FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
マイネルアトラクトの近況を見て
次にマイネルアトラクト
既に報道されている通り、きさらぎ賞を目標に調整されるそうです。
レース後に予想したとおりですね。
まぁ、流動的なところもあるとは思っています。
きさらぎ賞のメリットは幾つかあると思います。

一つは京都の1,800mというコース形態です。
京都の1,800mは外回りでマイルのスタート地点から200m下がったところがスタートです。
現実に好走したコースと似ているということは非常に有利になります。
騎手もそうですし、馬も仕掛けるタイミングというのが分かっていると思います。
勝った時もそうですし、前走もそうですが、ワンテンポ仕掛けを我慢していた気がします。
それに対し惜敗した時のレースを振り返ると微妙に仕掛けのタイミングが早かった感じなんですよね。
その辺のタイミングが計りやすいということは非常に利点だと思います。

一つは距離延長を試せるということ。
基本的にマイルを使ってきましたが、本当の適正がどこにあるのかは微妙なところです。
クラシックという大きな舞台が控えている中で、そこに適正があるか試す機会があるのはいいことです。
個人的にはきさらぎ賞のあとは弥生賞も使って、その上で適性判断してもらいたいところです。
中山2,000mの皐月賞というのは結構魅力的な舞台に思えます。

ただ、岩田騎手が乗れる可能性が高いと思っていたのですが無理なようですね。
府中の同日のメイン東京新聞杯にサダムパテックに乗る予定とのこと。
うーん、実績上位のサダムパテックじゃ勝てないなぁ。
岩田騎手が乗れるということでアーリントンCというプランもあるようです。
どのレースになるか分かりませんが、ベストを尽くしてもらいたいと思います。

スポンサーサイト



マイネマリアンヌの近況を見て
最近は出走の時ちょろちょろと書くだけで、更新が手抜きな当ブログです。
今月の出走はもう無さそうなので昨日の入厩馬の近況での感想を書きます。

まずはマイネマリアンヌから。
とにかく、無事入厩となったことにホッとしています。
イメージからして熱発とかを心配したのですが、杞憂に終わりました。
脚元は弱いのかもしれませんが体質的には丈夫なのかもしれませんね。

調べると、木、金と坂路で4ハロン70秒弱の軽めの時計も出しているようです。
まずは順調なようでホッとしています。
なんか、「ホッとしています」を連呼していますが、ここまで、本当に時間がかかった馬です。
本当に偽らない気持ちで、そういう感想になってしまいます。
これからゲート試験、それから早い時計をだし、そしてデビューを迎えます。
なんとか、無事デビューを迎えてもらいたいと思います。