FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
エリザベスストリートの10
引き続き、エリザベスストリートの10についてです。
こちらは生で実際に会ったことはないので写真は無しです。
今後、ツアーや競馬場で写真を貯めていきたいと思います。

会員特別募集の中で目立った馬でした。
雄大な馬格を誇り、バランスのいい馬体。
動かしてみても柔らかい中にバネを感じる動き。
馬だけをみると文句のつけ所はないと感じました。
また、入厩予定も国枝厩舎ですから、こちらも文句のつけようがありません。
欠点は平凡な血統と高い値段です。
血統は本当に大したことないですよね。
今や外国産というだけで有難がる時代は終わっています。
また、セリでの値段からするとかなり高めの値づけがされました。
この値段ですと1勝クラスでは物足りないことは確かです。
そのため、もう少し見極めたいという思いがあり、ここまで出資を引き伸ばすことになりました。
近況を見る中では、至極順調であることは伺えました。
ただ、もう少し具体的に、例えば50秒台で坂路を余裕を持って駆け上がるとかを期待していました。
そこまでの状態にはいっていないようで、正直迷いました。
全体的に昨年よりも調整のペースはゆっくり目ですから仕方ないことと割り切ることにしました。
出資しないで後悔するよりは出資して後悔したほうがいいと思い決断しました。
大物であることを期待します。

スポンサーサイト



マイネメリアンの10
無事出資確定のお知らせが届きましたよー。
ということで、出資を決めた2頭について書いていきたいと思います。
まずはマイネメリアンの10から。
鉾田ツアー時の写真を載せておきます。

マイネメリアンの10

最初にカタログで見たときの印象はパッとしなかったですね。
写真だけでみるとそれほどバランスもよく見えないし、華奢な印象もあります。
今でも公式ホームページでのアルバムの写真を見ると物足りないものは感じます。
ただ、鉾田ツアーで会った時からビビッと来るものがありました。
脚の長さと馬体の柔らかさに目を見張るものがありました。
出資馬が鉾田に居なかったこともあり、概ねこの馬の観察に時間を費やしました。
なんで出資を決めなかったかというと、満口になりそうにないので様子見ができると思ったからです。
なんていいますか、出資馬が余りに走らなかったので慎重になっていました。
実際、様子見をして近況をジックリ見る中で評判が上々である旨は確認できました。
これはかなりの確率で走るなと思いました。
大物感には欠けるかもしれませんが、少なくとも値段以上の走りはしてくれると思いました。
期待したいと思います。


決めた!
補償を使っての出資申し込みを考えていることは書いてきました。
先日更新された2歳馬の近況で最終的な出資馬を決めるつもりでした。
特に際立って上昇したと思える馬はいなかったかな。
そんなわけで、今まで目を付けていた馬から決めることにしました。

で、最後まで迷ったが2頭。
マイネメリアンの10とエリザベスストリートの10です。
どっちにしようかと迷った末に決めました。

両方とも出資することにしました。

いや~、もう絞れないなーと思ってしまいました。
スノーペトレルの10と合わせて、3頭出資となりました。
予定よりも多くなってしまいましたけど申し込みしないと後悔するような気がして。
事務所に予約を入れまして、昨日申込書を投函しました。
出資が確定しましたのお知らせが届いてから、それぞれ馬たちについて語りたいと思います。


マイネマリアンヌ、見せ場十分のデビュー
本日の東京5R芝1800m戦でデビューしたマイネマリアンヌは5着でした。
10番人気と人気はありませんでしたが、見せ場たっぷりのレース振りでした。
現地で見てきたので写真を交えつつ感想を書いていきます。

マイネマリアンヌ、パドック

パドックでの様子です。
歩く姿は非常に後肢が粘って残る歩きをしていました。
今回の写真は脚の粘りが強調された写真を選んでみました。
フルゲートで窮屈そうでしたが、外目を周回していて、いい感じに見えました。
お尻が大きな馬でトモ高で、ともすればバランスが悪く見えるくらいです。
いいか悪いか分かりませんが、牧場で出資を決めた時の個性は失われていないと感じました。

マイネマリアンヌ、馬場入り

馬場入りした時の様子です。
新馬なので、オロオロと皆で固まっての入場です。
この写真のほうがトモ高なところが強調されていますかね。
返し馬はチョコチョコと走る感じでそんなに良く見えませんでした。
パドックでの動きからはゆったりしたフットワークで走ってくれると思っていたのですが。

さて、レースです。
スタートは余り良くなかったですね。
後方2番手からのレースとなってしまいます。
ペースはスローですが、あまり付いていけないようにも見えました。
これじゃあ直線で何頭かわせるのか、というふうに考えていました。
しかし、3コーナー辺りから仕掛けていくと、物凄い勢いで上がっていきます。
4コーナーでは先頭を伺う勢いです。
直線に入ってもまだまだ衰えず、ついに先頭に立ちます。
これで勝ってスーパーホースだ!と一瞬思ったのですが、流石に仕掛けが早過ぎました。
最後はタレてしまい、結局5着でのゴールとなりました。

マイネマリアンヌ、直線

写真はレースでの直線の様子。
残念ながら職業カメラマンの方が邪魔な写真しか撮れませんでした。
まぁ仕方ないですね。

展開が向かなかったこともあり、レース振りは酷いものでした。
それでも見せ場十分のレースぶりを見せてくれました。
乗り方一つで勝ち負けになるポテンシャルを感じることができました。
当初の期待以上の走りをしてくれたことは間違いありません。
5着という結果も次走への優先出走権という意味で大きいです。
次が本当に楽しみになりました。
期待したいと思います。


マイネマリアンヌが明日デビュー
明日の東京5Rの新馬戦芝1,800m戦でマイネマリアンヌがデビューします。
枠順は3枠5番、丹内騎手で出走します。
いろいろとデビューを迎えるまではトラブルがあった馬でした。
しかし1月11日に入厩以降は順調に調教を進めることができたと思います。
着実に坂路の時計も詰めて、この馬なりに昇り調子でデビューを迎えることができそうです。

とは言え勝ち負けとなるとまだまだ物足りないものがあります。
新聞の印もスカスカですが、仕方ないものと考えています。
一方でまだまだ上積みは見込める馬だと思います。
次につながる競馬をしてもらいたいと思います。


53.2-39.1-25.9-12.8
表題はマイネマリアンヌが美浦の坂路で出した今週の調教時計です。
素晴らしいというほどではありませんが、先週よりはマシですかね。
それでももうワンランク上を目指したいところです。

今週の日曜の東京芝1800m戦に出走登録するようですが、またも除外含み。
まぁ、それなりに出来てきた印象はあります。
出走できてもいいですし、先週同様除外されてもいいかな、という感じです。
ちょうどいい感じで出走登録はしてきていると感じています。

あとはやっぱり馬の能力ですね。
頑張ってもらいたいと思います。


マリアンヌは動かにゃい
今週の新馬戦に出馬投票をしたマイネマリアンヌは除外となりました。
今の新馬戦の出走の厳しさは知っていたので、まぁ想定の範囲内です。
来週の芝1800mに目標を変更するようですが、1回除外では出走できるか微妙なところ。
今週のこのレースだけで21頭除外馬がいますからね。
場合によってはデビューは再来週の中山の芝2000mとかになってしまうのかもしれません。

ただ、想定外なのが稽古での動きです。
全然動かないですねぇ。
標題は私の心の叫びみたいなものです。
坂路でもパリッとした時計は出してないですし、今週のポリトラックの稽古は酷いものです。
やっぱり休みがちな馬でしたら絶対的な乗り込み量が足りていないのでしょう。

化けるとするなら、芝の長距離の方が可能性があるかもしれません。
そういう面で言えば今週の除外は悪くないと思いますし、来週除外されても問題ないとも思います。
ただ、問題は馬の能力の方ということになると思います。
なんとか変わってもらいたいと思います。

ビリーヴインタイムの10も良さげに思えてきた
先日更新された2歳馬の近況をザッと見ました。
狙っていた馬の評価は平行線ですかね。
そんな中で評価を上げたいのがビリーヴインタイムの10です。
過去の近況を改めて振り返ってみても中々の評価を受けていることが伺えます。
また、マイネシャンゼリゼの10の近況にも比較的動きの良い組ということで出てきています。
他馬の近況にいいコメントが出てくるのは個人的にはポイント高いです。

ツアー時の印象はないので当時のメモを見直してみます。
馬格もそこそこあり、柔軟性もまずまず、バランスも悪くない。
全体的に平均より優れている印象だが、際立ったものはない、というもの。
悪くはないと思いつつ、目立つ印象が無かったんでしょう。

サムライハート産駒ですが、代表はローレルブレットとプレミアムブルーになりますね。
マイネルアトラクトと一緒に走っており、お馴染みの馬たちです。
どちらもクラブ募集馬でコストパフォーマンス的に優秀な馬です。
産駒頭数はかなりいますが、まぁ繁殖の質としてはかなり低めだと思います。
そんな中で意外と頑張っているのかも、そう思いつつ、調べてみました。
本当にこの2頭だけでした(^^;
ま、まぁ、そういうコストパフォーマンスが優秀な馬を出す可能性がある種牡馬ということです。
この馬も募集価格が安い馬ですので、イメージには合います。

大物感というよりも堅実に走りそうな気がします。
値段も安いですしね。
出資締切まで、近況更新は後1回、2月21日ですか。
それを見てから最終的な判断をしたいと思います。

書く気力が・・・
マイネルアトラクトのきさらぎ賞は10着という結果でした。
惨敗といえば惨敗ですが、概ね人気通りの結果といえばその通りです。

スローペースを掛かり気味に先行しますが、早めに被されてしまい終いがもたなかった感じです。
33秒台の上がりの決着になったのも辛かったですが、それ以上に走らなかったと思います。
馬場も合わなかったと思いますが、やっぱり距離なんですかねぇ。

ここが試金石という言い方をしてましたので、マイル路線に進むのでしょうね。
アーリントンCか、短期放牧を挟んでニュージーランドトロフィーか。
ファルコンSも1400mですから面白いかもしれません。

こんな馬じゃないとは思っています。
別の路線で活路を見出してもらいたいと思います。

明日はきさらぎ賞です
明日、マイネルアトラクトが重賞きさらぎ賞に出走します。
あんまり書いてこなかったのですが、レース前の所感を書いておきます。

まずは丹内騎手から。
ベストとは思いませんが、まぁ仕方ないですね。
共同通信杯にしても、岩田騎手が乗れるわけではないですから。
そんなに乗り難しい馬では無いと思いますし、実際に未勝利戦で騎乗しそれなりの結果も出してます。
言われているほどは悪くないと思っています。

追い切りの時計は超抜群と評されるほどで、状態はいいと思っています。
関西遠征ということもあり、オーバーワークが懸念される意見も見かけます。
しかし、過去2回の関西遠征は結果的に太め残りと評されています。
まあ、基本的にのんびり屋さんで輸送の影響が少ないタイプでしょう。
馬運車の中でものんびり過ごしているものと推測されます。
オーバーワークの不安は無いと思っています。
また、単走でこの時計を出したというのも、ポイント高いですよね。
抜け出すとソラを使うと言われていましたが、その辺が解消に向かっているのかもしれません。
もともと動くタイプではありますが、自信を持ってレースを迎えることができそうです。

決まった枠順は7枠11番と外目になりました。
決まる前はシンザン記念のイメージで内枠の方がいいとは考えていました。
ただ、もともと京都1800mは枠順の有利不利の少ないコースです。
イメージとしては初勝利したときのレース振りですかね。
場合によっては外差しの競馬をしても面白いかもしれません。
差しに回れるような速い流れになってくれれば、いいところが生きる気がします。
ただ、あんまり速く流れそうにないメンバーですね(苦笑)。
スローで33秒台の足比べとかにはならないよう祈りたいです。

人気は思ったよりもないですねー。現在のところ8番人気でしょうか。
あまりシンザン記念の実績は評価されていないようです。
人気どころは期待値で買われているようです。
しかし、マイネルアトラクトも「まだ脚を隠している。」と岩田騎手が前走で評価された馬です。
伸びしろはまだまだあると思っていますよ!
頑張ってもらいたいと思います


49.2-36.4-24.2-12.3
表題の数字はきさらぎ賞に出走予定のマイネルアトラクトの調教時計です。
美浦の坂路で出しました。

時計は出る馬なんですけれど、ヤバイくらいの好時計です。
輸送があるというのに、こんなに走ってしまっていいのでしょうか。
それだけ状態がいいということなんでしょうね。

過去に坂路で50秒切る時計を出して未勝利で負けた前科がある馬ではあります。
それでも平凡な時計に終わるよりはいいことかと思います。
気分良くレースを迎えることができそうです。