです。

とりあえず1割引券を行使しようと思っています。
あとは補償でもう少し様子見てもう1頭くらい出資できたらと思います。

2011年度募集の締切りが近づいてきました。
標題のとおり、ラフィアン2011年度募集の締切りが近づいてきました。
先日も書きましたとおり、現時点で2歳出資馬は無し。
コランディアクインの10に使った1割引券も戻ってきました。
改めて、出資をしたいと考えているところです。
1割引券の期限は1月末まで。
また、補償もあり、2月末まで申し込みできることとなっております。
それぞれ補償と割引券でそれぞれ1頭ずつ、計2頭出資するのもいいのかな、なんて考えています。

とりあえず出資候補なのですが2種類に分かれます。
まずこれまで目をつけていた馬たち。
エオルスハルフェの10、サンシャインバレイの10、スノーペトレルの10、ロストインラヴの10、マイネメリアンの10です。
これらの馬たちについては既に書いてきましたが、馬体の柔らかさや粘り等に魅力を感じています。
ただ、これらの魅力はいい脚をバテずに長く使うという点であり、瞬発力に関するものではありません。
瞬発力をみるには、やはり実際に坂路でどの程度動くかということが目安になります。
稽古も動くようなら、いい脚を使いつつバテずに伸びれる凄い馬になるのではないか、と考えていました。
ただ、これらの馬の稽古の現状は、及第点というレベルに留まっており素晴らしい動きという感じではないようです。
まだ様子を見てみたいと考えています。

一方で近況でのコメントを元にさらに4頭ほどピックアップしてみました。
まだ軽い段階での稽古ですが、それなりに動きが良さそうな馬を選んだものです。
偶然ですが、すべて牝馬です。
興味を引いた近況のコメントを載せつつ、それらの馬たちについて書いてみたいと思います。

マイネシャーナの10
「四肢の長さを生かしたフットワークで、軽々と進んでいっています。」
「傾斜をものともせずに楽々と登坂」
ツアー時の記憶が全然なかったので、当時のメモを見てみました。
「体が固めだがステイゴールド産駒の中ではマシな方。父産駒の牝馬ならこれ。」とあります。
本当に全然覚えていなかったのですが、当時からそれなりに評価していたのですね。
ステイゴールド産駒の中では馬格があり、柔らかさもある方です。
もっと柔らかすぎるくらいの方が好みなのですが、血統背景を踏まえるとこのくらいの方がいいのかもしれませんね。

レッドチリペッパーの10
「余力を持って対応できています。」
「ストライドの大きいフットワークで牝馬では動きが一番目立っています。」
牧場で見たときから雰囲気がある馬だな、という印象は持っていました。
硬い感じで好みではないはずなのですが、目を惹く雰囲気がありました。
一方で足元の爆弾があることも気になる馬でした。
値段も高めですので、かなりの手応えが感じられないと出資するのは不安になります。
それでも、かなりの馬ではないか、と感じてきているところです。
厩舎はマイネルアトラクトでお馴染みですから安心ですね。

ノンコの10
「ペースが上がっても楽についていっています。」
「小柄な割には傾斜を苦にしないパワーがあります」
鉾田で会った時は、柔らかいし、バランスもいい馬だな、と感じていました。
ただ、やはり馬体が小さく大物感に欠ける印象がありました。
現状をみると確実に走ってくれそうなタイプと感じます。
ただ、ここに来て残口が急激に減っているところです。
今決断しないと間に合わないかもしれませんが、そこまで魅力は・・・どうなんでしょう。
やはり大物感に欠ける気がしますし、他の馬も見てみたいところなんです。

エリザベスストリートの10
「跨がってみるとしなやかで、スピードが出そうな感じがします。」
「坂路を楽々と駆け上がって行きます。」
会員特別募集の中では一番目を引いた馬です。
馬格がありますし、動画を見る限り動きもよさそうです。
もしかしたらスーパーホースかも、という雰囲気は一番感じますね。
ただ、外国産というだけで極々平凡な血統と、それに見合わない高いお値段は気になります。
セリでもそんなに高くはなかったはずなのに、随分と上積みをしています。
それだけに期待が大きいとも言えるのかもしれませんが。

とりあえず、幅広く語ってみましたが、今のところ出資したい!と自信を持てる馬はいないんです。
1割引券の有効期間は1月末です。
やはり、1月25日(水)の近況で、最終的な判断を下すしかないですかね。
これは、と思わせるような馬が出現してくれることを期待したいと思います。


マイネルアトラクトの近況を見て
次にマイネルアトラクト
既に報道されている通り、きさらぎ賞を目標に調整されるそうです。
レース後に予想したとおりですね。
まぁ、流動的なところもあるとは思っています。
きさらぎ賞のメリットは幾つかあると思います。

一つは京都の1,800mというコース形態です。
京都の1,800mは外回りでマイルのスタート地点から200m下がったところがスタートです。
現実に好走したコースと似ているということは非常に有利になります。
騎手もそうですし、馬も仕掛けるタイミングというのが分かっていると思います。
勝った時もそうですし、前走もそうですが、ワンテンポ仕掛けを我慢していた気がします。
それに対し惜敗した時のレースを振り返ると微妙に仕掛けのタイミングが早かった感じなんですよね。
その辺のタイミングが計りやすいということは非常に利点だと思います。

一つは距離延長を試せるということ。
基本的にマイルを使ってきましたが、本当の適正がどこにあるのかは微妙なところです。
クラシックという大きな舞台が控えている中で、そこに適正があるか試す機会があるのはいいことです。
個人的にはきさらぎ賞のあとは弥生賞も使って、その上で適性判断してもらいたいところです。
中山2,000mの皐月賞というのは結構魅力的な舞台に思えます。

ただ、岩田騎手が乗れる可能性が高いと思っていたのですが無理なようですね。
府中の同日のメイン東京新聞杯にサダムパテックに乗る予定とのこと。
うーん、実績上位のサダムパテックじゃ勝てないなぁ。
岩田騎手が乗れるということでアーリントンCというプランもあるようです。
どのレースになるか分かりませんが、ベストを尽くしてもらいたいと思います。

マイネマリアンヌの近況を見て
最近は出走の時ちょろちょろと書くだけで、更新が手抜きな当ブログです。
今月の出走はもう無さそうなので昨日の入厩馬の近況での感想を書きます。

まずはマイネマリアンヌから。
とにかく、無事入厩となったことにホッとしています。
イメージからして熱発とかを心配したのですが、杞憂に終わりました。
脚元は弱いのかもしれませんが体質的には丈夫なのかもしれませんね。

調べると、木、金と坂路で4ハロン70秒弱の軽めの時計も出しているようです。
まずは順調なようでホッとしています。
なんか、「ホッとしています」を連呼していますが、ここまで、本当に時間がかかった馬です。
本当に偽らない気持ちで、そういう感想になってしまいます。
これからゲート試験、それから早い時計をだし、そしてデビューを迎えます。
なんとか、無事デビューを迎えてもらいたいと思います。


マイネマリアンヌ入厩します!
本日のラフィアン公式HPの移動情報に次の事が載っていました。
マイネマリアンヌが、明日1月11日に、美浦田村康仁厩舎に入厩するそうです。
ほんとうに「待ちに待った」という感じです。
とにかく脚元が弱くてここまで時間がかかってしまいました。
輸送熱とか出していないか、ちょっと心配ですね。

ここで入厩ということは2月の府中でのデビューが濃厚かな、と番組表を見てみました。
うーん、芝の短めの距離と思っていたのですが、それらしきレースは無いですね。
2月11日の牝馬限定のダート1400m戦とかですかね。
とりあえず脚元のこともありますし、ダートも悪くないかもしれません。
ダイワメジャー産駒ってダートはどうなんですかね。
翌日の芝マイルとかどうなんでしょう。
うーん、全然どこ使ってくるか読めませんw

まぁ、とにかく、このまま順調にいってもらうことが大事です。
無事デビューを迎えてもらいたいと思います。

マイネルアトラクト、完璧でした
本日の重賞シンザン記念に出走したマイネルアトラクトは2着でした。
9番人気と人気薄でしたが、大健闘と言える結果でした。
色々な面で完璧な走りだったと思います。
あとは勝てれば・・・ですけれど満足しなければいけないですよね。

・完璧その1
内目の枠が欲しいと思っていたので、2枠3番は絶好枠です。

・完璧その2
太いと言われていた馬体重がマイナス8kgと絞れていました。

・完璧その3
シゲルアセロラの作るペースは早からず遅からず。
どちらかと言えばスローなのでしょうが、速い脚が要求されるわけでもなく絶好のペース。

・完璧その4
内枠を利したインびったりの経済コースを回る。

・完璧その5
ジェンティルドンナが出遅れ、あるいは直線で包まれて脚を余した。

完璧その5が達成されていたなら、勝てたんですけどねぇw
他馬はともかく、自分のレースとしてはこれ以上ない完璧なレースだったと思います。
惜しいと言えば惜しいのですが、悔いは残らないレースでした。

これで賞金を加算したことで、晴れてオープン馬になりました。
今後はどういうローテーションを組むんでしょうかね。
もう流石に距離延長を試すことになるのではないでしょうか。
マイルに拘ってアーリントンCまで待つとかは無いとは思いますが。
岩田騎手が乗ってくれるならきさらぎ賞とかですかね。
岩田騎手の最優先はディープブリランテでしょうが、共同通信杯みたいですし。
そこでも好走してくれるようなら楽しみが広がります。
期待したいと思います。

マイネルアトラクト、シンザン記念へ
ジュニアカップを予定していたマイネルアトラクトですが、本日発表された出走登録馬に名前は無し。
回避して1月8日京都のシンザン記念ヘ向かうこととなりました。
やっぱり騎手の関係ですかねぇ。
声をかけていた石橋脩騎手は別の馬に乗っているようです。
シンザン記念に岩田騎手が乗ってくれるなら、そっちを使いたくなりますのは分かります。

ただ、脚質的には京都コースは合うと思いますが平坦向きとは思えないです。
相手関係もジュニアカップよりも強敵が揃っています。
普通に考えてちょっと厳しいですよね。

まぁ、キャリアの浅いこの時期ですから、何が起きるかは分かりません。
意外な適正があるかもしれませんしね。
どんな乗り方してくれるのか、岩田騎手の腕に期待したいと思います。

あけましておめでとう!今年の出資馬たちへの期待2012
あけましておめでとうございます。
旧年は最後の最後に本当に嫌なお知らせが入ってしまい、あまりいい年ではありませんでした。
今年こそ、皆様にとって、そして出資馬たちにとって良い1年でありますように。
まずは今年の顔を決める正月記念の写真から。

マイネルアトラクト、今年もよろしくお願いします

やっぱり今年はマイネルアトラクトです。
年明けのジュニアCから期待したいと思います!
それでは、例年通り今年1年の目標を出資馬達にたてたいと思います。

○マイネイディール
昨年末にイマイチな競馬が続き、放牧に出されています。
本来の力が戻ってくれば、このクラスで走る馬ではないと思います。
しっかり立て直してもらいたいですね。
目標は「8戦出走」としたいと思います。
昨年11走してるので無理が無い目標とは思いますが、今年は放牧スタートです。
これだけ出走してくれるということは、状態も戻っているということになるでしょう。
まだまだ余力があると思っています。

○マイネルアトラクト
今年の初っ端のジュニアCから始動します。
この馬への期待は大きいですよ!
目標ですが、昨年のマイネイディールと同じ、「G1出走」としたいと思います。
そうは言いながら具体的なビジョンは何も見えてないんですよね。
このままマイルを進むのか、もっと長い距離を使っていくのか。
父同様に短い距離に適正を見出すのか、はたまたダートに転じるのか。
いずれも可能性は無さそうで有りそうで。
その辺の適正も見出す1年ということでもありそうです。

○マイネルマリアンヌ
まぁ、目標は一つ「勝ち上がること」ですね。
入厩へ向けての態勢に入ったようで、順調なら2月の東京くらいでデビューでしょうか。
もともと走り自体はそれほど悪い評価は受けていないところです。
まずは、無事、デビューを迎えてもらいたいと思います。

○2歳馬
コランディアクインの10の死亡により、2歳馬の出資は今のところ無しとなりました。
多分追加出資はすると思います。
もともと1頭では寂しいのでもう1頭と考えていましたので。
それを踏まえて、目標は毎年同じ「全馬デビュー」「1勝」となります。
今年のマイネルアトラクト同様にいい馬を選べたらと思います。

○合計
全体での目標の勝ち数は昨年と同様に「3勝」としたいと思います。
そして出走数の目標は「25走」としたいと思います。
うーん、出資頭数が減った中、結構厳しめの目標かもしれません。
特に出走数は減らしましたが、2歳馬の出資動向も不明ななか、結構厳しいと思います。
ただ、この目標を達成できたら、いい1年だったなと思えると思います。

それでは、今年もよろしくお願いします!